ここから本文です

書庫全体表示

5月最後の日、朝から海浜幕張に行ってきました。

駅を降りると潮の香りが漂い、海の無い埼玉県では体感出来ないです。

千葉ロッテマリーンズの野球の試合がある様で駅前は賑わってました。

イメージ 1


歩いて数分の所に幕張メッセがあります。

この会場はフラワーエキスポ以来です。

イメージ 2


今日から金曜日まで開催しているイベントエキスポに見学しにきました。


同時開催しているライブエンターテイメントエキスポが華やかで、煌びやかで
苔玉・盆栽に携わってる人間からすると無縁の世界です。

トレンドはVRで、いろいろなブースで体験出来ました。

地下アイドルの仮面女子のミニライブも開催してました。

イメージ 5


イベント会社のブースも多く、何度かご依頼があったブースも見かけました。

更に歩いていたら今でもお付き合いのあるギッズフリーマーケットのプロ集団の会社の担当営業さんと遭遇してビックリりしました。

初出展との事です。

イメージ 6






今日、メインで見学しにきたのは、地域創生ゾーンで出展している共同印刷様のブースです。(5ホール 14-40ブース)

イメージ 4




イメージ 7



何故か苔玉こけっぴも展示されています。

イメージ 8


共同印刷と言えば、週刊少年ジャンプの創刊から印刷にも携わっている120年続く老舗企業です。

印刷から派生したいろいろなサービスやコンテンツをご紹介しています。

今回のテーマが地域活性化で、どうしたら地域ブランドを高めたり、認知度をあげるかをご来場者に案内しています。

その地域の1つの例として、川口市を題材にプレゼンテーションがありました。

最近テレビで、東京都の県境でベッドタウンとしてよく特集をみます。

産業的には植木・盆栽が実は盛んな市でもあります。

盆栽の聖地と言えば誰もがさいたま市をイメージしますが、実は川口市も有名なんですというブランドイメージを高めたい時に、ただ宣伝をするのではなく、体験を通じて知って頂くのも1つの手段です。

そこで登場するのが、こけっぴです。

何でこけっぴが登場するかと言うと、今回の企画がいつもお世話になっている   趣味なび様とのコラボ企画でした。

趣味なびと言えば、習い事のお教室の大手サイトです。

TENARAI JAPAN(テナライジャパン)のプロジェクトとしても共同印刷様とのコラボでも情報を発信しています。

イメージ 3


こけっぴも当然緑花星の工房として掲載しています。

植木・盆栽の街川口で尚且つ、生まれも育ちも川口市で教室を開催しているマッチング所で、こけっぴにオファーがきました。


話しが繋がり本題です。

そのプレゼンテーションの中に実際に教室を開催した時の映像が使われました。

盆栽作りの体験をしてもらう事により、より川口市の印象を強くしたり、作ってい風景をSNSにアップする事により、川口市を知らない方々にも実は川口市は盆栽が有名なんだと認知度が上がってきます。

撮影したのは1時間ですが、5分間位でコンパクトにまとめられています。

イメージ 9




イメージ 10


生徒様が実際に作った盆栽の映像

イメージ 11




話しが長くなりましたが、こんな内容で金曜日まで、ブースでご案内してます。

その他、コンテンツマーケティング・「観光周遊バス」運用システム・タッチパネル型デジタルサイネージソリューション等のご案内、ご提案もしています。

セミナー予定表を添付しておきます。

こけっぴが大画面で出演するのは「体験ワークショップで伝える!地域の魅力」のセミナーです。

タブレットでも常時映像を流しています。

イメージ 12


地域活性化に興味がある企業様、団体様は是非ブースに寄ってみてはいかがでしょうか。

最後に教室撮影に際し、段取りや打ち合わせ、編集などに携わって頂いた関係者の方々に感謝したします。

多少なりともこのイベントにお役に立てたのであれば幸いです。
3日間ご案内、説明等大変かと思いますが、川口市から陰ながら今回のイベントの成功を願っています。



苔玉こけっぴの緑花星
2017531

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事