天文熱再発中・・(+_+)

写真もいいけど、眼視にも注力したくて活動中です!

昼間の星の観測

先日来観望会や部分日食観測で使用しているSkyWatcherの自動導入経緯台AZ-GTiは、Wifiでスマホやタブレットで接続できますが、複数の機器から同時に接続する場合、それぞれの機器のアプリでの現在座標がずれる、という不具合が出ていました。その後、 ほしぞloveログ さんにコメントいただき、本体のファームアップを3.16にアップデートすることで無事に治りました。 今日は、透明度が良さそうなので、その動作確認と6cmで昼間の星の観測です。 今回は、電車での機材運びを考慮し、カメラ三脚の雲台を外し、純正ピラーを直接付けて観測してみました。鏡筒はFS60Qです。ちょっとこの三脚はひ弱でしたが、このまま水平を取って設置します。 太陽で1スターアライメントして、金星を導入します。ちなみに太陽は、昨すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

OnStepコントローラーのTMC...

2018/12/22(土) 午前 11:33

先日、ステップモータードライバーの入れ替え、Wifi化、モーター置換を実施しましたOnOnStep駆動のEM-10ですが、自動導入時のトルクを大きくするために、多少モーター電流値大き目に設定すると、恒星時駆動の際のノイズ音が大きくなってしまいました。 TMC2100系ドライバーには、トルクは出ないが超静音のStealthモードがありますので、恒星 ...すべて表示すべて表示

ウィルタネン彗星46P

2018/12/10(月) 午後 9:55

高度が上がって来たので早く撮りたかったのですが、冬型なのに東京地方はなかなか晴れず、ようやく昨日撮れました。 光害地の自宅前で、経緯台のAZ-GTiにFS60CBを載せ、自動導入して撮影、という手抜きぶりです。経緯台ですので、コンポジットすると画像回転しますが、ステライメージで修正しました。とりあえず、水平を合わせるだけで、簡単に写せることがわか ...すべて表示すべて表示

冬になったというのに、夜晴れなくなってきましたので、先日からのOnStepの工作ネタです。 ご存知の方も多いと思いますが、EM-10やEM-200のモーター置換には、以下の点で工夫が必要です。 1)モーターギアの軸径が4mm   →最近の多くのステッピングモーターの軸径が5mmです。純正ギアを使用するには、軸径4mmモーターを特 ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

シュレディンガー猫の天球儀探索

手段が目的になってしまった事案

先日の謎箱を開梱いたしました。まずその前に言い訳から。 1.当初の目的:トップリングを付けたかった。 SE150Nの改造を...

Amigoの趣味ページ

1/6部分日食撮影

1/6の部分日食は曇りがちでしたが 当日9時半前に雲が少し切れて何とか雲の間から撮影できました。 撮影時刻:2019/1/6 9:27 ...

Cosmos photographer Mr.JDIS

星降る銀河高原遠征(1/2-3)〜小鹿の丘

リハビリ遠征第三弾として、昨年末に引き続き私のホームグラウンドである小鹿の丘(こじかのおか)に遠征してきました 今回は、余裕をもって現地に16時半頃...

未登録です


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事