ぶろぐ版@活字中毒倶楽部

個人ブログは移転しました。やす猫、ねりま猫、みなさまのおかげで終結できそうです。ありがとうございました。

滋賀県やす猫13頭緊急SOS

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

6月6日、私が福島のにゃんだーガードシェルターに行っている間に、郵便局から連絡があり、組戻しが完了したとのお知らせをいただきました。結局、古い通帳は解約手続きしてしまっているため、新しい通帳を作って、そこに戻すという手続きが必要でした。組戻しには、手数料630円がかかりました。

大事な、大事な寄付金です。
私は、今活動中の、被災動物とそのご家族のサポートのために、このお金を使わせていただきます。

被災犬の
大ちゃん(柏市内お預かり中→7月より松戸に帰還予定)
フクちゃん(正式譲渡されましたので、今後はマイクロチップ装着補助)
トモ君(譲渡トライアル中。正式譲渡になりましたら、マイクロチップ装着補助)
キララちゃん(南相馬より被災者の方依頼で救助、福島県田村市のにゃんだーガードシェルターにお預かり中)
チャッピー君(被災者の方より依頼予定、16日預かりさん方でお見合い予定)

5頭の子たちの、医療費補助(預かりさんが出してくれている部分がありますので、補助になります。キララちゃんは全額こちらの負担です)
および、にゃんだーガードシェルターで私がお手伝いする場合の費用や、シェルターでの備品購入などに使います。

高速代は、災害派遣等従事車両証明書を取ることで、行き帰りは無料になる予定です。
燃料代は、もし最後に余るようなことがありましたら、その分で精算します。

にゃんだーガードさんは、「ねりま猫」のボランティアさんだった方のご縁でお手伝いするようになりました。
もともとは、名古屋で猫ボランティアを地道に続けてこられた方が、今回被災地でシェルターを作って活動されています。
ぶたまるさん。HNはふざけてるけど(笑)男気のある、そして愛護に関してバランス感覚の優れた方です。
また時間があれば詳しく書きますが、動物たちへの愛情は、ハンパじゃないよ!
そして、動物たちに慕われる人、だから人間にも慕われる人です。

興味がある方、ボランティアに行きたいけど、どこがいいかわからない方、にゃんだーガードでは、気持ちよく働けます。
おすすめします。

野洲の残金は、本当は「猫のため」に使って欲しいと依頼されているお金です。本当は猫レスキューに使うべきなのかもしれません。ですが、野洲のあと、私の活動が、犬に傾いております。地元活動では、TNRを積極的に行っていますが、今回の預かりは、たまたまですが犬を、という方ばかりでした。にゃんだーガードさんでは猫も多数保護しておりますので(今絶賛子猫保護中…♪)同じ命ということで、ご理解いただければと思います。

私は、会計に関しては本当に下手くそなんで、これまでねりまや野洲は、専門知識をお持ちのmasamiさんに全面的にお願いしていました。でも、これは、私の本当の個人活動。
お小遣い帳程度の報告になりますが、この先も随時下記のような形で報告することにします。


2011年6月10日現在会計

【収入】
5月14日(土) わんにゃんボランティアバザーにて寄付 8640円(手元現金)
6月5日(日) トモくん元飼い主さんご親族より寄付  10000円(手元現金)
6月2日(木)組戻しのため新しい口座に入金       1000円
6月10日(金)緊急時動物救援本部より組戻し    110733円


6月10日まで収入計                    130373円

【支出】
大ちゃん・フクちゃん ノミダニ薬(マイフリーガード) 3044円+3569円+525円=7138円
5月23日(月)キララちゃん南相馬よりお迎え←→大越にゃんだーシェルター 高速代(船引美春←→二本松)1000円
5月25日(水)ケージ等消毒用ADX  4095円
5月31日(火)にゃんだーガードにホワイトボード寄付 7440円
6月5日(日)トモくんお届け交通費柏→与野 与野→三郷西 1020円+670円=1690
6月6日(月)組戻し手数料  630円
6月8日(水)キララちゃん医療費  (超音波検査・フィラリア予防薬+アレルギー防止薬+外耳炎薬)=7403円


6月10日まで支出計                       29396円



6月10日残高                         100977円
イメージ 1

イメージ 2

転載元転載元: やす猫13頭緊急SOS

開く コメント(10)

5月7日づけ記事で、ねりま猫、やす猫募金残額を全額、緊急災害時動物救援本部に寄付した旨記しました。
2011年6月1日、このうち、やす猫募金残額11万733円を、組戻し請求(募金を返してもらうこと)をしておりますことをご報告申し上げます。

イメージ 1

イメージ 2

いったん寄付したものを返して、ということは、普通はないほうがよいことです。
ですが、実を言えば、5月に寄付を発表した時点から、寄付したことに関して、私自身、納得がいかない事態が始まっておりました。

寄付の返還要求(組戻し)の理由は、以下の通りです。

【1】緊急災害時動物救援本部は、6月1日現在、4億を超す寄付金を集めています。しかし、分配先は各都道府県など行政関連の施設およびレスキュー計画のみで、民間のレスキュー団体の要請には全く応える気配がありません。行政主導の団体とはいえ、この事態においては民間との連携を図るべきだと考えます。

6月2日追記。以下のページにて、民間団体との連携を確認いたしました。お詫びして上記【1】を訂正いたします。ただし、さらなる民間団体との連携を望みます。
http://www.jpc.or.jp/saigai/pc_gienkin2.html

【2】私は、地元で被災動物の支援を行い、また5月22日〜23日にはとある民間シェルターに手伝いに行くなどして、動物をかかえた被災者と話す機会がありました(千葉県・茨城県・福島県)。被災者らは、一様に救援本部の存在を全く知りませんでした。周知ということに関して、民間団体よりもひどい遅れ・および停滞があることがわかりました。

【3】原発災害地域において、被災者が飼育動物をやむなくその場に放し、または自宅に置いて避難せざるを得ない事態がありました。これは、避難を指示した行政による、愛護動物放棄の強制であったと考えます。しかしながら、救援本部は、原発災害地域の動物救済および、飼い主からの救助要請にほとんど応えることをしておりません。このことは、「行政による愛護動物遺棄=動物愛護管理法違反」を黙認する行為ととらえます。
 動物愛護管理法を国の先頭に立って推進する立場の、愛護四団体の活動として、非常に遺憾です。

私個人は、愛玩動物飼養管理士の資格を持っていることを誇りに思ってきました。
しかしながら、その管理士が、動物愛護管理法違反を見過ごすわけにはいかない、と思っています。

被災動物の保護に携わってわかったことは、やはり、適正飼育啓発の遅れでした。
個々の被災者を責めるわけではありません。
これは、20年以上前から災害動物救助に関わってきた同救援本部が、これまでにもっと啓発活動の流布に力を入れていれば、ある程度防げたことではないのか、との思いもあります。

ただし、私は救援本部が、ネット上で言われているように、「何もしていない」とは考えていません。
もちろんのこと、同行避難をしてきた被災者には多大な恩恵をもたらしているはずです。
4億円といいますが、犬に換算して、約2000頭の1年分の生活費で消える金額です。
各地で建設されているシェルターなどで、管理士が心を込めて被災動物の世話や被災者支援に奔走していることも、よく知っています。
ですので、「寄付金詐欺」のような、一部ネット上で流布されていることは、ないと信じておりますし、今後私がそのような発言を不用意にすることはありません。

ですが、【1】〜【3】の理由により、私は、やす猫の資金は、私の手元に取り戻すことにさせていただきます。

現在、私の手元には、2頭(+南相馬から飼い主さん依頼で救出し、福島のにゃんだーガードシェルターに預けた1頭)計3頭の被災犬がいます。
また、里親出しをする子が1頭います。

取り戻した支援金は、この子たちの医療費、および、マイクロチップ装着費などに使わせていただきます。
また、猫を多数保護している、にゃんだーガードさんとの連携のため、使わせていただきたいのです。

11万733円。これは、やす猫を助けて、という気持ちで全国から寄せられた寄付金です。
見える形の支援に、使う方がよいと思っています。

今後の会計報告は、新しいブログ(被災犬たちの様子もアップしています)
「今日もわんにゃん日和」http://rayandmeme.blog83.fc2.com/
でさせていただき、こちらにも同じ記事をアップすることといたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
組戻し請求が受理され、戻ってくるかどうかはこれからとなります。
他ブログで、他行からの組戻し請求がすんなり進んでいるという情報を目にしています。
ただ、私はやす猫の通帳を、いったん「解約」手続きしてしまいました。
そのため、いったん「払い出し証書」という形で送付され、それをさらに窓口で現金化する手続きが
必要になるそうです。

時間がかかるかもしれませんが、組戻し手続きの今後についてはまた進展がありましたら報告いたします。
この件につきまして、ご質問、疑問のある方は、下記までメールをいただければ誠心誠意お答えさせていただきます。

neko40ryoko☆yahoo.co,jp
亮子(中村麻衣)



転載元転載元: やす猫13頭緊急SOS

開く コメント(0)

長らく会計報告をしておりませんでしたことを、心よりお詫び申し上げます。

現在、やす猫にみなさまから寄せられたカンパの残額等は、以下の通りです。

2009年1月19日時点
詳しくは(http://blogs.yahoo.co.jp/yasuneko13sos/folder/389293.html)をご覧ください
残高       205,127円
内訳 郵貯  111,879円
JNB   93,248円


支出
2009年3月16日         3146円 (ゴン預かりぽち様・ゴン医療費精算 郵貯より引き出し、手渡し)
2009年5月11日        13,173円 (チイちゃん預かりチョビパパ様・チィちゃん医療費、フード、サプリ、お届け交通費精算)
2009年5月11日          168円 (JNB振り込み手数料)
2009年6月18日         3,525円 (チィちゃん用防水シーツ代 株式会社ユーアイエス)
2009年6月18日          168円 (JNB振り込み手数料)
2009年6月18日         4,358円 (チィちゃんフェリウェイ代 株式会社カレンツコーポレーション)
2009年6月18日          168円 (JNB振り込み手数料)
2009年6月18日         3,990円 (チィちゃんフード代 ペットショップマックス)
2009年6月18日           52円 (JNB振り込み手数料)
  2009年7月21日         5460円 (チィちゃん医療費 チィちゃん最終猫親さんししゃもママさま)
2009年7月21日          168円 (JNB振り込み手数料)
  2009年7月21日         4911円 (チィちゃんお届け交通費等 チィちゃん預かりチョビパパさま)
2009年7月21日          168円 (JNB振り込み手数料)
2010年12月6日         50,000円(NPO法人ラヴアンドピース プレイ 寄付)
2010年12月6日          262円(JNB振り込み手数料)
2009年2月1日〜2011年3月1日 4,536円 (JNB口座維持手数料1月あたり189円×24ヵ月分)

 2009年2月1日以降支出計  94,253円

収入
2009年2月1日            4円 (JNB利息)
2009年3月1日                        4円 (JNB利息)
2009年4月1日                        4円 (JNB利息)
2009年5月1日                        4円 (JNB利息)
2009年6月1日                        4円 (JNB利息)
2009年7月1日                         3円 (JNB利息)
2009年8月1日             3円(JNB利息)
2009年9月1日             2円(JNB利息)
2009年10月1日            2円(JNB利息)
2009年11月1日                       2円(JNB利息)
2009年12月1日                       2円(JNB利息)
2010年1月1日                         2円(JNB利息)
2010年2月1日                        2円(JNB利息)
2010年3月1日                        2円(JNB利息)
2010年4月1日             2円(JNB利息)
2010年5月1日                         2円(JNB利息)
2010年6月1日                         2円(JNB利息)
2010年7月1日                         2円(JNB利息)
2010年8月1日                         2円(JNB利息)
2010年9月1日                        2円(JNB利息)
2010年10月1日                       2円(JNB利息)
2010年11月1日                      1円(JNB利息)
2010年12月1日                       1円(JNB利息)
(以降利息なし)

2009年2月1日〜2010年12月収入計  56円


2011年3月1日 残高
205,127円−94,253円+56円=110,930円


2011年3月17日 口座移動等
支出
2011年3月17日    2,000円(郵貯口座よりJNBへ振り込み)
2011年3月17日     168円(JNB 振り込み手数料)

支出計         2168円

収入
2011年3月17日    2,000円(郵貯口座よりJNBへ入金)

収入計         2,000円

2011年3月17日 残高
110,930円−2,168+2,000円=11,0762円
                                 内訳 郵貯  110,733円
JNB                       29円


現在、残額を、東北関東大震災の被災動物のために、
緊急災害時動物救援本部
(構成団体=財団法人日本動物愛護協会 社団法人日本動物福祉協会 公益社団法人日本愛玩動物協会 社団法人日本獣医師会)
あて、全額寄付する準備を進めています。

寄付は、2011年3月22日以降、手続きができ次第となります。
現在、郵貯の口座の暗証番号を変更するなどの手続きが必要で、そのため1〜2週間後となる予定です。

残額等につきまして、お問い合わせがあります場合は、
やす猫13SOS担当者亮子あて、メールをお願い申し上げます。


メールアドレス
neko40ryoko☆yahoo.co.jp

(☆を@に変更してください)



転載元転載元: やす猫13頭緊急SOS

開く コメント(0)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d5/59/yasuneko13sos/folder/319963/img_319963_16124360_0?20090505103715

チィちゃん幸せ決定!!

やす猫13頭、全員幸せになりました!!

2008年10月初旬の第一報いらい、本当にたくさんのみなさまにお力添えをいただきました。
滋賀県野洲市の多頭飼育崩壊、13頭のSOS,本日、全頭が本当のお家で安住を約束されることになりました。7ヶ月にわたり、本当にさまざまな形で応援をいただき、無事13頭の命を救えましたこと、心から感謝申し上げます。猫たちを迎え入れてくださいました新しい飼い主さん、預かりさん、ボランティアさん、ブログを通じてさまざまな呼びかけやポスター掲示などにお力添えいただきましたみなさま、カンパをくださいましたみなさま、本当に心より御礼申し上げます。


まずは、以下チィちゃんの新しい飼い主Nさんから今朝届いたメッセージです。

「早いものでチィちゃんが我が家に来てから、2週間が経過いたしました。
近況は、殆どゲージ外での生活の為、すこぶる健康的に我が家内をくまなく遊び場として居ります。

私がテレビを見ているとき等は、膝の上でユッタリしております。
おトイレも2度ほどは、失敗もありましたが、柔らかい布団などに近ずけない限り大丈夫になりました。
前の猫が、高齢であった為チィちゃんの活発さに改めて驚く毎日です。

よって、このままチィちゃんを正式譲渡ということにさせていただこうと思います。」


心配されたおトイレの失敗も、激減してきたようです。
最後までチィちゃんの行く末を心配していた、預かりのチョビパパさん、長い間、本当にいろいろとご苦労をおかけしました。ソファもひとつ、ボロボロにしちゃったね^^;;; 許してやってください。
チョビちゃんかのこちゃんも、今までありがとうね。
チィちゃんは、一人娘として、お膝独占生活を続けられることになりました。
また、一度はチィちゃんを望んでくださって、種々のご事情から手放すことになったKさん、心配してらしたことと思います。ご安心下さいね。

Nさん、どうぞチィちゃんを末永くよろしくお願いいたします。

本日のチィちゃん正式譲渡を持ちまして、やす猫たちの募集は完全停止となります。
これから、みなさまからお預かりしましたカンパの精算に入ります。
各預かりさん、ボランティアさんの経費を精算させていただきました後、残りましたカンパは、協力の人たちと相談の上、しかるべき猫の救済現場や、ボランティア団体へと寄付させていただくことになります。

カンパ精算後、このブログは、記録のためこのまま残すことになります。
また、相次ぐ多頭飼育崩壊の再発防止のため、役立たせることも考えております。


大変残念なことですが、多頭飼育崩壊ということじたいは、なくなることはないでしょう。
ですが、多くの多頭飼育崩壊は、当たり前のご近所づきあい、つまり人と人とのコミュニケーションを取ることで未然に防ぐことができるはずです。また、最小限のトラブルで納めることも、可能です。

これまで、やす猫を応援して下さったみなさまには、ぜひ覚えておいていただきたいのです。
人はときに、身勝手な事情で動物を不幸に陥れることがあります。
ですが、同じ人が、動物に償いをし、再び幸せにする力を持っているのです。
人と人とが手をつなぎ、相手を思いやる輪の中で、家庭動物(野生ではない動物)は幸せになります。

最後に、今回のやすの事件の発端となった当事者さんは、最後までご自身で努力を続けたことを、みなさんに知っていただきたいと思います。関東に来た猫たち以外は、すべて彼女自身がつきそって新しい飼い主さんに届け、幸せになるのを見届けました。またトラブルになった近隣の方とのコミュニケーションを取り戻すのは、相手のあることとて非常に難しいのが現実です。ですが、彼女自身ができる限りのことは、現在も続けています。

彼女の気持ちと立場を思いやり、支え続けてくださっているみなさまにも、私からも心から御礼申し上げたいと思います。

みなさま、本当にありがとうございました。
いましばらく、カンパなどの精算を見守っていただければ幸いです。


文責・やす猫支援・ねりま猫代表 亮子

転載元転載元: やす猫13頭緊急SOS

開く コメント(10)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d5/59/yasuneko13sos/folder/319963/img_319963_11329119_0?20090301004859

こんなに可愛いチィちゃん、まだお家募集中!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d5/59/yasuneko13sos/folder/537916/img_537916_11327595_0?1235834490
ちぃちゃんは、昨年11月、滋賀県野洲市の多頭崩壊のお家から、命を救われた13頭の猫の、最後の1頭です。他の12頭は、みんな、新しいお家へ旅立って行きました。

なにせ、まだ1歳になってないんです。
若々しく、キュートで人なつこいチィちゃん、まだ本当のご縁がありません。
滋賀県草津市在住のお預かりFさんが、大事に大事に、今日も病院へ連れて行って、健康に気を配ってくださっています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d5/59/yasuneko13sos/folder/537916/img_537916_11327595_2?1235834490

チィちゃんのプロフィール


体重、3.45キロ。
猫風邪も、ほとんど良くなりました。あと少し、目やにのケアを続けます。
その他は、健康状態問題なし!
オチッコだけ、ちょっと失敗することもあります(必ずなおるのよ♪)
不妊手術済み。
FF、コロナ、すべて陰性!
ワクチンも接種済みです。

Fさん宅で、チワワのチョビちゃん、パピヨンのかのこちゃんと、仲良くお預かり生活を送っています。
Fさんのブログ「酒とRockとチョビとかのことタイガースな毎日:第2章」
http://plaza.rakuten.co.jp/chobiandkanoko
を、ご覧下さいね!
Fさん宅では、「ジーナちゃん」のお名前で呼ばれています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d5/59/yasuneko13sos/folder/537916/img_537916_11327595_3?1235834490

↓可愛いチィちゃんの家族になってくださる方はこちらからお入り下さい↓
http://blogs.yahoo.co.jp/yasuneko13sos/1820734.html

↓「やす猫」に関するお問い合わせは、やす猫支援亮子まで↓
neko40ryoko★yahoo.co.jp
(★を@に変えてメールをお送り下さい)


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/d5/59/yasuneko13sos/folder/537916/img_537916_11327595_4?1235835620
↑ねりま猫最後の1頭、永遠ちゃんも、本当の家族を待っています!

ねりま猫サイトをご覧下さい
http://sygg.web.infoseek.co.jp/nerimaneko/index.html
永遠ちゃんお預かり、saruさんのブログ「お嬢様がやってきた!」
http://nerimaneko-nozomu.cocolog-nifty.com/blog/
↓「ねりま猫」のお問い合わせは、ねりま猫代表亮子まで!↓
neko40ryoko★yahoo.co.jp

転載元転載元: やす猫13頭緊急SOS

開く コメント(3)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事