ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
今回紹介するのはももクロちゃんのミュージックビデオクリップス、ファンクラブ限定の商品になります。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



外箱は果物が入っていそうなデザイン。
開封すると桃をイメージした家紋入り缶ケースに入った商品と全40ページのブックレットが封入されています。





イメージ 5

中身はこんな感じ。
Blu-ray1枚とDVD2枚(内容は同じ)と、フィギュア5体、それに「Z」の文字をあしらったクッション材が入っていました。


Blu-ray及びDVDには2009年のデビュー曲「ももいろパンチ」から発売時の最新MUSIC VIDEO「WE ARE BORN」、「マホロバケーション」までの映像特典含め全29曲分と、メンバーによるオーディオコメンタリーが収録されています。







イメージ 6

付属のフィギュアはロックバンドKISSとのコラボ曲「夢の浮き世に咲いてみな」のミュージックビデオに登場するアニメのももクロを再現したもの。
製作は海洋堂が担当しています。

このフィギュアが欲しくって注文したといっても過言ではない感じ。
ももクロちゃんのフィギュアは当ブログでも過去に紹介したバンダイのウェブ限定チビアーツしかありませんので、これは押さえておきたくて。
ご本人たちに似ているかどうかは別として、アニメーションの彼女たちは見事に再現していると思います。かわいい!!


以上、簡単にでしたがももいろクローバーZ"初"となるMUSIC VIDEO集「ももいろクローバーZ MUSIC VIDEO CLIPS -AE限定 SPECIAL EDITION-」の紹介でした。

開くトラックバック(0)

ここ最近買ったものとかゲームのこととかまとめて。なんだか小忙しくて個別に記事に出来ないので本腰入れた記事はまぁそのうちに…。



イメージ 1

まずはオモチャ関連からで、いま個人的に最もハマっているトランスフォーマーよりヘッドマスターズのリメイク玩具を国内版・海外版こだわらずいくつか購入。
今回は超大型アイテムであるフォートレスマキシマスと小型のロボとヘッドマスターがセットになったウィーリー&ゴーシューター(どちらも国内版)と、ブログやTwitterで購入された方のレポートを見て欲しくなっちゃったアストロトレイン(海外版)を購入しました。


イメージ 2

フォートレスマキシマスはロボットモードから要塞モード・戦艦モードへと変形しますが、かなりの大型アイテムでありしっかり遊ぶためにはそれなりに場所や時間も要するのでとりあえず箱から出してロボットモードで立たせただけ…。
アストロとウィーリーは変形が比較的簡単で遊びやすいのでちょくちょくいじっていますが、詳細はそのうち気が向いたら記事にしたいと思います(^_^;)


イメージ 3

今回のフォートレスマキシマスは2013年に発売されたトランスフォーマージェネレーションズのメトロプレックスと一部パーツを流用したリデコ仕様となっています。
似たような商品のため購入するつもりはなかったんですけど、メトロにはなかったヘッドオンギミックや同シリーズの中型基地との連動など今の展開に盛り上がっているぼくとしては非常に魅力を感じたので発売直前に購入を決意。まだじっくり遊べていませんが早く他のヘッドマスター関連と絡めて遊びたいですねヽ(*´∀`)ノ






イメージ 4

イメージ 5

お次はアイドルマスターシンデレラガールズよりfigmaの神崎蘭子。
こちらはTwitterでお世話になっている奈良橋さんに譲っていただきました。
実はアイマス関連はゲームもアニメも全く知らないといっていいほど知識がないのですが、神崎蘭子ちゃんは見た目がすごいツボで気になっていてなにかしら関連商品を欲しいと思っていました。付属品も多いのでなにかと使えそうだし。
タイミングよく譲ってくださった奈良橋さんには感謝ですねー。ありがとうございます(*´-`)







イメージ 6

イメージ 7

続いては食玩です。
妖怪ウォッチ「ともだち妖怪大集合其の9」より欲しいものだけ厳選して。
トムニャンとラストブシニャン、それとアンドロイド山田が気に入りました。






イメージ 8

イメージ 9

こちらはガシャポンの「アイカツスターズ!マスコットコレクション」より左からローラちゃん、ゆめちゃん、ひめ先輩。
夏の映画を観に行った際に劇場の先行発売でゆめちゃんとひめ先輩を手に入れたのですが、後々ローラちゃんも欲しくなってオークションで落札しました。
ディフォルメマスコットは食玩で扱われなくなってしまったのでガシャポンが頼みの綱ですね。今後のラインナップにも期待しています。






イメージ 10

あと、これは買ったんじゃないんですけどこの前地元のお祭りのゲームの景品で当たりました。アイカツドンジャラです。
ドンジャラ初体験だったのですが、アイカツ版だと役が「ソレイユ」とか「トライスター」とか作品に出てくるユニットだったりして楽しいです(*’ー’*)ノ
ニンマリしながら家族で遊んでます。







イメージ 11

あと、最近アニメの「プリパラ」をDVDレンタルして1話から視聴しています。
ちょうど1シーズン目が終わったところなのですが、先日秋葉原にあるプリパラの公式ショップ「プリズムストーン」に行ってきました。
多数のグッズやフィギュアの展示など楽しかったですねー。
いろいろ欲しかったのですが、とりあえず娘にお土産をいくつか買いました。
10月には東京ドームシティにも店舗ができるようなので、そちらにも行ってみたいと思います。




イメージ 12

イメージ 13

プリパラ関連ではスマホゲームの「プリパズ」もはじめました。
プリパズは同じ絵柄のパネルをなぞって消すパズルゲームで、ゲーム内で手に入れるキャラクターのカードを集めて強化させて…といった感じのゲームになります。
まだはじめたばかりでわからないことも多いですが楽しくやっていければと思いますねー(*´-`)




そんな感じで近況報告でした!!

今回も海外版トランスフォーマーのタイタンズリターンより、ハイブロウを紹介させていただきます。
先に紹介しましたクロームドーム・ハードヘッド・ブレインストームと合わせましてこれにてサイバトロンヘッドマスターズが揃いました。


イメージ 1

実はアニメ作品の内容を全く知らないのであまり個人的に好みでなかったハイブロウはパスしようかと思っていたのですが…、これは買って正解でした。理由は後程。



イメージ 2

イメージ 3

ハイブロウ

色合いや体型も含めてプロポーションはゴツめですがかなりかっこいいと思います。個人的に不満なのは顔に口があること。ロボット全般でこの造形はあまり好みではないのです…。


イメージ 4

武器は2基のブロウライフル。


イメージ 5

マスター戦士はXORT(ゴート)。
あまり好みの顔立ちではありませんが(しつこい)ヒロイックでかっこよく仕上がっています。



イメージ 6

トランスフォームしてビークルモードはヘリコプター。ふたつのローターが戦闘用ヘリを思わせてかっこいいと思います。


イメージ 7

イメージ 8

コックピットにはゴートを搭乗させられます。
さらに武器をふたつ合わせて着座型のライフルにも。



イメージ 9

イメージ 10

冒頭でも書きましたが、購入に二の足を踏んでいたぼくの背中を押すきっかけとなったのがこれ。
Twitterで画像を拝見したのでやりたくなったダイアクロン隊員ふたり乗せ。
しっかり固定はされていませんが関節可動式の新隊員であればふたり並べて乗せることができます。
ハッチも閉まるしめちゃめちゃ雰囲気が出ていてかっこいいと思います!!



イメージ 11

そんなわけで、ハイブロウを購入しサイバトロンヘッドマスターズが揃いました。
これからも気になるヘッドマスターズ商品は押さえていこうと思います。













ちょっと記事的にボリューム不足な感じがしたので、これまでに購入したヘッドマスターズ関連商品でヘッドオン遊びをしてみました。


イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

海外版タイタンマスターのスカイトレッドをクロームドームにヘッドオン。
色味が合っているので全く違和感なし!!





イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

こちらも海外版タイタンマスターのブローンをハードヘッドにヘッドオン。
こちらも色味が合ってるし厳つい表情とハードヘッドの武骨なボディとのバランスがいいように感じました。






イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

これも海外版タイタンマスターになりますが、エイプフェイスをハイブロウにヘッドオン。
色味は若干異なりますが、エイプフェイスの顔がめちゃめちゃ好みのマスクタイプなので、これでハイブロウが自分好みになったかも!?






イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

こちらも海外版タイタンマスターのクローバーをウルフワイアにヘッドオン。
クローバーはどことなくグリムロックぽい顔立ちですので、無機質で邪悪な感じになってこれはこれで似合っていると思います。






イメージ 24

イメージ 25

最後は国内版レジェンズシリーズのショックウェーブに付属するキャンサー(頭部のみ)をスカルにヘッドオン。
ニヤリとした表情が悪役っぽさを増しています。あと表情を変えたことによりなんとなく女性的にも見えるかなぁと。




単品でももちろん楽しいですが、複数持っていると頭部の付け替えで新たな魅力にも気付かされたり。
集めて楽しいヘッドマスターズ。

今とのころデラックスクラスというこちらのサイズのものしか持っていないのですが、ひとまわり大きく基地形態の再現や複数変形のできるリーダークラスとかの商品も気になってますのでそのうち手にできたらなぁと思っています。

今回も海外版トランスフォーマー、タイタンズリターンよりクロームドームとウルフワイヤーをまとめて紹介させていただきます。



イメージ 1

こちらの商品はタイタンズリターンwave2としてつい先日国内の輸入トイを扱うショップに導入されたばかり。
他にも魅力的な新商品が多数入荷していましたが、とりあえずサイバトロン・デストロンの両リーダーを購入いたしました。






イメージ 2

イメージ 3

クロームドーム

トランスフォーマーのアニメは第一作目しか観ていないのでクロームドームの登場する「ザ☆ヘッドマスターズ」は全く知りません!
ですが当時品の玩具を見てそのスタイリッシュでカッコいいデザインに憧れを抱いていましたので、今回タイタンズリターン版としてリメイクされて嬉しく思いました。
ちなみに作品の主役的存在。


イメージ 4

武器は二種類の銃が付属。
元々は二丁拳銃を装備していたようですので、予約済みの国内版が手に入ったら再現してみたいところ。


イメージ 5

当時のアニメではクロームというマスター戦士だったようですが、海外版タイタンズリターンではSTYLOR(スタイラーと読むのかな??)が付属。
アニメ版のツインアイとは違いバイザー型フェイスとなっています。(超好み!!)



イメージ 6

イメージ 7

トランスフォームしてビークルモード。
SF的デザインのフューチャーカーになります。
キャビンにはスタイラーを搭乗させることができます。


イメージ 8

ルーフの突起やボディ側面のジョイントには武器を装着可能。
個人的には武器をふたつ接続させてルーフに装着させダイアクロン隊員を砲撃主とさせるのがお気に入り。










イメージ 9

イメージ 10

ウルフワイヤー

アニメではウィアードウルフの名前でデストロン軍のリーダーでした。
ウィアードウルフは当時品ではありませんが同名の玩具を所有していることからリメイク版も欲しかったので手に入ってよかったです!!


イメージ 11

武器を装備。
剣術の使い手らしく大型の剣が付属します。カッコいい!!


イメージ 12

マスター戦士はMONXO(モンゾ)。
当時のアニメでも同名だった模様。



イメージ 13

イメージ 14

トランスフォームしてビーストモードは名前の通りオオカミ。
背中のハッチを開けてモンゾを搭乗させることができます。


イメージ 15

武器を背中にマウントさせて。
マスター戦士を乗せることができますが、クロームドーム同様ダイアクロン隊員を砲撃主として乗せています。



イメージ 16

ちなみに先程書きました同名の持っている玩具というのがBOTCON2007のウィアードウルフ。
どちらもかわいくてカッコいい!!






イメージ 17

イメージ 18

ロボットモード、ビークル(ビースト)モードでそれぞれ並べてみました。

どちらも当時品は持っておらず、レビューサイトやブログ、たまに中古トイを扱うお店で見かけるくらいでしたが、どちらも当時品のイメージを崩すことなく見事にリメイクされているなぁと好印象を持ちました。
玩具好きとしては味のある当時品ももちろん魅力的ですが、現代風でスタイリッシュに仕上がっているTR版もとてもカッコよく、どんどん集めたくなってしまいます(*´-`)






余談ですが、実は今回購入したクロームドームの左肘関節が初期不良というかプラプラ状態で、肘を曲げた状態で保持することが難しいほどでした。
あーハズレ引いちゃったなー…とガッカリしましたが、なんとか直せないものかとTwitterのフォロワーさんのお力をお借りして、関節部分に薄めた木工用ボンドを流し込むことに。

イメージ 19

半日くらい放置したところ見事に硬くなり、武器を持たせて肘を曲げてもしっかり保持できるほどになりました!!
これまであまり不良品に当たったことがなく緩くなった関節を補強したり修理したこともなかったので玩具に手を加えることはかなり緊張しましたが、やってみて大満足!!手を掛けた分だけ愛着も湧きました(*’ー’*)ノ

昨日に続きまして今回もトランスフォーマーの新作。
今日紹介するのは、昨日紹介しましたレジェンズシリーズとして展開されていますリニューアル版ヘッドマスターズの海外仕様。「タイタンズリターン」のハードヘッドとブレインストームをまとめて紹介いたします。


イメージ 1

国内版は箱に入っていますが、海外版はブリスターパッケージ仕様。
ちなみにハードヘッドは既に国内版が発売されており、ブレインストームも12月に国内で一般販売されることになっています。
じゃあなんで海外版を買ったかって言うと…、単純に顔が好みだったから。
国内版ではハードヘッド・ブレインストーム共にヒューマンフェイスのイケメン、海外版では口の見えないマスクタイプとして造形されており断然好みだったからです。






イメージ 2

ハードヘッド

肩に備わった大型のキャノン砲が特徴。
緑を基調としたカラーリングや太くて武骨な手足が男臭くて魅力的。

イメージ 4

ちなみにタイタンマスター(ヘッドマスター戦士)の名前はFUROS(フロス)というのかな。
このように変形します。



イメージ 3

イメージ 5

ビークルモードは重戦車といった感じ。
砲台の上に更に手持ち武器を取り付けることが出来、コックピットにはマスター戦士を搭乗させることができます。


イメージ 6

ダイアクロン隊員と絡めると楽しい!!
砲台のところにもフィギュアを搭乗させることができるので狙撃兵を配備させて操縦と狙撃それぞれに分担させたりする独自設定も楽しいですねヽ(*´∀`)ノ










イメージ 7

イメージ 8

ブレインストーム

いかにも飛行機に変形しそうですが、そのまんまです(^_^;)
シンプルかつスタイリッシュでカッコいい!!
ビークル時の機首にあたる部分は背中にマウントさせるかシールドに見立てて腕に装着するか…。

イメージ 9

ちなみにタイタンマスター(ヘッドマスター戦士)の名前はAUTOBOT TESLOR(オートボット テスラー…と読むのかな??)


イメージ 10

イメージ 11


ビークルモードは爆撃機?みたいな感じかな。
中央のコックピットにはマスター戦士が搭乗できます。


イメージ 12

イメージ 13

ブレインストームはロボットモード・ビークルモード共に中央にコックピットが位置しているため、ダイアクロン隊員を乗せるとめちゃめちゃカッコいいと思います。
ブレインストームのコックピットは通常の背もたれ部分がフットレストのように使えることから、ダイアバトルスV2の関節可動タイプの隊員を乗せてみました。

イメージ 14

ちなみに隊員のポジションを少しだけ調整してあげれば搭乗させたままハッチを閉めることも可能。
クリアハッチ越しに見える隊員がめちゃめちゃカッコいいですね!!






イメージ 15

イメージ 16

ハードヘッド・ブレインストーム共に、ロボットモード・ビークルモードにおいて非常にシンプルかつスタイリッシュでカッコいいなぁと思いました。
変形に関してはどちらも分かりやすく非常に遊びやすい印象ですね!!

ブレインストームに関しては少し前にレジェンズ枠で発売されたものがありましたが、個人的には後続のヘッドマスターズアイテムがなかったことやマスター戦士の扱いにくい大きさが正直不満でしたので、タイタンズリターンとしてリメイクされてよかったなあ!と感じました。





イメージ 17

最後に、現時点で我が家にあるヘッドマスターズリメイク(TR・レジェンズ)勢揃いで。

個別に紹介していないタイタンマスターとミニビークルのセットなんかもありますが、これだけ集まると結構たのしいものです(*´-`)  そのうち時間があったら基地玩具に並べて盛大に遊びたくなるような、そんな魅力に溢れていますねー。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事