日本の危機 憲法解釈 平和と人権の乱用

曲がって行く良き日本の精神文化と伝統を救う為に

全体表示

[ リスト ]

けんか祭りの「合戦」廃止=高校生死亡、遺族の意向重視−伊万里トンテントン・佐賀
3月13日5時9分配信 時事通信
「日本三大けんか祭り」の一つとして知られる佐賀県伊万里市の「伊万里トンテントン祭り」で、メーンとなる合戦が廃止されることが決まった。2006年に男子高校生=当時(17)=が担いでいただんじりの下敷きになって死亡する事故があり、遺族の意向を重視した結果だ。祭りを主催する奉賛会の渋田正則会長は「長く続いた合戦をやめるのは大変な決断だったが、遺族の気持ちはよく分かる」としている。
約550キロのだんじりと約600キロの荒みこしを組んで押し倒す合戦は、勇壮なけんか祭りの象徴。しかし、毎年けが人が絶えず、死亡事故の翌年からは3年連続で中止されていた。
 

地元のアンケートより抜粋 1
昔からある祭りなので、どう言う祭りかは分っていたはず。提訴は納得出来ません。
私は出番町のある町に住んでいますが、合戦の場に出ても、自分の手に余ると思えば直ぐに後方に下がり、手慣れた先輩方に任せると共に、身の安全と合戦のスムーズな進行に気を払います。
それはどう言う祭りか危険を知っているからです。傍から見ても、危険なのは十分認識できる祭りの形式ですし、伝統もある祭りなので、たとえ部外者と言えども伊万里市民、飛び入りにしろ参加したという事はこの危険を分った上での自己決断だと思います。
提訴だけでも嫌な気持ちなのに、有○の変な人権団体とか・・・関係のない人が口を挟まないで欲しい!(多少、山本記念以外にも例の病院にけが人を廻して稼がせたら、案外引っ込むんじゃないですかね(笑)。まぁ冗談ですが)一年経ちましたし再開してもいいと思いますよ。トンテントンは祭りと言えど、ただの祭りじゃ無く神事ですから!私事ながら07年はトンテントンが無いので、何か締まりがない、ハッキリしない年でした。

アンケート抜粋 2
私(女性)は、現在は結婚して広島で暮らしていますが、伊万里で生まれ育ち、両親・姉夫婦は今も伊万里の商店街で商売をしています。 先日、おくんちの日に帰省した際去年の事故の話を聞き、くんちが自粛された事を非常に残念に思いました。
亡くなった方、大怪我を負われた方は大変お気の毒ですが、「命かけるぜ・・」と歌われる”トンテントン”の歌の歌詞にもあるように、ケンカ祭りであるトンテントンには危険を伴うことを参加する側の人間も重々承知するべきだと思います。
それゆえ担ぎ手参加者は保険加入等の対策をこうじているのです。高校生が飲酒して祭りに参加すること事体、参加者としての意識を疑います。しかも彼は出番町でも無かったと私は聞きました。お祭りは神事です、酒を飲んで馬鹿騒ぎをする場所ではありません。
安全対策としては、参加者に対して飲酒状態での参加を禁止し保険加入以外で誓約書を署名させるといった程度でいいのではないか?と思います。 (酒を勧められる場合も多いので、担ぎ手は硬く守ってほしいですが。)これまでも、祭りで死傷者が出ても裁判を起こすほどの、おおごとにならなかったのは祭りの特性を参加者も理解していたからだと思うのです。
あと、年回りの出番町制については少子高齢化のなか人数を確保するのは大変だと思いますが、これもまた長年の祭りの重要な伝統なので、全く無くしてしまうのは忍びない気持ちがします。神輿の担ぎ手となる若い人達は、伊万里の人間で祭りの趣旨を理解できる人物を公募する形をとってみてもいいのではないでしょうか?

主観
当番町の担ぎ手でない(担ぎ手は保険に加入)高校生が酒に酔ったまま(ビール大瓶2本程度)で飛び入りして事故を起こした。
事故前に父親と話を交わしているので保護者は危険回避の責任を遺棄したのと同じであると思う。
もともと昭和の中頃から当番の飲酒は禁止されていた。又当番町以外の飛び入りも禁止されたいた。
人権団体と弁護士が関わり4.500万円の損害賠償を引き換えのような形で廃止賛否の町民討議(アンケート投票が行われた)

事故を伴う危険なスポーツも存在するが管理が万全であれば過失致死となる事は少ない。体調管理、規則遵守等、本人の責任が第一に問われるのが当然である。
本件が正当な廃止の根拠に叶うなら祭りどころかホッケーやレスリング 柔道 空手 等の格闘技 モーターサイクルレース全て禁止になるはずだ。

人の死は尊いとは思うが世論やよそ者や人権団体と弁護士が絡んでまで100年も続く伝統の祭りを廃止に追い込むのは何か裏があるのだろう。
過失責任のある保護者やその取り巻きが主催者に全面的に責任を転嫁し訴訟を起こす事自体が何かおかしい気がする。

またひとつ伝統文化の精神を担う神聖な祭りの火が消された。一度消した伝統文化を復活する事は困難だと思う。

世の中全体が殺伐として人権だとか管理責任だとか瑕疵を掘り起こし賠償を求める訴訟社会になってしまった悲しい現実だ。

閉じる コメント(21)

おはようございます。

昔、郷里の村でも暴れみこしというのがあって、不規則に担ぎ手の子供が好きなように暴れます。とはいえ、海に飛び込んだり、観客にぶつけたりはご法度ですが。。。
どのお祭りにもそれぞれ謂れがあり、決まりがあります。それを承知の上で参加します。外国のお祭りでも死者が出て世界中に報道されますが、それで提訴されたり、行事が中止になったりは聞きません。喧嘩祭りという以上かなり乱暴なお祭りですから参加者はそれを承知しているのでしょう、乱暴なものであれば、面白半分での参加は危険です。
何でも命大切という前に、自分に責任がなかったか、自分は騙されていたのか、行事の内容を知らなかったのか、まずは自分自身を反省して欲しいものです。そして、遺族は悲しみとお祭りを区別するべきです。

伝統行事がこうしたことで消えていくことは耐えられません。

傑作

2010/3/14(日) 午前 6:46 [ mana ]

顔アイコン

F1のサーキットへ飛び入りして死んだからと
F1開催を止めさせるような判断を下す。
あまりにも異常だ。

2010/3/14(日) 午後 9:24 [ ひぐらし ]

顔アイコン

単なる人権派の人は、自爆テロを繰り返す国に行ってすぐに辞めなさーーーい!!、と叫んできて欲しい。お祭りはお祭りだと思います。中止することは有り得ない話です。

2010/3/14(日) 午後 10:48 [ 琵琶湖研究室 ]

雄雄しい祭りに 事故はつきものですからね・・・

運が悪かったんですね。
祭りに参加しないという選択肢もあるのですから

傑作

2010/3/15(月) 午後 11:12 naomi_shararan

顔アイコン

があぁおパパさん
失われる地域の文化祭りは 郷土への愛情と誇りを育てます。
一つの事件が何百何千何万の計り知れない思いを奪ってしまいました。
親の責任とは何か本人責任とは何かを
1人の持つ責任の重さと命の尊さを考える機会です。
被害者は誰か本当に被害なのか?
私は身勝手な権利や人権を振り回す人間が残念でなりません。

2010/3/16(火) 午前 3:09 [ takachin ]

顔アイコン

manaさん
私の育った時代も祭りに参加できる事が大人の仲間入りでした。
法よりも地域の仕来たりが祭りを支配していました。
祭りの準備運営を通じて多くの若者が社会を学ぶ事ができました。
地域が一体化する大切な行事で男が持てる機会でした。
荒っぽく危険もあり安全管理も仕来たりの中に含まれていましたが
残念な事に破壊行為や運営妨害 事故はよくありました。
祭りの規制や廃止が今の日本の甘やかされた統制的教育を
象徴しているようですね。

2010/3/16(火) 午前 3:16 [ takachin ]

顔アイコン

しがないサラリーマンさん
全く同感です。参加者の志の中に死があっても
それは事故であり故意ではないのです。
他者の権利や意思まで侵害して奪う事は人権や命の尊重ではありません。

2010/3/16(火) 午前 3:19 [ takachin ]

顔アイコン

琵琶湖研究室さん
日常生活には危険がいっぱいあります。
利益や権利の手段と義務や不利益も相対します。
自己主張が行き過ぎれば他人の幸福を奪う結果となるのです。
100年間の歴史と地域の志を皆無にするのは異常です。

2010/3/16(火) 午前 3:22 [ takachin ]

顔アイコン

naomiさん
日本中がおかしくなりました。
棒倒しや騎馬戦も危険 マラソンも良くない
順位決めはおかしい。
腐った人権思想家に聞きたい、じゃあ何ができるの?
どうやって子供を育てるの?
参加したい競いたい人の権利は主張できないのだろうか?
それこそがエゴで社会や教育の破壊行為だと思います。

2010/3/16(火) 午前 3:25 [ takachin ]

おはようございます。

伝統行事を守らない人たちは地域社会に溶け込まない人たちです。地域社会に溶け込めば伝統行事の意義を知り、そこに参加することの意味を知り、共同体意識を持ちます。
戦後の個人主義教育の弊害が伝統を壊しますが、これは文化の破壊以外の何ものでもありません。恐ろしいことです。

2010/3/16(火) 午前 6:42 [ mana ]

文化の破壊ですね。

スペインの闘牛とか世界にもいろいろありますね。

交通事故が多いから車は廃止しょうと言うのに似ている。

2010/3/18(木) 午前 10:39 isanagiwakahito

顔アイコン

若人さん
危険危険と言えばなにも出来ません。
学校から棒倒し騎馬戦も消えました。
近い日に日本から勇壮な祭りは全て消えるでしょう。

2010/3/23(火) 午前 6:09 [ takachin ]

顔アイコン

廃止は当然ですね。

2010/9/7(火) 午前 3:21 [ なので ]

顔アイコン

親が馬鹿だから子も類似馬鹿に育つんだナ
高校生ごときが飲酒して、けんか祭りに 参加できんよ
伊万里市も もっと毅然とした態度をとって欲しかったな

2010/10/15(金) 午後 9:55 [ ムスタング ]

顔アイコン

飲酒は合戦の前にテンションを上げるためのものじゃなかったっけ

2012/10/15(月) 午前 10:55 [ dsds8 ]

合戦の廃止は伊万里市民にとっては信じられない事だった。
自分も小さい頃から太鼓の音を聞いては外に駆け出してましたし。
合戦を見てはいつか僕も…
って思ってました。
まぁ今ではその夢は叶わなくなりましたけどね…

2013/10/14(月) 午後 4:30 [ fate.socome ]

俺ら、伊万里っ子はトンテントンの重要さ危険さを、幼少の頃から大人たちから教わってきた。
亡くなった高校生の親も、同じ世代と思うけど、そういうのをきちんと教えなかったんだろうなと思うけども、現場の大人も教えてなかったのかなとも思う。
こういう言葉で言いたく無いけど、ヤ⚫︎ザのおっちゃんが、睨みきかせて厳しく言ってくれてたから、無茶はしなかったのも事実。
だから、どこも責めたくはないけども、トンテントンって太鼓が鳴って、ガチ合戦が見れないのは悲しかったですね。

2014/4/10(木) 午後 11:42 [ fdj*o ]

顔アイコン

今はカタチだけ合戦をするようになったみたいですが、所詮カタチだけ。
けんか祭りでもなければ合戦でもない。
何回も安全を確認しリハーサルをし、、、
見ていてともてつまらないし、もちろん盛り上がりにもかけます。

そして上記の記事は間違いです。
廃止を強く希望したのは彼の保護者ではなく関係のない某病院の女性の方だとか。
保護者の方は息子のいたらぬ行動のせいで祭りがなくなるのは申し訳と祭りの続行を希望してました。

この様な誤解のせいで毎年祭りの時期は気が重く市民の方に顔向けできないそうです。
息子が亡くなったのと同時に合戦までなくしてしまい辛い思いをされています。

すみません。
保護者の方が悪く思われるのが嫌で
この記事を見つけて見過ごせませんでした。

2016/9/30(金) 午後 5:05 [ ]

顔アイコン

正しい情報をありがとうございます。
某病院の女性の恣意と日本の文化伝統を嫌う偏った新聞メディアがハッキリとした問題点を伝えていない事で伝統行事、祭祀、祭りなどが廃止に追いやられています。岸和田のだんじり、博多山笠、諏訪の御柱、死傷者の出てしまう危険な祭りはありますが、地域の皆さんの心意気でよそ者の心無い誹謗中傷に負けぬよう大切に守って欲しいと思います。

2016/10/1(土) 午前 1:24 [ takachin ]

顔アイコン

また今年もやってきましたね。トンテントン。あ、初めまして。
伊万里で生まれて伊万里で育ち祭りは出番長関係ないながらも子どもの頃は毎年3日間遊び出歩くほどトンテントンが大好きな伊万里市民です。
学生の頃は廃止だのなんだのって問題になりとても悲しかったです。今では親になり、なくなられた保護者の方の気持ちも重々しくわかります。
カタチだけの合戦に昔が懐かしく、廃止の方向よりも、少しでも復興という面に向けて進んでいってくれればなと思うこの頃です。
遺族の方も気が少しでも休まりますように。

2017/10/27(金) 午後 7:05 [ チョーサンヤ ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事