ここから本文です
鉄人日記

書庫全体表示

記事検索
検索

全115ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

世間は10連休に入りましたが、鉄道は休みなく走り続けています。現業の方はご苦労様ですが、定期利用が多い平日よりも、土休日の方が鉄道会社は掻き入れどきなんでしょうね。しかし、10日間土休日ダイヤが続いたことは今までなかったのではないでしょうか。GWはいつも平日が挟まりますし、お盆は平日ダイヤ採用の会社もあるので、土休日ダイヤを一斉に採用して10日間続くということはなかったでしょうね。
イメージ 2
 週2日のみ運用の阪急7006F京とれいん雅洛も異例の10連勤となります。ゆっくり乗れる日を楽しみにしてますが、連休中は混雑しそうです・・・とはいえ土曜の昼の便は結構空いてましたけどね。

イメージ 1

おおさか東線新大阪延伸は、開業から1ヶ月経ち、延伸の効果の大きさを感じる今日この頃です。とは言え直通快速については、尼崎発着時代よりも良く利用されているものの、まだまだ利用者は少ない印象です。土休日ダイヤでは、大阪から奈良方面への需要に対応するダイヤに変更されましたが、如何せんロングシート快速ではなかなか盛り上がらないものがあります。東西線直通でなくなったので、今一度直通快速にクロスシート車両を投入してはどうかと思いますね。奈良区221系6両編成なんかはいい感じの存在ではないでしょうか。平日はともかく、土休日の列車については、221系あるいは223系・・・運用を考えれば221系が妥当か?・・・を投入して欲しい物です。
将来的には関空特急はるかから退く281系を改造した車両を使用した特急をうめきた・新大阪〜奈良間で運転するのも良いのではないか。奈良線複線化完成時には京都〜奈良間にも特急を運転して、共通運用すれば、編成を減らすこともできるだろう。奈良線特急は前回の複線化時にも検討されていたので、複線化を機に特急を走らせる可能性はゼロではないだろう。

イメージ 1
 JR西日本のダイヤ改正から1ヶ月ちょっと経ちました。東線は延伸開業当初から開業フィーバーの利用とともに、普段からの利用が当初から見られていたため、延伸開業早々延伸の効果が見られたなと思っていました。実際にJR淡路などは既に阪急との結節点になりつつあり、阪急淡路駅の高架化が完成すれば、連絡もさらに便利になるものと思われ、今後の発展を期待させる利用状況になっています。
イメージ 2
 もう一方の目玉と言える新快速のAシートも夕方ラッシュ時間帯連結の列車についてはご祝儀乗車が既に終わったとも思える時期になってもかなり盛況で、こちらもひとまず成功なのかなという印象です。ただ、こちらは座席空き待ちと見られる立ち客も多く見られ、システム的にトラブルがないのか気になるところです。今後Aシートを拡大していくなら、座席確保の手法(現在はある意味自由競争化している)を考えていく必要があるのではないかと思います。

イメージ 1

おおさか東線新大阪延伸後に、初めて平日朝ラッシュ時に乗車しました。あまり混雑してないだろうとタカをくくっていたのですが、そんな予想を覆すかのような混雑でした。下手な路線より混雑してるんじゃないかいうぐらいの混みようで、改めて新大阪延伸の効果の大きさを感じた次第です。混雑するのは、利用者が増えたのに対して、平日朝ラッシュ時でも運転本数がなかなか少ないという事情もありそうです。久宝寺での大和路線との兼ね合いなどがネックで運転本数が増やせないのでしょうが、柏原始発の快速を東線にシフトするなどして東線の増発を行って欲しいものです。今のままでは、うめきた延伸時にはラッシュ時にパンクするのではないかと危惧しますね。

イメージ 1
 5月1日からの元号が令和になりましたね。大正、昭和、平成と各元号には駅名がありましたが、令和駅は・・・ないですね。平成の終わりに平成駅や昭和駅などが話題になっていましたが、平成から令和への乗り継ぎはできませんね。鉄っちゃん的には残念な元号になりました。思えば明治駅はなかったので、大正、昭和、平成の駅名シリーズの方が特異だったのかもしれませんね。
イメージ 2

全115ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事