全体表示

[ リスト ]

2012年2月29日

インド海軍では「ヴィクラマーディティヤ」(全能の)と命名される航空母艦「アドミラル・ゴルシコフ」のインド海軍の為の修理と近代化契約は、期日通りに実施される。
「セヴマシュ」工場報道サービス部長アナスタシア・ニキーチンスカヤは発表した。

「海洋試験は、計画通りの2012年5月に予定されています」
ニキーチンスカヤ『インタファクス』に伝えた。

彼女によると、現在、工場では、同艦の海洋試験の準備が始められている。
「海上へ出る前の4月に、同艦の磁力消去手順が予定されています」
ニキーチンスカヤは説明した。

以前、重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」の近代化契約は、2004年にインドで署名されたと報じられた。
契約では、9億7400万ドルで航空母艦の修復と近代化を行ない、5億3000万ドルで16機の戦闘機MiG-29K対潜ヘリコプターKa-27及び電波方向探知巡視ヘリコプターKa-31を供給するとされていた。

2007年1月、インドは、契約による支払いを停止した。
同年11月、ロシア側は、資金供給追加の必要性の問題を提起した。 
2008年12月、インドへのロシア大統領の訪問後、インド政府安全保障委員会は、巡洋艦近代化の為の新たな費用交渉の開始を承認した。

非公式データによると、現在の契約費用は約23億ドルと推定されている。 



「セヴマシュ」広報官アナスタシア・アヴェニローヴナ・ニキーチンスカヤ
Анастасия Авенировна  Никитинская
イメージ 1




Admiral Gorshhkov / INS Vikramaditya archival history video by Sevmash

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事