ロシア太平洋艦隊

[ リスト | 詳細 ]

ロシア極東方面に展開する太平洋艦隊Тихоокеанский Флот(チハオケアンスキー・フロート) について
記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

現在、ロシア連邦海軍太平洋艦隊が保有する主な戦闘艦艇は以下の通りです。


【カムチャツカ方面】

<潜水艦>
戦略原子力潜水艦プロジェクト667BDR(デルタIII級)×3隻(1979-1982年就役)
多用途原子力潜水艦プロジェクト949A(オスカーII級)×5隻(1988-1996年就役)
多用途原子力潜水艦プロジェクト971(アクラ級)×6隻(1987-1995年就役)
非核動力潜水艦プロジェクト877(キロ級)×2隻(1988年就役)

イメージ 1

<水上戦闘艦>
小型対潜艦プロジェクト1124M(グリシャ級)×2隻(1990-1991年就役)
小型ロケット艦プロジェクト12341(ナヌチュカ級)×4隻(1985-1991年就役)


【沿海地方】

<潜水艦>
非核動力潜水艦プロジェクト877(キロ級)×6隻(1981-1994年就役)

イメージ 2


<水上戦闘艦>
原子力巡洋艦プロジェクト11442(キーロフ型)×1隻(非稼働)(1984年就役)
ロケット巡洋艦プロジェクト1164(スラヴァ型)×1隻(1989年就役)
駆逐艦プロジェクト956(ソブレメンヌイ型)×4隻(3隻非稼働)(1986-1990年就役)
大型対潜艦プロジェクト1155(ウダロイ型)×4隻(1986-1991年就役)

イメージ 3

小型対潜艦プロジェクト1124/1124M(グリシャ級)×6隻(1985-1991年就役)
ロケット艇プロジェクト1241T/12411/12411M(タランタル級)×11隻(1984-1994,2003年就役)

<揚陸艦>
大型揚陸艦プロジェクト1174(イワン・ロゴフ型)×1隻(非稼働)(1982年就役)
大型揚陸艦プロジェクト775/775M(ロプーチャ級)×3隻(1981-1991年就役)
大型揚陸艦プロジェクト1174(アリゲーター級)×1隻(1974年就役)

イメージ 4



上記の内、ソヴィエト連邦解体後に就役した艦は、これだけです。
オスカーII級×3隻(1992-1996年就役)
アクラ級×2隻(1992-1995年就役)
キロ級×2隻(1992-1994年就役)
タランタル級×5隻(1992-1994,2003年就役)

この内、2000年代に就役したのは、タランタル級1隻だけです。

大型ロケット艇R-29(2003年就役)
イメージ 5

それ以外の大半の艦艇は、ソヴィエト連邦時代(1991年以前)に就役しております。
ですから、あと10年以内で大半の艦艇は寿命に達します。

このままでは太平洋艦隊どころかロシア連邦海軍が無くなるので、これらの艦艇を更新する為の大規模な新規建造計画が立案されています。

しかし、この計画で建造される艦艇が全て太平洋艦隊に配備されるわけではありません。

一方、現用艦艇の一部は近代化改装が計画されています。
具体的には、オスカーII級原潜アクラ級原潜キロ級潜水艦キーロフ型原子力巡洋艦です。
しかし、これも現有艦全てが近代化される可能性はゼロに近いでしょう。

キーロフ型は、4隻全てを近代化するという情報もありますが、上記の新規建造プログラムとの兼ね合いも有り、予算は無限に有るわけではないので、近代化が実施されたとしても2隻程度に留まるのではないでしょうか。

オスカーII級アクラ級にしても、現在の太平洋艦隊在籍艦の内、実際に近代化が行われるのは、最大でも各級3隻程度でしょう。

スラヴァ型ソブレメンヌイ型ウダロイ型の近代化計画は有りません。
というか、近代化は無理でしょうし、これ以上寿命延長工事を行なっても、まともな戦力になりません。
その他のタイプも同様です。
これらの艦は、今後10年間で徐々に現役を去っていく事になります。

それと入れ替えに、上記の「2011-2020年の国家兵器調達プログラム」による艦艇が就役していくでしょうが、1対1での更新は望むべくもないでしょう。


これらの状況を鑑みて、10数年後の2020年代初頭のロシア太平洋艦隊は、おそらくこうなっているでしょう。
(むろん「2011-2020年の国家兵器調達プログラム」が計画通りに実施されるという前提においてですが)


イメージ 6
【カムチャツカ方面】

<潜水艦>
多用途原子力潜水艦オスカーII級(近代化)×3隻
多用途原子力潜水艦アクラ級(近代化)×3隻

<水上戦闘艦>


イメージ 7
【沿海地方】

<潜水艦>
新型非核動力潜水艦×4隻
プロジェクト877(キロ級)非核動力潜水艦(近代化)×2隻

<水上戦闘艦>
原子力巡洋艦キーロフ型(近代化)×1隻



フランスから導入するミストラル型は元々はヘリコプター揚陸艦ですが、ロシア海軍は同型を純粋な揚陸艦としてではなく「ヘリコプター搭載全通甲板ミサイル巡洋艦」として運用する構想のようです。

ロシア国内で建造される揚陸艦イワン・グレン型黒海艦隊バルト艦隊に回されるので、太平洋艦隊(と北方艦隊)へは配備されないでしょう。


従って、ミストラル型1隻、ゴルシコフ型フリゲート2隻程度で構成される艦艇打撃グループ2個が、2020年頃のロシア太平洋艦隊の水上艦部隊の中核(というか事実上全て)となるでしょう。

「軍拡」どころか現有戦力よりも減少する事になりますが、現有艦艇の寿命と今後の建造ペースを合わせて考慮すれば、これでも「最大に見積もった」数字です。
(現有艦艇の近代化が実施されなければ、もっと減少する事になるし・・・)

ミストラル型は合計4隻、ゴルシコフ型は2020年までに8隻を調達する計画ですが、太平洋艦隊へ回されるのは半分程度でしょう。
コルベット非核動力潜水艦は、バルト艦隊黒海艦隊へ優先的に配備されるでしょうし。

開く コメント(8)

本日(2月12日)、アデン湾で海賊対処任務に従事していたロシア太平洋艦隊第6次ソマリア海賊対処部隊は、予定通りウラジオストクに帰港しました。


イメージ 1


ウラジオストク、2月12日-ロシア通信社ノーボスチ、アナトーリー・イリューホフ

古き海軍の伝統により、3つの子豚の丸焼きは、遠距離戦闘航海を成功裏に終えた証として、アデン湾において海賊対処国際任務に参加し、日曜日にウラジオストクへ戻ってきた太平洋艦隊第6艦艇支隊の艦船の艦長に贈られた。
ロシア通信社ノーボスチ特派員は伝えた。

大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」、補給給油船「ボリス・ブートマ」、救助曳航船「フォーチィ・クリロフ」で構成される太平洋艦隊第6艦艇支隊は、2011年8月29日にウラジオストクからインド洋へ出発し、同年10月から翌2012年1月まで(アデン湾で)商船団を先導した。
大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」に率いられる太平洋艦隊第7艦艇支隊は、1月15日から海賊対処任務に参加している。

海軍軍楽隊は、艦艇支隊を華麗な軍楽曲で歓迎した。遠距離航海から金角湾沿岸に帰ってきた将兵は、太平洋艦隊司令部代表者、家族、友人、恋人、同僚と再会した。

歓迎式典で、艦艇支隊指揮官アンドレイ・サプルイキン1等海佐(カピタン・1ランガ)は、太平洋艦隊司令部に、太平洋艦隊将兵が与えられた任務を果たした事を報告した。

「我が支隊は、国際部隊の一員として、様々な国の商船から成る6つの船団の通航の安全を成功裏に保障し、3度に渡り海賊の攻撃を撃退しました。遠海への航海において、我が支隊は25,000海里以上を航行しました」
サプルイキンは述べた。

太平洋艦隊公式代理人ローマン・マルトフ1等海佐(カピタン・1ランガ)がロシア通信社ノーボスチに伝えたように、同支隊は、アデン湾から祖国へ戻る途中、カンボジア、ジブチ、セイシェル、インドネシア、フィリピンの港を訪問した。
アフリカの角で戦闘当直に就いている間、太平洋艦隊将兵は、数か国の海軍将兵と何度か通信と連携機動の合同訓練を行なった。

対談者(マルトフ)は、現在、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、給油船「ペチェンガ」、海洋救助曳航船MB-37で構成される太平洋艦隊第7艦艇支隊が アデン湾における国際作戦に参加している事を想起した。

「イリダル・アフメロフ1等海佐が指揮する支隊は、(2011年)12月10日にウラジオストクからアフリカ沿岸へ向かい、(2012年)1月中旬に最初の多国籍商船団を先導しました。同支隊は、これまでに4つの護送船団を先導しており、第5の船団を編成しています」
マルトフは述べた。

太平洋艦隊将兵は、アデン湾における国際軍事海洋任務に参加している間に、合計で様々な国の約130の商船キャラバンを先導した。
(モスクワ時間2012年2月12日06時48分)


ウラジオストク情報サイ『VL.RU』より。
ウラジオストクへ戻ってきた太平洋艦隊第6艦艇支隊の艦艇(大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」)と乗組員の写真が27枚あります。
この写真を見る限り、上の記事冒頭にある「子豚の丸焼き」を艦長に渡しているのは、東方軍管区司令官コンスタンチン・シデンコ大将のようです。



上の記事中にあるように、アンドレイ・サプルイキンが指揮する太平洋艦隊第6次海賊対処部隊は、アデン湾で海賊対処任務を遂行中(2011年10月〜2012年1月)、3度に渡ってソマリア海賊の襲撃を撃退していました。

ただ、追い返しただけで、海賊を追いかけて拘留するまではやらなかったようです。

現在、アデン湾で海賊対処任務に就いている第7次海賊対処部隊指揮官イリダル・アフメロフならば、追撃して海賊を拘留していたかもしれません。

開く コメント(0)

本日(2月12日)、アデン湾で海賊対処任務に従事していたロシア太平洋艦隊第6次ソマリア海賊対処部隊がウラジオストクに到着します。

以下のロシア通信社ノーボスチの記事は、「今日、これから到着しますよ」というニュースです。
(この記事が配信された時点では、まだ海賊対処部隊はウラジオストクに到着していません)

ウラジオストク、2月12日-ロシア通信社ノーボスチ、アナトーリー・イリューホフ

海賊対処国際任務に参加してアデン湾から戻ってくる太平洋艦隊第6艦艇支隊は、日曜日にウラジオストクへ到着する。
太平洋艦隊の公式代理人ローマン・マルトフ1等海佐(カピタン・1ランガ)はロシア通信社ノーボスチに伝えた。

大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」、補給給油船「ボリス・ブートマ」、救助曳航船「フォーチィ・クリロフ」で構成される太平洋艦隊第6艦艇支隊は、2011年8月29日にウラジオストクからインド洋へ出発し、同年10月から翌2012年1月まで(アデン湾で)商船団を先導した。
大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」に率いられる太平洋艦隊第7艦艇支隊は、1月15日から海賊対処任務に参加している。

「ウラジオストクでは、海軍司令部と軍楽隊と太平洋艦隊将兵による歓迎式典が待っています。
祖国の海岸である金角湾における海軍将兵の会合には、同僚、家族、友人、恋人がやって来ます。
古き海軍の伝統により、遠距離戦闘公開を無事に完了した艦船の艦長に対し、3つの子豚の丸焼きが贈られます」
代理人は述べた。

彼によると、太平洋艦隊第6艦艇支隊は、5ヶ月半に渡り国際部隊の一員として、様々な国の商船から成る6つの船団の通航の安全を保障した。
ロシア海軍司令部は、太平洋艦隊の任務が正常に管理されていると考えている。

「支隊は、アデン湾から祖国へ戻る途中、カンボジア、ジブチ、セイシェル、インドネシア、フィリピンの港を訪問しました。
アフリカの角で戦闘当直に就いている間、太平洋艦隊将兵は、数か国の海軍将兵と何度か通信と連携機動の合同訓練を行ないました」
代理人は語った。

彼は、アデン湾での国際任務に参加する為、イリダル・アフメロフ1等海佐が指揮する大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、給油船「ペチェンガ」、海洋救助曳航船MB-37で構成される太平洋艦隊第7艦艇支隊が、(2011年)12月10日にウラジオストクからインド洋へ向かった事を想起した。
支隊の構成には、海軍歩兵部隊、2機の艦載ヘリコプターが含まれ、ヘリ乗員は、海賊を拘留する為に、航空偵察を実施しなければならない。

「同支隊は1月12日にアデン湾へ到着し、3日後に最初の多国籍商船キャラバンを編成し、バブ・エル・マンデブ海峡側へ向かう回廊の安全を保障する為に先導しました。
現在までに、同支隊は既に多国籍商船から成る4つの護送船団を先導しており、第5の船団を編成しています」
マルトフは述べた。

太平洋艦隊将兵は、アデン湾における国際軍事海洋任務に参加している間に、合計で様々な国の約130の商船キャラバンを先導した。
(モスクワ時間2012年2月12日00時44分配信)

イメージ 1

開く コメント(0)

日本国防衛省統合幕僚監部公式サイトより。
2月9日木曜日午前9時頃から午前11時頃にかけて、海上自衛隊第2護衛隊「あまぎり」(舞鶴)が、下対馬の南西約120kmの海域を北上するロシア海軍のウダロイI級ミサイル駆逐艦1隻、バクラザン級救難曳船1隻及びボリスチリキン級補給艦1隻を確認した。
その後、当該艦艇が対馬海上を北上したことを確認した。

この3隻の艦名は、以下の通りです。

ウダロイI級ミサイル駆逐艦1隻:大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」
バクラザン級救難曳船1隻:海洋救助曳航船「フォーチィ・クリロフ」
ボリスチリキン級補給艦1隻:補給給油船「ボリス・ブートマ」

この部隊は、ロシア太平洋艦隊第6次海賊対処任務部隊です。

同部隊は2011年8月下旬にウラジオストクを出港し、9月1日にツシマ海峡を通過しました。

2011年10月から2012年1月初頭までアデン湾においてソマリア海賊対処任務に従事していました。

開く コメント(0)

2011年末にアデン湾海賊対処任務に従事し、任務を終えて帰る途中の太平洋艦隊第6次海賊対処任務部隊は、1月31日マニラを訪問します。

イメージ 1

2012年1月30日10時08分配信

アンドレイ・サプルイキン1等海佐が指揮し、太平洋上において戦闘勤務を遂行する大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」、補給給油船「ボリス・ブートマ」、救助曳航船「フォーチィ・クリロフ」で構成される太平洋艦隊艦艇支隊は、1月31日にフィリピン諸島のマニラ港を業務訪問する。

太平洋艦隊の戦闘艦艇のフィリピンの港への訪問は、96年ぶりである。

初日、係留された大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」艦上において物資の補充が行われ、支隊の隊員は組織的に休息する。
フィリピン海軍代表団と、ロシア連邦フィリピン大使および軍武官はロシア艦を見学する。

同じ日に、ロシア海軍公式代表団は、フィリピン海軍司令官および幹部を表敬訪問する。

2010年黒海艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」は、ロシア領土内で実施された指揮幕僚演習「ヴォストーク-2010」に参加する途中でフィリピンを2度訪れた。

太平洋艦隊艦艇支隊の訪問滞在は、2月2日まで続けられる。


太平洋艦隊第6次海賊対処任務部隊は、アデン湾からウラジオストクへ戻る途中、1月19日インドネシアを訪問しました。

開く コメント(0)

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事