ヘリ空母ミストラル型

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

モスクワ、2月24日(アルムス-タス)

ロシア海軍の為に建造されるフランス製ヘリコプター揚陸ドック艦「ミストラル」型4隻全てには、超音速有翼ミサイルを含む最新のロシアの打撃及び防衛兵器システムが設置される。
今日(2月24日)、ロシア防衛産業企業体の情報提供者は、イタルタス通信に伝えた。

「フランスで建造される最初の2隻のミストラルと、続いてロシアで建造される2隻のヘリコプター揚陸ドック艦は、最新の国産兵器システムの装備が計画されております。
それは、超音速有翼ミサイル発射装置、最新の対ミサイル及び対空及び対潜防衛複合体を含みます」
情報提供者は語った。 

無論、「ミストラル」艦上には、打撃・対潜ヘリコプター、砲、揚陸艇、装甲車両や他の機器および兵器が搭載されると彼は付け加えた。 

情報提供者は、最初の2隻のフランス製ヘリコプター揚陸ドック艦がフランスのサン・ナゼールから到着した後、ロシアのいずれかの防衛企業においてロシア製兵器の設置が行われると述べた。


ロシア連邦軍参謀本部は、この情報を認めた。
「我々には、フランス海軍が有しているような非武装のヘリコプター揚陸ドック艦は必要はありません。
ミストラルは、本質的に、最新の戦闘・航海・情報・通信管理システムを備えた巨大な浮上トランスポーターであり、海洋および空中において、他の戦闘艦と航空隊をカバーする為に必要な、申し分のない浮かぶ指揮所です」
参謀本部の情報提供者は述べた。

「ヘリコプター揚陸ドック艦は、沿岸地への海軍歩兵の装甲車両やヘリコプター、揚陸艇による上陸のみならず、我が海軍が有している様々な分野の海軍グループ(水上艦、潜水艦、海軍航空隊)の行動、更には、異なるグループの海洋及び大洋という舞台における軍事行動を統制します。
これらのグループの多機能戦闘艦の充分な安全を確保する為に、(ヘリコプター揚陸ドック艦)自身が十分な火力と打撃力を有している必要があります」
彼は強調した。 

「これが、ロシアのヘリコプター揚陸ドック艦に、長射程距離の有翼ミサイル、最新の対ミサイル及び対空及び対潜防衛手段が装備される理由です」
参謀本部の情報提供者は総括した。


今年2月16日、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将は、フランスがロシアの為に建造する「ミストラル」型ヘリコプター揚陸ドック艦には、ロシア製の兵器が装備されると記者団に語った。
「僕達は、防空手段による(艦の)防御を高める為、自艦防衛ミサイル複合体を配置します」
提督は述べた。
「ヘリコプター部隊の使用は、対潜任務を遂行するプランを強化します」
彼は述べた。
ヴィソツキーは、このような艦は、重要な艦艇グループの基礎であり、潜在性を著しく向上させると述べた。
同時に、総司令官は、フランス海軍の為に建造された同種の艦には兵器が無いと語った。

昨年6月17日、ロシア連邦大統領ドミトリー・メドベージェフは、ロシア海軍の為に2隻のヘリコプター揚陸ドック艦 「ミストラル」を建造する12億ドル相当の契約を供給会社DCNSと締結した。
同日、海軍総司令官は、次のように述べた。
「このクラスの艦は、艦隊基地から、任意の遠隔地の海洋及び大洋領域において、異なる規模の部隊を管理する為の指揮センターを装備しております」

「このような艦を建造する為の技術は、国産の揚陸艇や艦上航空隊を含む既存のロシア兵器システムのプロジェクトとの統合が可能です」
ヴィソツキーは述べた。

「この艦は、任意の世界の大洋海域に展開するグループの行動を調整し、平和維持・人道支援任務を遂行する統制艦として使用する事が出来ます。
そして、現在のロシアの艦艇及び船舶の能力を数倍上回る人道支援能力を提供します」
「これが、軍艦ミストラル型の本質です。僕達は、ロシア海軍の編制において使用する際の平時および戦時の任務全体への適用の必要性と実現可能性について述べております」
総司令官は付け加えた。 

現在、フランスでは、ロシア向けに最初の2隻のヘリコプター揚陸ドック艦「ミストラル」型が建造されている。
艦は、2月1日にフランスのサン・ナゼールで起工された。
最初のヘリコプター揚陸ドック艦は2014年に、2隻目はその1年後にロシアへ引き渡される。

これらの艦には、ロシアの攻撃ヘリコプターKa-52「アリガートル」の海洋型が搭載される。
昨年、北方艦隊において、多用途攻撃ヘリコプターを海洋環境で使用する為の適合試験が完了した。

契約下でフランス側が建造する「ミストラル」には、戦闘情報管理システムSENIT-9など、 ロシアに対して幾つかの「高度な」技術が供与され、これらの揚陸艦に装備される。
その後、これらの技術は、ロシアの造船所で建造される2隻のヘリコプター揚陸ドック艦「ミストラル」型の建造に使用される。

この艦の排水量は21000トン、最大全長210メートル、艦上には16機の重ヘリコプターだけでなく、指定地域へ移動させる900名の武装兵、70輌までの装甲車両を搭載できる。
(2012年2月24日12時23分配信)


イメージ 1

フランス海軍「ミストラル」型の固定兵装は以下の通りです。
ブローニングM2-HB 12.7mm機関銃×4基
ミストラル近接防御対空ミサイル2連装発射機(「シンバド」システム)×2基

ブローニングM2 12.7mm機関銃は、「キャリバー・フィフティ」として有名な機銃です。
1918年に開発され、第2次世界大戦におけるアメリカ陸海軍航空機の主要機銃として使用されました。
というか、当時、アメリカ国産の航空機銃は12.7mmと7.62mmしか存在しませんでした。
ちなみに、第2次大戦時のアメリカ軍機が装備していた20mm機銃は、フランスイスパノスイザ製です。

イメージ 2

ロシア側から見れば、フランス海軍の「ミストラル」の固定兵装では、「無武装」に等しいという事のようです。

ロシア向け「ミストラル」の兵装については、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将が2月16日に記者会見で触れています。


上のタス通信の記事を読む限り、ロシア海軍の「ミストラル」には、3R-14UKSK汎用ミサイル発射機高射ミサイル複合体「リドゥート」が装備されるようです。  

「超音速有翼ミサイル発射装置、最新の対ミサイル及び対空及び対潜防衛複合体」
「長射程距離の有翼ミサイル、最新の対ミサイル及び対空及び対潜防衛手段」
という条件を満たせるのは、3R-14UKSK「リドゥート」しかありません。

超音速有翼ミサイル対潜防衛ミサイル-3R-14UKSK
対ミサイル(弾道弾)防衛ミサイル対空防衛ミサイル-リドゥート

対弾道弾ミサイル(おそらく48N6E2)も搭載するのであれば、「アドミラル・ゴルシコフ」型フリゲートと同様の「ポリメント-リドゥート」(「リドゥート」のフルスペックヴァージョン、4面フェーズドアレイレーダー「ポリメント」を装備)になる可能性が高いでしょう。

更には、「砲」も装備されるようです。
(30mmガトリング砲?) 

「揚陸艦」にしては重武装になりますが、これまでのロシア側の報道を見ても、ロシア軍は「ミストラル」型を単なる「揚陸艦」と見ていない事が伺えます。
(艦の導入自体は「揚陸艦枠」で行なわれていますが)
言い換えれば、ロシア海軍が導入する「ミストラル」型を「強襲揚陸艦」と見なす事は判断を誤ります。

上のタス通信の記事でも、そして、この前のヴィソツキー総司令官の発言でも、ロシアの「ミストラル」は、対潜ヘリコプターの搭載も考慮しています。

これまでのロシア側の報道によると、ロシアの「ミストラル」はKa-52K攻撃ヘリコプターKa-29強襲ヘリコプターを搭載するとの事ですが、2009年11月末にフランス海軍の指揮・戦力投射艦「ミストラル」がロシアを訪問した際、この2機種に加え、Ka-27対潜ヘリコプターの適合試験を行なっています。


上のタス通信の記事中で触れられていますが、ロシア製攻撃ヘリKa-52は、昨年8月に北方艦隊所属の大型対潜艦「ヴィツェ-アドミラル(海軍中将)クラコフ」で発着試験を行なっています。


ロシア海軍の「ミストラル」型は、いわば「汎用ヘリコプター巡洋艦」として使用されるようです。

開く コメント(5)


イメージ 1

モスクワ、2月16日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍の為に建造されるフランスのヘリコプター空母「ミストラル」は、ロシアが開発した特殊弾頭を有する兵器を装備するだろう。
ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将は、明らかにした。

「僕達は、防空手段による(艦の)防御を高める為、自艦防衛ミサイル複合体を配置します。
ヘリコプター部隊の使用は、対潜任務を遂行するプランを強化します。
ロシア海軍の為に建造されるミストラルは、おそらく、ロシアが開発した特殊弾頭を有する兵器を装備するでしょう」
ヴィソツキーは述べた。

「これは、祖国の基礎となる種類の兵器です。
魚雷発射管の設置は重要な事ではありません」
彼は言った。

フランスが建造するこれらの艦に、自艦の為の兵器は全く無い事を総司令官は指摘した。

彼は 「ミストラル」が、まず第一に艦艇グループの基礎と見る必要がある事を強調した。
「それは、潜在性を著しく向上させるでしょう」
(2012年2月16日17時20分配信)


ロシア向けのヘリ空母「ミストラル」1番艦は2012年2月1日にフランスのサン・ナゼール造船所で起工されました。


上の記事を読む限り、ロシア海軍向けの「ミストラル」は、ロシア製の艦対空ミサイルを装備するようです。
おそらくは、3K96「リドゥート」だと思われます。


記事中に「対潜任務を遂行するプラン」とある事から、ロシア海軍には、「ミストラル」型を対潜ヘリコプター空母として使う構想もあるようです。

「艦艇グループの基礎」というのは、要するに、任務部隊の中核(旗艦)という事でしょう。
ロシア海軍は、「ミストラル」型を巡洋艦(クレイセル)に相当する艦(主力水上艦)と見なしているようです。
イメージ 2

開く コメント(0)

2012年2月1日、フランスのサン・ナゼール造船所でロシア海軍向けのヘリコプター空母「ミストラル」型の1番艦が起工されました。


同日、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将から、「ミストラル」型の最初の2隻の艦名が発表されました。

サンクトペテルブルク、2月1日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍の為に建造される軍艦「ミストラル」型の最初の2隻の艦名は、「ウラジオストク」「セヴァストーポリ」になる。
水曜日、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将は、サンクトペテルブルク市で記者団に語った。

「2月の初日、フランスのサンナゼールで、ロシア海軍の為の最初のミストラル型が起工され、最初のプレートカットが行われました」
総司令官は述べた。

彼によると、ちょうど36ヶ月で同艦は海軍の戦闘編制に加入する。
同時に、総司令官は、最初の「ミストラル」が、どこの艦隊に配備されるのかについては言及しなかった。
以前、ロシア連邦国防相アナトリー・セルジュコフは、「ミストラル」1番艦が太平洋艦隊に配備されると述べた。

総司令官は、無論「ミストラル」型を含む同様の艦はロシアの造船所で建造されるべきだと述べた。
フランスからの「ミストラル」購入は、止むを得ない措置であると彼は語った。

ヴィソツキーは、「ミストラル」について、ヘリコプター空母、指揮艦、病院船であるという誤った情報が流布されていると語った。
「軍艦ミストラル型は、指揮・戦力投射艦です」
ヴィソツキーは語った。

彼によると、これらの艦と、その建造技術の購入は、新世代艦の設計及び建造の為、ロシアの設計者や建造業者を後押しする。

フランスで2隻の「ミストラル」を建造するモスクワ-パリ間の契約は、2011年6月に調印された。
契約額は12億ユーロである。
最初の艦は2014年に、2隻目は2015年にロシアへの引き渡しが計画されている。

3隻目と4隻目の「ミストラル」グループは、ロシアで建造される予定であり、現在、この問題に関する交渉が行われている。
2011年夏にロシア連邦国防相アナトリー・セルジュコフが伝えたように、新たな契約の為の予備合意交渉は、2012年第1クオーター(1〜3月)に完了する予定である。

昨年9月、ロシア兵器輸出公社総取締役アナトリー・イサイキンは、同型の第2バッチ(の建造作業)は、ロシア連邦が80パーセント、フランスが20パーセントの比率で行なわれると指摘した。
 
汎用ヘリコプター空母「ミストラル」は排水量21000トン、船体の最大長は210メートル、18ノットの速力発揮を可能とする。
航続距離は最大で20000海里。乗組員160人の他に450人を収容可能である。
航空グループは16機のヘリコプターで構成され、このうち同時に飛行甲板から6機が発着できる。
これらの艦には、8機のKa-52Kと8機のKa-29の配備が計画されている。
(2012年2月1日17時51分配信)


これまでに「ウラジオストク」という名前は、クレスタI級ロケット巡洋艦カーラ級大型対潜艦に付けられています。
2隻とも太平洋艦隊に配備されました。

「セヴァストーポリ」という名前は、ガングート型戦列艦クレスタI級ロケット巡洋艦に付けられています。
ガングート型戦列艦「セヴァストーポリ」は、当初バルト艦隊に配備され、後に黒海艦隊へ転属しました。
クレスタI級の「セヴァストーポリ」は、太平洋艦隊に配備されました。

現在建造中のラーダ級潜水艦3番艦の予定艦名も「セヴァストーポリ」ですが、改名されるのでしょうか?

開く コメント(0)

2012年2月1日、フランスのサン・ナゼール造船所でロシア海軍向けのヘリコプター空母「ミストラル」型の1番艦が起工されます。

イメージ 1



パリ、2月1日(アルムス-タス)

ロシア向けのヘリコプター空母「ミストラル」型2隻の内の1隻目は、本日(2月1日)、フランスで起工される。
フランスの請負会社DCNSイタルタス通信に伝えた。
サン・ナゼール造船所で行なわれる式典では、艦の最初のプレートがカットされる。

「数週間前、ロシア側は必要な資金を支払いました。
私共が今回建造を開始する1隻目の汎用揚陸艦ミストラルは、2014年にロシア海軍へ納入します」
DCNSの代理人エマニュエル・ゴーデは、イタルタス通信に対し、こう述べた。 

ロシアとフランスは2011年6月にヘリコプター空母「ミストラル」型を4隻建造する契約を締結した。
契約下で、最初の2隻の艦は、サンナゼール造船所で進水し、作業の一部は「アドミラルティ造船所」のロシア人専門技術者によって実施される。
2隻のヘリコプター空母の費用は約12億ユーロになる。

ロシアと、NATO加盟国であるフランスとの汎用揚陸艦の購入に関する交渉は、約2年掛かった。

ニコラス・サルコジ大統領によると、モスクワとの契約は、パリの「明確な政治的選択」を示すものである。

汎用ヘリコプター空母「ミストラル」の排水量は21,000トン、船体最大長210m、速力18ノット以上である。航続距離は最大で20000海里。
乗組員は160名であり、更にヘリコプターと450名を収容可能である。
航空隊は16機のヘリコプターから成り、同時に6機の飛行甲板からの発着が可能である。
(モスクワ時間2012年2月1日06時48分配信)

モスクワ時間06時48分は、パリ時間で04時48分です。

ロシア海軍は、フランスのヘリコプター空母「ミストラル」型を4隻導入します。

ロシア向け「ミストラル」型の売買契約は、2011年6月に締結されました。

最初の2隻は、フランスで建造されます。

あとの2隻は、ロシア国内の造船所でライセンス建造されます。


フランスで起工される最初のロシア向けミストラル型は、太平洋艦隊に配備されます。
 
なお、日本では、ヘリ空母「ミストラル」型がクリル諸島南部(日本側呼称「北方領土」)に配備されるなどという情報が流れていますが、嘘です。

ミストラル型は、沿海地方(フォーキノあるいはウラジオストク)に配備されます。

ロシア太平洋艦隊の大型水上艦部隊は、第36水上艦師団(ミサイル巡洋艦と駆逐艦)、第44対潜艦旅団(大型対潜艦)、第100揚陸艦旅団(大型揚陸艦)が有ります。

ミストラル型が第36水上艦師団に配備されるか、それとも第100揚陸艦旅団に配備されるのか、現時点では不明ですが、この両部隊とも、駐留基地は沿海地方のフォーキノです。

フォーキノ基地
イメージ 2

第36水上艦師団所属の原子力巡洋艦1隻と駆逐艦3隻、第100揚陸艦旅団所属の大型揚陸艦3隻が停泊しています。

開く コメント(0)

イメージ 1

モスクワ、1月24日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍の為の「ミストラル」1番艦は、2月上旬にフランスで起工される。
火曜日、連邦軍事技術協力局第一副局長アレクサンドル・フォミーンは、ロシア通信社ノーボスチに伝えた。

「ミストラル」に関する協定は、両国間の軍事技術協力の歴史の中で最大のものの一つである。

「ミストラル型2隻の内、フランスのサンナゼール造船所で2月上旬に最初の艦を起工する公式式典への招待状がロシア側関係者に届きました」
代理人は伝えた。

彼はまた、ロシア側は、2011年末までにフランスへ前払い金を支払ったと述べた。
「前払い金支払後、契約に計上された事に助力され、ここへ至る全ての時間は準備作業に充てられ、2月には公式行事が執り行われます」
フォミーンは述べた。

フランスで2隻の「ミストラル」を建造するモスクワ-パリ間の契約は、2011年6月に調印された。
契約額は12億ユーロである。
最初の艦は2014年に、2隻目は2015年にロシアへの引き渡しが計画されている。

3隻目と4隻目の「ミストラル」グループは、ロシアで建造される予定であり、現在、この問題に関する交渉が行われている。
2011年夏にロシア連邦国防相アナトリー・セルジュコフが伝えたように、新たな契約の為の予備合意交渉は、2012年第1クオーター(1〜3月)に完了する予定である。

昨年9月、ロシア兵器輸出公社総取締役アナトリー・イサイキンは、同型の第2バッチ(の建造作業)は、ロシア連邦が80パーセント、フランスが20パーセントの比率で行なわれると指摘した。
 
汎用ヘリコプター空母「ミストラル」は排水量21000トン、船体の最大長は210メートル、18ノットの速力発揮を可能とする。
航続距離は最大で20000海里。乗組員160人の他に450人を収容可能である。
航空グループは16機のヘリコプターで構成され、このうち同時に飛行甲板から6機が発着できる。
これらの艦には、8機のKa-52Kと8機のKa-29の配備が計画されている。
(モスクワ時間2012年1月24日18時00分配信)


サンナゼール造船所
イメージ 3

ロシア海軍は、フランスのヘリコプター空母「ミストラル」型を4隻導入します。

ロシア向け「ミストラル」型の売買契約は、2011年6月に締結されました。

最初の2隻は、フランスで建造されます。

あとの2隻は、ロシア国内の造船所でライセンス建造されます。


フランスで起工される最初のロシア向けミストラル型は、太平洋艦隊に配備されます。
 
なお、日本では、ヘリ空母「ミストラル」型がクリル諸島南部(日本側呼称「北方領土」)に配備されるなどという情報が流れていますが、これは全くのデタラメです。

ミストラル型は、沿海地方(フォーキノあるいはウラジオストク)に配備されます。

イメージ 2

地理感覚ゼロの輩は、(日本の)防衛問題について語る資格を持たない。

開く コメント(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事