ここから本文です

書庫全体表示

ストップ・ザ・パワーゲーム \?\᡼\? 1 イメージ 1

世界経済へのジャパンスタンダード標準化戦略

欧州危機対策
 ギリシャ危機に端を発するEU圏の金融危機、ドミノのように次から次と各国の財政や金融破綻が相次ぎ、最優良国のドイツにその負担が大きくのしかかる。ドイツがいつまで持ちこたえられるか、あるいは、ドイツが身を削りながらどこまで我慢するのか、統一通貨ユーロ及びユーロ圏経済の行方に全世界の耳目が集まり、世界経済もそこが起点となる恐慌の到来を恐れながら、その動向に一喜一憂し続けている。
 この現状を打開するための国際会議を提唱する。その中で、『一国一通貨』 原則の復活で、統一通貨圏内の国々が財政規律を無視して無秩序に国債や通貨を発行し破綻の危機を招き、その影響が統一通貨圏内に止まらず全世界に及ぶような現状を打開する。その場合、統一通貨ユーロの廃止は全世界に大きな衝撃を与え、その混乱が新たな危機の火種にならないとも限らない。それを回避するために、国ごとに統一通貨に対するレートを決め、旧通貨や新通貨〇〇ユーロに切り替えると同時に、貿易の決済は欧州中央銀行(ECB)が管理する統一通貨(ユーロ)で行うものとする。その上で、それぞれの国が財政規律を整え、国内産業の振興などに努め、それに失敗した場合は、厳正な破綻処理の後、再び国際社会に参加するための国際支援ルール作りをすることが必要なのではなかろうか。
 域外からの余計な口出しは、内政干渉ともなり、容易に受け入れられないかも知れない。しかし、欧州危機問題は、明らかに新自由主義型市場拡大戦略の失敗であり、世界経済危機にも発展しかねない問題である。域外からの提案であっても真剣に検討されるに違いない。

新自由主義型市場拡大戦略(パワーゲーム)への歯止め
 経済政策では、従来の新自由主義的発想によるグローバル化やボーダーレス化による自由化路線で、非効率的として衰退した産業や農業の再生による雇用の確保や環境保全につなげるために、FTAやEPAその他の多国間経済連携協定などにおいて制限された関税自主権の回復。更には、企業活動を優先し企業の提訴により相手国の国家主権の行使を妨げ、被提訴国が一方的に不利益を被る恐れのあるISDS条項やラチェット条項の無効化など、大企業、特に多国籍企業に有利な協定を撤廃する。
 その際、自動車の排ガス規制などと同様に、健康被害防止のために、放射性物質の残留基準、食品や子供が直接触れるオモチャなどに使用される有害物質の規制や安全基準によるガイドラインを設け、国際機関や民間のチェック機関を設けて、安全性・信頼性を担保する制度の導入を提案する。

消費者に消費行動の判断基準を提供
 民間チェック機関としては、企業・債権や高級ホテル・レストランなどの格付けと同様に、一定基準の下、商品のランク付けを行うムーディーズやミシュランのような信頼性の高い民間機関の参入を促し、『商品版ミシュラン』で消費者に消費行動の判断基準を提供することを提案する。
 品質基準には、商品そのものの品質・性能・安全基準適合証明に加え、その商品を製造するのに要した原材料、エネルギー使用量、温暖化ガスや環境汚染物質の排出量などにより環境貢献度を数値化して表示することを義務付ける。更には、耐久消費財についてはその耐用年数、パソコンや家電など簡単な部品交換でその性能をグレイドアップするなど、陳腐化せずに必要最小限の追加投資で継続使用できる有効耐用年数などを表示することで、消費者の安心を担保すると同時に価格設定の適格性など、消費行動のための判断基準を提供し、消費そのものが地球環境の保全に繋がる行動であることを認識してもらうことを目的とする。
 また、世界中の水産資源枯渇を案じて考案されたMSC(欧州のスーパーマーケットで魚を買うときの目安として用いられている)も、厳格な科学的調査結果、幅広い専門家のコンセンサスとして海域の資源量、生態系への影響を考慮した漁法、管理システムなどを勘案して適格な漁業者に「青いチェック・ラベル」の証明を与え、消費者に簡単で分かり易い魚の買い方を示す制度であり、これも同様の品質基準に加えることのできる指標である。
 これらは、あくまでも民間機関によるもので、制度的強制力を持つものではないが、消費者が商品の優劣を判断する手助けをする権威ある機関として受け入れられれば、高品質で安全性や信頼性の高い日本の商品の優位性を海外に知らしめるための武器となるものである。

 このような民間基準は、新自由主義論者にとってはあらたな非関税障壁となるのかも知れない。しかし、それが消費者の意思であれば、新自由主義論者といえども誰にも文句を言いようがない。彼らのギブアップは、パワーゲームの終了を意味する。ゲームオーバーである。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事