日本の危機 憲法解釈 平和と人権の乱用

曲がって行く良き日本の精神文化と伝統を救う為に

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

比少女が国連報告者と面会 両親退去で人権問題調査

2010年3月27日 11時20分
 国連人権理事会のブスタマンテ特別報告者との面会で、両親と離れて暮らす悲しみを訴えるカルデロン・のり子さん=27日午前、東京都内のホテル
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2010032701000245.jpg
 
不法滞在の両親が昨年4月に強制退去処分となり、一人だけ在留特別許可を与えられた日本生まれのフィリピン人カルデロン・のり子さん(14)=埼玉県蕨市立中2年=が27日、移民問題の調査のために来日した国連人権理事会のブスタマンテ特別報告者と東京都内で面会した。
のり子さんは「両親と離れて暮らすのはつらいし悲しい。いつか家族3人で日本で暮らせるよう頑張るので応援してください」と日本語で訴えた。支援者の渡辺彰悟弁護士は、両親の強制退去の経緯を説明。「児童の権利条約を軽視している」と政府の対応を批判した。
面会には、のり子さんのほか強制退去処分を受けた4家族14人の在日外国人が出席。それぞれの現状を説明した。
ブスタマンテ氏は昨年2月、のり子さんと両親の処遇について、日本政府に文書で照会するなどの調査を開始。移民問題の特別報告者の来日は初めてで、のり子さんのケースを含む在日外国人の問題全般を調査し、国連人権理事会に報告する。
(共同)
内政や主権に関わる法規処置に干渉してくる人権団体と国連人権理事会の蠅やウジ虫ども日本をこれ以上食い物にするな!!
人権問題を大袈裟に捏造して国連に密告をして権威や利潤を得る人権擁護と言う隠れ蓑の左翼工作団体が日本には嫌と言うほどあるのです。
名誉や金には、ならないが旧共産圏、中東、アフリカ、アジア途上国で虐待される子供を先に救えよ
森の次は千葉のやらせか?入国管理法を掻き乱すお情け劇場はもう沢山だ!!

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事