ここから本文です

書庫全体表示

20177月1日(土)
こけっぴの人生において歴史に残る1日でした。



 
朝からお台場のフジテレビに行ってきました。

イメージ 1

 
午後1時からのBSフジ「水前寺清子情報館」のお仕事でした。
出演告知の記事は以下をご覧下さい。
 
イメージ 10



今日はピーターさんが休みで、
メインMCの水前寺清子さんを筆頭に
ゲストの山口良一さん
ゲストの前川泰之さん
で進行しました。
 

午前中はリハーサルで、カルチャースクールコーナーを本番同様の流れで行いました。
台本が見ながら、かんぺー見ながら、カメラ見ながら、テレビモニター見ながらで、この段階で素人では無理〜!
と思ったのが正直の気持ちでした。
頭の中を立体的に構築する事の難しさを感じましたね・・・・。
テレビを見る側と映る側では全然考え方が違いますね・・・・。
そんな事を思いながら、リハーサルが終了です。
 

カルチャースクールコーナーが始まるまでの2時間位の間、楽屋で待機です。

イメージ 3





イメージ 4



窓越しに目に入る欅に癒され、8年間苔玉講師としてやってきたいろいろな思い出が過ってきました。
苔玉の草の根活動の連続の日々の中、BSフジの全国ネットのこんな大きな舞台に立たせて頂ける喜び、そして撮り直しや編集の効かない生放送の不安感で、交換神経と副交感神経1秒間に何度もアップダウンする気持ちは体験した事はなかったですね・・・・。
 

そんな事を思いながらも台本の流れをイメージしたり、実際に声を発して練習してみたりの反復練習でした。
途中、このコーナーのMCのくわばたりえさんとの打ち合わせが入り、
本当にくわばたさんに神頼みって感じで
「不慣れなので、フォローをお願いします」
とお願いするばかりでした。
一線で活躍しているくわばたさんから「大丈夫です」と
心包まれる言葉に一安心しました。
 
 

イメージ 9


時間は流れ、いざ本番です。
心臓が出てきてしまうんじゃないかの緊張感で、直前になぜか足がつってしまうというハプニングです。
気持ちを落ち着かせ回復しました。

 
それから講師のドアから出てゆく裏で待機です。
とにもかくにも最初だけは100万ドルの笑顔を出そうと、
笑顔のまま固まってました。
 
いざ、デレクターさんからドアを開けて下さいのサイン!
この後はテレビでご覧の通り、撮り直しの効かない、臨場感と緊張感のライブの世界にはいってゆきます。
 
イメージ 6



イメージ 7


ここからは、帰ってから録画を観ながらの一人反省会です。
もう、いきなり口を開けた変顔をしててゴメンなさいですね・・・・(><)
顔の緊張をほぐすためにやったと思いますが、全く覚えてません。
こんなのがテレビ越しで映ってたんだと冒頭反省です。
 
その後は、リハーサルをやっていた成果もあり、台本の様に流れていったと思います。
説明途中、5秒くらいの間が空いてしまい、ゴメンなさい、こけっぴがしゃべり続けていかないといかないシーンだったのに(><)
打ち合わの時もディレクターさんからテレビは沈黙はNGですとアドバイスを頂いていたのにやってしまいました。
直ぐにくわばさんが振ってくれ、次につながり、軌道修正してくれました。
そういった空気を察知できるくわばたさんに感謝ですね!
流石!あっぱれ!くわばたさんありがとうございます♪


ある程度の苔の説明をした後にゲストの方々に作ってもらいました。
・水前寺さん スイレンボク
・中田さん スイレンボク
・山口さん ハゼ
・前川さん モミジ
の苗木を使ってもらいました。

昨日まで蕾の状態だったスイレンボクが今朝起きたら、咲いててビックリでした。
水前寺さんと中田さんを待ちわびていた様なタイミングでの開花です。
本当にこけっぴの思いに花が応えてくれたんだなと感動しました。

イメージ 8


作っている途中の説明で、こけっぴがNGワードを使ってしまい、直ぐにデレクターさんからかんぺー指示です。
普段のカルチャースクールやワークショップでは無意識で使っている言葉もテレビのフィルターを通す立場で教えると、使えない言葉があるんだと実感しました。
 
そして、苔を張り、テグスを巻く所で、ハプニングです。
水前寺さんと山口さんがテグスが巻いてる途中に絡まってしまいました。
このハプニングは打ち合わせでも想定内でした。
このくらいのハプニングは生放送ならではの楽しみでもあるので大丈夫との事でした。
それでも、ゲストの方々が巻きやすい様にいつものテグスの3倍の太さのテグスを準備して、使いました。
それなのに絡んだ理由は、ゲストの方々のテーブルに行って初めて分かりました。
テグスが沢山の照明の光で透過してもの凄く見えづらかったです。
こけっぴもテグスの出っ張りの指の当たりで殆ど感覚で巻いてました。
ちらっと、前川さんと、中田さんを見た時に上手く作っていたので、水前寺さんと山口さんの修正に集中です。

この辺りからいつものお教室での目配り・気配り・心配りの配慮ができて全体を見渡せる様になりました。
前川さんの苔玉はとてもシャープな形状でコメントも素晴らしく、逆に見習ってしまいました。
そして、受皿に乗せて完成です。
「(苔玉は)人生を共にするパートーナーです」
いつもの手振りのオーバーアクションの癖もで出始め、
完全にこけっぴワールドにギヤーが入った時に終了しました。
ある意味残念ですが、それが生放送です。
 

録画越しで皆さんの作品に癒されている表情を観れてこけっぴも一安心しました。

イメージ 5

 
ふと終わってみると15分があっという間でした。
そんな短い時間の中でも3年間位の日常体験をしたんじゃないか位の濃い内容を体感しました。
緊張から解き放された後は今度は腰が痛くなりました(><)
どんだけ無意識で力んでいたかこけっぴ自身もビックリでした。
 
     

さて、今回番組出演のお声をかけていただいた関係者の方々に感謝致します。
そして、こけっぴの工房に2回も打ち合わせして来ていただいたディレクターの方々に感謝致します。
極力ディレクターさんの移行に沿う、講義や苔玉作りの内容にしましたが、
その打ち合わせの本領を発揮できるのは、当日のこけっぴ次第です。
「これ言って欲しかったな・・・」とか、「こう動いて欲しかったな・・・」等
ディレクターさんなりに要望はあったと思いますが、できなかった箇所は本当にゴメンんなさいです。
でも、ディレクターさんの熱い思いに応え、こけっぴも綿密に資料を揃え、15分の短い時間での最善のオペレーション方法考えました。
打ち合せは100点満点でしたが、実際のこけっぴのパフォーマンスは40点位です。
60点分のマイナス点はこけっぴの責任です。
ディレクターさんの熱い思いに応えられずに申し訳ございませんでした。
 

生放送でパフォーマンスを発揮できる芸能人の方々に改めて尊敬しますね!
テレビを見る側と映る側の180度の違いを体感できました。
 
この貴重な経験はこけっぴの講師業としても人間としても、一回り大きくさせてもらいました。
ありがとうございます。
 
最後に、スタジオ内には40人位のスタッフの方々がいたと思いますが、
いろいろとフォローをして頂き、アドバイスを頂き、本当にありがとうございました。
ばたばたしていて、全ての方にはお礼を言えませんでしたが、この場を借りてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
 
 
そして、今日こけっぴが出演したのは1番組だけですが、BSフジとしてイロイロな番組を放送しています。
番組サイトをリンクしておきますので、是非チェックしてみて下さい。
 
 


おまけ写真。
家に着いて花材の片付けをしていたら、撮影場内で頂いたミネラルウォーターのペットボトルに苔が付着していました(笑)

イメージ 2

 


苔玉こけっぴの緑花星
201771

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事