ここから本文です

書庫全体表示

今回も海外版トランスフォーマー、タイタンズリターンよりクロームドームとウルフワイヤーをまとめて紹介させていただきます。



イメージ 1

こちらの商品はタイタンズリターンwave2としてつい先日国内の輸入トイを扱うショップに導入されたばかり。
他にも魅力的な新商品が多数入荷していましたが、とりあえずサイバトロン・デストロンの両リーダーを購入いたしました。






イメージ 2

イメージ 3

クロームドーム

トランスフォーマーのアニメは第一作目しか観ていないのでクロームドームの登場する「ザ☆ヘッドマスターズ」は全く知りません!
ですが当時品の玩具を見てそのスタイリッシュでカッコいいデザインに憧れを抱いていましたので、今回タイタンズリターン版としてリメイクされて嬉しく思いました。
ちなみに作品の主役的存在。


イメージ 4

武器は二種類の銃が付属。
元々は二丁拳銃を装備していたようですので、予約済みの国内版が手に入ったら再現してみたいところ。


イメージ 5

当時のアニメではクロームというマスター戦士だったようですが、海外版タイタンズリターンではSTYLOR(スタイラーと読むのかな??)が付属。
アニメ版のツインアイとは違いバイザー型フェイスとなっています。(超好み!!)



イメージ 6

イメージ 7

トランスフォームしてビークルモード。
SF的デザインのフューチャーカーになります。
キャビンにはスタイラーを搭乗させることができます。


イメージ 8

ルーフの突起やボディ側面のジョイントには武器を装着可能。
個人的には武器をふたつ接続させてルーフに装着させダイアクロン隊員を砲撃主とさせるのがお気に入り。










イメージ 9

イメージ 10

ウルフワイヤー

アニメではウィアードウルフの名前でデストロン軍のリーダーでした。
ウィアードウルフは当時品ではありませんが同名の玩具を所有していることからリメイク版も欲しかったので手に入ってよかったです!!


イメージ 11

武器を装備。
剣術の使い手らしく大型の剣が付属します。カッコいい!!


イメージ 12

マスター戦士はMONXO(モンゾ)。
当時のアニメでも同名だった模様。



イメージ 13

イメージ 14

トランスフォームしてビーストモードは名前の通りオオカミ。
背中のハッチを開けてモンゾを搭乗させることができます。


イメージ 15

武器を背中にマウントさせて。
マスター戦士を乗せることができますが、クロームドーム同様ダイアクロン隊員を砲撃主として乗せています。



イメージ 16

ちなみに先程書きました同名の持っている玩具というのがBOTCON2007のウィアードウルフ。
どちらもかわいくてカッコいい!!






イメージ 17

イメージ 18

ロボットモード、ビークル(ビースト)モードでそれぞれ並べてみました。

どちらも当時品は持っておらず、レビューサイトやブログ、たまに中古トイを扱うお店で見かけるくらいでしたが、どちらも当時品のイメージを崩すことなく見事にリメイクされているなぁと好印象を持ちました。
玩具好きとしては味のある当時品ももちろん魅力的ですが、現代風でスタイリッシュに仕上がっているTR版もとてもカッコよく、どんどん集めたくなってしまいます(*´-`)






余談ですが、実は今回購入したクロームドームの左肘関節が初期不良というかプラプラ状態で、肘を曲げた状態で保持することが難しいほどでした。
あーハズレ引いちゃったなー…とガッカリしましたが、なんとか直せないものかとTwitterのフォロワーさんのお力をお借りして、関節部分に薄めた木工用ボンドを流し込むことに。

イメージ 19

半日くらい放置したところ見事に硬くなり、武器を持たせて肘を曲げてもしっかり保持できるほどになりました!!
これまであまり不良品に当たったことがなく緩くなった関節を補強したり修理したこともなかったので玩具に手を加えることはかなり緊張しましたが、やってみて大満足!!手を掛けた分だけ愛着も湧きました(*’ー’*)ノ

  • TRシリーズはTFファンに好評みたいですね。
    ヘッドマスターズは当時観たっきりで記憶が曖昧な点がありますが、
    東映製作に変わったせいか観易くなった気がしました。
    今だと海外アニメならではの良さもあると思うんですけどね〜。

    TR版クロームドーム付属の武器は1基づつデザインが違うんですね。
    フェイスデザインもテレビアニメ版と違いますし、
    こういう細かい違いがある所もファンの収集欲を掻き立てるのかな!?
    直立不動だった旧トイからメリハリある体系になってカッコいい!
    それにダイアクロン隊員との相性もバッチリですね♪
    SFメカに座れるような場所があると乗せたくなる気持ち分かります。

    ボクは国内版待ちなので暫くはお預けですが、到着が楽しみです!

    [ yu-ta ]

    2016/9/4(日) 午後 3:15

  • 顔アイコン

    この2体はまだ自分の手元に届いていないのですが(泣)近所の友人の分を持ってきて遊ばせてもらいました。
    どちらもロボモードでは可動モデルで復活しつつもビークル(ビースト)モードは当時品を思わせるテイストになっててまさに理想的なリメイクでした!

    クロームドーム、G1と方法が違うとはいえちゃんとビークル上部に付けられるのが嬉しいです、そこにダイアクロン隊員を配置しているのもコタロスさんらしくて似合っていると思います。
    ウィアードウルフそろい踏みも圧巻ですね!。ボットコン版は「ファングウルフ」というTFのリカラーなのですが、色替えでも雰囲気が出ている事に驚かされます。

    [ あぶら超人 ]

    2016/9/5(月) 午前 11:06

  • 我々の世代はどちらかと言えば
    ダイアクロンから初代TFあたり直撃で
    ヘッドマスターになると学年も上がり
    アニメや玩具にそれほど馴染みがない感じですが

    TRは好評みたいで、
    他の人が遊んでる画像見ると楽しいですわ

    TFは日本版発売あるからイメージ薄いけど
    基本アメトイは出来が雑で補修必須ですね〜

    [ 無駄づかいウルフ ]

    2016/9/5(月) 午後 1:54

  • どちらの商品も詳細が知りたいものでした!
    特にクロームドームは好きなキャラクターであり紹介ありがとうございます。
    ダイアクロン隊員と絡めた紹介もうれしいです。

    ウィアードウルフの足のアーマーが狼形態では、後ろ足の太ももについているのに対しロボ形態では下腿に行くのが面白いですね。ここはスライドするのですか?

    そういえば、国内版ではメインキャラであったクロームドームでしたが、海外で作れたこの期のキャラが出てくるザ・リバースに置いてクロームドームは登場シーンしか印象が残らないキャラクターであり、クロームドーム好きとしては不満が残りました。ですが、これがあれば自分でドラマが作れるなと思いましたね。

    後、木工ボンドを使った補修方法とても有難かったです。いままで分解して瞬間接着剤を塗っていたんですが、楽になりました。

    トギエモン

    2016/9/5(月) 午後 7:58

  • >yu-taさん
    アニメの事情が全くわからないのですが…、ヘッドマスターズに関してはオモチャで遊んだら急激に原作に興味が湧きましたね!!
    まぁ作品を知らないからこそ自由に遊べるという点もありますけど、ここまてひとつの作品のオモチャを集めるとここの設定とかも知っておいてもいいかなぁとか思っています。
    レンタルなどで気軽に観れないらしいのでハードル高いんですけどね…(>_<)

    武器や表情の違いなんかもアニメを知っているかただと違和感なのかもしれませんが、個人的にはバイザーにマスクというところがガンダムでいうヘビーガンぽくてかっこいいと思いました!!

    実はクロームドームに関しては国内版を予約しているのですが…!早く遊びたい気持ちが抑えられずに海外版を買ってしまいました(^_^;)
    仕様変更もあるようなので比較する楽しみもありますし国内版の発売も楽しみ待とうと思います!!

    [ コタロス ]

    2016/9/6(火) 午後 2:14

  • >あぷら超人さん
    先程もやりとりしましたが、待望の商品がまだお手元に届いていないというのはもどかしいですね…。早く届きますことを願っています!!

    実は記事を書くにあたってあぶらさんのG1クロームドームの記事を改めて読まさせていただきました。当時品を弄ったことはありませんがまさに理想的なリメイクですよね!!
    ダイアクロン隊員を乗せるネタは最初のスカルでやっちゃったので続けていこうと思っています(^_^;))

    ボットコンのウィアードウルフはずいぶん前にTUGUさんにいただいたものなのですが、こうやって並べることができて(やっと記事にも載せられてw)よかったです!!
    ファングウルフはたまに秋葉原のショップで見かけますが、色の違いでガラッと印象が変わるなぁと思っていました!!

    [ コタロス ]

    2016/9/6(火) 午後 2:20

  • >無駄づかいウルフさん
    ぼくはダイアクロンからTF移行の際にもう離れちゃってそこからはガンダムとかファミコンにいっちゃったのでTF自体にあんま馴染みがないんですよね…。オモチャは友達が持っていたり遊ばせてもらったりで馴染みのあるものも多いのですが、ヘッドマスターズに関してはただただ「面白そう!」という憧れだけでしたので実際にリメイク版とはいえ手に取ることができて嬉しく思っています!!

    そそ、国内版はタカラトミーが手厚く対応してくれますもんね。
    海外のフィギュアだとMLの癒着とか可動部が硬いのは当たったことあったんてすが緩いのは初めてだったのでそちらに関しても覚悟して買おうと思います(*’ー’*)ノ

    [ コタロス ]

    2016/9/6(火) 午後 2:26

  • >トギエモンさん
    つたない記事ですが詳細が伝わったなら何よりです(*´-`)

    ウィアードウルフのロボット時のすねに当たるパーツはビースト時だとスライドして太ももに移動します。共通パーツですが移動させることによってイメージを変えるという手法はうまいなぁと感じました。

    実はコメントのピンを抜いて瞬間接着剤を塗ってピン自体を太くするという方法もTwitterのフォロワーさんに教えていただいたのですが、ぼくのような修理や改造の初心者には薄めた木工用ボンドのほうが安心して扱えるという助言をしてくださった方がおられました。
    実際に瞬間接着剤は即効性はあるものの取り返しのつかないことになったらという不安もありましたので、木工用ボンドの方法はこれからも重宝しそうです(*´-`)

    [ コタロス ]

    2016/9/6(火) 午後 2:33

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事