全体表示

[ リスト ]

ブログ再開 

 ブログ再開の弁
 ちょうど2年前、2012年11月26日を境に、ブログを中断していた。さまざまな活動をする時間を優先し、ブログ・「日々の政治活動」の記述・記録を更新しなかった。
 あらためて、再開する。
 2年前の最後のブログが航空自衛隊小牧基地への91回めの申入で終わっていた。再開もこの月1回第4土曜日午前10時の定例小牧基地への申入を以って始める。
 2014年11月22日、10時数分前に到着し、申入書を以って正門まえに歩く。若き隊員が立ち、私たち(ほぼ例外なく私と同行者の二人で出向き、同行者に撮影をお願いしている)を迎え、隊内に連絡する。
 ほぼ10時に申入をしていることから、土曜日の当直自衛官が若き隊員とともに基地内から歩きい出、申入に対応する。長く待たせられたことはない。
 今日で105回目の申入となった。臨時の申入はあったが、2006年3月から、欠かすことなく申入を行ってきた。故に今回が8年(96回)と9ヶ月目の申入であるか故に105回である。
 航空自衛隊がイラク・クゥエートに派兵されていた時には、「日本の空にもどれ」と申入書を書き、イラクから帰還後の2009年1月からは「イラクには大量破壊兵器がある」というブッシュ大統領の贋情報からイラク攻撃が始まり、この攻撃理由の偽情報からイラク攻撃が始まりこれに乗っかって小泉首相が自衛隊のイラク派兵を命じたのであり、このことをしっかり検証しなければ、偽情報によって再び三度、自衛隊が海外派兵されることになるからで、そうならないために「イラク派兵をきちんと検証せよ」を主旨に申入書を書き続けてきた。
 今回は、日韓の間に横たわる日本海溝よりも深い歴史認識、とりわけ日本軍「慰安婦」についての、安倍首相の「日本の名誉や信頼回復に向け、戦略的外交を一層強化する」との新聞報道に関連して書いた。
 日本が真珠湾攻撃を緒戦とし、太平洋戦争戦争を開始した。これを機に、アメリカ合衆国は日系アメリカ人を敵性国民として強制収容を始めた。日系人強制収容です。戦後、日系アメリカ人2世、3世がこの強制収容をアメリカ史に残る汚点とし、日系人の名誉回復・実損回復の運動を開始した。この運動の甲斐があって、1988年8月10日にレーガン大統領が『1988年市民の自由法』に署名し、その時点での生存者に一人あたり2万ドルの補償金と謝罪文を渡すことになった。同様な対応をカナダ政府・マルローニ首相もとった。
 日本軍「慰安婦」については、このアメリカ、カナダの日系人への対応と同様なことを、日本政府はすべきだと私は確信している。日本軍「慰安婦」がなかったとか、強制はなかったということは、到底できるものではない。
 歴史の真実をきちんと見つめ、69年以上前の日本軍「慰安婦」についての戦後の対応をすべきで、それをしなかったら、同じ所でいつも躓く、戦争が負けて終わって69年たった現在がそうです。
 安倍首相は戦後歴代自民党の首相の中で、最も右よりに立っているようです。こういう首相こそ、戦前の後始末をつけるにふさわしいのではないかと私は思っている。
 「文禄・慶長の役」とも呼ばれた秀吉の朝鮮出兵の後始末を、徳川家康が回答兼刷還使(後の「朝鮮通信使」)を招聘することで朝鮮国との友好を回復していった。この意味でも、江戸時代は「鎖国」と言うのは誤りです。長崎には出島があり、オランダと、平戸では明国との交易があったという。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事