ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全335ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

天気予報では不安定な1日と言ってましたが今の所晴れ渡っている埼玉南部地方です。

午前中は巣鴨に行ってました。

イメージ 1




山手線沿いの桜並木。

花が終わると忘れられてしまう樹木ですが、新緑の葉もとても綺麗ですよ。



イメージ 2




イメージ 3








いつもお世話になっているさかつうギャラリー様で教室でした。

店内は在庫数日本一のフィギュアが販売されています。

イメージ 6






松本謙一展が開催されています。

米山鉄道のジオラマは全幅1.5m位あり見応えがあります。

絵画とジオラマの融合なのかな?!

東京砂漠より、のどかな街並みの方が落ち着きますね・・・・・。

イメージ 4







イメージ 5




さて、いつもの様に準備完了です。

イメージ 7


イメージ 8


いつもの様にハコニワジオラマとは?の概念を説明した後に作ってもらいました。

天然素材一つにしても表もあり、裏もあり、上もあり、下もあり、どこを使い、

どう削って、どこに付けてゆくかでガラッと全体の表情が変わってきます。

こけっぴはあくまで技術提供だけです。

表現の自由は参加者だし、参加者にしか分からない世界があると思います。

1人の参加者は保有の飾りやフィギュアをもってきていろいろな可能性を探って

作っていました。

作っている際中の動画はインスタでもご覧になれます。



イメージ 9





イメージ 10





イメージ 11



では皆さんの作品を紹介します。

イメージ 12





イメージ 13





イメージ 14





イメージ 15





イメージ 16






次回の開催は6月19日(水)です。

次回からベースのサイズを9.5cmにして密度の濃い作品作りにします。

又、9月迄の教室開催日もきまりましたので、チラシができましたらまたご案内します。


最後にお店のインフォメーションを記載しておきます。

さかつうギャラリー 
〒170-0002 
東京都豊島区巣鴨 3-25-13 クラブリーシュ1階 
電話 03-3949-2892 
FAX 03-3949-2886 
営業時間:10:30am - 7:00pm 
定休日:毎週木曜日 

ユーチューブでお店の行き方を案内してます。 
http://www.youtube.com/watch?v=uB1g913RKnU

お店の公式サイト:http://www.sakatsu.jp/






おまけ写真。

終わってから1人反省会です。

イメージ 17




イメージ 18





イメージ 1





イメージ 2





イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5




後から載せるハコニワジオラマを作っている際中に、たまたま茶色系の素材を使っていたら、ふぅっと過りました。

「スチームパンク風のハコニワジオラマができるのでは?!?!?」

早速作ってみました。

基本は茶色系で統一。

スチームパンクギアの形状がスターアニス(八角)に似ているのでそれをふんだんに使いました。

花のフサフサ感や苔のふかふか感が全くないので滅茶苦茶難しかったです。

枝を浮遊させて臨場感は何とかでたかなって感じです。

では完成品です。

こけっぴなりに新しい発見であり、アートは終わりなき追求だと思いました。



イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8




イメージ 9





イメージ 10





イメージ 11





イメージ 12



化粧ケース入り。

このスチームパンクのハコニワジオラマはとりあえずデザインフェスタにもってゆきます。


販売するか展示のみかはその日決めます。

イメージ 13






その他2作品作りました。

こちらはデザフェスで展示販売します。




エッグクライミング。

白タマゴをわざと斜めに傾けてます。

イメージ 14







イメージ 15






茶色の卵とウズラの卵のコンビネーション。

こちらもエッグクライミングです。


イメージ 16





イメージ 17




おまけ写真。

先週末、下北沢大学で開催されたワークショップの内容がJ:COMで放送されました。

その日取材に来ていました。

見れる方は見て下さい。

スマホですと地域情報アプリ「ど・ろーかる」をインストし、

世田谷エリアの5月14日のデイリーニュースでアーカイブで数日間?!見れます。








イメージ 1





イメージ 2





イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5





イメージ 6





イメージ 7



オジギソウの盆栽仕立て。

ネムノキの盆栽はメジャーだが、オジギソウの盆栽は見ない。

原産はブラジルなので、寒さに弱いので、冬に皆さん枯らす。

冬越しさせるぞ!

夜も葉が閉じてカワイイ。

通常の植物は瞬時に動かないですが、オジギソウは生きてる感を味わえる。

インスタで触れると閉じる動画をアップしてます。




おまけ写真。

子供達を風呂にいれています。

本当子供の世話と同じです。

生き物を扱う仕事はこういう事です。

イメージ 8





イメージ 9




苔玉こけっぴの緑花星
2019514日(令和元年)
 
出張教室; http://blogs.yahoo.co.jp/ryokukasei/17106819.html
左がミツバ

右がセロリ

水耕栽培にしてます。(苔玉の中に土は入ってません)

イメージ 1





イメージ 2




イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5





イメージ 6





イメージ 7





イメージ 8





イメージ 9





イメージ 10





おまけ写真。

バジルの苔玉こけっぴ。

根が下に伸びてくると白ヒゲに見えます、笑。

イメージ 11



苔玉こけっぴの緑花星

花育活動を応援して下さるスポンサー企業様を募集中!

2019513日(令和元年)

 

HP http://ryokukasei.com/

ブログ: https://blogs.yahoo.co.jp/ryokukasei

インスタ: https://www.instagram.com/ryokukasei/

TW https://twitter.com/fetw2015

出張教室; http://blogs.yahoo.co.jp/ryokukasei/17106819.html

昨日は母の日でした。

いろいろなギフトを贈った方が多いかと思います。

定番ギフトと言えばカーネーション。

もらったお母さんも多かったと思います。

切り花であれば1週間位で枯れてしまいます。

根鉢のカーネーションであれば、水を与えれば数か月楽しめます。

根鉢を贈る際の注意点は、

贈った後はその後のお花の状況を聞かない事です。


気持ちを贈ったのであるので、もらった側はずっと管理する人もいるし、

直ぐに切り花にして花瓶で楽しむ方もいるし、水をあげずにその場だけ

楽しむ人もいるし観賞の仕方は人それぞれです。



大体の方は枯れちゃうと言うより、枯らしてしまいます。


カーネーションってとっても水を欲しがる植物なんです。


だいたいのギフトはバスケットの中にポットごとカーネーションが入れラッピングペーパーでデコレーションしている状態です。

そのままの状態で2~3日飾っておくと水不足で枯れてしまいます。


長く管理をしたのでしたら、バスケットから取り、化粧鉢に入れ替えて、毎日水あげをして管理した方がいいです。



という事で、ポットの状態のカーネーション。

苔玉作家として、このままの状態で管理しては意味がないです。

イメージ 1




軽く周りの土を取ります。

イメージ 2




ミズコケで丸めます。

イメージ 3






顔を付けてカーネーションの苔玉こけっぴの完成です。



イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6





イメージ 7





たまに霧吹きで葉水をしてあげると潤います。

イメージ 8





緑の苔玉仕立て

イメージ 9






イメージ 10







ワイヤープランツとプミラのコンビネーションバージョン

イメージ 11





イメージ 12




もし園芸に興味がある方は頂いたカーネーションをお好きな様にアレンジしてみるのもいいかと思います。







さて、今週末は東京ビッグサイトで開催される、アジア最大級のアートイベントのデザインフェスタに出展です。


ハコニワジオラマのみを展示販売予定です。

ブログでも告知していますので、ブース番号など、こちらをご覧下さい。




6年前に初めて出店した時の写真です。

まだ苔になってなかったんですね、笑。

光合成が足りてなかったのかな?!?!?!

隣は鉢の業者様です。

わざわざ愛知から来て頂きました。

いろいろな方に支えられ、応援されて今があるのかなと初心に帰れます。

ありがとうございます。

イメージ 13




全335ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事