湯の旅

心と体の疲れを癒せる温泉を求めての旅

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

平家の落人伝説で知られる秘湯、のどかな里山風景

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

静まりかえった小さな露天風呂から残雪の鳥甲山を見れば湯に浮ぶ桜花が春を待っていた様だ!!。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

長野県の秘境豪雪地帯(本州一位)の秋山郷昼間なのにこの静観さ、鳥甲山がいまだに残雪を残し野鳥と

共に迎えてくれた。

開く コメント(0)

野沢温泉(外湯)

イメージ 1

イメージ 2

野沢温泉の湯を発見したのは、聖武天皇の頃(724〜748年)にこの地を訪れた僧「行基」であるという

説、また修行中の山伏が見つけたという説と手負の熊の後をつけた猟師が見つけたという説があります。

いずれにしろ、かなり古くから野沢の地に湯が湧いていることは知られていたようです。

それでも当時はまだ温泉に入るために旅をして訪れるということは一般的でなく、江戸時代に飯山藩主の

松平氏が惣湯(大湯)に別荘を建て一般の人々にも湯治を許可した又野沢菜発祥の地温泉街に13ヵ所の外

湯があります質素で地元の人との会話もある。共同浴場大湯の前や麻釜の近くには足湯が存在するまた、

何軒かの旅館でも旅館の軒先に足湯を設けている。

開く コメント(0)

野沢温泉(外湯)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

野沢温泉には30余りの源泉があり、麻釜もその一つ、約90度のお湯がもうもうと湯気をあげて絶えず湧き出している手負の熊の後をつけた猟師が見つけたという熊の湯説。いずれにしろ、かなり古くから野沢の地に湯が湧いていることは知られていた。
京から僧が持ち帰った京菜が地・気温の変化でし全国的に名を成す野沢菜として育った。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事