ここから本文です

書庫全体表示

永住外国人の地方参政権付与は短慮だ \?\᡼\? 1イメージ 1

 党として積極的に推進する「公明・日本共産・社民党」鳩山由紀夫氏や前原誠司氏など賛成派を多く抱える「民主党」党としての見解はまだないが代表が積極的な「国民の生活が第一」、国民の支持を得ることもなく国益に反する行動をとるのは「短慮」やめるべきだ。

 小沢一郎氏の「永住外国人への地方参政権付与」論は、グローバリズムとボーダーレス社会の構築を目指す平和主義的発想からは理想論かも知れない。北欧の国々では一般的に永住権取得者には地方参政権、EU域内では、永住権取得者には相互に地方参政権を与えている。しかし、EU諸国をはじめ多くの先進国においては、移民受け入れは多くの社会問題を惹き起こしている。格差社会の現出と社会保障費の増大をもたらすと同時に、民族・宗教対立などの様相も示している。英国も例外ではない。

 また英国は、かつて植民地支配した英連邦出身の永住権取得者に対して、全ての選挙において選挙権と被選挙権を与えている。先の英女王即位60周年テムズ川水上パレードを見てもわかるように、英連邦加盟(旧も含む)68ヵ国と宗主国英国との良好な関係と、わが国と韓国・北朝鮮、台湾、中国の関係を同レベルで語ることは出来ない。日本と英国ではまったく事情も違うし歴史も違う。
 外交における2国間関係やアジア共同体などの共存関係の構築は、形から入るのではなく相互の外交努力で良好な関係を作り上げることからはじめなければならない。

 小沢一郎氏は、「永住外国人への地方参政権」付与について、
  1. 外国人の大半を占める在日韓国・北朝鮮の人々は、明治43年の日韓併合によって、その意に反して強制的に日本国民にされ戦前戦中を通し日本に多大な貢献があった。
  2. 国籍を取得する為の法律的要件が厳しく制度の運用が差別的である。
 以上の2点を理由に挙げている。

 しかし、1946年3月までに在日韓国・朝鮮人のうち140万人の帰還希望者が日本政府の手配などにより北朝鮮に帰還している。帰国を希望しない者または特別の事情で帰国できない者のうち、徴用で来日した者は245人が残留した。在日本大韓民国青年会の中央本部が、在日1世々代に対する聞き取り調査の結果をまとめ1988年に刊行した『アボジ聞かせて あの日のことを -- 我々の歴史を取り戻す運動報告書 -- 』にも、渡日理由のアンケート結果として、「徴兵・徴用13.3%」と明記されており、「その他20.2%」、「不明0.2%」を除いたとしても「経済的理由39.6%」「結婚・親族との同居17.3%」「留学9.5%」65%以上が自らの意思で渡航してきたことがわかる。現在、特別永住韓国・朝鮮人数は、推定で38.5万人と言われている。そのうち、終戦後わが国に不法入国した朝鮮人の総延人員は約20万から40万と推定され、特別永住韓国・朝鮮人の中の半分を占めていると言われている。1946年3月の朝鮮人数の調査結果と1988年の在日韓国人アンケート調査結果から、徴兵・徴用によって来日した韓国・朝鮮人数は67,620人を超えることはない。したがって、特別永住韓国・朝鮮人の全てが日韓併合による犠牲者とは言い難い。さらに、地方参政権は国交のある国の国籍を有する者のみに付与するとなれば、人道的見地とは言えず、私的な贖罪意識なのか、ますます根拠薄弱であると言わざるを得ない。

 また、帰化後の姓・氏名について、常用漢字、人名漢字以外の漢字を氏名に使用できないなどの制約はあるものの、特別永住者は帰化要件の一部を既に満たしているため、一般の外国人よりも緩やかな条件で帰化が可能である。特に配偶者が日本人の場合、簡易帰化が適用され通常一日程度で手続きが完了する。したがって、「法律的要件が厳しく制度の運用が差別的」と言うのはあたらない指摘である。人名漢字の追加で済むことだ。それよりも、「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」により「両親の一方が特別永住者であった場合、特別永住許可を申請できる。」こととし、世代交代後も変わらない立場を保証すると同時に、「通名」の公的使用など在日特権とも言える優遇策を設けていることが帰化の促進を阻んでいると考えられる。

 現在のように外交的なトラブルが続出し、双方の国民感情が高まっている時点で行おうとすれば、強硬な反対論者からは「自虐史観に基づくと言われ、対象国からは「自ら歴史的蛮行を認めたもの」ととられ、対日要求をエスカレートさせることにつながる。それでは「良好な外交関係の構築」が益々難しくなる。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事