過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2011年12月6日にセヴェロモルスク(ロシア北西部)を出港し、12月23日に地中海入りし、2012年1月8日にシリアタルトゥースへ寄港したロシア海軍重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」ですが、予定よりも1日早い2月16日にセヴェロモルスクに到着しました。


セヴェロモルスク沖に投錨する「アドミラル・クズネツォフ」
イメージ 1

左側はアナトーリー・セルジュコフ国防相
右側は「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」艦長セルゲイ・アルタモノフ
イメージ 2

「アドミラル・クズネツォフ」航空機格納庫内
イメージ 3

セルジュコフ国防相のスピーチ
イメージ 4

記念撮影
右端はアルタモノフ艦長
イメージ 5

イメージ 6



動画ニュースサイト『TV-Zvezda』より。
2012年2月17日22時10分配信
(動画あり)

今回の「アドミラル・クズネツォフ」遠距離航海には、『TV-Zvezda』(「ズヴェズダー」テレビ)のコンスタンチン・イサーエフを始めとするスタッフが同乗し、随時ニュースを発信していました。
(『TV-Zvezda』の動画に登場している眼鏡をかけたリポーターがコンスタンチン・イサーエフ氏)

『ズヴェズダー』スタッフは、Su-33の主翼下パイロンにカメラを据え付けて空中撮影していたようです。

「ズヴェズダー」テレビでは、近い内に今回の「アドミラル・クズネツォフ」遠征の特番を放送するようです。

2012年2月17日22時05分配信
(動画あり)

空母「アドミラル・クズネツォフ」の遠距離航海は終わりを迎えた。
乗組員は、最後に彼の家族や友人と会った。
数分の間、巡洋艦の格納庫は、恋人や友人のキスの為の巨大なプラットフォームになった。

現在、乗組員は、合計で3日間の休暇を取っている。
月曜日には、再び勤務を始める。艦は新たな航海を準備する。


この動画を見る限り、「アドミラル・クズネツォフ」セヴェロモルスクを離れ、ムルマンスク郊外の係留地(第35艦船修理工場「セヴモルプート」岸壁)に戻っているようです。
(Google Earth「アドミラル・クズネツォフ」が停泊している場所)

0:21辺りから写っている士官は、「アドミラル・クズネツォフ」艦長セルゲイ・アルタモノフです。
0:33辺りで、息子と再会しています。
0:58からは、アルタモノフ艦長の妻(スヴェトラーナ)が登場しています。

今回の遠距離航海は、セルゲイ・アルタモノフ「アドミラル・クズネツォフ」艦長に就任してから初めてのものでしたが、41歳の若い艦長は、それを立派にやり遂げたと言えるでしょう。


今回の地中海遠征は、「アドミラル・クズネツォフ」にとって4度目になります。


第2次遠征を除き、全てシリアタルトゥース(ロシア海軍補給拠点)まで行っています。
そして、いずれの場合も、12月初頭に出港し、翌年2〜3月に帰港するというパターンを取っています。

第1次遠征と第2次遠征の間が随分と空いていますが、これは、第1次遠征から帰港した後の1990年代後半以降、当時のロシア海軍の極度の財政難により「アドミラル・クズネツォフ」の整備が満足に行えず、地中海まで行ける状態に無かった為です。
(地中海遠征自体は、2000年以降に何度も計画された)
この当時、「アドミラル・クズネツォフ」は、ウラ・グバ港で放置されていました。

第3次遠征と第4次遠征の間も数年間空いていますが、これは、この間に随伴艦給油船の都合が付かなかったのと(北方艦隊バルト艦隊からアデン湾海賊対処部隊を出していた為)、「アドミラル・クズネツォフ」ムルマンスク郊外ロスリャコヴォ浮きドックで修理を行なっていた為です。


今回の地中海遠征を、シリアのアサド政権支持の為の意思表示だと見なす者も結構いますが、これは、純粋にロシア海軍の都合(より正確には台所事情)だけで実施された遠距離航海である事を覚えておく必要があります。
「では、何故この時期に行ったのか」って?
ただ単に、これまでの地中海遠征のパターンを踏襲しただけです。
ロシア海軍常設補給基地でもあるシリアタルトゥース港まで行って帰ってくる事も含めて)
旧ソ連海軍時代にも、北方艦隊の艦艇が地中海遠征を行なう場合、「12月出港、翌年2〜3月帰港」というパターンは多かったものです。

ただ、昨年11月末に、ロシア国防省関係者が「シリア訪問は計画されていない」と発言した事が報じられているので、国防省内部でシリアへの寄港は止めた方が良いという意見も有ったようです。

しかしロシア海軍側にしてみれば、タルトゥースが占領されたとか破壊されたとでもいうのならともかく、「ロシア海軍補給物資供給所」として正常に機能しているのなら、寄港を取りやめる理由は無かったという事です。

第一、今回の遠征は、シリア情勢が不安になる以前の2010年に計画されたものです。

軍は、ロシア艦艇のシリアへの航海は、1年前から計画が立てられてる事を理由に、現地の事件とは何の関係も無いと反論した。
「タルトゥースへのロシア艦艇の航海は、シリアで発生した事件に対する意思表示として認識されるべきではありません。
この航海は、何も事件が無かった2010年に計画されました。
その活発な訓練を、延期したりキャンセルする理由はありません」
海軍総司令部の代理人は述べた。


上でも触れていますが、「アドミラル・クズネツォフ」は、2010年6月から9月までムルマンスクの艦船修理工場でオーバーホールを行なっていました。
つまり、2010年から(地中海への)遠距離航海の為の準備を行なっていたという事です。
これを、(2011年春以降)政情不安に揺れるシリアのアサド政権支持の為に計画したというのならば、ロシア海軍総司令部や北方艦隊司令部の方々は予知能力を有するエスパーという事になりますが・・・・

開く コメント(0)

ロシア海軍バルト艦隊に所属する駆逐艦「ベスパコーイヌイ」は、2012年2月11日で就役20周年を迎えました。



「ベスパコーイヌイ」が就役したのは、ソヴィエト連邦解体から2ヶ月ほど経った1992年2月11日でした。
本艦は、ソ連邦解体後に初めてロシア海軍へ引き渡された軍艦でした。
同年2月29日、本艦にロシア海軍旗(聖アンドレイ旗)が掲揚されました。

ロシア海軍の現役艦の中では、比較的新しい部類に属する本艦ですが、現在では、事実上の予備役となっており、バルチースク基地に係留されています。

その「ベスパコイーヌイ」就役20周年を記念し、モスクワサンクトペテルブルクカリーニングラードのブロガー達がバルチースク基地の同艦を訪れました。


駆逐艦「ベスパコーイヌイ」に乗り込むブロガー達
イメージ 1

前方に停泊する艦は、フリゲート「ヤロスラフ・ムードルイ」
(2月14日、大西洋・地中海遠征から帰港)
イメージ 2


右後方に見えるのはコルベット「ソーブラジテルヌイ」
イメージ 3

写真を撮りまくるブロガー達
イメージ 4

「ベスパコーイヌイ」艦橋
イメージ 5

開く コメント(0)

2012年2月9日、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将は、『ロシア通信社ノーボスチ』のインタビューを受け、ラーダ級潜水艦は必要ないと発言しました。

建造中のラーダ級2番艦「クロンシュタット」
イメージ 1

それから1週間後、ヴィソツキー提督は、前記の発言が「ラーダ」級プロジェクト全体の断念を意図するものではないと改めて表明しました。

モスクワ、2月16日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍は、ディーゼル電気推進潜水艦プロジェクト677「ラーダ」購入を断念しない。
ロシア海軍総司令官ウラジーミル·ヴィソツキー大将は発表し、以前の特定の艦艇に関する発言は、種類に関するものであり、プロジェクトそのものを指すのではないと付け加えた。

ディーゼル電気推進潜水艦「ラーダ」 シリーズは、前世紀末に開発された。
現在、同プロジェクト潜水艦は、1隻だけが海軍に採用されており、同プロジェクト1番艦「サンクト・ペテルブルク」バルト艦隊で試験運用されている。

「僕が明確に表明したのは、1番艦サンクトペテルブルクに対しての事であり、プロジェクト"ラーダ"全体に対してではありません」
ヴィソツキーは述べた。

「これ(この艦)の主な問題点は、動力装置にあります。今、僕達は既に、非常に強力な馬力を出す嫌気性(非大気依存)装置の雛型の運転を実証しております。無論、まだまだ改良を必要とする多くの問題点は有ります。ですが、大体に於いて、僕達は実証モデルを得るでしょう」
彼は述べた。

提督は、この雛型の試験台におけるテストが「有望な結果を示している」と述べた。
「これらの問題点を除去した後、優れたプロジェクトを得る事が出来るでしょう。
僕達が何処へ向かうのかは、非常に明確です」
ヴィソツキーは述べた。

ディーゼル電気推進潜水艦プロジェクト677シリーズは、設計主任ユーリー・コルミツィンにより設計された。
同シリーズの特徴は、小型のサイズ、低レベルの騒音、強力な魚雷やロケット魚雷兵器の組み合わせにある。

潜水艦は、敵の潜水艦、水上艦、船舶を撃破し、海軍基地沿岸と海路を防衛し、偵察を実施する為に開発されている。潜水艦の排水量は1765トン、全長67メートル、幅7,1メートル、水中速力21ノット、水上10ノット、最大潜水深度350メートル、独立行動期間45日、乗組員35人。 魚雷やロケット魚雷、防空複合体「イグラ-M」を装備する。

ヴィソツキーは、インドへ同プロジェクト潜水艦が納入される可能性について述べた。
「インド側から見て、神が望むのであれば、彼らは購入するでしょう」

彼はまた、「2020年までの国家兵器プログラム」において、ロシア海軍は8隻の「ボレイ」型巡洋艦と8隻のプロジェクト「ヤーセン」原子力潜水艦を購入する事を認めた。以前、メディアは、ロシア国防省が、これらの巡洋艦や潜水艦を10隻ずつ購入する計画であると報じた。総司令官は質問に答え、これは、軍当局の計画における2020年以降の購入を含んだ数字を指していると説明した。
(2012年2月16日19時43分配信)


ヴィソツキー提督の発言を見る限り、現在の「ラーダ」級の問題点は動力装置(エンジン)にあり、これを解決すれば、「ラーダ」級は優れた艦になるという事のようです。

記事中に登場する「非大気依存装置」ですが、ロシアは昨年12月、新型の非大気依存動力装置の試験を終えたと報じられました。

ヴィソツキー提督は、2月9日に、ロシアが新たな非大気依存動力潜水艦を建造すると発言しました。


新たな非大気依存動力装置を搭載した改ラーダ級が建造されるという事でしょうか。

開く コメント(0)

2012年2月17日ロシア極東部コムソモリスク・ナ・アムーレ市アムール造船工場で、ステレグーシチー型コルベット「グロームキー」の建造が開始されました。

イメージ 4


アムール造船工場
イメージ 1

2012年2月17日
 
2月17日、アムール造船工場の造船台では、「グロームキー」と命名されたロシア太平洋艦隊プロジェクト20380コルベット2隻目の建造開始記念式典が開催された。
コムソモリスク・ナ・アムーレ市庁広報部は「中央海軍ポータル」に伝えた。 

式典には、ハバロフスク地方知事ヴャチェスラフ・シポルトコムソモリスク・ナ・アムーレ市庁代表、工場および企業幹部、ロシア海軍代表、「統合造船業営団」代表が出席した。
本日の行事-式典は艦の起工ではなく、建造の始まりである。
工場の専門技術者は、コルベットの最初の区画を溶接し、起工板が設置された後、製造された船体が組み立てられる。

計画によると、コルベット「グロームキー」(工場番号2102)は、2015年にロシア海軍へ納入される。
株式会社「アムール造船工場」では、既にプロジェクト20380コルベット「ソヴェルシェンヌイ」が建造されており、同艦は2006年夏に起工された。
現在までに、同艦の船体には、基本となる機器類が設置されている。

ロシア海軍は、水上艦部隊への戦闘艦の補充に関心を有している。
最近のロシア海軍総司令官ウラジミール・ヴィソツキー大将の発言によると、同海軍は、プロジェクト20380コルベットと、その近代化ヴァージョンであるプロジェクト20385〜1番艦の起工式典がサンクトペテルブルク「セーヴェルナヤ・ヴェルフィ」で2月1日開催された〜を20隻建造する計画である。

新たなコルベットは、同クラスの他の艦に優越する戦術・技術特性を有する。
その主な特徴は、多用途性、低視認性、自動システム、高速と改善された防空能力である。
特別な建造構成組立の導入により、二次元レーダーや艦の熱探知レベルは大幅に減少した。

<プロジェクト20380コルベットの簡単な戦術・技術特徴>
満載排水量-2100トン 
主要寸法:全長-104.6メートル、幅-13メートル、吃水-3.7メートル 
最大速力-27ノット 
航続距離-14ノットで4000海里。 
自立行動日数-15日 
推進器:2基のディーゼルユニットDDA12000(11660馬力)、4基のディーゼル発電機(630kW)
武装: 
2基の対艦ミサイル複合体「ウラン」発射機-ミサイル8基
高射ミサイル複合体「リドゥート」-ミサイル32基
携帯高射ミサイル複合体「イグラ」-ミサイル8基
1基のA-190 100mm砲塔
2基のAK-630M30mm砲塔
2基の対潜防御「パケット-NK」発射機-魚雷8基
2基の対水中工作員用擲弾発射機DP-64
対潜ヘリコプターKa-27を搭載
このクラスの艦の兵器と接続された固有の電子電波機器、水中音響機器が設置されている。
乗員:98名(うち士官14名) 


「グロームキー」(「大声の」「名高い」といった意味の形容詞)は、初代ツシマ沖海戦で戦没した駆逐艦
2代目第2次世界大戦時駆逐艦
3代目は1970年代末に就役したクリヴァクII級フリゲート(1998年除籍)です。
今回の「グロームキー」4代目です。

2012年2月17日

造船所の公式サイトでは「親衛コルベット」Гвардейский корветと書かれていますから、4代目「グロームキー」に親衛称号(親衛海軍旗)が授与されるという事です。

親衛海軍旗
イメージ 5

つまり「グロームキー」は、既存のロシア海軍艦艇の親衛称号を受け継いだ艦という事になります。

現在、ロシア太平洋艦隊所属艦で親衛称号を有するのは、ロケット巡洋艦「ワリャーグ」原子力潜水艦「サマーラ」、そして、インド海軍へリースされる原子力潜水艦「ネルパ」です。
おそらく、「グロームキー」が引き継いだ親衛称号は、インドへリースされる「ネルパ」のものでしょう。


今回起工された「グロームキー」は、要目を見る限り、ステレグーシチー型2番艦「ソーブラジテルヌイ」と同一の艦です。


ロシア連邦の「2011-2020年の国家兵器調達プログラム」によると、ステレグーシチー型コルベットは18隻建造される予定です。

既に就役済みの「ステレグーシチー」「ソーブラジテルヌイ」と合わせると計20隻になります。

現在、サンクトペテルブルク市「セーヴェルナヤ・ヴェルフィ」には、建造中のコルベット「ボイキー」「ストイーキー」、そして、2月1日に起工された「グレミャーシチー」があります。

一方、コムソモリスク・ナ・アムーレ市「アムール造船工場」には、以前に起工された「ソヴェルシェンヌイ」と今回の「グロームキー」が建造中です。

「セーヴェルナヤ・ヴェルフィ」では、上記の3隻以外にも、あと9隻のコルベットを建造します。

従って、「アムール造船工場」では、建造中の2隻を含め、合計で6隻のコルベットを建造する事になります。
(つまり、今後、さらに4隻が起工される)

「アムール造船工場」で建造中の「ソヴェルシェンヌイ」
(2012年2月17日撮影)
イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事