全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

人が持つ二面性

「理性があるがゆえに、すべての人間は、尊厳と尊敬に値する」。
そう言ったのはカントです。
また、マキアヴェリは、『君主論』の中で、「君主は、人間と野獣を使い分けなければならない」と書いています。

野獣とは、人間の残虐性を意味しています。
人は、他人に対し、自らの命を賭してまで献身的になることもできれば、目を覆いたくなるほど残虐な姿を見せることもできます。

人間の持つこの二面性の意味することとは何なのでしょうか。

例えば、現在◯◯◯の情勢は、人の残虐性の象徴とも言えます。

否、日本でさえも、人を人とも思わないような卑劣で残虐な犯罪が頻発しています。
しかし、一方で、どんなに残虐な犯罪者でも、自分の身内や仲間などには、思いもかけないほど優しい一面を垣間見せることがあります。
つまり、人は、顔の見える相手には残虐にはなれないのです。

人が残虐になれるのは、常に顔の見えない相手に対してなのです。
顔の見えない相手とは、要するに、自らの関心の及ばない相手のことです。
それは、自分の身内以外の人であったり、仲間以外の人であったり、あるいは、他の地域の人々や他の国の人々であったりします。

私たちは、他人の行動を理解することができます。
しかし、他人の行動を理解することと、他人に関心を持つことは大いに違います。
他人の行動を理解するのは、ほとんど無意識的な行為であり、これは、人間だけに限ったことではありません。

動物も、他の動物の行動を理解することができます。
それゆえ、彼らは、獲物を襲うことができ、また、捕食者から逃れることができるのです。

ただ、私たち人間は、他人に関心を持つことができます。
人間だけが、相手の人のことを考え、その行動の意味するところや、その人の思考や感情に関心を持つことができるのです。

そして、これが極めて人間らしい行為であるのは、この行為が意識的な行為だからです。
人は、意識的に考えなければ、相手に関心を持つことはできません。
そして、相手に関心を持てば、残虐になることはできません。

親が、躾けと称して我が子に残虐な行為を働けるとしたら、それは、言うことを聞かない子どもに関心があるのではなく、言うことを聞かせたいという自分にしか関心がないからです。
また、恨みを抱く相手の苦しむ顔が見たいというのも、苦しむ相手に関心があるのではなく、苦しむ顔が見たいという自分にしか関心がないのです。

残虐性は一時的な解決策にしかならないということを、マキアヴェリも認めています。
残虐性は、ただ負の連鎖を生み出すだけなのです。

私たち人間は、周囲の人たちに対する関心を広げれば広げるほど、人に対して優しく貢献的になれます。
世界中の人々が、自国の利益ばかりに囚われるのではなく、他の国の人々にも大いに関心の輪を広げることができれば、世界的な紛争をもっと防ぐことができるのではないでしょうか。
そして、それができるのは、私たち人間だけなのです。

(抜粋・思考)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

弓の練習


イメージ 1

かれこれ30年ほど前、某神社にあった弓道場で弓を始め、現在のような連盟が運営認定する段位とは無縁のローカル段位をもらっていました。
しかし、そんな経験など何の意味も成さない現在の身体の反応を元に、昨年より弓を再開し練習を始めています。
写真は自宅と隣との間を利用して的場代わりにしている練習場。
約25mありますので狙う感覚には役にたってるかな…。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

玉手箱

三年から四年近くフェイスブックで交友させてもらってました。
この度、二年前のデータ消滅、そして今回は不正アクセスのなど不可解なことがあった為、フェイスブックを一旦退会致しました。
また、こちらのブログで交友していきたいと思っていますので宜しくお願い致します。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

論語読みの論語知らず

今年の年頭のつぶやきは...。

「論語読みの論語知らず」という言葉があります。
この意味はと言うと。
本質的なことをお留守にして、枝葉末節にばかりこだわるような人。
つまり本末転倒しているようなピンボケ人間に向かって発せられる言葉なんですね、
(決して良い意味に使われるものではありません。)

私などは、いつまで経っても「論語読みの論語知らず」の人間から抜け出せません。
近頃は益々その思いも強くなって来ています。
何故そうなんだろうか?

気学を理解すれば

『強く叩けば強く鳴り、弱く叩けば弱く鳴る』
『高く叩けば高く鳴り、低く叩けば低く鳴る』
『深く叩けば深く鳴り、浅く叩けば浅く鳴る』

その時の自分の境地や心境の程度に応じて鳴り響いてくれる。
自分次第、自分任せであるということです。

言い換えますと、自分の境地の進化の度合によっても、時々捉え方が随分違って来ると云うことであります。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

明けましておめでとうございます。

本年の年頭は、お友達が掲載された夕闇せまる空にたたずむ雲の写真に、辰年をイメージした龍の姿を見せられて感動しました。(年頭を飾りたくシェアさせていただき掲載させていただきました。)

昨年は未曽有の災害が東北を遅い、日本中を世界を悲しみの渦に巻き込みました。
しかし、日本は早々に『復興』に向けて確実に歩み始めています。
皆さん一人一人...復興に対して機会が生じたときには力を合わせていきましょう。

今年は壬・辰(みずのえ・たつ)、六白金星中宮です。

壬は『沈滞の傾向。第二の活動待ち。』

反面、辰は『最も元気旺盛、伸びる、縮む事を知らぬ、陽気で賑やかを好む、楽観主義。』

というように、昨年は辛抱を強いられるという流れから未だ沈滞からも抜け出せずにいるけれど、辰の気が雲の合間から見え隠れする年とも言えます。

とは言うものの『震が動くと地が揺れ困難に遇する。』との言葉のように、震により地が揺れ建ち残った家々もその影響を少なからず受けており、後々、困難に遇することも見て取れます。

このことからも、まだまだ地震の備えは物心共々忘れてはならない年となるでしょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事