ここから本文です
鉄人日記

書庫全体表示

記事検索
検索

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

明日阪急京都線ダイヤ改正が行われます。明日の土休日ダイヤの目玉は快速特急増発ですね。残念ながら車両が間に合っていない上に、6354Fも検査のため運用離脱ということで、2本とも一般車での運転となります。このうちの1本は十三駅を通過する快速特急Aになるので、梅田から十三まで利用する人は注意が必要です。暫くは一般車での運転となるため、梅田での飛び乗りは注意した方がいいと思います。まぁ、乗ったとしても淡路で降りられるのは救いですけどね。

この記事に

イメージ 1
 いよいよ間近に迫ってきた阪急京都線ダイヤ改正ですが、先般も書いたように細かいところではかなりダイヤが変わっています。以前ここでも書いたことがある夕方ラッシュ時後の淡路トラップも解消されています。堺筋線の普通淡路が20時台、21時台では姿を消し、正雀行きが増えています。京都線のダイヤ変更はもちろんのこと、千里線、堺筋線のダイヤも結構変わっているのが今回のダイヤ改正の特徴とも言えますね。

この記事に

イメージ 1
 いよいよ週末に迫った阪急京都線ダイヤ改正。あまりじっくり見られていませんが、平日夕方ラッシュ時のダイヤを見てみると、以前指摘した点がかなり改善されていました。現行ダイヤでは快速と普通茨木市行きが淡路で連絡するダイヤになっていますが、改正後は、快速と連絡する普通は北千里行きに変更され、堺筋線直通の普通茨木市行きは快速急行と連絡するようになっています。淡路発車時点では10分間隔が開くところがあるため、千里線電車の混雑は懸念されるところもありますが、淡路駅での乗客の滞留を防ぐというのは一定の効果が見られるのではないかと思います。10分開くところは、快速と連絡する堺筋線直通の北千里行きと、後続の梅田発の普通北千里行きになりますが、ここでは梅田発は快速急行に乗らずに梅田発北千里行きに千里線ユーザーを誘導すれば、淡路駅での滞留は防げます。堺筋線でも普通茨木市行きには北千里方面への連絡がない旨を案内し、後続の堺筋準急に乗って淡路で乗り換えをするよう誘導すれば、同じく淡路での乗客の滞留は防げるはずです。梅田、十三、堺筋線各駅でどのように案内するかで、ダイヤ改正の効果も変わってくるかもしれません。それにしてもダイヤを細かく見ると、今回の改正では各所でかなりダイヤが変わっていますね。来週以降、各時間帯のダイヤを暇を見つけてウォッチングしてみたいものです。
イメージ 2

この記事に

イメージ 1

おおさか東線201系試運転電車と新大阪で遭遇しました。春には東線延伸が開業するので、わかっていることなんですが、それでも新鮮に感じますね。この光景が当たり前となっていくのでしょうね。うめきたへの乗り入れ時には新車投入となるのでしょうか。

イメージ 2

この記事に

イメージ 1
 阪急京都線では1月19日にダイヤ改正を実施しますが、この改正で準急高槻市行きが姿を消します。高槻市行きはなくなりますが、その代わり朝ラッシュ時に高槻市始発の準急が新設されます。

この記事に

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事