リフレッシュの時間

ときどき映画を観たり、美術館に行ったりしています。

西洋美術

[ リスト | 詳細 ]

昔から美術が大好きです。
専門的知識はあまりないのですが、ここには、個人的に特に印象が強かった作品や気に入った作品などを記しています。

ちなみに、西洋美術で最も好きなジャンルは後期印象派。
好きな画家は、ゴッホ岸田劉生です♪
記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

フェルメール展

上野の森美術館で現在開催中のフェルメール展に行ってまいりました!

フェルメールの作品、9点が来ております。
構成は、最後にフェルメールの部屋と称した、フェルメールの作品を一挙に集めた部屋を設け、それまでの作品は、フェルメールに影響を受けた画家や同時代のオランダの画家たちの作品です。いわゆる「導入」といったところです。

ご参考に、実際の構成は以下のとおりです。



1.オランダ人との出会い:肖像画   2.遠い昔の物語:神話画と宗教画
3.戸外の画家たち:風景画       4.命なきものの美:静物画
5.日々の生活:風俗画          6.光と影:フェルメール

フェルメールに至るまでのオランダの画家たちの作品もいい作品が多くて、特に個人的には風景画が良かったです。その中でも好きだと思ったのは、シモン・デ・フリーヘルという画家の「海上のニシン船」という作品。グレーからほんのりピンクがかったような淡い色彩の海洋画です。

この時代(17世紀)の画家たちは、戸外で写生をしたものをアトリエに戻って油彩で描くという方法なので、一部想像も混じっています。想像とは思えないほどの細かい波の様子など実際にその場で見ているのではと思うようなリアリティが感じられるものばかりでした。確か、印象派の時代になると、戸外で油彩もできるようになったんですよね。(前に自分が記事にしたものがありました→美術史・印象派

ちなみに、フェルメールの活躍した時代は、バロック。(→美術史・バロック

風俗画というところで、フェルメールの作品が多いわけですが、今回来ているうちの1点で、フェルメールとしては珍しい「宗教画」(「マルタとマリアの家のキリスト」)が来ていました。

フェルメールがどうして、他の画家と違った存在として位置づけられているのかという視点で、フェルメールの9つの作品を鑑賞してきました。他の画家の作品でも素晴らしいものはたくさんあります。それでも、フェルメール、フェルメールと騒がれる所以はなんでしょう。

構成が美しいのでしょうか、人の描き方が精密で、美しいのでしょうか。均等美?色彩美?
多くの人々を魅了する、それは何なんでしょうか。

光の描き方?捉え方?観察眼?
人の心を捕らえてしまう神秘にも思えるほどの美?
人は、美を感じると無条件にそれに見入ってしまうのか?

確かに、フェルメールの作品はどれも、細部まで細かく描かれている一方で、単なる精密さとも違い、精密に描かれていないところもあって、しかし、それは人の目には、気にならない、つまり「錯覚」を利用しているもののようです。

これは言葉ではうまく表現できないですね。同じ「光」を描くのなら、他の画家だって他の作品だって秀逸なものはあると思うのですが、でも、確かに、フェルメールには、何か違うものがあって、絵に息を吹き込むというか、そんな気がします。

今回のフェルメール展での最大の見どころはやはり、「牛乳を注ぐ女」だと思います。
よく美術の資料集に出てくる、フェルメールの代表作です。

イメージ 1

これは、その牛乳を注いでいる姿が、何か神々しくさえ感じました。
メイドが、牛乳をさらに注いでいる、ただそれだけの様子なのですが、なぜでしょうね、そのメイドの姿が、日常の様子のありのままの姿で、変に虚飾していることもなく、自然な姿なんだけど、やはり心奪われます。
このメイドの女性の丁寧な仕事ぶりが伝わってきます。それは、彼女へのスポットライトの当て方が、自然の光を使って、巧妙にというか、すばらしく描かれているのだと思います。
私はボキャブラリーが多くないので、これ以上はうまい表現が見つかりません。
「百聞は一見に如かず」
ぜひ、本物をご覧ください。またとない機会だと思います。

私も、幸い、平日にこのフェルメール展に行けてよかったです。

東京展は、来年の2月3日まで開催しております。東京展のあとは、大阪でも開催されるそうです。でも、大阪展では6点なんですね。「牛乳を注ぐ女」は来ないみたいなので、ご注意ください!

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

モネ展@東京都美術館

最近の投稿はずっとスマホからだったので、前に行った美術展の記事がアップできないでいました。子どもが生まれてからはもう全然行けなくなってしまったのですが、それでも今年は2つ美術展に行けました。
一つは、3月にワシントン・ナショナル・ギャラリー展。二つ目が、今月東京での開催が終了したモネ展。
 
 
イメージ 1
 
安定のモネ展、日曜日に行ったために来場者数が多すぎて近くで見るのは一苦労でした。モネの収集した水彩画(ドラクロワ、ブーダンなど)とやらは小さすぎる絵に人が集まり過ぎていたため全て見られませんでした。
人が多すぎるのだけが難点でしたが、モネは期待を裏切らないので安心して見られます。
 
私が行ったのはモネ展開催の後期だったので、よく美術の資料集にある、印象派が登場するきっかけとなった『日の出』は見られませんでしたが、代わりに『ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅』が見られました。
(前期は『日の出』が出展されていました。)

 
イメージ 2
クロード・モネ 『ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅』  1877年 油彩、カンヴァス
 
これは当時の駅の雰囲気や蒸気機関車の蒸気が伝わってくるようで、臨場感を感じられて良かったです。
 
それから、この作品も幻想的できれいでした。
 
イメージ 3クロード・モネ 『霧のヴェトゥイユ』 
1879年 油彩、カンヴァス
 
 
モネも、どんどん画風が変わっていった画家だと思いますが、やっぱりモネのこのあたりの時代の画風が一番好きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常に前衛的だったモネはいろんな画風に挑戦して、後期は原色を使った抽象画のような作品を多く残していますが、一般的に「モネ」と言えば上に載せた雰囲気の作品が代表的だと思います。なにより、見ていて落ち着きます。
 
チラシに載っている『睡蓮』もよかったです。「最期まで手放さなかった」というのに納得の一枚でした。完成度が高くて、それこそ美を追求して限りなくそれに近づいた作品だったのではないでしょうか。
 
 
混み過ぎていたとはいえ久しぶりに印象派の作品を眺められてよかったです。
また美術展に行きたいけど、でも行っている間も、夫に預けている娘のことが何かと気になって本当の意味では安心して見られないし、今は身重なのでもうしばらくまた行けなくなりそうです。それも少しの辛抱です。子どもが小学生になれば一緒に連れていけるでしょう。それまでの辛抱です。美術の好きな子に育ってほしいな。今はダンスと歌が好きな子です。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

昨日、三菱一号館美術館で開催中の『ワシントンナショナルギャラリー展』に行ってきました。
公式HP➡http://mimt.jp/nga/

ルノワール、ブーダン、スーラなどの印象派の美術展でした。

日曜でしたが、お昼12時頃に行ったためかあまり混んでいませんでした。美術展は本当に久しぶり。久しぶりすぎて、何をどう見てたのかも忘れてしまったほどでした。

あまり有名な作品は来ていませんでした。印象派の有名画家たちの小作品の集まりのような印象を受けました。

私が一番印象に残った作品は、ゴッホの作品です。

イメージ 1

フィンセント・ファン・ゴッホ 1883年『オランダの花壇』

ゴッホらしくない作風と色合いがいいなと感じました。ゴッホが30歳のときの作品なので、まだ精神がおかしくなる前ですもんね。

この美術展、すべての画家について簡単な説明がついているのは良かったです。説明がついている作品も多かったと思う。

ただ、何でしょう、受け手の私が疲れているのか絵を見るのに集中できませんでした。一つは、娘を連れていたからでしょうね。ベビーカーの中で爆睡してくれていたとはいえ、気が気ではなかったです。
それと、美術展に来るのが久しぶりなことと、小作品ばかりだったからかなぁ。

前に開催していたワシントン・ナショナル・ギャラリー展の方がよかった気がする。それと、展示の場所の関係上仕方ないのか、印象派展の間に突如、古伊万里展が入っていて、密かに驚きました。あれは、この美術展の中の古伊万里ではなく、美術館で所有している古伊万里を展示しているようでした。

初めて行った美術館だったけど、迷路のような作りでした。敷地面積が小さそうだから仕方ないのかな。やっぱり、国立新美術館や東京国立博物館で大々的に開催されている美術展のほうが、来ている作品もダイナミックだったり有名どころなのかもしれません。同じ印象派の中規模美術館なら断然ブリヂストン美術館のほうが好きです。

また、落ち着いたときに美術館に行きたいですね。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

エル・グレコ展

あっという間に3月に突入しました。私の仕事は、一年で最大の繁忙期を迎えております。確定申告ですよー。
休日出勤も増え、疲労ピークの今日、ストレスは溜まるし、何かしんどくて、思い立って美術展に行ってきました。
金曜日だけ開場時間を延長してくれています。感謝。
 
東京都美術館で開催中の、エル・グレコ展です。
ここまでどっぷりエル・グレコは初めてでした。宗教画のイメージが強かったけど、確かに払拭されたかも。
どぎつい配色に、独特な雰囲気を漂わせるマニエリスム。
美術展の前半ではどことなく違和感を感じていたこの作風に、いつの間にやら「面白いな」と感じていた。
 
今回のエル・グレコ展の代表作。
イメージ 1
『無原罪のお宿り』  サン・ニコラス教区聖堂 所蔵、トレド、スペイン 1607-13年
 
この作品を見る前に見た、『聖母戴冠』(カリダード施療院、イリェスカス 1603-05年)の“聖霊”に驚きました。『聖母戴冠』を見る前に『受胎告知』を見て、聖母マリアを取り巻く、雲のような頭のような形の灰色のものに疑問符を抱きながら、『聖母戴冠』を見たわけですね。そこでその物体の正体を認識したのです、「さっきから解説で“聖霊”とあったのはこのことか」と。グロテスクな頭に翼が生えているものです。
この『無原罪のお宿り』の上部にもたくさんいる。これが聖霊なんですね。気味が悪いわ。
 
キリスト教を熟知していないから、わからないことがたくさんあります。それでもこの絵の世界観は、現代アートにも十分通じるものがある気がする。最近こんな漫画とかアートありませんでしたっけ。
 
イメージ 2
私は、やはり、こんな毒々しい世界観よりは平和な方が好みのようで、一番好きだと思った作品は、こちらです。
 
『巡礼者としての聖ヤコブ』
サン・ニコラス教区聖堂 1585-1602年
 
こちらの作品。上に比べたら平和ではないですか。
実際の作品はもっと朱色の服が濃い朱色で、重厚感も感じられるものでよかったです。安定感があっていいよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3他に、ポストカードで記念に買ってきた作品はこちら。
 
『聖マルティヌスと乞食』
奇美博物館、台湾  1600-10年
 
マルティヌスが、乞食に自分のマントをあげている画だそうです。
 
THEマニエリスムという感じです。
色の使い方が奇抜です。
乞食なのに筋肉隆々に見える。
 
こういう描き方は、美術展の初めに展示してあった肖像画とは全く違いますよね。漫画とかに近いと思う。自分の世界の中で描いているんでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エル・グレコ。なかなか面白い美術展でした。
個人的には、あまり毎日は見たくない雰囲気ですが。特に今日は疲れ果てながら見に行ったのですが、疲れが吹っ飛ぶというよりなんか変な状態になった。癒されると言うのとは違って、なにか全くの異次元の世界に触れたような感じです。
 
この世のものとは思えない。想像の世界だけど、聖書の中の人物を描くにしてはなんだか変に生々しくて気持ちの悪いような感じです。さすが、同じ宗教画でも中世美術とは全く違いますね。こっちの方が確かに面白いかも。
 
ということで、久々の美術展の感想文はこのあたりにしておきます。明日も仕事ですし。もう疲れました。
 
出展数もちょうどいいぐらいですし、たまにはこんな異質な空間に浸かるのもエキサイティングかもしれませんね。2013年4月7日まで開催中です。
 

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

この夏二度目の美術展、『ドビュッシー、音楽と美術 印象派と象徴派のあいだで』展に行ってまいりました。
 
イメージ 1
 
この美術展は、作曲家のドビュッシーに関連する画家たち、ドビュッシーの曲に影響を与えたもの(ジャポニスムなど)を紹介しながら、ドビュッシーの時代の印象派や象徴派の絵画を展示しているものでした。
 
それにしてもホント、印象派はいいわー。見ているだけで癒される。やっぱり私は一番印象派が好きなんだな。
 
ドビュッシーの曲の作風は、当時は音楽界での「印象派」と呼ばれていたそうで、それは、その作曲の仕方が、美術界での印象派と同じような手法―自然から印象を得て作曲する―だったからだそうです。今では、ドビュッシーは音楽界の象徴派に位置付けられているそうですが、そのあたりの解説も詳しくなされていました。
公式HPの解説が非常に丁寧なので、載せておきます。⇒公式HP「展覧会について」
 
作品は、主にその印象派と象徴派の作品で、オルセー美術館やオランジュリー美術館、そしてブリヂストン美術館から出展されていました。特に、モーリス・ドニの作品が多かったです。
 
イメージ 2ドビュッシーはジャポニスムが流行した頃は、浮世絵を入手して部屋に飾っており、その様子を写した写真もありました。
 
美術展には、葛飾北斎の『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』も展示されていましたよ。
 
この波の模様にインスピレーションを得たのか、波のしぶきのみが描かれたものもありました。
確かにこのデフォルメ、現代から見ても非常に面白いよね。
 
 
あとは、アールヌーヴォーの作品として、エミール・ガレのガラス工芸品があったり、絵画だけでなくドビュッシーに関連する色んな資料(楽譜や写真など)があり、全く飽きさせない内容だったと思います。
 
この間行った『真珠の耳飾りの少女』のマウリッツハイス展のような、これと言って強烈なインパクトのある作品があるわけではなかったですが、展示会場全体に流れるドビュッシーの音楽を聴きながら絵画を眺めるというのは、今までの美術展にはあまり見られない試みだと思いますし、これがまた快適で、癒されました。
 
今まであまりドビュッシーの曲を真剣に聞いたことがなかったのですが、印象派と同時代で、作品の作り方が似ていると言うだけでも、興味が湧き、今後聞いてみようと思いました。なので、ドビュッシーに詳しい方がこの美術展を見るともっと楽しめたことでしょう。詳しくなくても十分よかったですけどね★
 
音楽にしろ美術にしろ、“美”に触れることはいいですね。心が浄化され研ぎ澄まされるような気がします。
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事