リフレッシュの時間

ときどき映画を観たり、美術館に行ったりしています。

ドキュメンタリー

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

昨日の1月22日、種子島宇宙センターから無人輸送機ロケット“HTV(こうのとり)”の打ち上げが成功しましたね!先日、ちょうどロケットの打ち上げに始まり宇宙への試行錯誤を描いたドキュメンタリーを見ました。
 
イメージ 1
 
原題:ROCKET MEN  製作年度:2009年 製作国:イギリス 上映時間:98分
監督:リチャード・デイル
 
【作品内容】
設立から50年が経つNASA。そのNASAの軌跡を、実際のフィルムをつなぎ合わせて描いたドキュメンタリー。
 
冷戦時代はまず地球の外=宇宙へ飛び出すことを目指し、それに成功すると、次は月面着陸を目指す。
それまでの過程で何度も失敗を繰り返し、時には悲惨な事故を招きながらも、決して諦めることなく必死に挑む人々の様子を描く。
 
イメージ 3アポロ計画。1969年7月、ついに月面着陸したアポロ11号。その様子を月から生中継するTV放送。
 
その後も何度か月面着陸に成功するが、やがて、ヴェトナム戦争の泥沼化により宇宙開発は滞る。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2そして、1980年代に入るとスペースシャトルが開発される。スペースシャトルは、人をたくさん乗せることができ、貨物を運ぶことができる画期的な宇宙船だった。
 
このスペースシャトルにより、ハッブル宇宙望遠鏡が1990年に打ち上げられる。
 
一方で、1986年と2003年に、スペースシャトルが爆発し、乗っていた宇宙飛行士の計14名が亡くなる悲惨な事故が起きる。
 
 
 
決して成功ばかりではなく、失敗を繰り返しながら歩んできたNASAの道のりを描いた作品である。



【感想】
凄い映像ばかりでした。実際の映像をつなぎ合わせて、ナレーションもNHK風なので「NHKスペシャル」のようなドキュメンタリー映画でした。
 
まず、一番に驚いたのは、アポロ11号の月面着陸中継の様子です。最近でもたま〜に宇宙から中継のニュースを見たことがありましたが、1969年に「月から中継です」なんてことが実際にあったなんて驚きを隠せません。
1969年に月面着陸した事実などはもちろん知っていましたが、私からすると教科書に出てきた歴史の一ページであり、歴史とは事実だと分かっていても実際に自分が体験していないとどこか実感が湧かないではないですか。アポロ11号についてもその感覚でした。
それが、こうしてリアルな映像で、それに到達するまでの軌跡を見て、そして感動的な中継模様を見ると、何か非常に感動しました。この時代に凄いなぁ〜!と。現在だって「月から中継です」なんてあったら必ず見ますよ!
 
それから、命綱なしの宇宙遊泳の映像にも驚きました。この大気圏の外の何もない宇宙空間で、宇宙飛行士が無重力の中フワフワ浮いているんですよ。目を疑う光景でした。こんなことして大丈夫なのかと心配にもなりましたけど。
イメージ 4
 
ショッキングなのは、やはり1986年のスペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故です。民間人から宇宙飛行士を養成したそうで、乗組員に選ばれ感極まってコメントする女性の教師の映像の後に映し出された、あの空中爆発の様子は、不慮の事故とは言えかなりショッキングでした・・・。
 
また、地球が宇宙から大気圏によって守られているということもこの映画で知りました。なんでも、宇宙から大気圏に突入する瞬間が最も命のリスクが高まる瞬間だそうで、大気圏突入時、周囲の温度は1500度以上にもなるそうです。その時に起きた事故が2003年のコロンビア号空中分解事故でした。
 
しかし、こうした事故の後も宇宙開発事業を中止させなかったことが今の宇宙開発に繋がっていて、亡くなった乗組員たちの命を無駄にはさせたくないというNASAやアメリカ合衆国政府の強い気持ちが伝わってきました。
 
その後にスペースシャトルから打ち上げられたハッブル望遠鏡などは画期的ですし、現に私は5年前にハッブル望遠鏡の撮った写真が満載の書籍、岩波新書『ハッブル望遠鏡が見た宇宙』を読んで宇宙の不思議な姿に胸を踊らされていたのですからね。
 
そして、今やISS(国際宇宙ステーション)があり、そこに物資を送り宇宙での研究が進められているのですから、SF映画でよく見る宇宙基地に住むなんてことも、そう遠くない現実となるのでしょうね。
人間の営みとは凄いものだなと感じました。
 
地味なドキュメンタリー映画ですが、人間の宇宙への真摯な取り組みを描いた、いい作品でした。

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

“THIS IS IT”

イメージ 1


原題:THIS IS IT 製作年度:2009年 製作国:アメリカ 上映時間:111分
監督:ケニー・オルテガ
出演:マイケル・ジャクソン

行ってきました。「2週間限定の劇場公開」が「さらに2週間だけ延長」とあり、慌てて見に行きました。

マイケル・ジャクソンについては、今までそんなに音楽を聴いたこともないし、有名な曲を数曲知っているだけで、
もちろんファンとも言えません。
ごくたまに何かの機会に映像を見て、ダンスや歌がうまいなぁと思っていたくらいでした。
亡くなった時も「まだ若いのに信じられない」と、you tubeで動画などを見てダンスに感心している程度でした。

しかし、この“THIS IS IT”を見て、
改めてマイケル・ジャクソンのかっこよさ、そして最高のエンターテイナーであることを身にしみて感じました。



この映画は、ロンドンで開催される予定だったコンサート“THIS IS IT”のリハーサル風景をつなぎ合わせて制作され、ドキュメンタリーではありますが、まるで映画を通して彼のショーを観ているかのような作りになっていました。

マイケル・ジャクソンは凄い!!と思った点

その1:月並みですが・・・ダンス。彼の足の動き、手の動きは、彼以外に見たことがないくらいかっこよかった。
その2:またまた月並みですが、声と歌のうまさ。高い声が透き通っていて本当にきれいだった。
その3:サービス精神に溢れていて、人を喜ばせることが好きな真のエンターテイナーであること。
     “KING OF POP”であるにもかかわらず、ほんのちょっとした練習でも、ダンスも歌も出し惜しみせず
     スタッフやダンサーに披露して、見ているスタッフ・ダンサーたちから大歓声が上がっていた。

この映画の見どころは、マイケル・ジャクソンはもちろんのこと、彼の周りで踊るダンサーや、
バックボーカルの歌手たち、そして、ギターなどの演奏家たちです。

最高のパフォーマーたちが集まって、その全員がマイケルと一緒にダンスができ、歌を歌い、
また共にステージに上がれることに、心から喜んでいることが伝わってきました。

また、演奏されていた曲も良かったです。

私が一番印象に残ったのは、“I'LL BE THERE”。
自分が持ってるマライア・キャリーのアルバムにこの曲が入っていたので、てっきりマライアの曲なのかと思い込んでいましたが、マライアがジャクソン5の曲をカバーしたものだったのですね。
マイケルが歌うと、なぜかめちゃくちゃ感動して、涙さえ出てきました。

次に、“THRILLER”。
前に動画を見て面白いなと思っていましたが、この“THIS IS IT”の中でも楽しませてもらいました。

他にも色々ありますが、
意外と印象的だったのは、マイケルが環境破壊を止めるために精力的になっていたことです。
「誰かがやってくれるではなく、まず自分たちが始めよう!」と言っているのを見て、
マイケルの声でみんなが一つになって、環境破壊を止めることも可能なことなのかもしれない、と感じました。
あの環境破壊を歌った曲、マイケルの声がとても綺麗でした。

そして、最後のエンディング。
感動的な終わり方でした。マイケルはあのまま鳥になって飛んでってしまったんだなぁと感じました。
同時に、50歳の死は早すぎるし、残念すぎるけど、
老いぼれて声も出ずムーンウォークもできなくなったマイケルなんて想像できないから、
今の若い時の姿のまま人々に強烈な印象を残して旅立ったことは、これはこれでよかったのだと思いました。


エンディングロールも良かったです。

私の見に行った六本木TOHOシネマズでは、最後に近づくにつれて、最前列の人が大変盛り上がってきて、曲が終わるたびに口で「ピィ〜ッ!!」と鳴らしたり、エンディングでは両手を挙げて曲に合わせてゆらゆら揺れていました。そして、映画の最後、彼らが拍手を始めたからか、私も含めてみんな拍手していました。
今まで映画館には数えきれないくらい行っていますが、拍手が起こったのは初めてでした。

“THIS IS IT”、DVDがほしいくらい良かったです。
まだご覧になっていない方、お勧めします。

開く コメント(13)

開く トラックバック(2)

“ステップ!ステップ!ステップ!”(2005年 アメリカ)を観ました。

イメージ 2


原題:MAD HOT BALLROOM  製作年度:2005年 製作国:アメリカ 上映時間:106分
監督:マリリン・アグレロ

ニューヨーク公立小学校のドキュメンタリーです。

ニューヨーク公立小学校では、教育の一環として、社交ダンスが取り入れられています。
このダンス・プログラムは、単にダンスを学ぶというものではなく、ダンスを通して、人とコミュニケーションを図ることや、他の文化を知ることや、また、貧困地域の学校では子供達をダンスに夢中にさせることで犯罪組織の一員にならないようにするため、などの目的が図られているものです。

ブルックリン、クィーンズ、ワシントン・ハイツ、マンハッタンのトライベッカという地域、同じ「ニューヨーク」という街の中でも色々な地域があり、そこにはそれぞれ“色”の異なる人たちが住んでいます。

ドミニカ移民が多く生徒の97%が貧困家庭というワシントン・ハイツ。
アジア系移民もたくさんいて、白人も多いいろんな人が住んでるブルックリン。
黒人と白人がメインのトライベッカ。

出場校が60校ほどある中で、このドキュメンタリー映画では、主にこの3校にスポットが当てられて、そのダンス・コンテストまでの過程が描かれています。。

練習するダンスの種類も幅広く、タンゴ、メレンゲ、キューバなんとか、フォックストロットなどなど。かなり本格的です。しかも、みんな11歳くらいの子どものわりにめちゃくちゃうまい!!!

各校、ダンス・トレーナーの教え方も違っていて、前年優勝校だったクィーンズの先生は、本格的ないわゆるダンス・トレーナー。細かい動きを指摘して、花を髪につけたほうがいいだとか細かなこだわりもあります。前年のトロフィーを目の前にして、「このトロフィーをずっと大事にしていればここにこのトロフィーが残ってくれないかしら」というような発言をしています。子どもよりトロフィー?

一方、ワシントン・ハイツの先生は男性の先生と女性の先生と二人いて、女性の先生はいい人だけど熱血教師。「なんで笑ってるの?!!!」「今の最悪!!!」とか言って、懸命に練習させています。
でも、生徒の将来を一生懸命考えていて、「今はダンスに夢中でもそれが終わった後 犯罪に染まってしまう子もいて・・・」「そうなってはいけないという私の思いを伝えたいけど、どうしたら(真の意味で)伝わるのかしら」と涙ぐんで話します。

トライベッカの先生は、オカマみたいな長身で細身の、日本の社交ダンスの先生にいそうな女っぽい先生。優しく丁寧にダンスを教えます。

ブルックリンのダンスの先生は、一番普通かなぁ。冗談を交えながら楽しくダンスを教えていました。

いろんな子供達がいるのですが、ダンスの場面の合間合間に、恋愛観だとか結婚観だとか、ダンスのパートナーが下手だとか、いろんな話をしてくれます。
それが楽しい。子どものくせにいっちょまえ!!!

特に、ブルックリンのマイケルという名の男の子は、外見はラッパーのJay-Zを白人にして小さくしたみたいな子でかわいいんだけど、でも発言する内容は、ほんとにえらそう。真面目に話しているだけなんだけど。
(しかも、彼は、どっかの映画の主人公みたいにゲームをしながらかっこよく話している。ゲームといっても、ビリヤードではなく、棒がたくさんついていてその棒を上下に動かすボード上のサッカーみたいなゲームだが。そこはかわいいから許す。)
そのマイケル君は、エンドロールで「愛が幸せを生む。大事なことさ。」「二人がお互いを大事にしあって絆で結ばれて・・・」と語った後に、同じく10歳前後の彼の友人達が「So beautiful! So bearutiful!」と叫んでいる。
頭が下がります。


イメージ 1

それから、ワシントン・ハイツの学校のウィルソンという男の子。この写真の男の子です。
英語が話せないんだけど、ダンスのリズムの取り方は天性でしょうか、素晴らしかったですね!!
本当にプロのダンサーを見ているようでした。
そのウィルソン君がダンスしはじめると、同じ学校の友達も「ワーーー!!!」と叫んでいて、こちらも気分が盛り上がってしまいます。英語が話せないので、彼の口から“言葉”や“声”はほとんど聞けなかったのですが、だからこそ逆に、黄褐色の目の色が印象的でした。いい眼をしてましたよ。
あの子は将来どんなgentlemanになるんでしょうね。

ブルックリンの女性の先生だっけ、「彼らがダンスしている姿を見ることがとてもうれしい」と泣きながら、「彼らもladies&gentlemenになっていくのよ」と言ってさらに涙していた場面は私も感動してしまいました。

この映画って、子どもの成長過程を見ているわりには、すごく自分の勉強にもなって、
子どもって、まだ小さくて、何も知らない、何もわからない「子ども」だと思いがちだったんですが、
案外観察力があったり、どこかで学んできたのか、大人よりも立派にたくましくしっかりした考えを持っているもんなんだなぁ、と感じました。
だから、将来自分が子どもを育てるときになったら、決して「子ども」だと馬鹿にしてはいけないなぁ、逆に「こんなことわからないだろう」なんて侮っていてはいけないなぁ、と思いました。

いずれにせよ、この作品、後味もいいし、いい映画でしたよ。
観終わった後、私もダンスできるようになりたい!!と思いました。
日本にもこのプログラム取り入れたほうがいいですよ。
でもダンスって日本人は本能的になじめないものなのかなぁ。

ドキュメンタリーが苦手な方も、すんなり観れる作品だと思います。
子ども達も、小さな大人みたいでかわいくもあり、また彼らから学ぶこともあり、なかなか楽しめます。
おすすめです〜〜。

開く コメント(4)

“不都合な真実”

イメージ 1

原題:AN INCONVENIENT TRUTH  製作年度:2006年 製作国:アメリカ 上映時間:96分
監督:デイヴィス・グッゲンハイム
出演:アル・ゴア

ドキュメンタリー映画です。
非常に真面目な話。

アメリカの、ゴア元副大統領が、地球温暖化による危機を訴えています。
学生のときの授業を聞いているようで、背筋が伸びます。

深刻な問題ですね、地球温暖化。
私が生きてるうちに、様々な国が沈んでいくのかなぁなどと案じてしまいました。

温暖化による海面上昇。地球上の氷(南極とか北極とか)が融けたら、6、7M海面が上昇するそうです。
私の住む地域も、調べてみました。↓
http://flood.firetree.net/?ll=33.8339,129.7265&z=12&m=7

かろうじて、私の住んでる地域は大丈夫かなぁ、というところです。
でも、東京の千葉に近い地域は壊滅的です。

この映画の最後に、下↓のURLにアクセスしましょう。とありました。
http://www.climatecrisis.net/

行ってみたら、アメリカの“不都合な真実”のサイトでした。
本当に、こういうことに真面目に取り組んだら、地球温暖化は防げるんでしょうか。

ミャンマーはサイクロンで、たくさん人が亡くなり、
四川ではM7.8の大地震が5/12に起きて、14日現在で、1万8千人くらい亡くなったんでしょう。

厳しい現実を突きつけられて、少し暗くなりました。。。

地球温暖化について調べてたら、こんなサイトを見つけたので、見てみてください。
http://www.glwwp.com/main/sea.html

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事