ここから本文です

書庫全体表示

レンジローバー


イメージ 1

イメージ 2

昨年の話になりますが、レンジローバーに乗ってきました。

以前からイヴォークやヴェラールには乗ったことがあったものの、「砂漠のロールスロイス」との異名を持ち、イギリス王室でも使われる本家大元のレンジローバーには一度も乗ったことが無く、一体どんなクルマなんだろうと率直に興味がありました。
そのため今回はいつもの試乗以上にワクワクしていました。

イメージ 3


ディーラーに行くと10分程で試乗車が用意され、いよいよ実車と対面です。


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

実車はカタログ表紙のモデルのボディカラーと同じバイロンブルーという色で、
普段街中では目にしませんが、とても品があってレンジローバーによく似合っています。正直、街中でよく見かける白や黒よりも私はこちらの方が好きですね。

イヴォーク以降のスタイリッシュさを前面に打ち出した外観と異なり、歴代レンジローバーの角ばった印象を継承したデザインはクラシカルではあるけど、モダンさを持ち合わせていてとても良いね。

じっくり全体を眺めていると車高の高さもあってか実寸以上に大きく感じます。


イメージ 7

イメージ 8


そんなレンジローバーにすぐ乗ろうとドアを開けると道なき道を進むように設計されたクルマとはにわかに信じがたい空間が広がっていました。
茶色とオレンジの中間のような色の本革がいたるところにふんだんに使われていて、天井にはアルカンターラのルーフライニングと圧巻の光景です。



それでは実際に走らせて見ましょう。
レンジローバーは全長5m、全幅2m近くある巨大なボディーだけど、四隅がよく見えて見切りも非常に良く、とても運転がしやすいのには驚かされました。
ですから数字上のサイズだけで身構える必要は無用です。これはヴェラールに乗った時にも同様に感じました。
ディーラーの方に伺うとこの特徴はレンジローバーの伝統だそうです。
エンジンは5L V8 スーパーチャージャー、3L V6 スーパーチャージャー、3L V6 ディーゼルがラインナップされており、今回の試乗車はディーゼルモデルでした。

ディーゼルとはいえ、車内ではガラガラという音を立てることも無く、言われなければディーゼルだと気付くのは困難だと思うほど静かで揺れも無かったです。

トルクは必要十分にはありますが、61.2kg/mという数値程の力強さは感じません。
恐らく車体の重さも関係しているのでしょう。ただ個人的には扱いやすくて良いと思いました。

乗り心地はゆったりとしており、ドイツ車のような硬めの味付けとは別世界で日本の道路事情で使用するにはとても合っていると思います。ゆったりとしている割にはそこそこ速いスピードでカーブを曲がっても安定しているという摩訶不思議な乗り味は、ヴェラールで感じたのと同じです。

唯一ヴェラールと違うのは段差を乗り越えた時の車体の動きです。
レンジローバーは段差を乗り越えると場所によっては結構上下にゆっさゆっさと動くのですが、ヴェラールはそこまで大きく動きません。個人的にはヴェラールのような特性の方が乗りやすいなと思いました。

総評すると伊達に「砂漠のロールスロイス」と呼ばれてないなと思いました。
外観も内装も美しく文句のつけようが無いですし、走りもX5やGLC程ではありませんが、良いです。それにとにかく見切りが良くて乗りやすい!

唯一の弱点といえば値段でしょうか。
試乗車はオプションが充実した仕様らしく約1800万するとディーラーの方が仰ってましたが、流石に高過ぎるなと思いました。安いのでも1300万ですからね。
これならヴェラールを選んだ方が得に思えます。

イメージ 9

レンジローバーに乗った感想は以上です。最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

  • 今年もよろしくお願いします m(_ _)m

    レンジローバーいいですよね。ミニカーでは数台持っていますが、実車は
    前の同僚に乗せてもらった程度・・・ネームバリューのみではない高級感&
    乗り心地だったのを覚えています (^^)

    ponhiro

    2019/1/15(火) 午前 11:14

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事