ここから本文です

書庫全体表示

3連休の初日、暖かく紅葉の観光には絶好の日和の埼玉南部地方でした。
 
こけっぴは午後から苔玉教室でした。
 
何と今日は、地元中の地元の子供会からの依頼でした。
 
 
 
 
とりあえず準備です。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
いろいろと説明用の写真です。
 
 
イメージ 2
 
 
 
説明用のサンプルもイロイロと持ってゆきました。
 
イメージ 3
 
 
 
 
いざ開始です。
 
今日の参加者は「苔玉」という言葉を初めて聞いた子たちばかりだったので、
 
まずは「こけだま」という言葉だけを覚えてもらいました。
 
 
イメージ 4
 
 
そして、テーマは「リサイクルを意識した苔玉作り
 
という内容で、市販の受け皿を使わずに、ペットボトルでオリジナルの受け皿を
 
作ってもらいました。
 
 
500mlのペットボトルの下の方を使いました。
 
上部に数箇所切り込みを入れた後に花びら状に折ってもらいました。
 
こうすると、苔玉が落ちづらくなります。
 
その後は両面テープを筒に貼り、カラフルなクリスマスモールを付けて、受け皿の完成です。
 
花育親善大使の「はなかっぱ」のシールも付けて賑やかになりました。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
次に苔玉こけっぴ作りです。
 
基本のミズコケを水戻し、丸めます。
 
糸で巻いた後、テーブルヤシを植え込みベースが完成です。
 
皆さん水遊びを楽しんでいました。
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
最後に顔のパーツを付けて完成です。
 
目の位置やクチの位置をイロイロ試しながら付けていました。
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
では、皆さんの作品を紹介します。
 
ペットボトルを使ったとは思えない素敵な受け皿にカワイイ苔玉こけっぴを乗せ、
 
皆さん大満足でした。
 
 
 
 
最初の作品はこけっぴのサンプル作品です。
 
ちょっとした工夫でクリスマスの雰囲気で楽しめます。
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
そして最後に管理の方法を説明しました。
 
緑花星のコンセプト「苔玉で育むやさしい心」のごとく、
 
苔玉こけっぴは作って終わりではなく、
 
自分が生みの親になり育ての親になります。
 
日々愛情を込めて水をあげたり、さり気なく気にかけてあげる事を通じて、
 
本当のパパやママの優しさや有り難さや、大変さが分かると思います。
 
今日使ったヤシの苗木が30年後にヤシの木に成長している事を願っています。
 
 
    
 
さて、本日準備や片付けを手伝って頂いた役員の方々に感謝致します。
 
滞りなく教室ができました。
 
有難うございます。
 
こけっぴも子供達の作っている最中の笑顔に元気をもらいました。
 
そして、子供達にとっても今日のイベントが楽しい思い出の1ページになってくれたら幸いです。
 
きっと今頃名前をつけて可愛がってくれてることでしょう・・・・。
 
 

苔玉こけっぴの緑花星
201511月22

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事