駆逐艦ソブレメンヌイ型

[ リスト | 詳細 ]

ロシア(ソ連邦)最後の「正統派駆逐艦」ソブレメンヌイ級について。
記事検索
検索

イメージ 1

【艦の「誕生日」】
2007年10月15日

今日(10月15日)は、駆逐艦「ブールヌイ」Бурный乗組員達にとっては祝うべき日である。

19年前の1988年10月15日、駆逐艦に初めて海軍旗が掲げられた。

駆逐艦の乗組員は、艦長アレクセイ・イマノフ一等海佐の指揮下に有る事を誇りに思う。

これまでに走破した何千海里の中で、駆逐艦は数多くの演習へ参加し、外国を訪れ、観艦式に参列した。

今、駆逐艦は定期整備中であり、乗組員が艦に乗る日は少ない。

我々の生まれた祖国から選ばれた乗組員は、ロケット艦で勤務する事を大きな誇りとし続けるだろう。

7フィートのキールは、栄光の駆逐艦の乗組員達の強固な健康と、家族の幸福を望み続ける。


http://www.mil.ru/848/1045/1274/8948/8950/tof/19371/index.shtml?id=32055

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ソヴレメンヌイ級駆逐艦には、ヴヌシーテリヌイВнушительный
という名前を付けられた艦が3隻あります。


[初代ヴヌシーテリヌイ](1枚目の写真)
1983年8月30日、ウクライナ共和国の61コムーナ造船所(ニコラーエフ)で起工。
1987年10月17日、工事中止
出来上がっていた船体は切断され、中央部分を海上倉庫として使用。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/17412752.html


[2代目ヴヌシーテリヌイ](2枚目の写真)
1990年起工、後に「ソーブラジテルヌイ」Собразительныйに改名。
1990年代半ばに工事中止。
出来上がっていた船体はバルチースクに回航され、海上倉庫として使用。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/8581251.html


[3代目ヴヌシーテリヌイ](3枚目の写真)
中国向け改ソヴレメンヌイ級(956EM型)「泰州」(タイチョウ)の引渡し前の仮艦名。
2002年6月27日起工、2005年12月28日就役

というわけで、ロシア海軍の駆逐艦として就役した艦は、1隻もありませんでした。
竣工したのは「3代目」のみで、しかも、中国軍の駆逐艦としての就役です。


似たような運命を辿った初代と2代目は、ゴッチャにされるケースが多いようです。
というか、ネット上では、2代目は「無かったこと」にされている所がほとんどです(^^;
(公式には、ウクライナで起工された初代が「無かったこと」にされているようですが)

かのウィキペディアでは、私は、「2代目」について書いたが、
どっかの馬鹿が、初代と2代目をゴッチャにした記述に「修正」
「2代目」は消えてしまいました(^^;

だが、それでは、"Google Earth"でバルチースクを見ると写っている
この船体(2枚目の写真)の説明が付かないわけだが。

どう見ても、これはソヴレメンヌイ級駆逐艦の船体でしょう。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/19226444.htmlでも紹介した
ロシア海軍バルト艦隊旗艦のソヴレメンヌイ級駆逐艦
ナストーイチヴイНастойчивый


上の写真は、2007年7月29日のロシア海軍記念日観艦式における
ナストーイチヴイです。

開く コメント(0)

イメージ 1

http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/17285734.htmlでも紹介した
ソブレメンヌイ級10番艦グレミャーシチーГремящий

現在、ロシア海軍北方艦隊に所属し、セヴェロモルスクを母港としております。


上の写真は、2007年9月9日に撮影されたものです。

5月26日撮影時と変わっていませんが
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/20212959.html
艦首には、ロシア海軍の現役艦である事を示す「聖アンドレイ旗」が掲揚されています。

喫水線付近から排水しているので、放置されているわけでは無いようです。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

ロシア海軍北方艦隊に所属するソブレメンヌイ級駆逐艦
「アドミラル・ウシャコフ」と「ベズジェルージュヌイ」の近影。

2枚ともセヴェロモルスク基地で2007年8月19日に撮影されたものです。


「アドミラル・ウシャコフ」(舷側番号434)の煙突から黒い煙が上がっていますが、
これから出港するようです。

同じ日、http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/23733343.htmlで紹介した通り
空母クズネツォフが発着艦訓練を行なっているので、アドミラル・ウシャコフは
クズネツォフのエスコート役を務めたのでしょうか。


「アドミラル・ウシャコフ」と「ベズジェルージュヌイ」の停泊位置ですが
7月撮影時と逆になっています。
(7月撮影時 http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/22730068.html)

西側では「退役」した事になっているベズジェルージュヌイですが、
外洋には出ていないものの、ちょくちょく動いているようです。

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事