ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。
2017年6月25日(日)21時12分

今朝テレビを観ていたら緊急地震速報が出てびっくりしました。
実は今回も又旅行中で、旅先のテレビで地震を知りました。
我が家はどうなっているのか?と思ったのですが震度1未満だったようです。
23日の真夜中に更新した時にハイネットを見て「長野県の地震が戻って来ています」と書いていました。
しかし、行徳高校の【四角い波形】とかレベルの高い針状波形でどちらかというとフィリピン海プレート北端・東端ラインの地震ではないか?と思っていたので、長野県南部と知った時は驚きました。
23日の更新の際にテレビの画像が酷く乱れたことや地震の前や最中に起こる独特の頭痛がかなり酷くなっているという事を書いていました。
実は昨日の夜もかなり頭痛が酷くと思っていました。
今は少し落ち着いていますが未だ薬を飲もうかな?と思う位の痛みです。

本日の長野県南部で発生した有感地震です。
--------------------------------------------------------------------------------------
25日20時52分頃 長野県南部 M2.4 震度1
25日20時51分頃 長野県南部 M2.2 震度1
25日17時59分頃 長野県南部 M2.6 震度1
25日15時26分頃 長野県南部 M2.0 震度1
25日15時20分頃 長野県南部 M2.2 震度1
25日15時17分頃 長野県南部 M4.7 震度4
25日14時04分頃 長野県南部 M2.7 震度2
25日13時54分頃 長野県南部 M2.6 震度1
25日11時36分頃 長野県南部 M2.4 震度1
25日11時17分頃 長野県南部 M2.8 震度1
25日09時48分頃 長野県南部 M3.6 震度3
25日09時41分頃 長野県南部 M2.6 震度1
25日09時36分頃 長野県南部 M2.0 震度1
25日09時32分頃 長野県南部 M2.6 震度2
25日09時24分頃 長野県南部 M4.4 震度4
25日08時48分頃 長野県南部 M2.3 震度1
25日08時43分頃 長野県南部 M3.0 震度2
25日08時35分頃 長野県南部 M2.2 震度1
25日08時26分頃 長野県南部 M1.7 震度1
25日08時25分頃 長野県南部 M2.9 震度2
25日08時20分頃 長野県南部 M2.4 震度1
25日08時11分頃 長野県南部 M2.1 震度1
25日07時58分頃 長野県南部 M1.8 震度1
25日07時48分頃 長野県南部 M1.7 震度1
25日07時31分頃 長野県南部 M2.2 震度1
25日07時19分頃 長野県南部 M2.8 震度2
25日07時09分頃 長野県南部 M2.3 震度1
25日07時02分頃 長野県南部 M5.7 震度5強
--------------------------------------------------------------------------------------
午後9時23分までに既に28回の震度1以上の有感地震が発生しました。
M5.7、M4.7、M4.4と3回のM4.0以上の地震。
震度5強が1回、震度4が2回、震度3が1回、震度2が5回、震度1が19回。
気象庁は揺れの強かった場所では今後1週間に最大震度5強程度の地震が起こる可能性があるということで注意を呼び掛けています。
酷い怪我をされた方はいなかったようですが、軽い怪我の方はいらしたようです。
雨が強く降ったところもありますし、地盤の緩んだ場所等は要警戒ですね。
長野県南部は過去の地震履歴を見てちょっと驚いたのですが、2004年の3月以降M4.0以上の地震は4回しか発生していないのですね。
長野県北部は西側の白馬や東側の栄村でM6台の大地震が発生していたので、南部もM5台以上の地震が起こっていると思い込んでいました。
この14年間ではM5.0以上の地震は本日が初めてでした。
6月20日に豊後水道でM5.0の地震はありました。
その時の最大震度も震度5強。
豊後水道、長野県南部と言えばやはり中央構造線が気になりますね。イメージ 1
震源にオレンジで印をつけてみたのですが中央構造線の真上という訳ではありませんがかなり近い場所です。
豊後水道のM5.0の前には熊本地震余震域も再び広がっていましたが、熊本地震余震域も中央構造線付近です。
本日のハイネット震源マップを見ると、この中央構造線付近に近いところで、ラインに沿って震源マークが並んでいます。
Hi-net震源マップ

イメージ 2

熊本地震余震域は継続的にマークがついていますが、この24時間は愛媛県か香川県の瀬戸内側、兵庫県、京都府、岐阜県、そして長野県南部とマークが西から東に並んでいます。
最初長野県南部M5.7の震源地を知った時は御岳山が近いため、御岳山の噴火活動野せいなのかな?と思いましたが、こうしてハイネットを見るとやはり中央構造線で地震活動が活発化しているのかな?と思います。
中央構造線の南側に当たる豊後水道や日向灘では極小から小規模のマークがこの24時間も多くついています。
中央構造線の一番東側の茨城県沖では数的にはそれ程極端に多くはありませんが、茨城県沖の北から南まで震源マークが並んで付いています。
やはり中央構造線なのでしょうか?
中央構造線付近は、長野県南部は勿論ですが、全ての場所で要警戒かも知れません。
※ここで一旦更新してみます。
 普通に正常に更新できました。
 更新時記事消滅は立派な地震の前兆現象です。
 記事が消滅すると大変ショックな上に、目立つ地震が起こるだろうとかなり
 心配になります。
 そんなことで今、普通に正常に更新できて本当にほっとします。

さて、異常値観測が続いている行徳高校ですが、本日又大きな異常値が出ていました。
先に6月22〜24日分を載せます。
行徳高校
イメージ 3
そして本日分
イメージ 4
700mvを超えて800mvに迫る値が出ています。
2〜4日後付近ですから6月27〜29日辺りも要注意ですね。
最近はまた夜間に動きが続いていたり、欠測が出ているようです。
場所ははっきりわかりませんが、各自注意して過ごすしかないですね。
6月23〜25日22時までに世界で発生したM4.5以上の地震です。
--------------------------------------------------------------------------------------
5.0Southeast of Easter Island2017-06-25 18:45:5010.0 km
4.766km SSE of Amukta Island, Alaska2017-06-25 17:47:05 36.2 km
4.594km S of Sarangani, Philippines2017-06-25 16:36:48150.6 km
4.713km NNW of Kasiguncu, Indonesia2017-06-25 15:30:2510.0 km
4.722km NNW of Iida, Japan2017-06-25 15:17:15 10.0 km
4.9Mid-Indian Ridge2017-06-25 12:02:0010.0 km
5.230km W of Ina, Japan2017-06-25 07:02:1610.0 km
4.811km SW of Fuerte, Philippines2017-06-25 05:37:0655.3 km
5.760km SE of Coracora, Peru2017-06-25 01:09:11 69.1 km
4.7144km SSW of Sibolga, Indonesia2017-06-25 00:34:0924.0 km
 --------------------------------------------------------------------------------------
5.2Mid-Indian Ridge2017-06-24 16:27:0710.0 km
4.5109km SSE of Isangel, Vanuatu2017-06-24 14:27:08123.3 km
5.630km NW of Dondo, Mozambique2017-06-24 11:37:18 24.4 km
4.7169km SSE of Punta de Burica, Panama2017-06-24 09:48:1410.0 km
5.0271km SSW of Vaini, Tonga2017-06-24 06:33:2660.5 km
5.1133km ESE of Lata, Solomon Islands2017-06-24 00:37:1572.4 km
 --------------------------------------------------------------------------------------
4.67km SW of Boroko, Indonesia2017-06-23 20:55:5753.5 km
5.011km SE of Pucon, Chile2017-06-23 19:00:51113.3 km
4.5171km SSE of Punta de Burica, Panama2017-06-23 13:02:53 10.0 km
4.535km SW of Puerto San Jose, Guatemala2017-06-23 12:08:13 47.7 km
4.9130km SE of Saparua, Indonesia2017-06-23 09:15:31 21.4 km
4.510km WSW of Otsuchi, Japan2017-06-23 08:59:00 41.0 km
5.0Kuril Islands2017-06-23 07:36:199.6 km
4.566km SW of Puerto Madero, Mexico2017-06-23 07:25:1610.0 km
4.9167km ESE of Hachijo-jima, Japan2017-06-23 07:04:35 35.4 km
4.9112km S of Hihifo, Tonga2017-06-23 02:14:36130.8 km
--------------------------------------------------------------------------------------
6月23日は全部で10回、内M5.0以上は2回。
6月24日は全部で6回、内M5.0以上は4回。
6月25日は22時13分間までに全部で10回、内M5.0以上は3回でした。
日本付近は本日の2回は長野県南部ですが、23日にも2回M4.5以上の地震が起きています。
M4.5Otsuchiは岩手県沖M4.4ですが、八丈島近海でもM4.9の地震が起きていました。
25日15時17分頃 長野県南部 M4.7 震度4
   (USGS 4.722km NNW of Iida, Japan2017-06-25 15:17:15 10.0 km)
25日07時02分頃 長野県南部 M5.7 震度5強
   (USGS 5.230km W of Ina, Japan2017-06-25 07:02:1610.0 km)
23日08時59分頃 岩手県沖 M4.4 震度3
  (USGS 4.510km WSW of Otsuchi, Japan2017-06-23 08:59:00 41.0 km)
4.9167km ESE of Hachijo-jima, Japan2017-06-23 07:04:35 35.4 km

ここ1週間では伊豆諸島・小笠原海溝付近ではUSGSで発表されたM4.5以上の地震はこの1回だけですが、行徳高校の【四角い波形】も頻繁に出ていますので、やはり気を付けなければならない区域ではあるようです。
アキラの地震予報で本日の時点で出されている地震発生合図のお知らせは以下の通りです。
アキラの地震予報
 父島圏内にM6.1クラスの地震発生合図が複数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
特に、父島から離れた地方の可能性が高いです。
2017.(06/25 1024発信)
鹿屋圏内にM6.1クラスの地震発生合図が複数出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/24 1032発信)
女満別圏内にM5.7クラスの地震発生合図が複数出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(06/24 1034発信。)
父島圏内にM6.7クラスの地震発生合図が複数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/22 1039発信)
柿岡圏内にM4.0M5.0の地震発生合図が単一出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、火山活動が含まれる可能性も有ります。
2017.(06/19 1115発信)

父島圏内がM6.7、M6.1の2つ出ています。
鹿屋圏内もM6.1ですし、日本付近でも中規模〜大規模地震はあってもおかしくはないのでしょうね。

キルナ天文台
イメージ 5
それ程激しくはありませんが22日に続いて本日も動きが出ています。
宇宙天気ニュースを見てみます。
宇宙天気ニュース


2017/ 6/17 12:55 高速太陽風が到来し、磁気圏の活動も強まっています。
2017/ 6/18 14:04 太陽風の速度は600km/秒に高まっています。
                 磁気圏も活動的です。
2017/ 6/19 11:48 高速の太陽風は続いていますが、速度は530km/秒に下がっています。
2017/ 6/20 13:59 高速太陽風は終わりかけています。
                 磁気圏も穏やかです。
2017/ 6/21 15:58 太陽風は低速の状態です。
                 磁気圏も静穏です。
2017/ 6/22 12:43 低速の太陽風が続いています。
                 太陽も穏やかです。
2017/ 6/23 12:28 太陽風は340km/秒と低速で、磁気圏も静穏です。
2017/ 6/24 13:27 太陽風は平均的な速度に上がっています。
                 磁気圏は穏やかです。
2017/ 6/25 09:20 太陽風は平均的な状態で、磁気圏の活動は少し高まっています。


高速太陽風が始まった6月17日から本日までの分です。
6月22日は宇宙天気ニュースでは低速太陽風という事ですが、キルナ天文台では小さく動きが出ていましたので、その10日後の7月2日は要注意の黄色に色分けしました。
その後2日間は宇宙天気ニュースでも磁気圏が穏やかとなっており、キルナ天文台のグラフも動きが殆ど無かったようです。
本日は磁気圏の活動が少し高まっているとあり、キルナ天文台にも動きが出ていますので、10日後の7月5日も要注意とします。
日本地震予知協会シャク暦6月・7月

久々にシャク暦にキルナ天文台の動きから推測した要警戒・厳重警戒期間を色分けしたものを見たのですが、今は要警戒・厳重警戒期間内だったのですね。
その中では25〜26日は要注意位の感じです。
特に注意しなければなら無さそうな厳重警戒期間は6月27〜29日の様です。
明後日というと本日行徳で出たレベルの高い異常値観測に対応する地震が起こるかも知れない日です。
色々考えると日本付近かも知れません。長野県南部では先に乗せた有感地震以降2回の有感地震が発生しています。
25日23時13分頃 長野県南部 M3.6 震度3
25日22時22分頃 長野県南部 M2.6 震度1
25日21時54分頃 長野県南部 M2.3 震度1
これで長野県南部の有感地震は本日31回となりました・

長野県南部以外の有感地震は2時5分頃の兵庫県南東部M3.1と21時49分頃の伊豆大島近海の2回のみです。
25日21時49分頃 伊豆大島近海 M2.6 震度1
25日02時05分頃 兵庫県南東部 M3.1 震度1

※気づかれたかもしれませんが、1回途中で更新してみて普通に正常に更新できた
 ためちょっと油断していました。
 今最後の更新をしたら、途中からの記事が消滅し、2枚の画像が記事の一番上に
 来ていました。
 ガックリです。
 この様な記事消滅などは、先に書いていますが立派な地震の前兆現象です。
 今現在長野県南部で余震と思われる有感地震が続いていますので、当たり前と
 言っては当たり前ですが。

記事が消滅したのですが、又酷く眠くなってきたので、後の部分は諦めて今夜はこれで終わります。
消滅した部分は眠くて思い出せもしません。
また明日にも更新します。
今夜はこれで終わりにします。

この記事に

2017年6月23日(金)0時58分

6月14日にM6.9の大地震が発生したばかりの中米グアタマラで又M6台後半の大地震が発生しました。
6.823kmSW of Puerto San Jose, Guatemala2017-06-22 21:31:0446.8 km

ここ30日間に世界で発生したM6.0以上の大地震です。
------------------------------------------------------------------------------------
6.95km NNE of San Pablo, Guatemala2017-06-14 16:29:0594.0 km
6.823km SW of Puerto San Jose, Guatemala2017-06-22 21:31:04 46.8 km
6.8200km NW of Attu Station, Alaska2017-06-03 07:24:47 8.2 km
6.628km WNW of Kasiguncu, Indonesia2017-05-29 23:35:21 12.0 km
6.34km S of Plomarion, Greece2017-06-12 21:28:38 10.4 km
6.1South of the Fiji Islands2017-06-18 07:26:02 518.2 km
6.0125km NE of L'Esperance Rock, New Zealand2017-06-15 09:26:1734.0 km
------------------------------------------------------------------------------------
30日間に世界で発生したM6.0以上の地震は7回。
それ程多くはありませんが少し前までよりもM6台後半の地震が増えている様な気なします。
グアテマラが2回、アラスカ、インドネシア、フィジー、ニュージーランドが環太平洋の西側出の発震。
あと1回はギリシャでした。
グアテマラでM6.8、M6.9が発生したことで、更に大きな規模の地震もあるのかな?と思います。

日本では20日の夜遅くに豊後水道でM5.1の地震がありましたが、22日は択捉島の南東沖でM5.1が発生しています。
気象庁発表はM5.1ですがUSGSではM5.4とやや規模が大きくなっています。
6月21〜22日に日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
------------------------------------------------------------------------------------
22日15時37分頃 福島県沖 M4.1 震度1
22日11時42分頃 択捉島南東沖 M5.1 震度1
22日06時01分頃 熊本県熊本地方 M2.1 震度1
22日04時49分頃 沖縄本島近海 M3.9 震度1
 ------------------------------------------------------------------------------------
21日17時13分頃 千葉県東方沖 M3.6 震度2
21日14時59分頃 茨城県北部 M3.3 震度1
21日13時06分頃 新潟県上越地方 M2.5 震度1
21日09時52分頃 福島県沖 M4.1 震度1
21日07時56分頃 沖縄本島近海 M3.1 震度1
21日07時31分頃 豊後水道 M3.5 震度1
21日05時05分頃 安芸灘 M3.2 震度1
------------------------------------------------------------------------------------
21日は全部で7回内M4.0以上は福島県沖M4.1の1回のみ。
22日は全部で4回しか有感地震がありませんが、内M4.0以上が2回で、その内の1回はM5.1でした。
21日の朝型に安芸灘、豊後水道と続いたので、伊予灘・豊後水道・日向灘など九州と四国の間や瀬戸内海、南西諸島等が地震活動が活発になっているのか?と思いました。
豊後水道M3.5のすぐ後には沖縄本島近海でM3.1が発生していますし。
22日未明にはその沖縄本島近海で再び有感地震があった上に久々に熊本地震余震域でも有感地震がありました。
行徳高校のMAX波形の異常値観測が4〜5日間続いていましたし、豊後水道のM5.1という規模もあって気になります。イメージ 1


Hi-net 震源マップ
2017年6月22日1時15分〜23日1時15分
九州地方拡大図
豊後水道から日向灘はかなり小さな地震が多く発生していますね。
熊本地震余震域も熊本県の南西部から北東部まで範囲が広がっています。
イメージ 2
天草地方や鹿児島県の北西部にもマークがついていますし、鹿児島湾、薩摩半島や沖、大隅諸島沖、トカラ列島近海にもマークがついています。

こちらは奄美大島から南側の南西諸島ですが、大きなマークが目立っている上に小さなマークも数が多くなっています。
昨晩見た時も同じように南西諸島ラインに震源マークが沢山付いていて、再びこのラインの地震活動が戻ってきていると思いました。
マークが九本土側から南西諸島と日向灘側から南西諸島へと2列に並んでいるのが印象的でした。

行徳高校では22日針状の激しい動きが3回出ていましたが、夕方からの動きは【四角い波形】がはっきりと出ていました。
行徳高校

イメージ 3
7〜9時、10〜11時の針状で山形の波形はレベルが少し高く、所々かなり短い時間に針が激しく振れているのは、関東地方の陸上部での地震前に見られた波形とよく似ています。
13〜14時のところはレベルは7〜9時よりは低いものの、真っ直ぐ立ち上がっておりこれはフィリピン海プレート北端・東端ラインに関係のある場所での地震が心配です。
と思っていたら16時台にははっきりとした【四角い波形】が出ていました。
大きな赤い↓のところです。
小さいのですが、このようなはっきりとした【四角い波形】は思ったよりも規模が大きな地震となることもあるようです。
24〜26日付近、伊豆諸島・小笠原諸島付近、フィリピン海プレート北端ライン(関東地方陸上部、千葉県東方沖、茨城県沖等含む)、東端ラインでは目立つ規模の地震に要警戒です。
今晩は夜になってもレベルが下がりきらず所々小さな動きも出ていますので心配です。

先ほど録画したドラマを観ていたら、かなり激しく画像が乱れていました。
小さく揺れるような画像の乱れは度々報告していましたが、これ程乱れたのは久々の事です。
しかも、夜になって地震前や最中に起こる頭痛がかなり酷くなりました。
余程鎮痛剤を飲もうかと思っていたら、少し落ち着いてきたところです。
頭痛も度々報告してはいたものの、頭痛薬を飲むべきか迷う位の強さは久々です。

宇宙天気ニュースでは太陽風は低速という事ですがキルナ天文台では動きが出ていました。
キルナ天文台

イメージ 4
日本地震予知協会シャク暦6月・7月
イメージ 5

いつの間にかキルナ天文台の動きから推測した要警戒・厳重警戒期間を書き加えるのが7月に入ってしまいました。
東日本大震災以降地震活動が活発になっており、少し落ち着いてきたのかと思うと熊本地震や鳥取県中部地震、福島県沖、茨城県北部等被害が出るような大きな地震も起こりました。
そのため、ちょっとした異常値が出るとヒヤヒヤしてしまう日も多いせいもあるのか、日本や世界の情勢も甚だ不安定なこともあってか、やたらに月日の経つのが早い気がします。
年が明けたと思ったら7月がもう目の前、2017年も半分が過ぎようとしています。
きな臭いニュースや番組ばかりで、テレビを観るのも嫌になるここ数年。
2017年の半分が過ぎたところで、急に明るい世の中に戻ることはできないのでしょうか?
地震に関してはどうもそう甘くは無さそうですが・・・

2017年6月22日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
------------------------------------------------------------------------------------
5.2191kmSW of Kuripan, Indonesia2017-06-22 23:38:47 16.3 km
6.823kmSW of Puerto San Jose, Guatemala2017-06-22 21:31:0446.8 km
4.8South of the Fiji Islands2017-06-2218:55:04 624.2 km
4.9South of the Fiji Islands2017-06-2216:04:15 532.7 km
4.927km WSW of Ashkasham, Afghanistan2017-06-2213:10:43 194.0 km
5.4145kmE of Kuril'sk, Russia2017-06-22 11:41:55 68.1 km
4.7125km ESE of Yigo Village, Guam2017-06-2208:15:03 10.0 km
5.364kmW of Kirakira, Solomon Islands2017-06-22 05:53:20 35.0 km
4.528km ESE of Hawaiian Ocean View, Hawaii2017-06-2205:09:06 38.1 km
4.758km WNW of Murghob, Tajikistan2017-06-2204:41:09123.3 km
5.027kmNNW of Semisopochnoi Island, Alaska2017-06-22 04:20:27160.0 km
4.6133km SW of Sigave, Wallis and Futuna2017-06-2201:45:00 418.1 km
4.540km WSW of Ashkasham, Afghanistan2017-06-2200:00:19 89.9 km
------------------------------------------------------------------------------------
全部で13回、内M5.0以上は5回、その内の1回がM6.8の大規模地震でした。
21日は全部で7回でしたから、22日は急激にM4.5以上の地震が増えたのですね。
というか20日も14回だったので21日は一休み状態だったようです。
ちょっと気になるのがグアムです。
5月26日M4.9、6月3日M4.6とM4.5以上の地震がありましたが、この1週間で3回のM4.5越えの地震が発生しています。
4.7125km ESE of Yigo Village, Guam2017-06-22 08:15:03 10.0 km
4.9277km SW of Merizo Village, Guam2017-06-21 22:16:4010.0 km
4.673km SSW of Merizo Village, Guam2017-06-19 19:32:30 10.0 km

日本からはやや離れてはいますが同じフィリピン海プレート東端ラインという事もあります。
ここ1週間はありませんが日本とグアムの昼間にある北マリアナ諸島等でも5月26日M4.7、31日M5.4、6月9日M5.6が発生していました。g
西端の特に南部と比べると少ないのですが、フィリピン海プレート東端ライン全体でえ地震活動が活発になる時期もあるようです。
グアムや北マリアナ諸島で地震活動が活発になれば伊豆・小笠原海溝付近も例外ではなくなるのではないかと思っています。

福島県沖で2日連続M4.1が発生しましたが、23日はどうでしょうか?
ハイネット震源マップの全国です。
イメージ 6

イメージ 7
福島県沖の震源マークが少し増えているのかマークが密集しています。
関東地方から福島県付近拡大図

茨城県北部から福島県南部野群発地震震源域は狭いものの発生数は少なくはありません。
茨城県の沿岸部から沖にかけてと茨城県南部の西側にマークがかたまって付いています。

房総半島の陸上部も南方沖や伊豆諸島もマークが小さいながら数は結構多いですね。
行徳高校の異常値観測もありますので、関東から東北地方は陸上部、太平洋沖等またまたですが暫くは注意しなければと思います。

長野県の地震も戻って来ています。

一度だけ更新をしてみたら普通に正常に更新できました。
頭痛は未だあり、未だ薬を飲むべきか迷い中です。
ちょっと用事があって忙しいので数日更新できないと思いますが、その間に何事も無いと良いなと思います。


この記事に

2017年6月20日(火)23時56分

有感地震が1回も無いまま20日が過ぎるのかと思った午後11時27分頃豊後水道で最大震度5強と揺れの強い地震が発生しました。

20日23時27分頃 豊後水道 M5.0 震度5強
    (USGS 5.214km SE of Saiki, Japan2017-06-20 23:27:41 51.2 km)

18日の更新時に記事が消滅しました。
更新時記事消滅は立派な地震の前兆現象ですといつも書いていますが、今回もやはり前兆現象だったのだと思います。
行徳高校では6月13〜17日までMAX波形で異常値が続いて発生していました。
熊本地震の前はこのMAX波形の異常値は観測点が千葉県香取という事もあって、関東や東北、北海道、伊豆諸島・小笠原諸島等東日本での地震の前兆を捉えていると思っていたのですが、熊本地震の前にMAX波形でかなり長い間異常値観測があったことから、もしかしたら継続してMAX波形に異常値が出るのはむしろ九州化や南西諸島など西の方の地震の前兆だったのか?と思いなおしました。
しかし、MAX波形で異常値観測があっても対応する地震が特定できないことも多くあり、纏めて大きな地震の前兆か?と考えていたので、先ほどのM5.0の発生は少々驚いた次第です。
M5.0と大規模地震には至らなかったものの最大震度5強はかなり揺れの強い地震というのが特に驚きでした。
地震は規模よりも揺れが問題です。
規模が大きくても揺れが小さければ何の問題もありませんが、規模の如何に拘わらず揺れが大きいと被害が出ることもあります。
今回は震度5強という事で被害の方も心配です。

本日は有感地震は豊後水道M5.0(M5.2)の1回のみでしたが、実は南西諸島でM4.8の中規模地震も起こっていました。
そしてまた何故かフィジーM4.5の次に起きたのが奄美大島と沖縄本島の昼間の東方沖付近のM4.8でした。
4.8163km E of Nago, Japan2017-06-20 05:32:26 10.0 km

最近フィジーの中規模の次に世界で発生したM4.5以上の地震が日本付近のパターンが 多くなっている気がします。
6月19〜20日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
-------------------------------------------------------------------------------------
5.214kmSE of Saiki, Japan2017-06-20 23:27:41 51.2 km
5.174kmNNW of Visokoi Island, South Georgia and the South Sandwich Islands2017-06-2022:02:29 85.8 km
5.349kmN of Visokoi Island, South Georgia and the South Sandwich Islands2017-06-2021:54:36 60.6 km
4.786km WSW of Panguna, Papua New Guinea2017-06-2021:40:1455.5 km
5.0225kmNNW of Saumlaki, Indonesia2017-06-20 20:41:24143.0 km
4.7South of the Fiji Islands2017-06-2018:01:48535.2 km
4.772km W of San Antonio de los Cobres,Argentina2017-06-20 07:45:45 174.4 km
4.6Owen Fracture Zone region2017-06-2005:52:28 10.0 km
4.559km SSW of Sola, Vanuatu2017-06-2005:39:23 175.8 km
4.8163km E of Nago, Japan2017-06-2005:32:26 10.0 km
4.556km SSW of Ndoi Island, Fiji2017-06-2004:50:37 575.1 km
-------------------------------------------------------------------------------------
5.0110kmS of Putre, Chile2017-06-19 23:55:50117.7 km
4.582km NNE of Hihifo, Tonga2017-06-1922:51:54 24.8 km
4.673km SSW of Merizo Village,Guam2017-06-19 19:32:3010.0 km
5.8139kmWNW of Havelu, Tonga2017-06-19 18:15:43 263.5 km
4.994km NNE of Hihifo, Tonga2017-06-1916:13:08 10.0 km
4.517km N of Kyllini, Greece2017-06-1913:55:3710.0 km
4.790km NNW of Sampungu,Indonesia2017-06-19 13:39:08570.9 km
4.6142km NNW of Barranca, Peru2017-06-1913:16:34 105.0 km
4.684km W of Masachapa, Nicaragua2017-06-1912:14:17 35.0 km
4.6North Indian Ocean2017-06-1911:52:0814.6 km
4.5289km NW of Longyearbyen, Svalbard andJan Mayen2017-06-19 11:19:33 10.0 km
4.63km W of Thoubal, India2017-06-1907:35:4622.1 km
4.518km E of Ishikawa, Japan2017-06-1905:51:32 36.1 km
4.7South of the Fiji Islands2017-06-1904:06:37536.3 km
5.1113kmSSE of Raoul Island, New Zealand2017-06-19 03:47:15 10.0 km
5.2256kmE of Amahai, Indonesia2017-06-19 01:17:2512.3 km
---------------------------------------------------------------------------
19日は全部で16回と久々に発生回数が15回を超えていました。
内M5.0以上は4回と割合的にはそれ程多くはありません。
3時台までに2回M5台があったものの、その後夕方まではM4台ばかりで、18時台と23時台いM5台が発生するまでは静かに推移していました。
そして20日になってから、午後8時台まで20時間程はまたM4台ばかり続いました。
静謐化の後は活発化という事で、20時41分後は続けてM5台が4回続き、一番最後が豊後水道でした。
20日は全部で11回、M5台は内4回です。
昨日よりはM5台の発生した割合が高くなっています。
これからもM5台葉が続くかどうかは未だわかりませんが、M5台が多く発生すれば一段規模の大きな地震が起こる確率が高くなります。
これで終わりであって欲しいと思います。

行徳高校では18日にAVGで700mvに達するレベルの高い異常値が出ていました。
行徳高校
異常値に対応する地震があるとすれば2〜4日後付近ですが、2日後に発生することが多い様なので、20日にはどこかで中規模以上の地震が起こるかも知れないとは思っていました。
しかし、どちらかというと東日本や伊豆諸島・小笠原諸島付近ではないか?と思っていました。
※ここで一旦更新してみました。
 普通に正常に更新できました(未だ記事が短かったせいもあると思いますが)
 取り敢えずホッとします。
先ほどの豊後水道の地震の前兆は13〜17日のMAXの異常値観測だったとすれば、18日のAVG波形の高いレベルの異常値観測に対応する地震が未だこの先起こる可能性もあります。
全ては数日間経ってからしか、前兆を捉えていた波形がどれだったのかはわかりません。
20日の行徳高校のグラフです。
イメージ 2
13から15時までのAVG波形がかなり激しいですね。
対応する地震があるとすれば22〜24日付近です。
波形の形から関東地方の内陸部かな?と思いましたがどうでしょうか?
起こらないこともありますが、取り敢えず注意しておきましょう。

今酷い睡魔が急に起こって来ました。
その前には地震時独特の頭痛が一旦終わったはずが又始まっています。

アキラの地震予報では最近次々とM6台の地震発生合図が出ていましたが、20日に整理されて発表になっています。

父島圏内にM5.0M6.8の地震発生合図が再三大変沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/19 1117発信)
女満別圏内にM6.2クラスの地震発生合図が単一出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(06/19 1116発信。)
柿岡圏内にM4.0M5.0の地震発生合図が単一出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、火山活動が含まれる可能性も有ります。
2017.(06/19 1115発信)
鹿屋圏内にM6.0クラスの地震発生合図が単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/16 1110発信)
柿岡圏内にM4.0M6.0の地震発生合図が単一出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、火山活動が含まれる可能性も有ります。
2017.(06/15 1053発信)
女満別圏内にM6.2クラスの地震発生合図が単一出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(06/15 1052発信。)

女満別と柿岡は2回、鹿屋、父島の圏内は1回ずつに整理されています。
豊後水道M5.0(M5.2)は揺れが大きかったのですが規模は中規模です。
九州から北海道までどこでもM6台までの地震の可能性があるのですね。

かなりの睡魔をだましだまし更新を続けています。
もう限界に近いので最後にHi-net震源マップを乗せて今夜は終わりにします。
Hi-net震源マップ

豊後水道と沖縄本島近海のやや大きなマークが目立っています。
その他で気になるのは房総半島南方沖です。
極小さなマークが幾つもついています。
日本全体としてはマークの数が少なくなっていますが、そんな時に限って岩手県や秋田県等北部東北地方にマークの数が多くなっています。

今夜は豊後水道で中規模ながら5強の強い揺れを観測した地震がありましたので更新しました。
流石にもう限界の限界。
これで終わります。
また、明日21日に何かありましたら更新します。


この記事に

2017年6月19日(月)15時33分

福島県中通りで有感地震が連発しました。
本日午後3時30分までに日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
-------------------------------------------------------------------------------------
19日12時40分頃 福島県中通り M3.0 震度1
19日11時56分頃 福島県中通り M2.9 震度1
19日07時23分頃 福島県中通り M2.7 震度1

19日05時51分頃福島県中通り M4.4震度3

   4.518km E of Ishikawa, Japan2017-06-19 05:51:3236.1 km
19日01時23分頃 栃木県南部 M3.9 震度3

-------------------------------------------------------------------------------------

福島県中通りでは明け方の5時51分頃M4.4(USGS M4.5)震度3の中規模地震が発生しました。
その後M2〜3の小規模な有感地震が続いて起こっています。
昨日の更新では宮城県沖、岩手県沖、茨城県北部と続いて有感地震があったため、本日にも福島県沖や茨城県南部で同程度以上の地震が起こるかも知れないとかいていましたが、実際に有感地震が起きたのは福島県沖ではなく福島県中通りでした。
茨城県沖、福島県沖、宮城家沖、岩手県沖、三陸沖では地震の発生があると別の場所でも次々と同程度の地震が発生する傾向にあります。
また、茨城県沖、茨城県北部・南部なども連動する傾向にあります。
そして福島県の場合は、中通り、浜通り、沖が連動する傾向にありますが、福島県沖が先の場合は岩手県・宮城県の沖等別の県の沖の方で発生することが多く、中通り、浜通りが先だと福島県内と沖で連動することが多いという印象を、私は持っています。
という事はこの先は福島県沖でM3〜4やそれ以上の地震が発生する可能性が高いのかな?とふと感じました。
行徳高校では本日もAVG波形で大きく動きが出ています。
行徳高校
イメージ 1
こちらは18日〜19日千葉県香取観測点グラフ。
18日まではMAX波形にも高いレベルの異常値が続いていましたが、午後6時頃からは平常に戻っています。
MAX波形に異常値が出ていた16日辺りからはAVG波形も高いレベルの異常値が出始め、昨日18日には600mvを超え700mvまで出ていました。
本日は既に福島県中通りでM4.4の中規模地震が起きていますが、山形波形の山がいつくかあるため、この後ももしかしたら中規模地震の発生があるかも知れません。
18日は更に高い異常値のため明日20日〜22付近は中規模以上の地震があるのかな?と思っています。
本日15時までのグラフです。
イメージ 2
本日は午前中に600mvを少し超えており、ギザギザというよりは針状の山形波形となっています。
14時台かが再び上昇している様なのでこれからどのような値が出るのかが気になっています。
本日の激しい動きに対応する地震は23〜25日付近で発生するのではないでしょうか?
これから1週間近くは注意しなければと思います。
宇宙天気ニュース

2017/ 6/10 10:27 太陽風の速度は300km/秒に下がっています。

2017/ 6/11 10:37 太陽風はかなり低速です。太陽は無黒点が続いています

2017/ 6/12 12:31 太陽風の速度はやや高速に高まっています。6/22要注意

2017/ 6/13 12:31 太陽風の速度は500km/秒台に高まっています。6/23要注意
2017/ 6/14 12:31 500km/秒の高速太陽風が続いています。
                 太陽の東端に黒点が現れています。6/24要注意
2017/ 6/15 13:27 太陽風の速度は一旦下がっていますが、再び高まりそうです。
2017/ 6/16 12:15 太陽風は平均的な速度ですが、次の高速風が近づいているようです。
2017/ 6/17 12:55 高速太陽風が到来し、磁気圏の活動も強まっています。6/27要注意
2017/ 6/18 14:04 太陽風の速度は600km/秒に高まっています。
           磁気圏も活動的です。6/28要注意
2017/ 6/19 11:48 高速の太陽風は続いていますが、
         速度は530km/秒に下がっています。6/29要注意

宇宙天気ニュースによると12〜14日、17〜19日が高速太陽風となっており、その10日後の6月22〜24日、27〜29日は厳重警戒きかんです。
間の25〜26日が一旦高速太陽風は終わったもののすぐまた次の高速太陽風到来という事になったので要警戒としています。
キルナ天文台では17日からの高速太陽風到来で磁気圏が活発になったのがよくわかります。

キルナ天文台

イメージ 3
本日はそれ程の動きではありませんが、17〜18日は久々に激しく動きが出ています。
日本地震予知協会シャク暦6月
イメージ 4
本日は6月5個目の彗星近日点です。
22日、24日にも彗星近日点があり、その特異日期間や新月、月の最接近日ナドノトリガーと合わせて22日からはトリガーが3〜5個も重なったビックトリガーの日が続きます。
キルナ天文台の動きから推測した要警戒・厳重警戒期間が重なっていますし、行徳高校の異常値もあって22日以降は多分激しい気象・地象となるのではないでしょうか?
行徳高校のグラフからは既に中規模以上の地震はいつ起こってもおかしくない気がします。
6月19日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
---------------------------------------------------------------------------------
4.517km N of Kyllini, Greece2017-06-19 13:55:37 10.0 km
4.790km NNW of Sampungu, Indonesia2017-06-19 13:39:08 570.9 km
4.6142km NNW of Barranca, Peru2017-06-19 13:16:34 105.0 km
4.684km W of Masachapa, Nicaragua2017-06-19 12:14:17 35.0 km
4.6North Indian Ocean2017-06-19 11:52:0814.6 km
4.5289km NW of Longyearbyen, Svalbard and Jan Mayen2017-06-19 11:19:3310.0 km
4.63km W of Thoubal, India2017-06-19 07:35:46 22.1 km
4.518km E of Ishikawa, Japan2017-06-19 05:51:3236.1 km
4.7South of the Fiji Islands2017-06-19 04:06:37 536.3 km
5.1113km SSE of Raoul Island, New Zealand2017-06-19 03:47:1510.0 km
5.2256km E of Amahai, Indonesia2017-06-19 01:17:25 12.3 km
--------------------------------------------------------------------------
本日は最初2回M5台が発生した後は全てM4台です。
未だM5台が発生しなくなってから10時間ほどのため、すぐに又M5台が多くなって来るかどうかはわかりませんが、その内M5台が多くなって来るでしょう。
その時は日本付近も要注意です。
15時までに既に11回のM4.5以上が発生しており、内2回がM5台です。
朝以降は環太平洋の東側やその他の区域での発震が殆どで環太平洋の西側の地震活動は一休み中と言った感じです。
本日もフィジーの後に日本付近で中規模地震が起きていますね。
震源の深さが全く違うので関係ないとは思うのですが、最近フィジーの次は日本というパターンが多くなっています。
何なのでしょうね?

福島県中通りで有感地震が連発したためいつもよりもかなり早い時間に更新しました。
本日中に何かありましたら追記します。

この記事に

2017年6月18日(日)14時15分

本日はフィジーでM6.1の地震が発生しました。
気がつかなかったのですが先日グアテマラでM6.9の大地震があったのが6月14日。
その日からM6台以上の地震は起きていないと思っていたのですが、6月15にちにはニュージーランドでもM6.0の地震が発生しています。
ここ30日間に世界で発生したM4.5以上の地震です。
6.1Southof the Fiji Islands2017-06-18 07:26:02 518.2 km
6.0125kmNE of L'Esperance Rock, New Zealand2017-06-15 09:26:1734.0 km
6.95kmNNE of San Pablo, Guatemala2017-06-14 16:29:0594.0 km
6.34kmS of Plomarion, Greece2017-06-12 21:28:38 10.4 km
6.0BallenyIslands region2017-06-04 04:17:3310.0 km
6.8200kmNW of Attu Station, Alaska2017-06-03 07:24:478.2 km
6.628kmWNW of Kasiguncu, Indonesia2017-05-29 23:35:21 12.0 km
6.024kmS of Alburquerque, Philippines2017-05-20 10:06:14 533.0 km


気になるのが本日のフィジーです。
バヌアツの法則とかよくネットで見られますが、私はバヌアツよりもフィジーでの地震が日本付近の地震に関係があるのではないか?と思っています。
この30日間に起きた日本付近とフィジー付近のM4.5以上の地震です。
4.8273km WNW of Chichi-shima, Japan2017-06-17 04:05:58 501.8 km
4.991kmN of Lautoka, Fiji2017-06-17 02:03:48 10.0 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.5257kmSE of Lambasa, Fiji2017-06-16 01:53:36542.2 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.6265kmWNW of Chichi-shima, Japan2017-06-13 23:31:57 435.1 km
4.8280kmSE of Lambasa, Fiji2017-06-13 20:48:43 576.8 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.585km SE of Kushiro, Japan2017-06-10 16:31:1122.0 km
4.787km NE of Miyako, Japan2017-06-10 04:34:14 26.5 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.612km NE of Omura,Japan2017-06-09 23:36:26 10.7 km
4.7Southof the Fiji Islands2017-06-09 06:54:06 524.4 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.916km SSE of Asahi, Japan2017-06-08 09:25:2938.2 km
4.7246kmSE of Lambasa, Fiji2017-06-08 06:07:45545.0 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.589kmSSE of Ndoi Island, Fiji2017-06-06 08:33:36 448.8 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.295km ENE of IwoJima, Japan2017-06-05 03:46:12 32.1 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.645km WNW of Yonakuni, Japan2017-06-04 22:24:46 10.0 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.627km ENE of Ohara, Japan2017-06-04 11:09:58 35.0 km
4.512km NE of Ohara,Japan2017-06-04 09:56:13 27.2 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.1106km ESE of Hirara, Japan2017-06-03 02:26:3132.5 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.5175km SSE of Hachijo-jima, Japan2017-06-02 19:15:59 116.4 km
4.6108km SE of Hachijo-jima, Japan2017-06-02 09:55:2164.3 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.5171km SE of Ishigaki, Japan2017-06-01 22:50:0523.5 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.0164kmSSW of Nadi, Fiji2017-05-31 04:59:57 36.9 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.5233kmESE of Lambasa, Fiji2017-05-30 17:02:13 554.7 km
5.0104km ESE ofHirara, Japan2017-05-30 15:20:15 10.0 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.679kmS of Ndoi Island, Fiji2017-05-29 09:02:39554.6 km
4.52km E of Shiki,Japan2017-05-28 15:18:21 125.4 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.953km NNW of Obama, Japan2017-05-27 22:50:04 10.0 km
4.63km SE of Iiyama,Japan2017-05-27 20:59:401.6 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.042kmS of Ndoi Island, Fiji2017-05-26 15:27:30 561.8 km
4.642km SE of Shizunai, Japan2017-05-26 02:33:23 66.3 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.536km NE of Hitoyoshi, Japan2017-05-24 23:35:00 126.4 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.638km ENE of Nishinoomote, Japan2017-05-23 23:16:5421.2 km
4.55km E of Ryugasaki, Japan2017-05-23 18:23:15 69.6 km
4.6Southof the Fiji Islands2017-05-23 18:05:57 547.6 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.6Southof the Fiji Islands2017-05-22 13:41:16530.3 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.9144km ENE ofMiyako, Japan2017-05-20 23:40:48 20.3 km
4.9142km ENE ofMiyako, Japan2017-05-20 20:26:28 10.3 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
フィジーと日本は同じ日か1〜2日違いで中規模地震が起こっているように見えます。
特に気になるのが13日と16日、17日の小笠原諸島西方沖とフィジーです。
4.8273km WNW of Chichi-shima, Japan2017-06-17 04:05:58 501.8 km
4.991kmN of Lautoka, Fiji2017-06-17 02:03:48 10.0 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.5257kmSE of Lambasa, Fiji2017-06-16 01:53:36542.2 km
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.6265kmWNW of Chichi-shima, Japan2017-06-13 23:31:57 435.1 km
4.8280kmSE of Lambasa, Fiji2017-06-13 20:48:43 576.8 km
フィジーも小笠原諸島西方沖は同じように数百キロという大変深い震源の地震が多いのですが、何故か極稀にフィジーでも浅い震源の地震があり、昨日のM4.9は10Kmという浅い震源でした。
同じ日だったので「あれっ?」と思ったのですが前日に小笠原諸島西方沖501.8Kmと同じ500Km台の542.2Kmの深さの地震がフィジーで発生しています。
13日の方は小笠原が435.1Km、フィジーが576.8Kmとやや深さが違うものの大変深い震源というのは違いません。
フィジーで中規模以上の地震が起こると、日本海から若狭湾、伊勢湾・三河湾を通って小笠原諸島西方沖まで達する帯状の区域で継続的に繰り返し発生している地震が多くなるようです。
Hi-net 震源マップイメージ 1
6月17日20時45分〜18日20時45分
中部地方拡大図
このマップでは伊勢湾沖や伊豆半島の南方はるか沖に青いマークがついていますが、丁度ここを通る帯状の区域です。
有感地震で無いとな。かなか気づかないのですが、日本海から太平洋まで日本を分断するような帯状の区域では大変深い震源での地震が連日のように発生しています。
しかも割りあい規模が大きいものが多いのです
そしてその最も大きな地震だったのが、最近では2015年の5月30日に発生したM8.1の巨大地震でした。
フィジーでその前に大地震があったかと言えば2015年の4月18日にM6.5が起こっています。
しかし1か月半くらい前の事ですし、規模がM6.5とM8.1では約251倍(簡単に計算したので正確かどうかは不明ですが)です。
結構フィジーと日本付近の深い震源の地震については関係を指摘されている方もいるようで、はっきりとしたことはわからないのですが、フィジーで中規模以上の地震が起きた時には、ハイネットの震源マップに上のマークの様な青いマークがいつもよりも増えているように感じています。
今回は2回続けて同じ日又は1日違いで小笠原諸島西方沖に中規模地震が発生したことから、何だかわかりませんが急にザワザワとした感じで気になっています。
折しも、アキラの地震予報では又父島圏内に〜M7.0の地震発生合図のお知らせが出ました。
そんなこともあって小笠原諸島西方沖をはじめ、継続的に大変深い震源で繰り返し中規模以上の地震が発生している「日本海から若狭湾、伊勢湾・三河湾を通り小笠原諸島西方沖に達する帯状の区域」の特に太平洋側で規模の大きな地震が起こるのかな?と漠然と考えました。
アキラの地震予報
父島圏内にM5.0M7.0の地震発生合図が再び大変沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/18 1120発信)
父島圏内にM5.0M7.1の地震発生合図が大変沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/16 1114発信)
鹿屋圏内にM6.0クラスの地震発生合図が単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/16 1110発信)
柿岡圏内にM4.0M6.0の地震発生合図が単一出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、火山活動が含まれる可能性も有ります。
2017.(06/15 1053発信)
女満別圏内にM6.2クラスの地震発生合図が単一出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(06/15 1052発信。)
それにしてもこれだけ規模の大きな地震発生合図のお知らせが次々と出てくるのも珍しいですね。
本日はこれだけのお知らせが出ていますが、最近はあちらこちらのM6クラスの地震発生合図のお知らせが次々と出ていました。
この様に予測期間が重なって地震発生合図が出ると、予測された地震の発生する可能性が高くなるようです。
ハイネットを見ると伊予灘・豊後水道・日向灘から南西諸島も震源マークが沢山付いていました。
イメージ 2

こちらは全国のマップ。
茨城県辺りから東北地方のマークが数日前よりも多くなっています。
北海道はやや少なくなっています。
北部関西から長野県北部、糸静線ライン等にマークが連なっています。







イメージ 3

そしてかなり狭くなっていた熊本地震震源域がほんの少し東西に広がったような・・・。

何よりも一番マークが多くなっているのが九州の東西沖や南西諸島です。

いつの間にこんなにマークがついたのか?と思う位結構な数のマークがついています。
有感地震としては11時23分の奄美大島近海M3.0だけですが、マークが3個以上ついています。
そしてトカラ列島の沖も赤いマークが多く、一部は同じ震源で地震が多発しているのか赤い糸がやや黒っぽくなっています。
長崎県の沿岸部から天草地方など、薩摩半島付近、大隅諸島近海は極小〜小規模地震がかなり多く発生しているように見えます。
八重山諸島にも2つばかりマークがあります。
小笠原諸島西方沖が気になっていますが、九州から南西諸島のマークの多さを見ると
、九州から南西諸島も気になってしまいます。
行徳高校のMAX波形の異常値観測が13〜17日まで続きました。
熊本地震前をついつい思い出してしまいます。
そしてAVG波形の方も16日辺りからレベルが高くなっており、本日は700mvまで達しています。
行徳高校
6月16〜17日グラフ
イメージ 4
17日21時〜18日21時までグラフ
イメージ 5
本日の700mvは久々に高いレベルですね。
6月5日以来でしょうか?
8日には千葉県東方沖でM4.7最大震度3の地震がありました。
この辺りから1日に何度もM4台があったり、毎日M4〜5台の地震が発生する日が続きましたね。
行徳高校の異常値観測は2〜4日後付近で対応する地震が発生することが多いので、本日の高いレベルのギザギザ山形波形に対応する地震が起こるのは20〜22日辺り?
対応する地震が無い(特定できない)場合も多いので、心配し過ぎるのも良くないのですが、予めあるかも知れないと思っていた方が、いざという時は慌てないかも知れません。

※残念なことに、何度もこまめに更新して正常に更新できていたのに、最後の最後
 の更新でここから先の記事が消滅しました。
 いつも書いているように更新時記事消滅は立派な地震の前兆現象です。
 地震前や最中に起こる頭痛が先ほどから急激に酷くなっていました。
 そのことも消滅した記事に書いていたのですが、やはり目立つ地震があるのかも
 知れないですね。

冒頭の更新時間を見ると14時15分となっていますが、実は更新し始めてすぐに酷い睡魔に襲われて更新は中断、仮眠を取りました。
わんこの散歩やら家事をしていたら、結局いつもと同じ夜になってしまいました。
昼間なら、まだ気力も出るのかも知れないですが、こんな時間だと流石に・・・とか言いながら続けます。

最近ですがテレビを観ていると画像が僅かに乱れることに気が付きました。
東日本大震災の前も熊本地震の前もテレビの画像が乱れ、電波時計は止まる・クルクル回る・時間がおかしい、IP電話はガーガーと雑音が入ったり、聞こえなくなったり。
後から考えると地震前は色々と普段とは違った現象が起こるようです。
先ほどの更新時記事消滅も変な頭痛も地震の前兆現象だと思いますが、今のところは全部が全部出揃っているわけではありません。
だから絶対無いという事はありません。
私が住んで場所と発震場所の距離も関係するでしょうから。

高知大学気象情報頁
イメージ 6
南西諸島は雲が物凄い状態ですね。
そして関東から東北地方には厚い雲。
雨も相当降っているのでしょうか?
この雨は明日の朝までには止んで本州付近は明日は高気圧下になるようです。
低気圧下から高気圧下に入ると地震が発生しやすくなります。
本日の日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です
-----------------------------------------------------------------------------------
18日22時33分頃豊後水道 M3.8震度2
18日20時30分頃茨城県北部 M3.2震度1
18日20時10分頃岩手県沖 M3.5震度1
18日18時25分頃宮城県沖 M3.3震度1
18日16時04分頃静岡県西部 M2.6震度1
18日11時23分頃奄美大島近海 M3.0震度1
18日02時16分頃宮城県沖 M3.7震度1
-----------------------------------------------------------------------------------
全部で7回、全てM2〜3台の小規模地震です。
宮城県沖、岩手県沖、茨城県北部と次々地震が発生していますので、もしかしたら福島県沖や茨城県南部でも同程度以上の地震が起こるかも知れません。

18日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
-----------------------------------------------------------------------------------
4.8168km ENE of Iwo Jima, Japan2017-06-1820:18:54 31.4 km
5.0Icelandregion2017-06-18 18:06:57 10.6 km
4.578km WNW of La Ligua, Chile2017-06-1813:41:0023.4 km
5.0147kmSSW of Kokopo, Papua New Guinea2017-06-18 07:50:32 35.0 km
6.1Southof the Fiji Islands2017-06-18 07:26:02 518.2 km
5.112kmSE of Plomarion, Greece2017-06-18 04:50:0610.0 km
5.148kmE of Lakatoro, Vanuatu2017-06-18 01:37:20 155.5 km
4.641km S of Calama, Chile2017-06-1800:35:59104.7 km
4.7176km SSE of Taron, Papua NewGuinea2017-06-18 00:13:4110.7 km
4.632km S of Jaco, Costa Rica2017-06-1800:00:3711.5 km
-----------------------------------------------------------------------------------
全部で10回、内5回がM5.0以上、その内の1回がフィジーM6.1でした。
硫黄島近海でM4.8の地震が起きていますね。
実はフィジーと日本の地震について書いていた時に小笠原諸島西方沖の他に硫黄島近海も気になっていました。
ただ、震源の深さが30Km程度のためフィジーの深い震源の地震とは直接関係が無いのだろう思っています。
フィジーの地震とは関係は無いでしょうが、ここ30日間には八丈島近海2回、小笠原諸島西方沖2回、硫黄島近海2回、北マリアナ諸島3回、グアム1回の中規模地震が起きています。
一時フィリピン海プレート東端ラインは中規模以上の地震が余り無い時期もありましたが、これだけ境界線に沿って中規模地震が起こっているというのはこのラインも地震活動が戻って来たのかな?と思います。

キルナ天文台では18日も動きが出ていました。
宇宙天気ニュース(http://swnews.jp/)によると18日には太陽風速度が600KM/秒台に上がって、磁気圏の活動も活発なようです。
そのためキルナ天文台の動きから推測した要警戒・厳重警戒期間は1日延ばして6月28日までとしました。
日本地震予知協会シャク暦6月
イメージ 7

こうしてみると6月の下旬は1つの山場になりそうですね。
7月は6月と違い彗星近日点が3回しかありません。
多分ですが6月よりは心穏やかに暮らせるはずだと期待を込めて思っています。

折角全部書き終えたところで最後の部分の記事が消滅してしまったのでショックでした。
こんなことが度々あると熊本地震前もそうだったのですが、かなりイラついてしまうこともあるし、内容が中途半端になってしまう事もあります。
もし変な所があってもお目こぼしください。
今夜はこれで終わります。

この記事に

2017年6月16日(金)12時49分

1週間位前からM4台の有感地震が毎日のように発生し、13日には小笠原諸島西方沖でM5.3の有感地震があったりと、日本付近の地震活動もやや活発でしたが、14日に高知県中部でM4.4(最大震度3)の地震が起きてからストンという感じで地震が発生しなくなっています。
本日は未だ有感地震がありませんし、昨日も千葉県北東部でM2.9が1回発生しただけ。
行徳高校では異常値観測が続いているので、いつ目立つ地震が起きてもおかしくないと思っていますので、有難いと思う反面やや不気味感じています。

昨日の有感地震
---------------------------------------------------------------------
15日15時54分頃 千葉県北東部 M2.9 震度1
---------------------------------------------------------------------
行徳高校13〜15日の千葉県香取観測点のグラフです。
行徳高校
イメージ 1
行徳高校ではAVG波形はそれ程レベルの高いものはありませんが、MAX波形の異常値が続いていますね。
13日の真夜中の単発的な飛び出しはもしかしたら関東・東北地方やその沖、北海道やその沖、伊豆諸島・小笠原諸島付近で目立つ地震があるのではないか?と思っていました。
MAX波形は熊本地震の前に異常値がかなり長く続いてから、2〜4日後付近で対応する地震が起こらず、纏めて後になってから大きな地震が起きる前兆だったのだな、と思う事も多くなっています。
今回も13日の2時台の単発的な飛び出しに対応する地震が起こらないことから、纏めて、これから発生するだろう規模の大きな地震の前兆かもしれません。
規模が大きければ大きい程異常値観測から地震発生までにかかる時間が長い様な気がしますので要注意です。
本日の12時までのグラフです。
イメージ 2
相変わらずMAX波形では高いレベルの異常値が出ています。
AVG波形の方はレベルは低いですが【四角い波形】も度々見られますのでフィリピン海プレート北端・東端付近は要注意です。
それ程マークが多くはありません。
Hi-net震源マップ
http://www.hinet.bosai.go.jp/?LANG=ja
イメージ 3
昨日見た時は房総半島の内側や伊豆諸島等にマークがちょっと多いなと思ったのですが、この24時間は殆どが消えています。
熊本地震の震源域も狭まっています。イメージ 4
気になると言えば前回も書いていましたが東北地方から北海道の日本海側と北部東北地方北部でしょうか?
以前もあったのですが山形県から北海道までの日本海に赤い震源マークが点々と並んでいる上に沿岸部に近い沖では青いマークと黄色のマークがついています。
秋田県の内陸部にM2か3程度のマークと極小マーク、岩手県には県内に極小マークが散らばっています。
沿岸部にはやはりM2〜3位の黄色のマーク。
青森県の北部にも2、3個のマークがついています。
東北地方北部で極規模の地震が結構な数発生している割には新潟県や宮城県は無し。
福島県は内陸部に数個ありますがいつもよりは少なくなっています。
静謐化の後は活発化という事で、今まで繰り返し地震が発生していた場所で地震が極端に少なくなった時こそ注意しなければと思います。
多くても、少なくても要注意という事で、一体いつになったら安心できるの?という感じですが、M9クラスの巨大地震が起きると20年以上も余震活動があることもあるらしいので仕方がありません。

さて、アキラの地震予報では最近、連日新たにM6クラスの地震発生合図が出ており、一時余りお知らせが無かったのにどうしたの?と思います。
遂に父島圏内ではM7.0までの地震発生合図のお知らせまで出てびっくりしました。
既に削除されたお知らせもあるのですが、昨日までに出ていたお知らせと本日のお知らせを載せておきます。
アキラの地震予報
父島圏内にM5.0M7.1の地震発生合図が大変沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/16 1114発信)
鹿屋圏内にM6.0クラスの地震発生合図が単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/16 1110発信)
柿岡圏内にM4.0M6.0の地震発生合図が単一出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、火山活動が含まれる可能性も有ります。
2017.(06/15 1053発信)
女満別圏内にM6.2クラスの地震発生合図が単一出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(06/15 1052発信。)
父島圏内にM6.8クラスの地震発生合図が複数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/15 1050発信)
鹿屋圏内にM6.1クラスの地震発生合図が連日単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/14 1027発信)
父島圏内にM6.1クラスの地震発生合図が複数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/13 1043発信)
女満別圏内にM6.1クラスの地震発生合図が連日単一出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(06/12 1107発信。)

次から次とM6台の地震発生合図が出ているところへ持ってきて父島圏内M5.0〜M7.1の規模の予測はちょっと嫌な感じですね。
ただ、父島圏内は予測される範囲が大変広く、南太平洋から中南米、アリューシャン列島など環太平洋を網羅しているので、日本で大地震が発生するという訳ではありません。
女満別や鹿屋、柿岡圏内でM6台の予測が同じ時期出ているので、日本付近も怪しいことは怪しいのですが。
いずれにしろどこかで近々目立つ地震があるのだろうとは思っています。
行徳高校の異常値観測もあるので、日本でないとは言い切れないのです。
そう言えば先日ブログ更新時に記事が消滅しました。
その後小笠原諸島M5.3の地震があったので、そのせいかもしれません。
ブログ更新時の記事消滅は立派な地震の前兆現象だと私は考えていますので、仮に又更新時に記事消滅などあれば要注意から要警戒、厳重警戒しなければならなくなるなと思っています。
※ここで一旦更新してみます。
 普通に正常に更新できました。
 良かったです。
6月15〜16日13時30分までに世界で発生したM4.5以上の地震です。
---------------------------------------------------------------------
4.925km NE of Barcelona, Philippines2017-06-1610:44:1661.6 km
4.513km NNE of West Yellowstone, Montana2017-06-1609:48:46 9.4 km
4.528km W of Ambunti, Papua New Guinea2017-06-1605:46:40 113.2 km
4.6101km NW of Buluang, Philippines2017-06-1604:16:48 34.3 km
4.5257km SE of Lambasa, Fiji2017-06-1601:53:36542.2 km
4.6137km ENE of Sorong, Indonesia2017-06-1600:05:2833.5 km
---------------------------------------------------------------------
5.8SouthernEast Pacific Rise2017-06-15 20:42:1510.0 km
4.8128km NNW of Visokoi Island, SouthGeorgia and the South Sandwich Islands2017-06-15 19:41:00 10.0 km
4.885km SW of Atocha, Bolivia2017-06-1518:54:32 217.1 km
5.187kmSE of Uyugan, Philippines2017-06-15 12:11:06179.9 km
5.9129kmNE of L'Esperance Rock, New Zealand2017-06-15 09:26:16 23.6 km
5.554kmS of Puerto Escondido, Mexico2017-06-15 08:58:52 6.9 km
5.158kmSW of Champerico, Guatemala2017-06-15 06:14:53 10.0 km
4.5135km SE of City of Saint Paul, Alaska2017-06-1505:56:1327.8 km
---------------------------------------------------------------------
14日に中米のグアテマラでM6.9の大地震が発生し、昨日15日はM5台が続いて発生しています。
全部で8回の内M5.0以上が5回もありました。
8日の内環太平洋の西側では3回、東側が4回、その他が1回。
いつもよりも環太平洋の西側での地震が少なくなっていました。
本日に入ってから6回のM4.5以上の地震発生がありましたが、全てM4.9以下の地震です。
M5台が無いな・・・と思った頃に、新たにM5台が多く発生してくるようなので、これから又起きてくるのでしょう。
環太平洋の西側も地震活動が戻って来ていますので、日本付近も注意しなければなりません。
ただ、天気図を見ると北の方には低気圧が沢山発生しています。
Yahoo天気・災害頁 天気図
イメージ 5
予想天気図を見ると数日間は同じように低気圧が発生しますので、地震の発生を抑圧してくれるのかな?と思ったりします。
シャク暦とキルナ天文台の動きから推測した要警戒・厳重警戒期間は終わって、次は21日から始まります。
要警戒・厳重警戒期間でないと、地震は起こらないという事はありませんし、シャク暦では6月中は全て要注意です。
既に高速太陽風が終わっていますので、取り敢えず要警戒・厳重警戒期間は6月24日としていますが、次の高速太陽風が到来しそうという事で期間は先に延ばすかもしれません。
宇宙天気ニュース
2017/ 6/12 12:31 太陽風の速度はやや高速に高まっています。
2017/ 6/13 12:31 太陽風の速度は、500km/秒台に高まっています。
2017/ 6/14 12:31 500km/秒の高速太陽風が続いています。
                 太陽の東端に黒点が現れています。
2017/ 6/15 13:27 太陽風の速度は一旦下がっていますが、再び高まりそうです。
2017/ 6/16 12:15 太陽風は平均的な速度ですが、次の高速風が近づいているようです。

高速太陽風が到来すればキルナ天文台に又動きが出るだろうと思います。

本日はこれから関東地方も雷雨が発生するという予報が出ています。
雷雨や局地的な大雨となった場所はその後地震の発生することも多いので、どの辺りで雷の発生があるのかは大変気になります。
日本付近では有感地震が止まっていますが、何かありましたら追記又は更新します。
地震前や最中に起こる独特な頭痛は、酷くはありませんがずっと続いています。

2017年6月17日1時19分 追記:
夜になって日向灘でM4.5が発生しました。
最大震度は3、17日の有感地震は3回でした。
---------------------------------------------------------------------
16日22時40分頃 日向灘 M4.5 震度3
16日15時43分頃 千葉県北東部 M3.3 震度1
16日15時17分頃 熊本県阿蘇地方 M2.4 震度1
---------------------------------------------------------------------
行徳高校では19時頃に気になる動きが出ました。
行徳高校
イメージ 6
19時〜翌7時頃までは平常時ですとレベルが下がり動きが止まるのですが、
丁度19時頃に500mvまでポンと高くなっています。
17時台後半から18時台も短時間にかなり激しく動きが出ていました。
衛星画像を見てみると丁度その頃関東地方に厚い雲がかかっています。
雹も降ったという事。
この動きはその時の気象状態によるものではないかな?と思っています。
高知大学気象情報頁HD極東域赤外線画像
イメージ 7
雷の発生や雹が降るなどの激しい気象状態になった所は、その後地震の発生することも多いため、行徳高校のグラフの動きが雷などの影響だとしても要注意な場所と言えると思います。
この画像は19時のものですが九州の南西沖が四角に綺麗に切り取られたような雲の配置となっています。
この時点では九州南西沖から南方沖、南東沖等は要注意だなと思っていました。
こちらは17日00時の画像です。
イメージ 8
九州南西沖は雲域ではありますが、亀裂が何本も入っています。
豊後水道・日向灘から大隅諸島近海、南西諸島ライン、四国沖などがちょっと危なそうに見えます。
又茨城県沖から三陸沖の東方はるか沖に濃い雲の塊があります。
雲域と空白域の境界線は要注意です。
もう1箇所北海道の東部・南東部と東方・南東沖、千島列島なども要注意です。
昨晩は早く寝てしまい朝やけに早く目が覚めたので、今晩は早くに眠くなるだろうと思っていたのですが全く眠くならず。
数日間一日中眠気があり、気が付くと瞬間的か数分間寝ていたという事もありました。
あの眠気はどこへ行ったのかと思うほどです。
流石にもう寝なければ。
おやすみなさい
※追記分を更新したら、又文章のところが殆ど下線付き太字となって
 いました。
 更新時記事消滅が無くてホッとしても、このような現象が起こるのも
 余り良いことではないと思います。
 

この記事に

2017年6月14日(水)22時4分

昨晩の更新では一旦更新した後に追記しようと思っても出来ませんでした。
何度やってもその後の文章が消滅。
地震の前兆現象だとしたら恐いな・・・と思っていました。
グアテマラでM6.9の大地震が発生しました。


6.95kmNNE of San Pablo, Guatemala2017-06-14 16:29:0594.0 km


まさか昨晩の記事消滅がグアテマラM6.9の前兆を捉えていたとも思えないので、日本付近も暫く警戒しなければと思っています。

本日6月14日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
----------------------------------------------------------------
4.996km N of Tobelo, Indonesia2017-06-1418:47:48 51.9 km
4.621km NW of Batgram, Pakistan2017-06-1418:06:0729.2 km
5.01kmE of Nuevo Progreso, Guatemala2017-06-14 16:52:4395.3 km
6.95kmNNE of San Pablo, Guatemala2017-06-14 16:29:0594.0 km
5.185kmSW of Puerto Madero, Mexico2017-06-14 16:23:55 44.2 km
5.189kmSW of Puerto Madero, Mexico2017-06-14 15:38:52 38.1 km
4.9203km WSW of Ile Hunter, New Caledonia2017-06-1414:30:1110.0 km
5.870kmSSE of Port-Vila, Vanuatu2017-06-14 09:25:40 23.3 km
4.6133km W of Chonchi, Chile2017-06-1406:30:29 5.1 km
4.964km SSW of Champerico, Guatemala2017-06-1406:24:1210.0 km
4.7136km WSW of Tanggulashan, China2017-06-1404:38:19 43.4 km
4.742km NW of Finschhafen, Papua New Guinea2017-06-1403:02:3862.0 km
4.8149km WNW of Tobelo, Indonesia2017-06-1401:10:2035.0 km
----------------------------------------------------------------
 昨日は世界でM4.5以上が8回と多くなく、しかも13日に入ってすぐM5台が2回続いたもののその後M4台が続いていたので、そろそろ又M5台が多くなってくる頃と思っていたら、M5台どころかM6台後半の大地震発生でした。
本日は22時18分までに全部で13回、内M5.0以上は5回で、その内の1回がM6.9の大地震でした。
色を見てもわかるように、グアテマラ、チリ、メキシコと中南米が多くなっています。
中国とパキスタンは両方インド・オーストラいリアプレートの北端。
パプアニューギニア、ニューカレドニア、バヌアツも同じインド・オーストラリアプレートの北端です。
2回のインドネシアはフィリピン海プレートの南東端でオーストラリアプレート北端ラインとの境界線付近が複雑になっている辺りです。
本日日本では有感地震は3回しか起こっていませんが、珍しい場所でM4台が発生しています。
6月14日に日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
----------------------------------------------------------------
14日22時21分頃 トカラ列島近海 M1.7 震度1
14日19時24分頃高知県中部 M4.4震度3
14日18時34分頃 北海道北西沖 M3.3 震度1
----------------------------------------------------------------
高知県中部M4.4は少々驚きました。
2006年4月2日から本日の地震までこの付近では有感地震は21回しか起こっていません。
イメージ 1
その中でM4台は本日のM4.4と2012年10月27日のM4.5の2回のみ。
2012年のM4.5も最大震度は3でした。
何故、この場所でM4台の地震が起こったのでしょう。
中央構造線からは少し離れていますが、三波川変成帯の端辺りでしょうか?
同じ変成帯の一番西側は大分県の佐賀関半島付近です。
最近ハイネットの震源マップを見ると豊後水道付近にいつも小規模ながらマークが多くついています。
Hi-net震源マップ
2017年6月13日22時45分〜14日22時45分
イメージ 2

九州四国拡大図です。
四国の真ん中に大きな黄色のマークが目立ちます。
その西側伊予灘や豊後水道付近には同じ位の震源の深さなのか黄色のマークが多くついています。
この深さ(30〜50Km程度)辺りで地震活動が活発になっているのかな?と思いました。
同じ黄色のマークは紀伊水道や和歌山県北部にも見られます。

極小さな地震ですがトカラ列島近海では有感地震が起こっています。
それ以外にも数回以上の地震が起こっているらしく、トカラ列島や大隅諸島付近にM2〜3の地震が結構多かったようです。イメージ 3

何といっても目立つのは能登半島の西方沖と小笠原諸島西方沖の、大変深い震源の青いマークです。
M5台のマークはかなり大きいので、特に目立っています。
震源地 日本海
震源時 2017/06/14 08:37:32.36
震央緯度 37.117N 、震央経度 134.977E
震源深さ 388.5km
マグニチュード 5.3

能登半島の西方沖の青いマークも規模が中規模の地震だったようです。
小さなマークはそれなりに多くなっており、青森県の日本海側から北海道の南西沖の日本海側に小さな赤いマークが点々と並んでいます。

先ほどから異様に眠くなってきました。
寝不足でも無く、昼寝までしてしまったのに、どうしたのでしょう?

※ここで一旦更新してみます。
 短いせいか普通に正常に更新できました。
キルナ天文台
イメージ 4
余り動きが無いので高速太陽風が終わったのかな?と思ったのですが、宇宙天気ニュースでは未だ続いているという事の様です。
宇宙天気ニュース
2017/ 6/12 12:31 太陽風の速度はやや高速に高まっています。
2017/ 6/13 12:31 太陽風の速度は、500km/秒台に高まっています。 
2017/ 6/14 12:31 500km/秒の高速太陽風が続いています。
         太陽の東端に黒点が現れています。
一応500Km/秒の高速風という事なので、本日もキルナ天文台の動きから推測した要警戒・厳重警戒期間とします。

日本地震予知協会シャク暦6月

本日で一旦キルナ天文台の動きから推測した要警戒・厳重警戒期間は終わりますが、本日はグアテマラでM6.9の大地震が発生しています。
キルナの動きは無くても彗星近日点がトリプルです。
17日は下弦の月、19日は彗星近日点。
6月は何しろ全月要注意期間。
少なくとも6月いっぱいは注意して過ごさねばと思います。

かなり眠気が酷くなっています。
地震前に眠くなる人が結構いますが、この眠気は地震の前兆なのかな?
地震の前や最中に起こる頭痛も未だ残っています。
行徳高校
イメージ 6
昨日で終わるのかと思っていたMAX波形の異常値観測が本日も単発的に現れました。

イメージ 7
昨日のグラフはかなり激しいので、明日6月15日注意しなければなりませんね。
特に真夜中の2時頃の単発的な飛び出しはかなり気になります。
※ここで又更新します。
 普通に正常に更新できました。

酷く眠くてこれ以上書くことが出来なくなりました。
読み返す気力もないので本日はこれで終わりとします。
他にも色々と載せたかったのですが仕方がありませんね。
これで終わり、明日の朝に何かあったら追記か更新をしたいと思います。


この記事に

2017年6月13日(火)19時33分

土日来客があり、ちょっと草臥れてしまい更新できませんでした。
その間日本ではⅯ4台が連日発生しており、伊豆大島近海では小規模地震群発、M4台も連日発生していました。
6月10〜13日19時30分までに日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
-------------------------------------------------------------------------------------
13日14時01分頃 伊豆大島近海 M2.0 震度1
13日13時22分頃 宮城県沖 M4.1 震度2
13日05時25分頃 伊豆大島近海 M2.4 震度1
13日04時04分頃 千葉県北西部 M4.0 震度2
 -------------------------------------------------------------------------------------
12日20時45分頃 秋田県内陸北部 M3.1 震度2
12日20時39分頃 伊豆大島近海 M3.0 震度2
12日18時34分頃 山梨県東部・富士五湖 M2.8 震度2
12日15時53分頃 鹿児島県大隅地方 M3.2 震度1
12日07時40分頃 伊豆大島近海 M2.4 震度1
12日06時26分頃 福島県沖 M4.1 震度1
12日06時16分頃 伊豆大島近海 M2.3 震度1
12日05時43分頃 伊豆大島近海 M2.9 震度2
12日05時28分頃 伊豆大島近海 M2.8 震度1
12日04時57分頃 日向灘 M2.7 震度1
12日04時28分頃 群馬県南部 M2.1 震度1
-------------------------------------------------------------------------------------
11日19時47分頃 十勝沖 M3.4 震度1
11日11時16分頃 沖縄本島近海 M3.3 震度1
11日07時52分頃 福島県沖 M4.2 震度1
11日07時47分頃 熊本県熊本地方 M2.1 震度1
11日05時44分頃 福井県嶺北 M3.1 震度1
 -------------------------------------------------------------------------------------
10日21時05分頃 青森県東方沖 M4.2 震度2
10日18時18分頃 根室半島南東沖 M3.6 震度1
10日17時00分頃 千葉県北西部 M3.5 震度1
10日16時31分頃 釧路沖 M4.6 震度2
10日15時51分頃 西表島付近 M4.3 震度1
10日04時34分頃 岩手県沖 M4.5 震度2
10日03時54分頃 福島県会津 M2.7 震度1
10日03時36分頃 福島県会津 M2.5 震度1
10日00時14分頃 橘湾 M2.2 震度1
--------------------------------------------------------------------------------
10日全部で9回、内M4.0以上4回。
11日全部で5回、内M4.0以上1回。
12日全部で11回、内M4.0以上は1回。
13日19時30分までに4回、内M4.0以上は2回。
ここ4日間で発生したM4.0以上の有感地震です。
13日13時22分頃 宮城県沖 M4.1 震度2
13日04時04分頃 千葉県北西部 M4.0 震度2
12日06時26分頃 福島県沖 M4.1 震度1
11日07時52分頃 福島県沖 M4.2 震度1
10日21時05分頃 青森県東方沖 M4.2 震度2
10日16時31分頃 釧路沖 M4.6 震度2
10日15時51分頃 西表島付近 M4.3 震度1
10日04時34分頃 岩手県沖 M4.5 震度2
岩手県沖、西表島近海、釧路沖、青森県東方沖、千葉県北西部、宮城県沖が各1回、福島県沖2回。
北から南までM4台が発生しています。
西表島近海と福島県沖では震度1と揺れが小さく、その他は震度2。
揺れたのをほとんどの人が感じる揺れがありました。
それでもすべてが震度3未満だったためテレビなどでは地震速報がありませんでした。
テレビなどでは規模は関係なく震度3以上の地震の地震情報が発表されます。
私たちは地震情報などが流れないと今の日本付近の地震活動野状態に気付かないのですが 、これだけ連日M4台の有感地震が発生していたという事は、結構地震活動が活発な状態にあるようです。
Hi-net震源マップ
6月12日19時15分〜6月13日19時15分
イメージ 1

伊豆大島近海の浅い震源の赤いマークが黒くなっています。イメージ 2

拡大図です。
伊豆大島近海では昨日から小規模ながら有感地震が連発しています。
2017613 1941分ごろ伊豆大島近海 3.0 2
2017613 1401分ごろ伊豆大島近海 2.0 1
2017613 525分ごろ伊豆大島近海 2.4 1
2017612 2039分ごろ伊豆大島近海 3.0 2
2017612 740分ごろ伊豆大島近海 2.4 1
2017612 6時16 伊豆大島近海 2.3 1
2017612 543分ごろ伊豆大島近海 2.9 2
2017612 528分ごろ伊豆大島近海 2.8 1


※実はこの先かなり書き進んだところで”こまめに更新”を思い出しました。
 そこで多分大丈夫だろうと思って更新してみたらガックリ。
 半分以上の記事が消滅、画像が3つも一番上に来ていました。
 いつも書いていますが更新時の記事消滅は立派な地震の前兆現象です。
 多分ですが数日中に目立つ地震が起こるのだろうと思います。
 気を取り直して再び消滅した部分を書き直したと思います。

伊豆大島近海では2017年3月14日1回、4月9〜11日5回、5月9日2回、15日、22日各1回有感地震が発生しています。
今回も昨日から本日に既に8回の有感地震が発生しています。
昨年2016年7月18〜25日には15回も有感地震が続いた時もあったので、今回は未だそこまでの回数とはなっていません。
しかもM4を超える有感地震もここ3年程は発生していません(最後は2014年7月28日M4.4)
2014年5月5日M6.2最大震度5弱の大地震が伊豆大島近海で発生しています。
ここ3年程は有感地震でも小規模ばかりですが、大規模な地震は起こらない場所ではないとは言えないのです。
今は小さな地震が群発しているだけですが、いつどのような規模の地震が起こってもおかしくはありません。
注意はしておいた方が良いと思います。

行徳高校ではこのところ連日のようにやや激しい動きが出続けています。
6月8〜13日19時までのグラフに、発生したM4.0以上の地震を書き加えています。
行徳高校
イメージ 3 

ギザギザ山形波形が9日以外は結構レベルも高くなって出ています。
行徳高校では異常値が観測されるとその2〜4日後付近で対応する地震が起こることが多いようです。
12日もレベルは他よりも低いもののギザギザ山形波形が出ていますのでM4以上の地震が関東・東北地方やその沖、場合によっては北海道やその沖、伊豆諸島・小笠原諸島等で発生するかも知れません。
本日に入ってからMAX波形でも異常値観測がありました。
2時頃の単発と12〜16時付近ですが、続けて高いレベルになる時は、その他の胃所値観測と纏めてその後の大地震の前兆という事も多く、対応する地震が起こらないこともあります。
しかし、単発的にMAX波形で高いレベルの飛び出しがあった場合は2〜4日後(殆どが2日後付近)で対応する地震が起こることが多いようです。
しかも夜間の異常値観測の方が昼間よりもより地震の前兆を捉えていることが多いようです。
そのためかなり気になる13日2時頃の単発的な異常値観測です。
明日の夜中〜明後日15日は特に要注意です。

キルナ天文台では久々に昨日からそれ程大きくはありませんが動きが出ています。
キルナ天文台の動きが出る(磁気圏の攪乱)の10日後付近では対応する地震が起こることが多いため6月22〜23日はキルナ天文台の動きから吹奏した要警戒・厳重警戒期間となります。
キルナ天文台
イメージ 4


こうしてみると10日間程は太陽風も低速で磁気圏も穏やかだったのですね。
最近キルナ天文台をちょっと見ても動きが余り無い日が続いていたので、宇宙天気ニュースも余り見ていませんでした。
宇宙天気ニュース
2017/ 6/ 3 13:26 C8.0の小規模フレアが発生しました。
               太陽風は低速です。
2017/ 6/ 4 13:37 太陽風は高速風に変わっています。
                 ニュージーランドのオーロラをどうぞ。
2017/ 6/ 5 13:06 太陽風はやや低速です。
                 5月の黒点相対数は、18.8 でした。
2017/ 6/ 6 13:50 Cクラスの小規模フレアが発生しました。
                 太陽風は低速です。
2017/ 6/ 7 14:59 太陽風は低速です。
                 C1の小さいフレアが発生しています。
2017/ 6/ 8 14:51 太陽風は更に低速になり、磁気圏も穏やかです。
                 長野県で撮影された大気光を紹介します。
2017/ 6/ 9 17:15 太陽は無黒点になっています。
                 太陽風は低速で、磁気圏も穏やかです。
2017/ 6/10 10:27 太陽風の速度は300km/秒に下がっています。
2017/ 6/11 10:37 太陽風はかなり低速です。
                  太陽は無黒点が続いています。
2017/ 6/12 12:31 太陽風の速度はやや高速に高まっています。
2017/ 6/13 12:31 太陽風の速度は、500km/秒台に高まっています。

6月は彗星近日点が多いためシャク暦では全月要注意期間です。
昨日から本日のキルナ天文台の動きから推測した要警戒・厳重警戒期間は、その6月の中でもトリガーが重なった要注意期間の中でも要注意な期間と重なっていますので、もしかしたら(出来れば違って欲しいですが)次の要警戒・厳重警戒期間である6月22〜23日(今のところ)は日本で目立つ規模の地震が発生する可能性が高いのかも知れないな・・・と思いました。
今回の要警戒・厳重警戒期間は本日までですが、昨日はギリシャでM6台の大地震が発生しました。
6.34km S of Plomarion, Greece2017-06-12 21:28:38 10.4 km

ここ30日間に世界で発生したM6.0以上の地震です。
6.8200kmNW of Attu Station, Alaska2017-06-03 07:24:47 8.2 km
6.628kmWNW of Kasiguncu, Indonesia2017-05-29 23:35:2112.0 km
6.34km Sof Plomarion, Greece2017-06-12 21:28:3810.4 km
6.239kmENE of Rabaul, Papua New Guinea2017-05-15 22:22:3810.0 km
6.0BallenyIslands region2017-06-04 04:17:33 10.0 km
6.024kmS of Alburquerque, Philippines2017-05-20 10:06:14533.0 km


30日間に6回は少ない様な・・・
ギリシャ以外は全て環太平洋西側の発震でした。

アキラの地震予報では又M6台の地震発生合図のお知らせが多くなっています。
アキラの地震予報
http://eakira.sakura.ne.jp/
父島圏内にM6.1クラスの地震発生合図が複数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/13 1043発信)
鹿屋圏内にM6.4クラスの地震発生合図が単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/13 1034発信)
女満別圏内にM6.1クラスの地震発生合図が連日単一出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(06/12 1107発信。)
父島圏内にM4.0M5.0の地震発生合図が沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/12 1106発信)
柿岡圏内にM4.0M5.0の地震発生合図が単一出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、火山活動が含まれる可能性も有ります。
2017.(06/11 1056発信)
女満別圏内にM6.1クラスの地震発生合図が複数出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2017.(06/11 1055発信。)
鹿屋圏内にM6.6クラスの地震発生合図が単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/08 12 03発信)
※先ほどから数回更新したのですが、先に記事消滅した後は普通に更新できて
 いました。
 ところが最後の最後の更新で又記事が消滅しました。
 しかも、先に一旦更新できたところまで消えていました。
 これはかなりヤバいのかな?
 もう一度気を取り直して書き足します。
 と書いたものの、一体何を書いていたのかが分からなくなっています。
 気持ちも砕けたのでこの後は簡単に終わります。

アキラの地震予報ですが一旦M6台の地震発生合図のお知らせが少なくなっていたのが、ここへきて鹿屋・父島・女満別でお知らせが重複しています。
特に鹿屋と女満別はM6台が重複しており、ちょっと嫌な感じですね。
今回の更新時記事消滅もありますし、行徳高校の異常値観測もあります。
アキラさんの地震予測も急に増えましたし、本日から又地震の前や最中に起こる痺れるような頭痛が始まっています。
出来ればないことを祈りたいのですが、目立つ規模の地震が日本のどこで起こってもおかしくはないのかな?と思います。

先ほど地震情報を見たら又伊豆大島近海で有感地震が発生していました。
13日19時41分頃 伊豆大島近海 M3.0 震度2
M3.0の小規模地震です。
これで本日の日本付近の有感地震は5回となり、昨日から続いている伊豆大島近海の有感地震は9回目となりました。
三原山の火山活動も気になりますし、そろそろこの群発地震も終わって欲しいです。

目立つ規模の地震発生が近い様な感じがしていますが、規模が大きくても揺れの小さな地震なら問題はありません。
又、何かありましたら更新します。

2017年6月14日0時12分 追記:
小笠原諸島西方沖でM5台が発生しました。
千葉県東方沖でもM4台があり、6月13日の日本付近の有感地震は7回となりました。
7回の内の4回がM4以上で、その内の1回がM5台とは、地震活動がかなり活発ですね。
13日23時32分頃小笠原諸島西方沖 M5.2 震度2
13日22時51分頃 千葉県東方沖 M4.0 震度1
13日19時41分頃 伊豆大島近海 M3.0 震度2
13日14時01分頃 伊豆大島近海 M2.0 震度1
13日13時22分頃 宮城県沖 M4.1 震度2
13日05時25分頃 伊豆大島近海 M2.4 震度1
13日04時04分頃 千葉県北西部 M4.0 震度2

伊豆大島近海だけを別の色にしたらあら?伊豆大島近海以外が全部M4〜5台でした。
小笠原諸島西方沖はUSGSでも発表がありました。
13日23時32分頃小笠原諸島西方沖 M5.2 震度2
   (USGS 4.6265kmWNW of Chichi-shima, Japan2017-06-13 23:31:57 435.1 km)

USGSではM4.6と気象庁発表よりはかなり小さく表示されています。
小笠原諸島西方沖の前にフィジーでM4.8の中規模地震が起こっていました。
フィジーは大変深い震源の地震が殆どなのですがフィジーの地震と、日本海側から若狭湾、伊勢湾・三河湾から小笠原諸島西方沖に至る帯状の区域で継続的に発生している地震と関係があるような気がします。
先ほどのM5.2はやはり大変深い震源だったせいもあり震度が2と規模の割に揺れが小さく済んでおり幸いでした。

※追記の更新を何度してもここから後が全部消滅しま

この記事に

2017年6月10日(土)0時31分

昨晩は夜9時頃には物凄い睡魔に襲われ、一旦耐えたものの2時間後にはもう耐えきれず更新記事も中途半端で終わってしまいした。
8日は5日の硫黄島近海M5.0以来のM4.0以上の地震(千葉県東方沖M4.7 USGS M4.9)が発生しましたが、翌日の9日には日本付近では2回M4台が発生しました。
その内の橘湾は最大震度4を記録しましたが、5月11日熊本県熊本地方M4.3の震度4以来約1カ月ぶりの揺れの大きな地震発生となりました。
そういえば橘湾付近はハイネットの震源マップで最近震源マークが多くついていました。8日〜10日0時14分の橘湾M2.2まで、日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
-----------------------------------------------------------------
10日00時14分頃 橘湾 M2.2 震度1
-----------------------------------------------------------------
9日23時36分頃 橘湾 M4.2 震度4
9日16時35分頃 千葉県東方沖 M3.9 震度1
9日08時45分頃 奄美大島近海 M2.9 震度1
9日07時01分頃 根室半島南東沖 M4.3 震度1
-----------------------------------------------------------------
8日09時25分頃 千葉県東方沖 M4.7 震度3
8日01時11分頃 茨城県沖 M3.5 震度1
-----------------------------------------------------------------
9日には千葉県東方沖でM3.9の有感地震が発生していますが、この震源は8日の千葉県東方沖M4.7とは違い銚子より北側です。

9日16時35分頃 千葉県東方沖 M3.9 震度1
北緯35.8度、東経141.1
8日09時25分頃 千葉県東方沖 M4.7 震度3
北緯35.6度、東経140.7
イメージ 1
Hi-net震源マップ
6月9日0時30分〜10日0時30分
関東付近拡大図
千葉県の銚子付近は継続的に地震が発生しており、ハイネットの震源マップでもいつもたくさんのマークがついていますが、この24時間はそれ程多いという感じではありません。
しかし、6月4日には千葉県東方沖で有感地震が5連発、8日にはM4.7が発生しており9日はM3.9とM4大には達しないものの割合近い場所で地震が多くなっているのが気になります。
拡大図では茨城県北部から福島県南部の群発地震震源域が少し広がっているような、マークの数が多くなっている様な感じがします。
この24時間マップでは千葉県北部と茨城県南部の県境のマークも多くなっています。

橘湾は4月19日に有感地震が3回発生し、その内の1回はM4.1とM4台でした。
続けて有感地震が起こったことから頭を掠めたのが雲仙普賢岳の噴火活動でした。
前回のM4台は4月19日ですから約50日ぶりですが、噴火活動は大丈夫でしょうか?
根室半島南東沖は2015年の9〜10月頃から翌2016年の1〜2月末辺りにM4〜5台の中規模地震が連発していました。
その後も4月、5月にM4台が発生した後は11月、12月、2017年3月にM4台が発生していした。
今回は3月3日のM4.8以来のM4台発生でした。
イメージ 2
ハイネットの震源マップの九州付近拡大図です。
橘湾付近は大きなマークの上に中位のマークと極小〜小規模マークが沢山重なっています。
その北東側にもマークがあります。

範囲が狭まっていますが、熊本地震震源域は消滅はしませんね。
既に1年と2カ月になろうとしているのに未だ時々揺れの大きな地震が起こったりもし、一体いつまで続くのかとため息が出てしまいます。
それでも規模の大きな揺れの大きな地震でなければ良いのですが、たまに揺れを強く感じるような地震が起こるのが辛いです。
早く終息してくれることを祈りたいと思います。
有感地震で奄美大島近海M2.9がありました。
このマップではマークはついていませんがトカラ列島近海や大隅諸島やその沖、日向灘等では極小〜小規模地震のマークがかなり多くついています。

最近ではレベルが高く激しい動きに対応する地震が特定できない日も多い行徳高校、9日は動きが継続しているものの久々にレベルの高い動きが出ていません。
行徳高校
イメージ 3

10日の2か前も山形波形が3回出ており、最後の山形波形は19時を挟んで出来ています。
7日の夜がより激しいですが8日の夜も動きが出ていました。
いつも書いている通り昼間よりも夜間の動きがより地震の前兆を捉えている様なので暫くはやはり要注意だと思います。

6月9日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
-----------------------------------------------------------------
4.9Fijiregion2017-06-09 10:33:06 10.0 km
5.6141km ENE of Pagan, Northern Mariana Islands2017-06-0908:23:438.1 km
4.7Southof the Fiji Islands2017-06-09 06:54:07 543.1 km
4.865kmSW of Chimbote, Peru2017-06-09 06:24:41 35.0 km
5.318km SE of Volcano, Hawaii2017-06-09 02:01:197.1 km
-----------------------------------------------------------------
ハワイで5.3が発生しています。
※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
全部で5回が少ないですが、内2回がM5台の地震です。
日本に関係のありそうな北マリアナ諸島のM5.6もちょっと嫌な感じですが、フィジーで2回M4台後半の地震が起こっています。
1回は大変深い震源ですが、もう1回は10Kmとかなり浅い震源です。
フィジーは深い震源と思っていたのでちょっとびっくりしました。
フィジーの深い震源の地震が起こる時は日本付近で継続的に地震が発生している日本海から若狭湾、伊勢湾・三河湾を通り小笠原諸島西方沖に至る帯状の震源域の地震が増えると思うのは私だけなのでしょうか?
Hi-net震源マップ(全国)
イメージ 4

と思って見てみたら深い震源の青いマークが太平洋から日本海側についていたのが全て無くなっていました。
日本全体では震源マークが少なくなっています。
青森県東方沖から北海道の南東沖(根室半島南東沖)南東部等区域の震源マークが多くなっています。

またまた眠くなってきました。
次官を見たら既に1時台半ば。
これでは眠くなるのが当然ですね。
最後にアキラの地震予報です。
6月8日に更に父島圏内でM6.2クラスの地震発生合図のお知らせが出ていました。
今は整理されて父島圏内は1個だけですが、昨晩までは3回も続けて地震発生合図が出たとお知らせが出ています。
一応整理される前のアキラの地震予報の地震発生合図のお知らせを載せておきます。
アキラの地震予報
鹿屋圏内と父島圏内がちょっとマズいと思うほど続けてお知らせが出ていました。
父島圏内にM6.2クラスの地震発生合図が複数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/08 1205発信)
柿岡圏内にM3.5M4.5の地震発生合図が沢山出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、火山活動が含まれる可能性も有ります。
2017.(06/08 1204発信)
鹿屋圏内にM6.6クラスの地震発生合図が単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/08 1203発信)
鹿屋圏内にM6.4クラスの地震発生合図が複数出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
 特に、直下型地震に要注意です。発震までの期間が長引く事も有ります。
2017.(06/06 1440発信)
父島圏内にM6.7クラスの地震発生合図が複数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/05 1023発信)
父島圏内にM6.1クラスの地震発生合図が沢山出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、火山噴火や地震発生の可能性が有ります。
 一週間程要注意です。
2017.(06/04 1044発信)

いよいよ睡魔に勝てなくなってきましたので今夜はこれで終わります。
10日に入ってからの有感地震は橘湾M2.2のみです。
9日は満月で月の最遠日でした。
10日に6月2回目の彗星近日点、その翌々日12日は1日に2個の彗星近日点がやって来ます。
地震の引き金となるような強引力期間や彗星近日点。
それが重なっているビックトリガーの日は18日まで続きます。

この記事に

2017年6月8日(木)21時3分

行徳高校では連日激しい動きが出ていますが、6〜7日はM2〜3台の小規模な有感地震が1日に2〜3回と割合静かな2日間でした。
本日は有感地震は少ないのですが千葉県東方沖でM4台後半の中規模地震が発生しました。
8日09時25分頃 千葉県東方沖 M4.7 震度3

Hi-net震源マップ
6月7日21~6月8日21時 中部から関東拡大図

イメージ 1

先日、1日に5回も有感地震が発生した千葉県東方沖ですが、その時の震源の北東沖、どちらかというと継続して地震が発生している
銚子からその沖の群発域に近い場所です。
今でも4日の千葉県東方沖の有感地震は何だったのだろう?とかなり不思議に感じています。
銚子付近はいつも起きている極小から小規模地震の震源マークもあり、東方沖から南東方向に点々マークが続いています。

又、房総半島の南部から南方沖にも点々とマークが続ています。
そして20時50分台には八丈島のすぐ近くでM3台の地震も発生していたようです。
5日の硫黄島近海M5.0以降地震活動が落ち着いているものの、本日の千葉県東方沖M4.7の他にも伊豆諸島や房総半島沖では地震がいつもよりも多くなっているように感じます。
行徳高校
6月5~7日千葉県香取観測点グラフ
イメージ 2
かなり動きが激しいですね。
これだけレベルが高く針状だったり、山形だったりと地震の前兆と思われる波形が出ていた割には千葉県東方沖M4.7以外はいたって静かです。
本日の21時までのグラフです。
イメージ 3
本日も激しい状態となっています。
特に夜間(午後7時~午前7時)にも動きが続いているのは大変気になります。
過去にもこのような波形は度々出ていても、対応する地震が2~4日後に発生していると特定できないことはありました。
そんな時は、纏めてその後に起こる地震の前兆を捉えているという事もあります。
7日、四国から関東甲信越まで一斉に梅雨入りしましたが、梅雨時は地震は起こりにくいのかな?と思い過去の地震履歴を見てみました。
2015年
6月  4日 網走地方M5.0
       8日 青森県東方沖M5.6
     11日 三陸沖M5.9
     23日 小笠原諸島西方沖M6.8 
7月  7日 北海道東方沖M6.3
       9日 岩手県沖M5.1
     10日 岩手県内陸北部M5.7
     13日 大分県南部M5.7
2016年
6月16日 内浦湾M5.3
     24日 与那国島近海M6.2 
7月17日 茨城県南部M5.0
     19日 千葉県北東部M5.2
     27日 茨城県北部M5.4
     30日 マリアナ諸島M7.7
2015〜2016年の6〜7月は、Ⅿ6台も月1回の割合で起きていました。
梅雨はあまり関係なく地震が起きていますね。

2年間の履歴ですが、行徳高校グラフでは両年ども6〜7月は、最近と同じようなレベルが高い針状山形波形が出ていたのが不思議です。
今年もこれだけ激しい動きとなっているのが後日(いつかははっきりとはしませんが)M6台以上の地震の発生となるのかな?と思いました。
6月6〜8までに日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
-----------------------------------------------------------------------------------
8日09時25分頃 千葉県東方沖 M4.7 震度3
8日01時11分頃 茨城県沖 M3.5 震度1
 ------------------------------------------------------------------------------------
7日18時20分頃 熊本県阿蘇地方 M2.4 震度2
7日03時03分頃 熊本県熊本地方 M3.2 震度2
 ------------------------------------------------------------------------------------
6日17時04分頃 熊本県熊本地方 M2.6 震度1
6日15時49分頃 福島県沖 M3.8 震度1
6日12時58分頃 鳥取県中部 M2.6 震度1
------------------------------------------------------------------------------------  6日と8日2回、7日が3回と有感地震がかなり少ない状態です。

6月6〜8日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
------------------------------------------------------------------------------------  
5.277km ENE of Tocache Nuevo, Peru2017-06-08 23:01:10117.4 km
5.113km WSW of Tocopilla, Chile2017-06-08 22:48:49 65.1 km
4.896km NNE of Calama, Chile2017-06-08 22:05:02 124.4 km
4.6140km WSW of Tanggulashan, China2017-06-08 09:56:5310.0 km
4.916km SSE of Asahi, Japan2017-06-08 09:25:29 38.2 km
4.8North Pacific Ocean2017-06-08 08:23:28 10.0 km
4.7246km SE of Lambasa, Fiji2017-06-08 06:07:45 545.0 km
4.718km SSW of Tsnori, Georgia2017-06-08 03:25:4010.0 km
4.9North of Severnaya Zemlya2017-06-08 02:20:4010.0 km
4.837km SSW of Tanaga Volcano, Alaska2017-06-08 01:22:24 14.4 km
 ------------------------------------------------------------------------------------  
5.054km W of Kirakira, Solomon Islands2017-06-07 21:23:2859.5 km
4.9109km SSW of Port-Vila, Vanuatu2017-06-07 19:13:4023.0 km
4.785km W of Ile Hunter, New Caledonia2017-06-07 18:52:20 61.8 km
5.1Reykjanes Ridge2017-06-07 18:06:1510.0 km
5.188km NNE of Ust'-Kamchatsk Staryy, Russia2017-06-07 09:27:2036.7 km
5.1209km SE of Lorengau, Papua New Guinea2017-06-07 08:54:549.7 km
4.914km NNE of Yasuj, Iran2017-06-07 03:12:2810.0 km
5.452km S of Calama, Chile2017-06-07 02:35:10 116.2 km
4.519km NW of Kasiguncu, Indonesia2017-06-07 00:14:5910.0 km
------------------------------------------------------------------------------------  
 4.640km NNW of Finschhafen, Papua New Guinea2017-06-06 16:22:59 71.3 km
4.5136km NNE of Taron, Papua New Guinea2017-06-06 08:02:06361.1 km
------------------------------------------------------------------------------------ 
6日は大変少ないですね。
7日は全部で9回、内M5.0以上は5回と半分以上を占めています。
8日は全部で10回、内M5.0以上は夜になってからの2回だけでした。取り敢えず

※実は2時間程前に急に睡魔が襲ってきて、一旦非公開で更新しました。
 すぐ寝ようと思ったのですが諸々の家事もあり、その内眠気が無くなったので
 又、更新し始めました。
 しかし、矢張り物凄い睡魔が襲ってきています。
 どうも今夜は調子が悪いので、明日あらためて更新するか、この記事い追記して
 いきたいと思っています。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事