リフレッシュの時間

ときどき映画を観たり、美術館に行ったりしています。

全体表示

[ リスト ]

アンドレ・ボーシャンとグランマ・モーゼス展に行ってきました。

場所は、新宿の、損保ジャパン東郷青児美術館です。

アンドレ・ボーシャンとグランマ・モーゼス、いずれも現代の画家です。

アンドレ・ボーシャン(André BAUCHANT 1873-1958)
フランス ロアール地方に生まれ、苗床栽培業者をしていましたが、40歳を越えて、絵を描き始めました。

グランマ・モーゼス(Grandma Moses, 1860-1961)
ニューヨーク州に生まれ、農家の奥さんをやっていましたが、趣味でちょこちょこ刺繍やら絵を描いていたりして、79歳の頃に、ニューヨークの画商に見出され名前が知られるようになりました。

ボーシャンとモーゼスは、正規の美術教育を受けておらず、その生涯の遅い時期に絵筆を持ち出したという共通点があります。また、技術は稚拙でありながらも、自然豊かな農民の日々の暮らしを扱った作風により評価を得て、アンリ・ルソーなどと同様、ナイーブ・アート(素朴派)として知られるようになりました。
だそうです。

まず、アンドレ・ボーシャンの絵。
この画家は、植物の絵が、特に花の絵が、色鮮やかできれいでした。
“ラヴァルダンの城の前、丸いフルーツサラに乗った果物と花々”1957年
イメージ 1


“芸術家たちの聖母”1948年 イメージ 2
人物画は、上のコメントのとおり、確かに、技術があまりなく稚拙に感じます。
一種のイラストと考えれば、観ても違和感ないかもしれませんが、正直なところあんまり素晴らしいなとは思えませんでした。でも、この絵については、面白いので載せました。

次に、グランマ・モーゼスの絵。
グランマ・モーゼスも絵本の挿絵のような絵です。
でも、ボーシャンに比べるととてもかわいくて、現代の女性向きの絵。
実際展覧会では、若い女性が「かわいい」と言いながら観ていました。
私も、グランマ・モーゼスのほうが好みだな。
↓すみません、名前がわかりません。。
イメージ 3


“イギリスの別荘の花園”1940年頃
イメージ 4これは刺繍画。初めは、趣味の刺繍で色々な絵を作って、友達などにあげていたそうです。
刺繍でこんなのが作れるとは、すごい。

イメージ 5冬景色をよく描いていたそうで、雪の銀世界を表現するために、銀を細かくしたもの絵の具に練りこんで(?)塗っているものもありました。


いずれにしても、「芸術作品!!!」「大作!!!」といったものではなくて、絵本の世界です。
展覧会のタイトルにあった“素朴絵画”。その名の通りでした。癒し系のかわいい系ですね。
たまにはこういうのを観てリラックスもいいかもしれませんね。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

アンドレ・ボーシャンのことは全く知りませんでしたが、この写真で見る限り、かなり面白そうです。「果物と花・・・」の絵はシュールな感じがするし「聖母・・・」のほうもその中にいろんな物語を書き込んでいるのが興味深いですね。わざと稚拙な作風にしているのかなぁなどと思ってしまいます。グランマ・モーゼスは有名ですから目にすることもありますが、これも何か特別の味わいがありますね。日本でいうなら原田泰治とか谷内六郎とか、ほのぼの系かな。私はAfrican-American Artでこういう類のをよく見て好きなので結構、心惹かれますゎ。

2008/8/31(日) 午前 2:37 sarah 返信する

こんにちわっ!
“ラヴァルダンの城の前、丸いフルーツサラに乗った果物と花々”の果物の色彩を抑える事で、花々やお城周りが活きてるというか、全体的にいい感じですね。色使いが結構好きです。(^^)
グランマ・モーゼス...刺繍画って見た事がないのですが...(^^; 刺繍でこんな事が絵が描けるなんて凄いですね。
ボーシャンとモーゼス共に正規の美術教育を受けていないのに芸術的な評価を得てるなんて凄い人達ですね。
傑作ポチしていきますね!(^^)

2008/8/31(日) 午前 10:28 赤なまず 返信する

顔アイコン

sarahさん、こんにちわ。
アンドレ・ボーシャン、“聖母・・”は面白いと思いました。子どもの描き方が面白い。目つき、怖いです。母を疑う眼差し・・・?(笑)
私は、今は、近世の日本美術の一種完成された美に惹かれているところなので、こんな感じの絵画は、若干物足りなく感じてしまうのです。
また違うときに観ると「いいわぁ!!」って思えると思います。

2008/8/31(日) 午後 0:58 ryo 返信する

顔アイコン

赤なまずさん、こんにちわ。
傑作ポチ、ありがとうございます★
「傑作ポチ」という機能があるのを知りませんでした(^^ヾ

“果物と花々・・”は、色使いが素敵ですよね!私も、それでここに載せました。確かにおっしゃるとおり、果物の色が抑えめですね!なるほど〜。
刺繍画は、厚みがあって、なかなか面白かったですよ。
他は、平面的な「絵本の挿絵」的雰囲気でしたが。
いずれも癒し系です♪疲れたときは目の保養に・・・。

2008/8/31(日) 午後 1:25 ryo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事