ここから本文です

書庫全体表示

昨日は花育教室で東雲の関東農政局東京地域センターに行って来ました。
 
イメージ 1
 
 
3年前はさいたま新都心の合同庁舎で行いましたが、その時の内容は農政局のサイトでご覧になれます。
 
今回は2回目と言う事で、前回の課題や反省を踏まえた上で、
 
世界一素敵な花育教室にしようと、こけっぴなりにイロイロと準備をしてきました。
 
職員の方が当初30名の開催予定で募集をしたのですが、60名近い応募があり、
 
40名に増やして開催しました。
 
募集チラシに書いていた通り、世界に一つだけのこけ玉を作ろう と言う事で皆さんに
 
作ってもらいました。
 
 
今回のこけっぴが作った完成品のサンプルはこれです。
 
大自然のお花畑で苔玉こけっぴが小鳥のさえずりを聞きながら、お花とたわむれているイメージです。
 
 
 
 
 
 
男の子っぽいイメージ
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
女の子っぽいイメージ
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
まず受付を済ませた後に、イロイロな花材を選んでもらいました。
これだけでも多彩な作品が出来そうですね♪
右奥から、
 
・白色か茶色の鉢
・数色の手足
・数色のバラの飾り
・U形とV形のクチ
・ペチュニア
・ニチニチソウ
・ドラセナサンデリアーナ
・テーブルヤシ
 
 
イメージ 3
 
 
白い鉢の方が人気があるかなと思ったら、茶色が先になくなってしまいました。
 
手足やバラの飾りも夏のせいか、青色が先になくなってきました。
 
小学生の感性で配色や配置を考えて選んだのでしょうね!
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 
選んだ後は開始まで、親子でだんらんです。
 
 
イメージ 5
 
その間に緑の苔玉や盆栽等のサンプルも持って行ったので、見ててもらいました。
 
 
イメージ 7
 
 
5歳になるうさぎの苔玉こけっぴもテーブルヤシの幹肌が木質感がでてきました。
 
イメージ 6
 
いよいよ開始です。
 
職員の挨拶が終わった後にこけっぴにバトンタッチです。
 
こけっぴ自身の挨拶はほどほどにして、ご父兄の方々には
 
1時間後には一回り成長したお子様の姿がみれると思いますので楽しみにして下さい
 
と挨拶しました。
 
 
 
まずは、写真を見せながら、苔玉の簡単な知識を説明しました。
 
皆さん大人しく、真剣に聞いていました。
 
そして今回は「こけだま」という言葉は忘れずに覚えていってもらいました。
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
そしてオペレーションの開始です。
 
まずは、無地の鉢をマスキングテープやキャラクターシールを貼って
 
世界に一つだけの鉢を作ってもらいました。
 
花育親善大使のはなかっぱシールもお好きなように貼ってもらいました。
 
イメージ 9
 
皆さん目をキラキラさせながら、貼っていたのが印象的でした。
 
頭が固くなったこけっぴにとって、子供の想像性や創造性は本当に勉強に
 
なりますね♪
 
固定概念にとらわれない柔軟な発想を生かしてあげたいですよね!
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
次に鉢に中に好きな位置に選んだ花を置いた後に、バークチップを使い、鉢の土隠しと、
 
苔玉こけっぴが座る位置まで、チップで底上げしてお花畑が完成です♪
 
イメージ 13
 
 
次がメインの苔玉こけっぴ作りです。
 
 
 
 
最初にミズコケを水をふくませながら、揉んで柔らかくしてもらいました。
 
目を閉じておこなうと、手に集中でき、苔のザラザラ感やみずみずしさを
 
五感で体感してもらいました。
 
愛情を込めてゆっくりもむと丸めた時に滑らかな苔玉になります。
 
イメージ 29
 
 
 
さて、次の2工程が頑張り所です。
 
先ずは柔らかくした苔を丸めてゆく作業ですが、
 
低学年の子は手が小さいので、こけっぴがフォローです。
 
ポンポンポンポンと優しく丸めていってもらいました。
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
そして丸めた苔玉にテグスを巻いてゆきます。
 
全体的に巻いてゆくようにアドバイスしました。
 
全神経を集中して巻いてる姿が印象的でした。
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
イメージ 33
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
ふぅ〜、って感じで一山超えました。
 
後は簡単です。
 
苔玉に穴を開け、選んだ観葉植物を植え込みました。
 
イメージ 26
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
最後に、先に仕込んでおいたお花畑に、苔玉こけっぴを乗せ、顔や鳥のピックを
 
つけて完成です。
 
1から作って完成してゆく工程の中、簡単なところもあったし、難しい所もありました。
 
最後の最後の顔付けは本当にみなさの目がキラキラしていて素敵でした。
 
小学生なりに、頑張った達成感と完成した喜びに満ち溢れていました。
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
イメージ 34
 
完成品のいくつかを紹介します。
 
お花畑で楽しそうに遊んでいる姿に見えます♪
 
万遍の笑顔も印象的ですね!
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
そして、完成品を持って集合写真です。
 
本当に世界にひとつだけの苔玉ができました!
 
 
イメージ 20
 
最後に管理の説明です。
 
花育教室でいつも言う事ですが、
 
苔玉こけっぴの特長は、作って終わりではなく、自分が生みの親になり、育ての親になれる事です。
 
日々の生活で、きちんと水あげをして、様子を見てあげたり、気を使う大変さや愛情の注ぎ方を通じて、本当の親の大変さや愛情を注いでくれてる事に感謝を感じると思います。
 
最初の挨拶でご父兄に申した通り、本当に一回り成長したお子様の姿が見れたと思います。
 
皆さんが頑張ってる姿や楽しんでいる姿をみてこけっぴも力をもらいました。
 
1時間半という長い時間、集中力を切らさずに頑張ってくれて本当にありがとうございます。
 
小学校では教えない授業ですが、楽しんで、何かを得て頂けたら幸いです。
 
こけっぴからも小学生の皆さんに感謝致します。
 
    
 
今回の内容は後日、関東農政局の花育教室のサイトにも掲載されると
 
思いますので、チェックしてみて下さい。
 
 
 
「もっと花のある暮らし!!」サイト
 
 
さて最後に、今回の「花育教室」のイベントで暑い中、準備や片付けをしてくださった関係者の皆さんに感謝致します。ありがとうございます。
 
そして滞りなく教室を開催でき、それまでに至って綿密な打ち合わせや段取りをして頂いた担当者の方々に感謝いたします。ありがとうございます。
 
抽選漏れして参加できなかった小学生もいたので、機会がありましたら
又開催したいですね♪
 
 
 

苔玉こけっぴの緑花星
2015年8月22日

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事