両神山と荒川源流

埼玉県の山と沢:両神山と荒川源流にまつわる話題を画像で綴る

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【見えてきた玉簾滝 TG620】
 
 大岩の転がるゴーロを進むのは消耗なので、800M付近で左岸に移り、トラバース気味に進んで行く。880M付近で、ゴーロは氷が目立つようになる。沢床へと接近し、再び右岸側へと移る。枯れ枝越しに、白い玉簾滝が見えて来た。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【玉簾滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 玉簾滝下に到達し、ザックを下ろして、撮影を開始しよう。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【玉簾滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 玉簾滝は、一部凍結しているが、上半分の流心が露出している。
 
イメージ 4
【玉簾滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 保温水筒のコーヒーを飲んだりして、ここで30分ほど費やした。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【玉簾滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 再びザックを背負い、右岸のカレ枝沢のゴーロを少し登ると、凹角状があるので、木の根頼りにそこを登る。玉簾滝落口上も、凍結は甘い。3mCS滝は、水流沿いの氷を騙して登る。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

相変わらずきれいな写真で感心します。凍結が思ったより甘いですね、まあ自然は難しいですね。
いまさらながら秩父に来た際には武甲正宗もよろしくお願いします、僕適には普通酒の熱燗がおすすめなのですが。 削除

2013/1/2(水) 午後 9:24 [ さとる ] 返信する

◆さとるさん◆玉簾滝の凍結不十分、残念でした。まだ12月でしたから、当然ですかね。
武甲正宗の燗酒も、いずれ試飲してみたいと思います。

2013/1/3(木) 午後 3:40 すうじい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事