ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
 
 
こけっぴの地元、川口市のよみうりカルチャー川口で来年から
 
 
として講座が始まります。
 
デジタル機器を触れている機会の多い時代だからこそ、土に触れ、植物に触れ
 
泥臭さや、生き生きさを直接肌で感じて昔ながらのアナログ的な楽しみを体感して
 
もらいます。
 
手も動かし寄せ植えのアレンジを考える事により脳の活性化にも繋がります。
 
作品的には苔を使った洋風・和風の創作園芸を作ってもらいます。
 
2月は日本人の心の花「桜の盆栽」を作ります。
 
自分でアレンジした桜の盆栽を春に開花した時の感動は格別です。
 
 
苔に関連した別の講座でコケ学者の上野建先生の
 
もあります。
 
コケブームは来てます!
 
こけっぴの園芸系の苔と、上野先生のボタニカル系の苔相乗効果で「植木の里安行」で有名な川口のよみうりカルチャーから、講座を通じブームを発信してゆきたいですね!
 
 
     
 
11月27日には川口エリアで折込チラシがはいる予定です。
 
お申し込みやお問い合わせは直接よみうりカルチャー川口までお願いします。
 
 
インフォメーションを記載しておきます。
 
よみうりカルチャー川口
(読売・日本テレビ文化センター)
 
 
住所:〒332-0015  埼玉県川口市川口3-3 リプレ川口2番街4F
 
電話 : 048-255-3085  
 
FAX : 048-255-3243
 
受付時間:
月曜〜土曜  9:30〜20:30
(第2・4月曜、第2・4金曜、第1・3土曜19:00、日曜は16:00まで)
 
交通・アクセス:
JR京浜東北線川口駅西口から徒歩3分
駐輪場について
センター前の川口駅西口自転車駐輪場をご利用ください。無料駐輪時間は3時間です。
駐車場について
川口西口公園地下公共駐車場の駐車券を販売しております。
 
 
センター案内:
文化センター川口は、JR川口駅西口から徒歩3分の「リプレ川口2番街」4階にあり、とても便利です。
 約1,600平方mに13教室を設け、体育室3教室の壁面はミラー張り、 スポーツやダンシング、バレエなどが心おきなく 楽しめます。シャワー室や更衣室も完備しました。また、陶芸室には、独立した焼成炉を設置し、電気ロクロも使用 できます。囲碁室もサロン風の楽しい 雰囲気に満ちています。
 また、内装には木をふんだんに使い、「木のぬくもりが感じられる」「教室が広く、明るい」と評判です。土曜・日曜も休まず営業し、申し込みをお受けしております。皆さまのお越しを職員一同心からお待ちしています。
 
 
おまけ写真。
 
桜の盆栽が落葉して蕾みが一杯付いてます。
今から春が楽しみです。
 
イメージ 2
 

苔玉こけっぴの緑花星
2015年11月23日
3連休の初日、暖かく紅葉の観光には絶好の日和の埼玉南部地方でした。
 
こけっぴは午後から苔玉教室でした。
 
何と今日は、地元中の地元の子供会からの依頼でした。
 
 
 
 
とりあえず準備です。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
いろいろと説明用の写真です。
 
 
イメージ 2
 
 
 
説明用のサンプルもイロイロと持ってゆきました。
 
イメージ 3
 
 
 
 
いざ開始です。
 
今日の参加者は「苔玉」という言葉を初めて聞いた子たちばかりだったので、
 
まずは「こけだま」という言葉だけを覚えてもらいました。
 
 
イメージ 4
 
 
そして、テーマは「リサイクルを意識した苔玉作り
 
という内容で、市販の受け皿を使わずに、ペットボトルでオリジナルの受け皿を
 
作ってもらいました。
 
 
500mlのペットボトルの下の方を使いました。
 
上部に数箇所切り込みを入れた後に花びら状に折ってもらいました。
 
こうすると、苔玉が落ちづらくなります。
 
その後は両面テープを筒に貼り、カラフルなクリスマスモールを付けて、受け皿の完成です。
 
花育親善大使の「はなかっぱ」のシールも付けて賑やかになりました。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
次に苔玉こけっぴ作りです。
 
基本のミズコケを水戻し、丸めます。
 
糸で巻いた後、テーブルヤシを植え込みベースが完成です。
 
皆さん水遊びを楽しんでいました。
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
最後に顔のパーツを付けて完成です。
 
目の位置やクチの位置をイロイロ試しながら付けていました。
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
では、皆さんの作品を紹介します。
 
ペットボトルを使ったとは思えない素敵な受け皿にカワイイ苔玉こけっぴを乗せ、
 
皆さん大満足でした。
 
 
 
 
最初の作品はこけっぴのサンプル作品です。
 
ちょっとした工夫でクリスマスの雰囲気で楽しめます。
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
そして最後に管理の方法を説明しました。
 
緑花星のコンセプト「苔玉で育むやさしい心」のごとく、
 
苔玉こけっぴは作って終わりではなく、
 
自分が生みの親になり育ての親になります。
 
日々愛情を込めて水をあげたり、さり気なく気にかけてあげる事を通じて、
 
本当のパパやママの優しさや有り難さや、大変さが分かると思います。
 
今日使ったヤシの苗木が30年後にヤシの木に成長している事を願っています。
 
 
    
 
さて、本日準備や片付けを手伝って頂いた役員の方々に感謝致します。
 
滞りなく教室ができました。
 
有難うございます。
 
こけっぴも子供達の作っている最中の笑顔に元気をもらいました。
 
そして、子供達にとっても今日のイベントが楽しい思い出の1ページになってくれたら幸いです。
 
きっと今頃名前をつけて可愛がってくれてることでしょう・・・・。
 
 

苔玉こけっぴの緑花星
201511月22

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事