ここから本文です

書庫全体表示

立憲主義でアメリカ追従型政治との決別 \?\᡼\? 1\?\᡼\? 1

 野党なら、選挙が終わればすぐさま次の選挙の準備に入るべきことを繰り返し提言してきました。

 安倍政権の盲信的なマネタリズム信奉と大企業の利益を優先してそのおこぼれにあずかろうとする国民不在の経済政策で国民の所得格差は拡大する一方、さらには、日本会議の後押し受け急進的とも言えるナショナリズムの台頭で、戦後一貫してきた平和主義の政治を言論を圧殺してまで戦前の暗黒社会へと回帰させようとする狂気政治。
 安倍政権の暴走は、最早、どのような寛容さを以ってしても許し難いものとなりました。
 ・円の垂れ流しによる円安誘導でマネーゲームの奨励
 ・海外へのバラマキと原発輸出等のトップセールス
 ・日本版NSCの創設と特定秘密保護法の成立
 ・武器輸出三原則を撤廃し防衛装備移転三原則の策定
 ・憲法改正を容易にするための国民投票法の成立
 ・原子力規制委による新規制適合性審査を終えた原発から順次再稼働方針
 ・集団的自衛権行使の合憲判断を閣議決定、
 ・アメリカン・スタンダードによるTPPの早期妥結
 ・派遣法の改悪やカジノ法案の成立を目指す政策の数々
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 多数与党に支持され、閣議決定や横暴な議会運営による以下のような政策決定は、憲法軽視であると同時に違憲行為であり、これは明らかに国民に対する「裏切り」である。
その1:解釈改憲⇒立憲主義の否定
その2:集団的自衛権行使でアメリカの戦争に参加
                       ⇒制憲意思の否定と憲法9条違反
     憲法前文の、「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることの
     ないやうにすることを決意し、」の件
その3:横暴な議会運営⇒主権者軽視、民主主義の否定

 現在、展開されている国民による「安保法案撤回」のための抗議行動は、メディアが正しく報道して来なかった「安倍政権の暴走」を国民に周知徹底し、国民の間で正しい判断が醸成されるきっかけとなることは疑いない。

 しかし、安倍政権の暴走を、民主的に止める手立ては、選挙による政権交代しかない。
 国民による「安保法案撤回」のための抗議行動が展開する中、一緒に抗議行動に参加するだけでは責任野党とは言えない。
 責任野党は、いついかなるときに総選挙となっても、政権交代できる体制を保持していなければならない。しかし、政権党としてマニフェスト破りを犯した党や特定の団体に支持され党名に固執する党を冠にすることはできないし、今までに見知った政治家を首班に据えたのでは、国民が本気にしてはくれない。

立憲主義のもと、国民と共に歩める政府の実現

 さらに、真に国民に支持される政党とするためには、以下のような政策で、国民主権の確立を図ることと、未来社会へのビジョンを示すが望ましい。
●国家の基本理念
 「他国の戦争に加担することなく、戦後平和主義を貫徹する」
 「国際貢献は人道主義で」
 「公平・公正・安全・安心社会の構築」
 「原発の全撤廃、災害や事故から国民を守る」
 「科学技術の発展を国民の安全・安心と生活コストの削減につなげる」
政治への信頼回復
 「沖縄の民意尊重(普天間基地の即時廃止と辺野古基地建設の白紙化)」
 「福島原発被災地の地区指定及び補償の見直しと廃炉計画の合理的見直し」
 「行財政改革と地方分権:国・地方・民間など、運営主体の抜本的見直し」
 「所得の官民格差の解消」
未来に希望をつなげられる社会の構築
 「従来の資源輸入・製品輸出型から、内需優先型で地域間格差の解消を目指す」
 「産業用原材料、エネルギー資源、および食糧などの自給の道を模索」
 「雇用・年金・医療保険・社会福祉政策:格差や不平等の解消」
 「子育てを社会全体で引き受ける」
 「子供たちが安心して学べ、社会に羽ばたける、
              必要に応じいつでも教育を受けられる社会」

 以上からも、早急な法制度の整備が必要となる政策ばかりであることがわかる。そのため、政権には厳格な憲法解釈と遵法姿勢が必要である。

たまたま以下のような、託してみたい提案を見つけた。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事