リフレッシュの時間

ときどき映画を観たり、美術館に行ったりしています。

全体表示

[ リスト ]

“ステップ!ステップ!ステップ!”(2005年 アメリカ)を観ました。

イメージ 2


原題:MAD HOT BALLROOM  製作年度:2005年 製作国:アメリカ 上映時間:106分
監督:マリリン・アグレロ

ニューヨーク公立小学校のドキュメンタリーです。

ニューヨーク公立小学校では、教育の一環として、社交ダンスが取り入れられています。
このダンス・プログラムは、単にダンスを学ぶというものではなく、ダンスを通して、人とコミュニケーションを図ることや、他の文化を知ることや、また、貧困地域の学校では子供達をダンスに夢中にさせることで犯罪組織の一員にならないようにするため、などの目的が図られているものです。

ブルックリン、クィーンズ、ワシントン・ハイツ、マンハッタンのトライベッカという地域、同じ「ニューヨーク」という街の中でも色々な地域があり、そこにはそれぞれ“色”の異なる人たちが住んでいます。

ドミニカ移民が多く生徒の97%が貧困家庭というワシントン・ハイツ。
アジア系移民もたくさんいて、白人も多いいろんな人が住んでるブルックリン。
黒人と白人がメインのトライベッカ。

出場校が60校ほどある中で、このドキュメンタリー映画では、主にこの3校にスポットが当てられて、そのダンス・コンテストまでの過程が描かれています。。

練習するダンスの種類も幅広く、タンゴ、メレンゲ、キューバなんとか、フォックストロットなどなど。かなり本格的です。しかも、みんな11歳くらいの子どものわりにめちゃくちゃうまい!!!

各校、ダンス・トレーナーの教え方も違っていて、前年優勝校だったクィーンズの先生は、本格的ないわゆるダンス・トレーナー。細かい動きを指摘して、花を髪につけたほうがいいだとか細かなこだわりもあります。前年のトロフィーを目の前にして、「このトロフィーをずっと大事にしていればここにこのトロフィーが残ってくれないかしら」というような発言をしています。子どもよりトロフィー?

一方、ワシントン・ハイツの先生は男性の先生と女性の先生と二人いて、女性の先生はいい人だけど熱血教師。「なんで笑ってるの?!!!」「今の最悪!!!」とか言って、懸命に練習させています。
でも、生徒の将来を一生懸命考えていて、「今はダンスに夢中でもそれが終わった後 犯罪に染まってしまう子もいて・・・」「そうなってはいけないという私の思いを伝えたいけど、どうしたら(真の意味で)伝わるのかしら」と涙ぐんで話します。

トライベッカの先生は、オカマみたいな長身で細身の、日本の社交ダンスの先生にいそうな女っぽい先生。優しく丁寧にダンスを教えます。

ブルックリンのダンスの先生は、一番普通かなぁ。冗談を交えながら楽しくダンスを教えていました。

いろんな子供達がいるのですが、ダンスの場面の合間合間に、恋愛観だとか結婚観だとか、ダンスのパートナーが下手だとか、いろんな話をしてくれます。
それが楽しい。子どものくせにいっちょまえ!!!

特に、ブルックリンのマイケルという名の男の子は、外見はラッパーのJay-Zを白人にして小さくしたみたいな子でかわいいんだけど、でも発言する内容は、ほんとにえらそう。真面目に話しているだけなんだけど。
(しかも、彼は、どっかの映画の主人公みたいにゲームをしながらかっこよく話している。ゲームといっても、ビリヤードではなく、棒がたくさんついていてその棒を上下に動かすボード上のサッカーみたいなゲームだが。そこはかわいいから許す。)
そのマイケル君は、エンドロールで「愛が幸せを生む。大事なことさ。」「二人がお互いを大事にしあって絆で結ばれて・・・」と語った後に、同じく10歳前後の彼の友人達が「So beautiful! So bearutiful!」と叫んでいる。
頭が下がります。


イメージ 1

それから、ワシントン・ハイツの学校のウィルソンという男の子。この写真の男の子です。
英語が話せないんだけど、ダンスのリズムの取り方は天性でしょうか、素晴らしかったですね!!
本当にプロのダンサーを見ているようでした。
そのウィルソン君がダンスしはじめると、同じ学校の友達も「ワーーー!!!」と叫んでいて、こちらも気分が盛り上がってしまいます。英語が話せないので、彼の口から“言葉”や“声”はほとんど聞けなかったのですが、だからこそ逆に、黄褐色の目の色が印象的でした。いい眼をしてましたよ。
あの子は将来どんなgentlemanになるんでしょうね。

ブルックリンの女性の先生だっけ、「彼らがダンスしている姿を見ることがとてもうれしい」と泣きながら、「彼らもladies&gentlemenになっていくのよ」と言ってさらに涙していた場面は私も感動してしまいました。

この映画って、子どもの成長過程を見ているわりには、すごく自分の勉強にもなって、
子どもって、まだ小さくて、何も知らない、何もわからない「子ども」だと思いがちだったんですが、
案外観察力があったり、どこかで学んできたのか、大人よりも立派にたくましくしっかりした考えを持っているもんなんだなぁ、と感じました。
だから、将来自分が子どもを育てるときになったら、決して「子ども」だと馬鹿にしてはいけないなぁ、逆に「こんなことわからないだろう」なんて侮っていてはいけないなぁ、と思いました。

いずれにせよ、この作品、後味もいいし、いい映画でしたよ。
観終わった後、私もダンスできるようになりたい!!と思いました。
日本にもこのプログラム取り入れたほうがいいですよ。
でもダンスって日本人は本能的になじめないものなのかなぁ。

ドキュメンタリーが苦手な方も、すんなり観れる作品だと思います。
子ども達も、小さな大人みたいでかわいくもあり、また彼らから学ぶこともあり、なかなか楽しめます。
おすすめです〜〜。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ryoさん、この映画の素晴らしい解説&所見ありがとうございました。私もこの作品は公開時とDVDで出たときに見たのですが、自分のブログに書くときは細かい部分をちゃんと思い出せず感動したことを伝えただけでした。ryoさんがその足りないところを全て補ってくれたので嬉しい限りです。私の場合はワシントン・ハイツの子供たちのことがとても心に残り、もしNYに住むことになったらこうした子供たちのための教育プログラムのNPOなどに参加したいと思い、移民の子供たちの話すスペイン語も勉強し始めました。でも毎回の事ながら5ヶ月目あたりでついていけなくなるのですけどね。

2008/8/30(土) 午後 1:01 sarah 返信する

顔アイコン

ワシントン・ハイツ地域の子ども達の心のケアができるような仕事、NPO活動があれば、負担や責任も重いかもしれませんが、その分とてもやりがいがあると思います。
彼らって、育つ環境が悪いものの、持っている可能性や能力は、目を見張るものがあると思います。ダンスだって、他のチームより飛びぬけてうまかったし。ただ、貧困ゆえに、魔の手が多いということなんですよね。ドラッグの売人だとか、犯罪に手を染めやすい、って。。
貧困ってそういうことなんですね、日本は平和ボケしていますが、こういう問題、本当に考えさせられますし、そういう問題に立ち向かっている子ども達、大人達がなんとか犯罪などに関与しないようになってほしいです。理想論かもしれませんが、本当にそう思います。

スペイン語、頑張ってください。sarahさんなら、大丈夫だと思います。

2008/8/30(土) 午後 3:21 ryo 返信する

顔アイコン

はい、その通りなんです。アメリカ社会って移民やマイノリティの低賃金労働で世の中の下部構造が回っているようなものなのに、彼らは人格として正当に評価されていないのではないかと思うときがあります。頭脳にしても白人と同等の教育を受ければまた人材だって違ってくると思うのですけれどね。でも教育には予算が必要だし・・・。予算はそんな区域にはたくさん当てられません。私はNYはアートの宝庫だと思うのでそういう子供たちに美術の楽しみや絵の才能開発をするNPOがあれば参加したいと思ったのですけどね。それを白人の知り合いに言うと「それは現実をかけ離れた理想論・・・」と鼻で笑われてしまいました。まあ、犯罪率の高さからいうと焼け石に水ってことでしょうかねぇ。でも実際に、街で見かける移民やアフリカ系の子供たちはとてもとても可愛くて、幸せになって欲しいといつも思ってしまいます。

2008/8/31(日) 午前 2:54 sarah 返信する

顔アイコン

そうですか、やっぱりNYに住んでる人たちなどからすると、私の考えることやsarahさんのNPOの話などは「理想論」と片付けられてしまうのですね。無理もないです。現実は、もっと事情が複雑に絡まり合っているのが当然でしょうし、第一、自分の命を懸けるほどの活動になると思いますから。。そういう地域で、日本人がウロウロというだけで着ぐるみ引っ剥がされて殺されるのがオチかもしれません。。
新宿の歌舞伎町の奥の地域に警察も入れない無法地帯があるのと同じですね。
恐ろしい。。sarahさんも、旅行で安易にそういう地域に行かないように気をつけてくださいね。
何があっても命が一番大事なんですから。

2008/8/31(日) 午後 8:45 ryo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事