ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

12日、13日はM4台連発

2018年3月13日(火)23時13分

昨日12日には2回、本日13日は3回M4台の中規模の震度2〜3の有感地震で日本付近で発生しました。
13日15時54分頃 千葉県北東部 M4.1 震度3     
13日15時46分頃 千葉県北東部 M4.8 震度3
   (USGS 4.813km SSE of Hasaki, Japan2018-03-13 15:46:3034.4 km)
13日15時10分頃 西表島付近 M4.3 震度3
12日19時21分頃 沖縄本島近海 M4.6 震度3
   (USGS 4.976km NE of Nago, Japan2018-03-12 19:21:2652.5 km)
12日15時40分頃 青森県東方沖 M4.9 震度2
   (USGS 4.9125km E of Mutsu, Japan2018-03-12 15:40:06 42.2 km)

12日が青森県東方沖M4.9と沖縄本島近海M4.6、13日は西表島付近M4.3、千葉県方北部M4.8、M4.1ですが5回の内4回が震度3とテレビなどで地震情報が出るレベルでした。
特に本日の千葉県北東部は15時46分と54分続けて2回震度3が発生しました。
関東地方にお住まいの方はかなりギョッとされたと思います。
色々な自然災害の中で地震だけは先が見えない災害です。
グラッと揺れた後、これで終わるのか、更に揺れが大きくなるのかがわからないというのはかなり恐怖です。
幸い本日は震度3で済みましたが、更に揺れが大きな地震となるかどうかは揺れ始めにはわからない地震は本当に怖いですね。

12〜13日に日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
-----------------------------------------------------------------------------------
13日15時54分頃千葉県北東部 M4.1震度3
13日15時46分頃千葉県北東部 M4.8震度3
13日15時10分頃西表島付近 M4.3震度3
13日14時36分頃 千葉県東方沖 M3.7 震度1
13日12時48分頃 熊本県熊本地方 M1.8 震度1
13日04時12分頃 熊本県熊本地方 M2.7 震度2
-----------------------------------------------------------------------------------

12日19時21分頃沖縄本島近海 M4.6震度3

12日15時40分頃青森県東方沖 M4.9震度2
12日14時54分頃 静岡県西部 M2.7 震度2
12日12時15分頃 和歌山県北部 M2.5 震度1
12日10時16分頃 茨城県南部 M3.4 震度1
12日01時48分頃 西表島付近 M2.8 震度1
-----------------------------------------------------------------------------------
12日は6回、内2回がM4.0以上。
石表島付近、沖縄本島近海、和歌山県北部、静岡県西部、茨城県南部、青森県東方沖が各1回ずつでした。
イメージ 1



和歌山県北部、静岡麺西部、茨城県南部は中央構造線ですね。





13日は23時30分までに6回、M4.0以上は半分の3回でした。
西表島付近1回、熊本地方2回、千葉県東方沖1回、千葉県北東部2回。
12日の和歌山、静岡、茨城と同じく熊本地方も中央構造線、熊本地震の余震とは言え中央構造線に沿った地震が最近目立つようになっています。

宇宙天気ニュースhttp://swnews.jp/によると11日から13日の磁気圏は穏やかな様です。
日本地震予知協会のシャク暦3月.4月 
イメージ 2

明日14日は2個の彗星近日点で17、21と3月の彗星近日点4回が続きます。
新月、上弦の月と合わせてシャク暦では27日までは要注意期間です。
それが終われば久々に10日間程の長い間トリガーの無い比較的安全な期間となっています。
4月は3月よりも更に彗星近日点が少ない3回で2018年では一番彗星近日点の少ない月という事もあって、磁気圏の攪乱などが無ければ、ここ数か月よりは穏やかな月となる予定です。
取り敢えず27日までは注意して過ごしましょう!!
キルナ天文台の動きから推測した要注意日は明日15日、18〜20日です。
今のところ21〜23日はキルナの動きからは比較的安心ですが彗星近日点の特異日が2つ重なっていますのでやはり注意は継続です。

3月12〜13日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
----------------------------------------------------------------------------------
4.673km WSW of Mendi, Papua New Guinea2018-03-1322:03:02 (17.2 km
4.813km SSE of Hasaki, Japan2018-03-1315:46:3034.4 km
5.036kmNE of Sibolga, Indonesia2018-03-13 13:33:39 126.7 km
4.8103km WSW of Porgera, Papua New Guinea2018-03-1310:34:01 10.0 km
4.639km E of Lae, Papua New Guinea2018-03-1310:05:06 68.2 km
4.557km SW of Zonda, Argentina2018-03-1309:08:36114.6 km
4.6253km NW of Farallon de Pajaros,Northern Mariana Islands2018-03-13 04:59:46 271.2 km
----------------------------------------------------------------------------------
4.884km S of Palaiochora, Greece2018-03-1221:35:2610.0 km
4.976km NE of Nago, Japan2018-03-1219:21:2652.5 km
4.9113km NNE of Minab, Iran2018-03-1216:35:3210.0 km
5.0Mid-IndianRidge2018-03-12 16:25:02 10.0 km
4.63km NNE of Jinotepe, Nicaragua2018-03-1215:44:11 162.1 km
4.9125km E of Mutsu, Japan2018-03-1215:40:06 42.2 km
5.1SoutheastIndian Ridge2018-03-12 15:13:49 10.0 km
4.6156km E of Petropavlovsk-Kamchatskiy,Russia2018-03-12 10:53:5227.7 km
4.5135km NNE of Tobelo, Indonesia2018-03-1208:52:55 226.2 km
5.268kmNW of Puerto Villamil, Ecuador2018-03-12 07:08:2110.0 km
4.613km NE of Kokopo, Papua New Guinea2018-03-1200:09:05148.6 km
-----------------------------------------------------------------------------------
12日は全部で11回、内M5.0以上は3回。
13日は全部で7回、内M5.0以上は1回。
両日とも少なく規模も小さい地震が多いですね。
特に本日7回しかM4.5以上が発生しておらず地震活動は一休みと言ったところです。
まだちょっと時間があるかも知れませんが、M5台が無い時間が続いているな・・・と気付いた頃から要注意となります。
地震活動は活発化と静謐化を繰り返します。
そのため静かになって時間が経ってくれば来るほど次の活発化が近づいているということです。
※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
電波時計は正常に動き、テレビの画像の乱れはなく、PCも動きが遅いという事もありません。
頭痛が時折起こる時に「もしかして地震前?」と思う事もありますが、他に地震の前に出る異常な現象が無いので、今のところは余り心配にはなっていません。
但し、既に新燃岳は噴火の最中であり、同じフィリピン海プレート北西端から西端ライン付近での地震活動がやや活発なこともありますので、突然何かが起こる可能性も否定はできません。
Hi-net震源マップ
http://www.hinet.bosai.go.jp/?LANG=ja
2018年3月13日00時00分〜14日00時00分 24時間マップ
イメージ 3

それ程震源マークが多い感じはしませんが、よく見ると数か所にかたまって地震が発生しています。
イメージ 4

千葉県北東部は有感地震でM4台が2回発生していますが、その他にも地震が発生しているようでマークが幾重にも重なっています。
震源の深さの違いで銚子付近の赤いマークと、北東部の黄色のマークがとも重なっています。
千葉県では中部にも小さなマークが重なっているところがあります。
伊豆諸島付近に2つばかりマークがつき、紀伊半島沖の青いやや大きなマークが目立っています。
イメージ 5



こちらは九州から中国四国付近拡大図です。
四国中国は余りマークがありません。
九州では熊本地震余震域が南西方向にも伸びています。
日向灘〜大隅諸島付近は極小マークが5〜6個ついています。

イメージ 6




こちらは南西諸島ライン拡大図です。
やはり西表島付近に余震と思われる地震のマークが相当数重なっています。
その他宮古島か石垣島付近に黄緑色、沖縄本島と奄美大島近海に黄色のマークが2つついています。

全国マップをもう一度見てみると北海道の南東側に小さなマークが多いものの、北陸、東北地方などはマークが少なくなっています。
長野県の中部、南部や静岡県西部など糸静線や中央構造線付近はマークが多いのが気になります。

有感地震は15時台の千葉県北東部の2回のM4台発生以降止まっています。
衛星画像を見ようとしていますがどうもアクセスできません。
天気図を見ると14〜15日は13日と同じ日本付近は高気圧下の様です。
高気圧下では地震の発生は抑圧されず、むしろ地震が発生しやすいので14〜15日もM4台程度の発生があるかも知れません。
また何かあったら更新します。

14日1時18分 追記:

記事に頭痛以外地震の前兆の様なものは無いと書いていましたが、洗面所に行ったら電波時計がクルクル回っていました。
先ほど衛星画像を見ようとしても見られなかったのは電波障害のせいだったのかな?と思って追記しました。
先日電波時計がクルクル回った後に福島県沖や西表島付近でM5台が発生していたので数時間後〜2日後までの間に日本付近でM5台があるのかな?とふと思いました。
どこかはわかりません。
早く行徳のデーターが見たいです。

この記事に

  • お久しぶりです。
    いつもありがとうございます。
    行徳のグラフが一瞬だけ見れるようになっています。無くなってしまうのか心配していたので嬉しかったのですが、また欠測してしまいました。 新燃岳のこともあるし、海外の大地震連発もあるし、また日本に大きな地震がくるのではないかと不安です(›´A`‹ )

    [ ayumu ]

    2018/3/14(水) 午前 1:05

    返信する
  • 顔アイコン

    > ayumuさん

    そうなんですか?
    今行徳高校のグラフが見たいと書いたばかりでコメント拝見しました。
    一瞬だけでも見られたという事は近々完全に回復するのかも。
    今のところはM7以上の地震の兆候はないのですが、常に備蓄とか準備だけはしておいた方が良いですね。

    [ ryu*o*suz*m33 ]

    2018/3/14(水) 午前 1:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事