過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

さて、マラケシュを出た後、カサブランカに寄り、まりおままさんの住むラバトまで一気に北上です♪

イメージ 1
ラバトにはもしも出来上がっていたなら世界一であったろうと言われるハッサン塔があります。(世界遺産)
しかしながら建設中に王が亡くなり、(12世紀)
半分の高さまでで800年も放置されているものです。

イメージ 2
















礼拝堂の柱部分も建てかけのまま。
出来上がればどれほどの大きさになったことでしょうか?現在でも世界3位なんですって。
さらにこの史跡はリスボン大地震(1755)でも崩壊の目に遭います。

そして、この私、なんとこのハッサン塔も、あいにくの改装工事で外観すら拝めませんでした!
やっぱり、モロッコはもう一度訪れないといけないのねー。
右上、建設途中のハッサン塔の改築途中の画像(笑)

イメージ 3
イメージ 4




そしてフランスからの独立を成し遂げたムハマド5世の棺が置かれた霊廊があります。

モロッコにはイスラム教以外の人の出入りを禁じているところが多いですが
ここでは全く宗教の違う私たちでも拝観できます。
ですが突然戸が閉められることもあり!でした。
私が見終わった直後、突然拝観禁止となりました。

***************************************************************************************

私はこの旅でフェズを見たいだけではなく、ブロ友とも会ってみたくて、ラバト泊を考えました。
数多いモロッコへのツアーの中で、ラバトで宿泊するコースを見つけた時には小躍りしたものです。
その計画も遡ること10年ほど前のこと。これでやっと念願叶います♪

ブロ友と言っても正式にはブログというものができる以前に人気のあったヤフー掲示板のころからの話です。
「海外ワンコ情報」という掲示板グループで知り合った何カ国かのお知り合いの中で、
モロッコの首都、ラバトでお暮らしのまりおまま」さん
かれこれ12〜13年前からお付き合いとなります。

私が「竜まま」と名乗ったのもこの掲示板からです。
まりおままさんも「まりお君」と「ウィンダちゃん」の飼い主さんでした。
当時、竜が3歳くらいで、まりお君もそれくらい。
何のお話しをしていたのか、、、、とにかく2時間おきに覗いてみれば、
海外に住む誰かが必ずワンコ近況や相談ごとを入れてくれるというもので、
誰かのワンコが病気になれば一日中気になって、PCに貼り付いていたものでした。

ほぼ同じ時期にまりおままさんが亡くなったウィンダチャンの代わりに「フローラちゃん」、
私が「桃」を迎え入れました。
そしてほぼ同じ時期、まりお君も竜も虹の橋に行ってしまいました。

まりおままさんもブログを続けてらして、時々はお邪魔するという関係が続いています。

イメージ 5
まりおままさん、ご主人とフローラちゃんとで
ホテルまで迎えにくてくださいました。

初めてお会いしたとは思えないほど
自然に会話が出来ましたよ。

ハンサムご主人のムスターファさんはフランス語なのですが、何となくお話しが通じていたような、?、よね?

人見知りのフローラちゃんはどうかしら?
う〜〜〜ん可愛いね♪

とてもお洒落な通りでお喋りしながら夜のお散歩。
その近代的な通りでもモスクがあり、アーザンの合図とともに御祈りに集まる人が印象的でした。

橋を渡ったサレと言うところから美しい夜景を見せていただいたのも思い出です。

そしてラバトでのこの夜がモロッコでの最後の夜になりました。



この記事に

開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事