湯の旅

心と体の疲れを癒せる温泉を求めての旅

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

温泉津温泉

イメージ 1

イメージ 2

古い温泉場特有のみやげや、遊戯施設、スマートボールやパチンコ屋の如きすら無く源泉が3ヶ所の入浴施設だけで、それ以外は此れらの源泉から全部引湯悪く言えば温泉街のシャッター通り10軒10部屋前後の設備も古く殆どバスなしトイレなし老人(湯治)向き

開く コメント(0)

温泉津温泉

イメージ 1

古びた街並は全国で64番目2004年(平成16年)7月、温泉街としては初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された(石見銀の輸出港町としての選定であるが、後に温泉町という項目も設けられた)

開く コメント(0)

温泉津温泉

イメージ 1

時が止まったような、どこか懐かしい昭和30年代、あの昔の取り残された日本風景

開く コメント(0)

温泉津温泉

イメージ 1

「温泉」と「津(港)」と書いて「ゆのつ」温泉・石見銀山の石見は”いわみ”と読み元湯の前の広場に頭に角はえた像(念仏行者浅原才市)一瞬考え込む

開く コメント(0)

切明温泉・雄川閣

イメージ 1

イメージ 2

秋山郷は更に山の奥深い場所にある。切明温泉は魚野川と雑魚川の合流地点の渓谷にある。雄川閣は村の保養センターだが、ここ切明地区の歴史は、江戸時代に遡る。江戸中期(1700年頃)に箕作村(現:栄村箕作地区)の名主「島田三左エ門」がこの温泉を発見し、秋山郷の産業の一つに活用できるようにと代官に願い出て営業を開始したと言われている。しかし、江戸後期には、洪水により宿が流されたが復旧されなかった。それから250年余りたった昭和7年に村営の宿として営業を開始した。露天風呂は内湯の手前の出入り口から外にでて、魚野川の渓谷間近まで下っていったところにある。何の遮りもないため河原からの風がすがすがしい。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事