ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1


皆様、明けましておめでとうございます。

私の昨年を振り返ってみると未体験なことだらけの1年でした。
まず新天地での生活は慣れないことだらけでとても苦労しましたが、様々なアニメ&漫画作品や地域、クルマを肌で多く味わえた刺激的な面もありました。


まずはアニメ&漫画作品から。
昨年は例年以上に大豊作でスロウスタート、ゆるキャン、ポプテピピック、こみっくがーるず、はるかなレシーブ、あそびあそばせ、となりの吸血鬼さん、アニマエール、うちのメイドがうざすぎる、あさがおと加瀬さん、熱帯魚は恋に焦がれる、のんのんびより ばけーしょん、これら12作品にハマりました。
中でもゆるキャンとなりの吸血鬼さんの印象が強かったです。

イメージ 10


ゆるキャンは文字通りキャンプを題材とした作品なんですが、最果ての地まで行ってキャンプする訳ではなく、舞台の山梨県を中心に家から比較的近いキャンプ地で、遠くても隣の長野県で行います。またキャンプに使う道具も高額なものではなく、高校生がバイトで貯めたお金で買えるような代物で現実的なところが魅力です。そして複数でキャンプする1人でキャンプする魅力を伝えていたのがポイントが高かったです。あと出てくる女の子が可愛い(これ重要!)

イメージ 11


となりの吸血鬼さんは、同居することになった高校生の女の子とその家の主の吸血鬼との生活を描いたコメディ作品です。この作品は吸血鬼に抱くイメージとのギャップと吸血鬼らしい設定が違和感なく盛り込まれているところが魅力です。吸血鬼は邪悪なイメージがありますが、それに対して作品に登場する吸血鬼は現代の文明や文化にどっぷり浸かっているので、言動がとても現実的かつ友好的です。血液は人間から直接吸うのではなく、A〇azonによく似た通販サイトから購入していたり、日差しに当たると灰になるのに地域のゴミを捨てる時間を守って朝に捨てにいったり(そして日差しに当たった体の一部が消える)、近所に住む50代のおばさんが最近若く見られると話した時に自分の実年齢(360歳)と比べてもともと十分に若いと言ってみたりと悪魔や恐怖のイメージとはかけ離れた存在として描かれており、とても身近に感じられるのが斬新で気に入っています。あと吸血鬼が好きすぎて変態的な行動を始める女の子が可愛い。



イメージ 4


イメージ 2

イメージ 3


さて地域の話に移りましょう。
昨年の年始に日帰りで新潟の越後湯沢に行き、海鮮丼を食べて駅直結の温泉に入りました。
大きな目的は引退が間近となった上越新幹線E4系に乗ることでしたが、本場南魚沼産のコシヒカリを食べられたことと、気持ちの良い温泉に浸かれたのは良い思い出となりました。

イメージ 8

イメージ 9


イメージ 6


イメージ 7



イメージ 5


また2月には友人と2泊3日で北陸に行きました。ゆるゆりの舞台を聖地巡礼しつつ、名物の富山ブラックを食べ、最終日は白銀の兼六園へと足を運びました。
私の住む地方ではまず見られない雪景色は新鮮に映りましたが、道路に積もった雪をかき分けて歩く時に何度も転びかけるなど苦労したことが記憶に残っています。
あと富山ブラックはただしょっぱいだけで噂程ではないなと思いました。

イメージ 12

イメージ 13



最後にクルマの話を。
昨年も相変わらず色んな車種に乗ったのですが、中でもGZG50センチュリーに乗ったは忘れられません。
初代の登場から50年近くにわたり大きくデザインを変えなかったため、独特なオーラを発したその見た目と角ばったボディーとフェンダーミラーによる見切りの良さ、そして何と言ってもアクセルを踏んでも唸らないV12エンジンによる抜群の静粛性と道路の継ぎ目を感じさせない滑らかな乗り心地は今まで体験したことがない代物でした。
この試乗体験で本気で欲しくなってしまい、現在物件を絶賛探索中です。

他にも長くなりそうなので割愛しておきます。

さぁ、今年はどんな1年になるのでしょうか?
皆様にとって良い年になるように祈って終わります。

そんなこんなで平成最後の年も宜しくお願いします。m(_ _)m

  • あけましておめでとうございます。

    センチュリーってそんなに良いんですね。新型が出ましたが、デザインは先代の方が格好いいと思います。

    [ 米車観測録 ]

    2019/1/6(日) 午前 10:47

  • 顔アイコン

    > Calaisさんへ

    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    世間では後ろに座るクルマで運転するクルマではないとよく言われますが、それは誤解だと私は思います。
    というのも長時間運転手が運転できるように設計されているので、全く疲れません。むしろ走るたびに疲れが取れるのではないかと錯覚するほどです。ただし、80km/hを超えて走ると前後の揺れが大きくなってフワフワしはじめるため、高速域はSクラスや7シリーズに譲る所があります。

    新型はこれまでのセンチュリーのアイデンティティーを崩さずに現代的なデザイン要素を取り入れていて実に秀逸だと思います。もしかしたらクラウンのように変なグリルを入れられるのではと心配していましたが、全くの杞憂に終わりホッとしています。まぁ、欲を言えばフェンダーミラーを存続させて欲しかったですけどね。

    ペルソナ

    2019/1/6(日) 午後 10:58

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事