ロシア・ソ連海軍の記念艦

[ リスト | 詳細 ]

ロシア国内外で公開されているロシア・ソ連海軍の記念艦について。
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

サンクトペテルブルク市で博物館として保存されているロシア海軍装甲巡洋艦「アヴローラ」の近況。
(Бронепалубный крейсер "Аврора")

http://www.rian.ru/defense_safety/20100202/207365582.html
【「アヴローラ」はロシア海軍の編制から除籍されない-海軍総司令官代理】
サンクトペテルブルク、2月2日(ロシア通信社ノーボスチ)

ロシア連邦海軍総司令部は、1917年に冬宮殿へ向けて有名な砲撃を行なった巡洋艦「アヴローラ」の除籍を計画していない。
ロシア海軍総司令官代理フョードル・スムグリンは、巡洋艦の運命についての論議に関し、公共活動組織「アヴローラ」が出した手紙に答え、こう言った。

巡洋艦「アヴローラ」は、著名な政治家、公務員と実業家が参加する定期刊行物「ロシア少年団」創刊記念祝賀式が終わった後の昨年6月6日夜、騒動の中心に在る事が明らかになった。

この件についての報道の後で、レニングラード軍管区法務局は、「アヴローラ」での夜会を疑い、捜査を始めたが、ロシア連邦海軍総司令官は「軍の活動は関係ない」として、同艦において、この手段を執る事を禁じた。

昨年末、大統領グループ「オネクシム」のミハイル・プロホロフは、ロシア連邦海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキーおよびサンクトペテルブルク知事ワレンチナ・マトヴェンコに対し、伝説の巡洋艦「アヴローラ」への資金拠出を申し出た。
これは、公共活動組織「アヴローラ」の懸念を引き起こした。

「ロシア海軍総司令部は、ロシア艦隊の歴史的遺産の保存に関する問題は、貴方達が第一にすべき仕事である事に同意いたします。
同艦の海軍編制からロシア連邦主体の管理への移行は計画されていません。
巡洋艦アヴローラの用途は、ロシア海軍の歴史的記念物として艦の保存である事に変化はありません。
活発な見学会や展示活動、更には、次の世代を育てるという仕事が有ります」
スムグリンは手紙で述べた。

巡洋艦「アヴローラ」は、ロシア海軍および中央海軍博物館直属の第一の軍艦である。
1917年、「アヴローラ」の砲門により行なわれた空砲による砲撃は、10月革命における冬宮殿攻撃の最初の合図となった。
大祖国戦争中、巡洋艦はオラニエンバウムにあり、包囲されたレニングラードへの通路を保護した。
1956年以降、「アヴローラ」は博物館となっている。
(2010年2月2日15時02分配信)


博物館「巡洋艦アヴローラ」公式サイト
http://www.aurora.org.ru/


1903年に就役した本艦は、日露戦争のツシマ沖海戦(日本海海戦)にも参加しましたが生き残り、フィリピンへ行きました。

1917年10月、ロシア帝国首都ペトログラード(サンクトペテルブルク)に居た巡洋艦「アヴローラ」は叛旗を翻し、冬宮殿攻撃と、それに続くロシア10月革命のきっかけを作りました。


記事中に出て来るロシア海軍総司令官代理(教育訓練担当)フョードル・サヴェリエヴィッチ・スムグリン中将(3枚目の写真)は、1953年3月11日生まれ、現在56歳です。
Федор Савельевич Смуглин
http://flot2017.com/ru/characters/13655

開く コメント(17)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

旧ソ連(ロシア)海軍のディーゼル潜水艦B-396。
西側では「タンゴ」型のコード名で知られるプロジェクト641Bの13番艦です。

プロジェクト641Bは、1972年から1982年に掛けて18隻がソ連海軍に就役しました。


1979年1月22日、ソ連邦海軍籍登録。
1979年8月31日、クラスノエ・ソルモヴォ造船所で起工。
(クラスノエ・ソルモヴォ造船所 http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/7903605.html)
1980年5月17日、進水。
1980年10月24日、海軍へ引き渡し。

就役後は、赤旗北方艦隊へ配備されました。

1982年7月2日〜8月24日、ノルウェー海で戦闘哨戒。

1984年8月5日〜1985年3月3日、南大西洋(アフリカ沖)で戦闘哨戒。

1985年5月23日、「ノヴォシビルスキー・コムソモーレッツ」と命名。

1988年1月1日〜6月5日、バレンツ海で戦闘哨戒。

1991年1月、第35船舶修理工廠「セヴモルプート」 で修理。
(第35船舶修理工廠 http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/12739584.html)

1992年4月1日、「ノヴォシビルスキー・コムソモーレッツ」の名前を抹消。

1992年5月23日〜8月16日、北部大西洋で戦闘哨戒。

1993年3月26日〜6月22日、北部大西洋で戦闘哨戒。

1998年1月22日、ロシア海軍の戦闘編制から除籍。

1998年5月1日、乗組員の編制を解散。

2000年7月〜8月、浮きドックPD-18から第10船舶修理工廠「シュクヴァール」へ移動。
(第10船舶修理工廠 http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/7661431.html)

2000年10月21日、モスクワ市の潜水艦博物館として改装する為、セヴマシュに到着。
(セヴマシュ http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/6643350.html)

2004〜2005年、セヴマシュで改装工事。

2006年7月26日、モスクワ市郊外で「潜水艦博物館B-396」としてオープン。

現在、モスクワ市北西行政管区北トゥシノ地区の「北トゥシノ公園」で一般公開されています。
(北トゥシノ公園海軍博物館 http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/32462744.html)

上の写真は、2009年3月半ば頃に撮影されたB-396です。


B-396の隣には、「カスピ海のモンスター」こと表面効果翼艇「オリョーノク」が展示されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/37952656.html


ところで、このタンゴ型B-396の写真を見ると、スクリューにシュラウドリングが付いています。

これまでに公表されているタンゴ型(プロジェクト641B)の図面では、シュラウドリングは有りませんでしたが・・・

開く コメント(0)

イメージ 1

【サンクト・ペテルブルクのロシア革命艦へボートは衝突した】
サンクト・ペテルブルク、7月10日(RIAノーボスチ)

ロシア第2の都市サンクト・ペテルブルクで、モーターボートは、1917年のロシア革命の象徴である伝説の巡洋艦「アヴローラ」に衝突した。
ロシア非常事態省のスポークスマンは、木曜日に発表した。

「午前5時頃、モーターボートは、アヴローラに衝突し、ボートに搭乗していた1人が負傷しました」
スポークスマンは、人が入院したと付け加えて言った。
彼は、衝突の原因は調査中であると語った。

艦の乗組員が出港を拒否し、当時の臨時政府本部が有った冬宮殿への猛攻撃開始を示す銃弾の1発を発射した時、アヴローラは、10月革命における歴史上の役割を担ったと考えられている。

アヴローラは、現在、サンクト・ペテルブルクの海上博物館となっている。
(2008年7月10日10時32分)

http://en.rian.ru/russia/20080710/113661966.html

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

現在、ノヴォロシースク市で記念艦として保存されている「スヴェルドロフ」級巡洋艦「ミハイル・クトゥーゾフ」
(Крейсер "Михаил Кутузов")

上の写真は、2008年6月に撮影されたものです。

本艦は、1980年代後半に現役を退いたものの、1990年代は「予備役」のままセヴァストーポリで保管され続け、2000年代初頭に修理され、現在は博物館として公開されています。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

モスクワ市北西行政管区北トゥシノ地区の「北トゥシノ公園」
Парк"Северное Тушино"

ここには、海軍博物館(Музей ВМФ)が有ります。


北トゥシノ公園海軍博物館では、以下の3隻の艦艇が一般公開されています。


・潜水艦B-396「ノヴォシビルスキー・コムソモーレッツ」(プロジェクト641B)1980年9月就役:3枚目の写真
Подводная Лодка Б-396 "Новосибирский комсомолец"

・表面効果翼艇(エクラノプラン)「オリョーノク」S-26(プロジェクト904)1983年就役:4枚目の写真
Экраноплан"Орлёнок" С-26

・揚陸エアクッション艦「スカート」型D-357(プロジェクト1205)1970年代初頭就役:5枚目の写真
Десантный КВП(Корабль на Воздушной Подушке) "Скат" Д-357


プロジェクト641Bは、タンゴ型のコード名で知られるディーゼル潜水艦であり、
1972年から1982年に掛けて18隻が建造されました。

プロジェクト904は、1972年にプロトタイプが造られた後、
1977年から1983年に掛けて3隻が建造されました。

プロジェクト1205は、1969年から1974年に掛けて29隻が建造されました。



つまり、この3隻は、いずれも1960年代後期に計画・設計された艦艇というわけです。

開く コメント(4)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事