湯の旅

心と体の疲れを癒せる温泉を求めての旅

温泉廻り

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
お風呂は内湯のみですが、格子戸や吹き抜けからは外の光線がやさしく差し込み静けさの中に湯滝の音が日の光と共にゆるやかに響いている、湯は熱く開湯時の御影石が黒くひかり溢れた湯を流している独特の造りの湯滝小屋。檜の香りがほのかに包み込む雪深い仙境の温泉郷
 
 

開く コメント(0)

イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
東屋・中屋・西屋と三軒並んだ茅葺き屋根は過去2度は三軒全焼したが今回(2000年3月)はわずかに西屋が残り老舗湯治宿と茅葺き本陣造りの佇まいはゆかしい面影を残し迎えてくれる、設備は江戸時代の面影を残す母屋は回廊の本陣造り今も昔も変わらない、廊下には籐敷き詰められ老舗を誇る暖簾がマネキ猫の様に招いて居る

開く コメント(0)

イメージ 1
 
直江兼続が人目を避け密かに堺、国友(滋賀県)から鉄砲職人を集めて製造白布高湯は鉄砲製造に必要な石炭、火薬の原料の硫黄が豊富、密かに1千丁の火縄銃を作り、大阪夏の陣(徳川方)で成果を上げた。西屋・中屋・東屋は、先祖が鍛冶職人の 賄 い等の世話を行った記録・伝承があり。職人の宿舎は、旅館前に置かれたと云われている。
 
イメージ 2
白布高湯温泉は古くから福島の信夫高湯、山形の最上高揚(蔵王温泉)とともに奥州三高湯の一つに数えられ昔から『三湯湯治』と呼ばれて「三温泉全部に宿泊すれば100年長生きできる」と言われて賑わいました。老舗湯治宿の風格と情緒東屋・中屋・西屋と三軒並んだ茅葺き屋根10年前の姿

開く コメント(0)

新穂高温泉谷旅館1

イメージ 1

イメージ 2

新穂高は井上靖の小説『氷壁』の舞台であり、北アルプスの槍ヶ岳・穂高岳への登山口

の玄関にあたる谷旅館では大勢のお客様お断りで部屋数7室というこじんまりしたご主人

手作りの宿、庭園はなんと700坪という広さ。ここに7つの露天風呂があり源泉二ヶ所あり

槍ヶ岳や笠ヶ岳を望みながらの露天風呂は一幸ですゆっくりと新穂高温泉の湯のぬくもり

に身をひたせば味は確かな膳が運ばれ来ます夜は静かな露天風呂を堪能出来ます

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

新穂高は井上靖の小説『氷壁』の舞台であり、北アルプスの槍ヶ岳・穂高岳への登山口

の玄関にあたる谷旅館では大勢のお客様お断りで部屋数7室というこじんまりしたご主人

手作りの宿、庭園はなんと700坪という広さ。ここに7つの露天風呂があり源泉二ヶ所あり

槍ヶ岳や笠ヶ岳を望みながらの露天風呂は一幸ですゆっくりと新穂高温泉の湯のぬくもり

に身をひたせば味は確かな膳が運ばれ来ます夜は静かな露天風呂を堪能出来ます

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事