リフレッシュの時間

ときどき映画を観たり、美術館に行ったりしています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

アンドレ・ボーシャンとグランマ・モーゼス展に行ってきました。

場所は、新宿の、損保ジャパン東郷青児美術館です。

アンドレ・ボーシャンとグランマ・モーゼス、いずれも現代の画家です。

アンドレ・ボーシャン(André BAUCHANT 1873-1958)
フランス ロアール地方に生まれ、苗床栽培業者をしていましたが、40歳を越えて、絵を描き始めました。

グランマ・モーゼス(Grandma Moses, 1860-1961)
ニューヨーク州に生まれ、農家の奥さんをやっていましたが、趣味でちょこちょこ刺繍やら絵を描いていたりして、79歳の頃に、ニューヨークの画商に見出され名前が知られるようになりました。

ボーシャンとモーゼスは、正規の美術教育を受けておらず、その生涯の遅い時期に絵筆を持ち出したという共通点があります。また、技術は稚拙でありながらも、自然豊かな農民の日々の暮らしを扱った作風により評価を得て、アンリ・ルソーなどと同様、ナイーブ・アート(素朴派)として知られるようになりました。
だそうです。

まず、アンドレ・ボーシャンの絵。
この画家は、植物の絵が、特に花の絵が、色鮮やかできれいでした。
“ラヴァルダンの城の前、丸いフルーツサラに乗った果物と花々”1957年
イメージ 1


“芸術家たちの聖母”1948年 イメージ 2
人物画は、上のコメントのとおり、確かに、技術があまりなく稚拙に感じます。
一種のイラストと考えれば、観ても違和感ないかもしれませんが、正直なところあんまり素晴らしいなとは思えませんでした。でも、この絵については、面白いので載せました。

次に、グランマ・モーゼスの絵。
グランマ・モーゼスも絵本の挿絵のような絵です。
でも、ボーシャンに比べるととてもかわいくて、現代の女性向きの絵。
実際展覧会では、若い女性が「かわいい」と言いながら観ていました。
私も、グランマ・モーゼスのほうが好みだな。
↓すみません、名前がわかりません。。
イメージ 3


“イギリスの別荘の花園”1940年頃
イメージ 4これは刺繍画。初めは、趣味の刺繍で色々な絵を作って、友達などにあげていたそうです。
刺繍でこんなのが作れるとは、すごい。

イメージ 5冬景色をよく描いていたそうで、雪の銀世界を表現するために、銀を細かくしたもの絵の具に練りこんで(?)塗っているものもありました。


いずれにしても、「芸術作品!!!」「大作!!!」といったものではなくて、絵本の世界です。
展覧会のタイトルにあった“素朴絵画”。その名の通りでした。癒し系のかわいい系ですね。
たまにはこういうのを観てリラックスもいいかもしれませんね。

開く コメント(4)

“ステップ!ステップ!ステップ!”(2005年 アメリカ)を観ました。

イメージ 2


原題:MAD HOT BALLROOM  製作年度:2005年 製作国:アメリカ 上映時間:106分
監督:マリリン・アグレロ

ニューヨーク公立小学校のドキュメンタリーです。

ニューヨーク公立小学校では、教育の一環として、社交ダンスが取り入れられています。
このダンス・プログラムは、単にダンスを学ぶというものではなく、ダンスを通して、人とコミュニケーションを図ることや、他の文化を知ることや、また、貧困地域の学校では子供達をダンスに夢中にさせることで犯罪組織の一員にならないようにするため、などの目的が図られているものです。

ブルックリン、クィーンズ、ワシントン・ハイツ、マンハッタンのトライベッカという地域、同じ「ニューヨーク」という街の中でも色々な地域があり、そこにはそれぞれ“色”の異なる人たちが住んでいます。

ドミニカ移民が多く生徒の97%が貧困家庭というワシントン・ハイツ。
アジア系移民もたくさんいて、白人も多いいろんな人が住んでるブルックリン。
黒人と白人がメインのトライベッカ。

出場校が60校ほどある中で、このドキュメンタリー映画では、主にこの3校にスポットが当てられて、そのダンス・コンテストまでの過程が描かれています。。

練習するダンスの種類も幅広く、タンゴ、メレンゲ、キューバなんとか、フォックストロットなどなど。かなり本格的です。しかも、みんな11歳くらいの子どものわりにめちゃくちゃうまい!!!

各校、ダンス・トレーナーの教え方も違っていて、前年優勝校だったクィーンズの先生は、本格的ないわゆるダンス・トレーナー。細かい動きを指摘して、花を髪につけたほうがいいだとか細かなこだわりもあります。前年のトロフィーを目の前にして、「このトロフィーをずっと大事にしていればここにこのトロフィーが残ってくれないかしら」というような発言をしています。子どもよりトロフィー?

一方、ワシントン・ハイツの先生は男性の先生と女性の先生と二人いて、女性の先生はいい人だけど熱血教師。「なんで笑ってるの?!!!」「今の最悪!!!」とか言って、懸命に練習させています。
でも、生徒の将来を一生懸命考えていて、「今はダンスに夢中でもそれが終わった後 犯罪に染まってしまう子もいて・・・」「そうなってはいけないという私の思いを伝えたいけど、どうしたら(真の意味で)伝わるのかしら」と涙ぐんで話します。

トライベッカの先生は、オカマみたいな長身で細身の、日本の社交ダンスの先生にいそうな女っぽい先生。優しく丁寧にダンスを教えます。

ブルックリンのダンスの先生は、一番普通かなぁ。冗談を交えながら楽しくダンスを教えていました。

いろんな子供達がいるのですが、ダンスの場面の合間合間に、恋愛観だとか結婚観だとか、ダンスのパートナーが下手だとか、いろんな話をしてくれます。
それが楽しい。子どものくせにいっちょまえ!!!

特に、ブルックリンのマイケルという名の男の子は、外見はラッパーのJay-Zを白人にして小さくしたみたいな子でかわいいんだけど、でも発言する内容は、ほんとにえらそう。真面目に話しているだけなんだけど。
(しかも、彼は、どっかの映画の主人公みたいにゲームをしながらかっこよく話している。ゲームといっても、ビリヤードではなく、棒がたくさんついていてその棒を上下に動かすボード上のサッカーみたいなゲームだが。そこはかわいいから許す。)
そのマイケル君は、エンドロールで「愛が幸せを生む。大事なことさ。」「二人がお互いを大事にしあって絆で結ばれて・・・」と語った後に、同じく10歳前後の彼の友人達が「So beautiful! So bearutiful!」と叫んでいる。
頭が下がります。


イメージ 1

それから、ワシントン・ハイツの学校のウィルソンという男の子。この写真の男の子です。
英語が話せないんだけど、ダンスのリズムの取り方は天性でしょうか、素晴らしかったですね!!
本当にプロのダンサーを見ているようでした。
そのウィルソン君がダンスしはじめると、同じ学校の友達も「ワーーー!!!」と叫んでいて、こちらも気分が盛り上がってしまいます。英語が話せないので、彼の口から“言葉”や“声”はほとんど聞けなかったのですが、だからこそ逆に、黄褐色の目の色が印象的でした。いい眼をしてましたよ。
あの子は将来どんなgentlemanになるんでしょうね。

ブルックリンの女性の先生だっけ、「彼らがダンスしている姿を見ることがとてもうれしい」と泣きながら、「彼らもladies&gentlemenになっていくのよ」と言ってさらに涙していた場面は私も感動してしまいました。

この映画って、子どもの成長過程を見ているわりには、すごく自分の勉強にもなって、
子どもって、まだ小さくて、何も知らない、何もわからない「子ども」だと思いがちだったんですが、
案外観察力があったり、どこかで学んできたのか、大人よりも立派にたくましくしっかりした考えを持っているもんなんだなぁ、と感じました。
だから、将来自分が子どもを育てるときになったら、決して「子ども」だと馬鹿にしてはいけないなぁ、逆に「こんなことわからないだろう」なんて侮っていてはいけないなぁ、と思いました。

いずれにせよ、この作品、後味もいいし、いい映画でしたよ。
観終わった後、私もダンスできるようになりたい!!と思いました。
日本にもこのプログラム取り入れたほうがいいですよ。
でもダンスって日本人は本能的になじめないものなのかなぁ。

ドキュメンタリーが苦手な方も、すんなり観れる作品だと思います。
子ども達も、小さな大人みたいでかわいくもあり、また彼らから学ぶこともあり、なかなか楽しめます。
おすすめです〜〜。

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事