ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

北マリアナ諸島M6.0

2018年2月12日(月)23時2分

本日は有感地震も、世界で発生したM4.5以上の地震も数はそれ程多くは無いのですが、北マリアナ諸島でM6.0の地震が発生しています。
アキラさんの予測父島圏内の「今までの実績から、必ず大きな地震が起こります」とある大きな地震が北マリアナ諸島M6.0だと良いのですが・・・
本日2月12日23時までに世界で発生したM4.5以上の地震です。
------------------------------------------------------------------------------------
4.656km NNE of Hengshui, China2018-02-1219:31:32 10.0 km
4.682km S of Painan, Indonesia2018-02-1218:56:54 67.1 km
4.524km NNW of Ishkashim, Tajikistan2018-02-1216:41:0010.0 km
5.0103kmSSW of Angaur State, Palau2018-02-12 09:52:3310.0 km
6.0136kmESE of Rota, Northern Mariana Islands2018-02-12 08:14:1410.0 km
5.1254kmE of L'Esperance Rock, New Zealand2018-02-12 06:06:22 37.6 km
4.671km S of Acari, Peru2018-02-12 03:06:3949.6 km
5.453kmWSW of Ndoi Island, Fiji2018-02-12 01:38:14 619.8 km
------------------------------------------------------------------------------------
8回の内M5.0以上は半分の4回、その内の1回がM6.0の大地震でした。
昨晩の更新の時はフィリピン海プレートの北部は要注意と書いていたのですが、本日の北マリアナ諸島はフィリピン海プレートのむしろ中部でした。
それでも父島近海M5.3(2/6)、北マリアナ諸島M4.9(2/11)、八丈島近海M4.8(2/11)、北マリアナ諸島M6.0(2/12)とフィリピン海プレートの東端ライン付近に地震が次々と発生しており、フィリピン海プレート東端ラインも地震活動が活発化してきたのかも知れません。
少し前は台湾沖やフィリピンなど西端ラインで地震活動が活発でした。

又フィジーでM5.4の中規模地震が発生しています。
最近フィジーが結構中規模地震の回数が増えている気がします。
フィジーの大変深い震源の地震は日本付近の大変深い震源の地震と連動しているように私は思っていますので、フィリピン海プレートの境界線付近も心配ですがプレートの中央の大変深い場所も心配です。
先ほどハイネットの震源マップを見たのですが、この24時間は青いマークがありません。
しかし伊豆諸島に小さなマークが数個付いているのも気になります。
そういえば1月に伊豆半島付近で大地震発生の予測は今の所当たってはいないようですが、まだ2月に入って12日目、もう少し注意しなければと思っています。
Hi-net 震源マップ
2018年2月11日23時15分〜12日23時15分
近畿から関東地方拡大図イメージ 1

どこという事は無いのですが全体的に先実よりは陸上部の震源マークが増えています。
和歌山県北部や紀伊水道、京都府南部付近、長野県中西部、銚子沖、福島県南部から茨城県北部の群発地震域など小さなマークが固まって付いていますので、地震は気付かない内に結構発生しているようです。
房総半島南方沖から伊豆諸島金愛に黄緑色から緑色のマークが4〜5個ついています。
最近はこの付近も余り地震が起こっていなかったのですがこうしてマークを見ると再び地震活動が戻って来たのかな?と思います。

2月12日23時23分までに日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
-----------------------------------------------------------------------------------
12日22時42分頃 愛媛県南予 M2.8 震度1
12日11時08分頃 福島県沖 M3.8 震度1
12日10時25分頃 熊本県熊本地方 M2.3 震度1
12日01時42分頃 熊本県熊本地方 M2.0 震度1
-----------------------------------------------------------------------------------
4回と有感地震の発生数は少なく規模もM2〜3台と小さく、震度も全て1と揺れの小さなものばかりでしたが、熊本地方で2回の有感地震はヒヤッとする方も多かったのではないでしょうか?
あれだけ大きな地震が起こると数年から10年以上余震活動が続くこともあるようなので、大きな揺れのものでなければ時間が経つのを待つしかないと思うのですが、恐怖を味わった方々にすれば本当にちょっとした揺れでもかなりストレスとなると思います。
大きな揺れの地震だけはもう起こらないことを祈りたいです。
アキラの地震予報では昨日久々に父島圏内でM6台の地震発生合図のお知らせがあったばかりですが、本日2月12日に再びM6.4の大地震の発生合図が出たというお知らせがありました。
同じ地震予測期間内に複数の地震発生合図がある時は特に予測されている地震が起こる確率が高くなるようです。
しかも「今までの実績から、必ず大きな地震が発生します」とあるのが大変不気味です。
父島圏内と言っても環太平洋を網羅するほど予測される区域の範囲が広いので、その大きな地震が日本付近とは限らないのですが、日本付近ではないとも言えないのが恐い気がします。
※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
キルナ天文台は12日は殆ど動きが無くなっています。
宇宙天気ニュースによると太陽風は低速です。
太陽の中心付近でフレアーが発生したので噴出したガスは地球方向に向かって来るとか。
3〜4日後という事なので15〜16日付近にやって来るらしいのですが、今のところどの程度の乱れなのかはわからない様です。
高知大学気象情報頁
イメージ 2
太平洋側に幾つも怪しい場所が並んでいます。
台湾から九州西方・南方・東方沖(日向灘等)はやはり要注意だと思います。
四国沖から東海・関東沖など南海トラフや相模トラフなど。
関東甲信地域の陸上部から宮城県沖辺りまでのひし形の空白域はやけ四角く境界線がはっきりとしているのが気になります。
北海道も南方・南東・東方沖全て要注意の様に見えます。

昨日日本付近は3回もM4台の中規模な有感地震が発生しました。
本日は数も少なく小規模地震ばかりなのですが、いつまたM4台以上の地震が起こるかは誰にも分りません。
取り敢えず何があっても良い準備だけはしておくこれだけです。
そういえば行徳高校のグラフが欠測中のままですね。
早く見られるようになれば良いのですが・・・。
又何かありましたら更新します。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事