全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全424ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

現在、ロシア連邦海軍太平洋艦隊が保有する主な戦闘艦艇は以下の通りです。


【カムチャツカ方面】

<潜水艦>
戦略原子力潜水艦プロジェクト667BDR(デルタIII級)×3隻(1979-1982年就役)
多用途原子力潜水艦プロジェクト949A(オスカーII級)×5隻(1988-1996年就役)
多用途原子力潜水艦プロジェクト971(アクラ級)×6隻(1987-1995年就役)
非核動力潜水艦プロジェクト877(キロ級)×2隻(1988年就役)

イメージ 1

<水上戦闘艦>
小型対潜艦プロジェクト1124M(グリシャ級)×2隻(1990-1991年就役)
小型ロケット艦プロジェクト12341(ナヌチュカ級)×4隻(1985-1991年就役)


【沿海地方】

<潜水艦>
非核動力潜水艦プロジェクト877(キロ級)×6隻(1981-1994年就役)

イメージ 2


<水上戦闘艦>
原子力巡洋艦プロジェクト11442(キーロフ型)×1隻(非稼働)(1984年就役)
ロケット巡洋艦プロジェクト1164(スラヴァ型)×1隻(1989年就役)
駆逐艦プロジェクト956(ソブレメンヌイ型)×4隻(3隻非稼働)(1986-1990年就役)
大型対潜艦プロジェクト1155(ウダロイ型)×4隻(1986-1991年就役)

イメージ 3

小型対潜艦プロジェクト1124/1124M(グリシャ級)×6隻(1985-1991年就役)
ロケット艇プロジェクト1241T/12411/12411M(タランタル級)×11隻(1984-1994,2003年就役)

<揚陸艦>
大型揚陸艦プロジェクト1174(イワン・ロゴフ型)×1隻(非稼働)(1982年就役)
大型揚陸艦プロジェクト775/775M(ロプーチャ級)×3隻(1981-1991年就役)
大型揚陸艦プロジェクト1174(アリゲーター級)×1隻(1974年就役)

イメージ 4



上記の内、ソヴィエト連邦解体後に就役した艦は、これだけです。
オスカーII級×3隻(1992-1996年就役)
アクラ級×2隻(1992-1995年就役)
キロ級×2隻(1992-1994年就役)
タランタル級×5隻(1992-1994,2003年就役)

この内、2000年代に就役したのは、タランタル級1隻だけです。

大型ロケット艇R-29(2003年就役)
イメージ 5

それ以外の大半の艦艇は、ソヴィエト連邦時代(1991年以前)に就役しております。
ですから、あと10年以内で大半の艦艇は寿命に達します。

このままでは太平洋艦隊どころかロシア連邦海軍が無くなるので、これらの艦艇を更新する為の大規模な新規建造計画が立案されています。

しかし、この計画で建造される艦艇が全て太平洋艦隊に配備されるわけではありません。

一方、現用艦艇の一部は近代化改装が計画されています。
具体的には、オスカーII級原潜アクラ級原潜キロ級潜水艦キーロフ型原子力巡洋艦です。
しかし、これも現有艦全てが近代化される可能性はゼロに近いでしょう。

キーロフ型は、4隻全てを近代化するという情報もありますが、上記の新規建造プログラムとの兼ね合いも有り、予算は無限に有るわけではないので、近代化が実施されたとしても2隻程度に留まるのではないでしょうか。

オスカーII級アクラ級にしても、現在の太平洋艦隊在籍艦の内、実際に近代化が行われるのは、最大でも各級3隻程度でしょう。

スラヴァ型ソブレメンヌイ型ウダロイ型の近代化計画は有りません。
というか、近代化は無理でしょうし、これ以上寿命延長工事を行なっても、まともな戦力になりません。
その他のタイプも同様です。
これらの艦は、今後10年間で徐々に現役を去っていく事になります。

それと入れ替えに、上記の「2011-2020年の国家兵器調達プログラム」による艦艇が就役していくでしょうが、1対1での更新は望むべくもないでしょう。


これらの状況を鑑みて、10数年後の2020年代初頭のロシア太平洋艦隊は、おそらくこうなっているでしょう。
(むろん「2011-2020年の国家兵器調達プログラム」が計画通りに実施されるという前提においてですが)


イメージ 6
【カムチャツカ方面】

<潜水艦>
多用途原子力潜水艦オスカーII級(近代化)×3隻
多用途原子力潜水艦アクラ級(近代化)×3隻

<水上戦闘艦>


イメージ 7
【沿海地方】

<潜水艦>
新型非核動力潜水艦×4隻
プロジェクト877(キロ級)非核動力潜水艦(近代化)×2隻

<水上戦闘艦>
原子力巡洋艦キーロフ型(近代化)×1隻



フランスから導入するミストラル型は元々はヘリコプター揚陸艦ですが、ロシア海軍は同型を純粋な揚陸艦としてではなく「ヘリコプター搭載全通甲板ミサイル巡洋艦」として運用する構想のようです。

ロシア国内で建造される揚陸艦イワン・グレン型黒海艦隊バルト艦隊に回されるので、太平洋艦隊(と北方艦隊)へは配備されないでしょう。


従って、ミストラル型1隻、ゴルシコフ型フリゲート2隻程度で構成される艦艇打撃グループ2個が、2020年頃のロシア太平洋艦隊の水上艦部隊の中核(というか事実上全て)となるでしょう。

「軍拡」どころか現有戦力よりも減少する事になりますが、現有艦艇の寿命と今後の建造ペースを合わせて考慮すれば、これでも「最大に見積もった」数字です。
(現有艦艇の近代化が実施されなければ、もっと減少する事になるし・・・)

ミストラル型は合計4隻、ゴルシコフ型は2020年までに8隻を調達する計画ですが、太平洋艦隊へ回されるのは半分程度でしょう。
コルベット非核動力潜水艦は、バルト艦隊黒海艦隊へ優先的に配備されるでしょうし。

開く コメント(8)

現在、ロシア海軍向けの新世代フリゲート・プロジェクト22350(アドミラル・ゴルシコフ型)の建造が進められています。

イメージ 1


アドミラル・ゴルシコフ型フリゲートの構想は、ソ連邦時代の1977年にまで遡ります。

元々は、当時アメリカ海軍が大量建造を進めていたオリヴァー・ハザード・ペリー級のような汎用ミサイルフリゲートソ連海軍が望んだのが発端でした。
そこで北方計画設計局は、プロジェクト1135(クリヴァク級)をベースにしたフリゲート・プロジェクト13040の設計作業を1981年から開始しました。
1986年に纏まった当初の設計案は、満載排水量6000トン、対艦ミサイル、対潜ミサイル、高射ミサイル、130mm砲、高射ロケット砲複合体、ヘリコプター、中距離水中音波ステーション(ソナー)を装備する汎用艦でした。

しかし、1991年のソ連邦解体後、プロジェクト13040は空中分解しました。

1990年代には、ネウストラシムイ型フリゲートグローム級フリゲートが建造されていますが、ゼレノドリスク設計局が設計したネウストラシムイ型は、元々は1500トン級コルベットとして計画されたものが拡大して4000トン級になった艦、アルマーズ設計局が設計したグローム級(ノーウィック)は、元々は小型ロケット艦から発展した艦であり、どちらも「正統派フリゲート(警備艦)」の系譜から外れた「異端児」でした。

ロシア海軍が再び(正統な)汎用ミサイルフリゲートを計画できるようになるには、10年の歳月が必要でした。
そして2005年2月28日、かつてプロジェクト13040を手掛けた北方計画設計局の手によるプロジェクト22350の設計案は承認され、翌年(2006年)に1番艦が起工されました。
最初に汎用ミサイルフリゲートの構想が出てから約30年が経過していました。

アドミラル・ゴルシコフ型は、現在までに3隻が起工されており、全てサンクト・ペテルブルク市のセーヴェルナヤ・ヴェルフィで建造されています。

ロシア連邦の「2011-2020年の国家兵器調達プログラム」によると、ゴルシコフ型フリゲートは2020年までに8隻が調達される計画です。


[プロジェクト22350フリゲート主要目]
満載排水量:4500t
全長:135m
幅:16m
吃水:4.5m
速力:29ノット
航続距離:4,000海里
乗員:186名
兵装:
高射ミサイルシステム「リドゥート」(ポリメント-リドゥート)×1基(32セル)
(48N6E2遠距離高射ミサイル、9M96E/9M96ME2中距離高射ミサイル、9M100短距離高射ミサイル発射可能)
対潜・対魚雷複合体「パケート-NK」4連装発射機×2基
搭載機:Ka-27ヘリコプター×1機


ゴルシコフ型フリゲートのミサイル兵装に関しては、当初は高射ミサイルはウーラガン垂直発射型だと言われていましたが、最近ではリドゥートが確実視されています。
この事で、ゴルシコフ型は建造途中で設計を変更し、高射ミサイルを新型に替えたとする見方もありますが、ステレグーシチー型コルベットの例を見る限り、それは違うでしょう。

艦には防空の為、2種類の対空ミサイルを運用できる高射ミサイル複合体「リドゥート」が装備されるが、1番艦は、一時的な戦闘モジュールとして高射ロケット砲複合体「コールチク-M」が搭載されている。


つまり、ゴルシコフ型(プロジェクト22350)の場合は、元からリドゥートを搭載する予定だったが(リドゥートの開発は1994年からスタート)、開発が間に合わない可能性が有るので(当初、1番艦アドミラル・ゴルシコフは2009年就役と言われていたが、リドゥートの試作品が出来上がったのは2009年、実用化は2011年)、ステレグーシチーと同様に「一時的な戦闘モジュール」としてウーラガン垂直発射型を搭載するつもりでいたが、建造ペースの遅れにより、リドゥートを装備できる目途が立ったので、当初の設計通りのリドゥートを装備するという事です。


<プロジェクト22350のリスト>

アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ
Адмирал флота Советского Союза Горшков
2006年2月1日起工/2010年10月28日進水/2012年就役予定

アドミラル・フロータ・カサトノフАдмирал флота Касатонов
2009年11月26日起工/2012年進水予定/2014年就役予定

アドミラル・ゴロフコАдмирал Головко

イメージ 2

2012年2月1日のアドミラル・ゴロフコ起工式典
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


4番艦(アドミラル・ユマシェフАдмирал Юмашев?)
2012年起工予定

5番艦

6番艦

7番艦

8番艦

9番艦


プロジェクト22350の艦名は、ソヴィエト連邦海軍の著名な提督の名前が付けられています。

セルゲイ・ゴルシコフ(1910-1989)は有名なソ連邦海軍総司令官
ウラジーミル・カサトノフ(1910-1989)はゴルシコフ提督の女房役を長年務めたソ連邦海軍のナンバーツー
アレクセイ・ゴロフコ(1906-1962)は大祖国戦争時の北方艦隊司令官です。

ゴロフコ氏は短命(享年56歳)ですが、これは、晩年に核実験で被爆し放射線病に罹った為です。

ロシアでは4番艦の名前になると噂されているワレンチン・ユマシェフ(1895-1972)は大祖国戦争時の太平洋艦隊司令官を務め、戦後の一時期はソ連海軍総司令官兼ソ連海軍相でした。


2月21日、セーヴェルナヤ・ヴェルフィは、新たにプロジェクト22350フリゲート6隻を建造する契約をロシア連邦国防省と締結しました。

既に起工済み(当然、建造契約済み)の3隻に加え、新たに6隻の建造契約を締結したという事は、合計で9隻を建造する事になります。

建造元のセーヴェルナヤ・ヴェルフィは、今後15〜20年の間にゴルシコフ型フリゲート20隻が必要だと表明しています。

ロシア連邦海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将は、「個人的な意見」と前置きした上でゴルシコフ型フリゲートの最初の3隻を北方艦隊へ配備する構想を明らかにしました。


同時に建造されるステレグーシチー型コルベットバルト艦隊及へ優先的に配備され、アドミラル・グリゴロヴィチ型フリゲート黒海艦隊向けですから、ゴルシコフ型フリゲート北方艦隊及び太平洋艦隊へ配備される事になるでしょう。

開く コメント(1)

現在、アデン湾において海賊対処任務に就いているロシア太平洋艦隊第7次海賊対処部隊は、インド洋セーシェルを訪問しました。

イメージ 1



ウラジオストク、3月2日(ロシア通信社ノーボスチ)

ロシア太平洋艦隊ウダロイ級駆逐艦は、親善訪問のためセーシェルヴィクトリア港に到着した。
同艦隊のスポークスマンは述べた。

現在アデン湾において海賊対処任務を遂行している「アドミラル・トリブツ」は、3月5日までセーシェルに滞在する。

「この訪問は、海賊により乗っ取られた商船を救出する訓練で完結します」
ローマン・マルトフ1等海佐(キャプテン・1ランク)は述べた。
「この演習には、ロシア海軍歩兵部隊も関わります」

「アドミラル・トリブツ」給油船「ペチェンガ」救助曳船から成るロシア太平洋艦隊任務部隊は、1月12日にアデン湾に到着して以来、幾つかの商船コンボイを護衛した。

ロシア海軍の任務部隊は、通常はウダロイ級駆逐艦に率いられ、このエリアにおいて交代で作戦を行なう。

ロシア軍艦は、ロシアが同海域の国際海賊対処任務に参加した2008年以降、成功裏に様々な国の130隻以上の商船を護衛し、ソマリア沖の海賊出没海域を通航させている。
(2012年3月2日13時42分配信)


今回は、いつもの『ロシア通信社ノーボスチ』ロシア語版ではなく英語版の記事を翻訳しているので、記事中で使用されている用語が異なります。

ロシア語版:大型対潜艦Большой противолодочный корабль 
英語版:駆逐艦destroyer

ロシア語版:艦艇支隊отряд кораблей
英語版:任務部隊task force


「アドミラル・トリブツ」を旗艦とする現在の海賊対処部隊は、2011年12月10日にウラジオストクを出港しました。

そして、2012年1月15日からアデン湾における海賊対処任務(商船団護衛)を開始しました。


今回の海賊対処部隊指揮官は、ロシア太平洋艦隊第44対潜艦旅団司令イリダル・アフメロフです。
アフメロフ氏は、以前にも海賊対処部隊指揮官としてアデン湾へ2回行っています。

2010年5月5日、イエメン沖でソマリア海賊に乗っ取られたロシアのタンカー「モスクワ大学」を救出した時の指揮官もアフメロフ氏です。
『ロイター通信』日本版より。
2010年5月6日配信

この時は、大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」に乗っていました。
『ロシア通信社ノーボスチ』情報グラフィックより。


今回のセーシェル訪問後、海賊に乗っ取られた商船を救出する訓練を行なうというのは、いかにもアフメロフ氏らしいと言えます。
何しろ、実際に経験していますから。

開く コメント(0)

2012年3月1日、北方艦隊所属の大型対潜艦アドミラル・チャバネンコ」および「ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ」は、バレンツ海での各種戦闘訓練(対潜、対空)を終え、セヴェロモルスクへ帰港しました。

大型対潜艦アドミラル・チャバネンコ」
イメージ 2

2012年3月2日

北方艦隊の水上艦は、戦闘訓練計画に基づくバレンツ海における海軍航空隊および原子力潜水艦との共同訓練任務を3月1日に完了し、本拠地に戻った。

北方艦隊の対潜艦部隊の海洋における任務は、冬季訓練期間中の戦闘訓練における主要活動の一つである。
作戦艦艇捜索・打撃グループは、 大型対潜艦「アドミラル・チャバネンコ」および「ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ」を含む。

海洋において、戦闘艦乗組員は、対潜ヘリコプターKa-27および航空機IL-38と共に複合任務を遂行した。
その主な使命は、仮想敵の原子力潜水艦の探知と対潜兵器の使用である。

1週間に渡る海上滞在中、対潜艦乗組員は、魚雷複合体の発射、深海爆雷の実弾射撃を成功裏に完了した。

更に、海洋での任務遂行中に、グループの艦の連携機動、組織的な協同動作および通信が行なわれた。
艦は、基地へ戻る前、合同で防空訓練を実施した。

対空目標の探知および追跡の複合行動が行なわれ、グループの艦に対する航空攻撃への反撃の為、高射ミサイル複合体「キンジャール」を使用する戦闘訓練が実施された。

大型対潜艦「アドミラル・チャバネンコ」乗組員にとって、今回の行動は、5月中旬に実施されるロシア・ノルウェー演習「ポモール-2012」の準備の為の良い機会だった。

北方艦隊司令部によると、艦艇乗組員は、複合訓練の全ての段階において高い資質を示し、異種戦力グループを構成する連携行動の用意が整っている事が示された。
(ロシア連邦軍西方軍管区・北方艦隊報道部公式発表)


大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ」はウダロイ型2番艦ですが、1990年代の10年間はクロンシュタットで放置され、2000年代に入ってからサンクトペテルブルク市の造船所に回航され、本格的な修理と近代化を実施、2010年に復帰しました。

セヴェロモルスク基地の「ヴィツェ-アドミラル・クラーコフ」
(2012年1月29日撮影)
イメージ 1


大型対潜艦「アドミラル・チャバネンコ」は、2011年12月初頭より行なわれた空母「アドミラル・クズネツォフ」の地中海遠征に参加しています。

同艦は、今年5月に実施されるロシア・ノルウェー合同海洋演習「ポモール-2012」に参加します。

開く コメント(0)

さる2月19日、ロシア太平洋艦隊アデン湾海賊対処部隊旗艦・大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」において、ロシア海軍およびアメリカ海軍の海賊対処部隊幹部が会談を行ないました。


2012年2月29日

アメリカ合衆国海軍駆逐艦DDG97「ハルゼー」に座乗し海賊と戦う第151国際任務グループのメンバーは、アデン湾のロシア海賊対処グループ艦の司令部と作業に関する会議を開催した。
アメリカ海軍公式サイトは伝えた。

会議は、ロシア太平洋艦隊大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」艦上で2月19日に開催された。

海賊対処作戦に参加する2つの主要グループの艦の指導者は、同海域における航海の安全を維持する為、任務効率を向上させる為の主要艦の協同動作の可能性について議論した。 


ロシア海軍大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」
イメージ 1


アメリカ海軍ミサイル駆逐艦「ハルゼー」
イメージ 2

開く コメント(0)

全424ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事