ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2018年5月15日(火)22時17分

昨晩、出来る限り更新しないで済むことを祈りますと書いていましたが、残念ながら今日も又更新することになりました。
本日の有感地震は3日しかありませんでしたが、その内の2回がM4.0以上でした。
2018515 1948分ごろ 茨城県北部 3.3 1
2018515 1400分ごろ 山梨県東部・富士五湖 4.6 3
   (USGS 4.59km SSE of Otsuki, Japan2018-05-15 14:00:42 58.3 km)
2018515 746分ごろ 岩手県沖 4.0 2

山梨県東部・富士五湖は震度3、関東・東海など広い範囲で揺れが観測されました。
いつも地震が起きた時は震源の緯度経度を見て、過去に同じ場所で地震が起こっていないか確認するのですが、今日の震源は過去何度も全く同じ場所で有感地震が発生しています。
だいぶ前のことになりますが震度5弱の揺れを観測した時も同じ震源でした。
2006年12月21日以降山梨県東部・富士五湖で発生した有感地震の内M4.0以上の地震は以下の通りです。
20151025 1715分ごろ  山梨県東部・富士五湖 4.4 3
緯度 北緯35.5 経度 東経139.0
20141211 1507分ごろ 山梨県東部・富士五湖 4.3 4
緯度 北緯35.5 経度 東経139.0
2012129 1646分ごろ 山梨県東部・富士五湖 4.7 4
緯度 北緯35.5 東経139.0
2012128 804分ごろ 山梨県東部・富士五湖 4.1 3
緯度 北緯35.5 経度 東経139.0
2012128 746分ごろ  山梨県東部・富士五湖 4.1 3
緯度 北緯35.5 経度 東経139.0
2012128 743分ごろ 山梨県東部・富士五湖 5.5 5
緯度 北緯35.5 経度 東経139.0
2012128 739分ごろ 山梨県東部・富士五湖 5.0 4
緯度 北緯35.5 経度 東経139.0
2011315 2240分ごろ  山梨県東部・富士五湖 4.0 4
緯度 北緯35.4 経度 東経138.7
201112 942分ごろ  山梨県東部・富士五湖 4.0 3
緯度 北緯35.6 経度 東経138.8
2008715 2223分ごろ  山梨県東部・富士五湖 4.1 3
緯度 北緯35.5 経度 東経139.0

2006年から本日までの12年程の間にM4.0以上は10回発生しています。
回数はそれ程多いという事もありませんが、見ての通り2011年の2回を除いて全て同じ震源です。
緯度 北緯35.5
経度 東経139.0
この緯度経度は富士山から約30Kmほど離れた道志村鳥の胸山付近です。
実は2006年からの12年間で山梨県東部・富士五湖の有感地震は全部で109回発生していますが、その内北緯35.5度、東経139.0以外は36回、約7割が本日と同じ震源で起きています。
これ程ぴったりと同じ緯度経度のところで地震が起こるのも珍しいので、この場所は何か特別なことがあるのかな?と思ったりもします。
同じ緯度経度で無い震源もかなり近いので富士山の地下のマグマの動きと関係があるのかも知れませんね。
昨日は新燃岳が再び噴火しました。
霧島連山の噴火の後に大地震、巨大地震が発生していることが多いと昨晩書いていました。
今までの霧島連山の噴火の際、日本の他の火山の状態がどうであったかは調べていないので、霧島連山の噴火の後の地震の発生ばかり心配してしまいますが、他の山の噴火も気にかけなければならないのかも知れません。
現在は日本全体の、というより世界全体で火山活動が活発化しています。
霧島連山だけでなく日本のどの火山もいつ爆発的噴火をしてもおかしくないといわれていますし、日本のどの場所でも、いつM6.0以上の大地震が起きてもおかしくないとも言われています。
山梨県東部・富士五湖で有感地震が起こるとついつい”まさかの富士山噴火?”と
思ってしまいますが、12年間で10回のM4.0以上の有感地震ですぐ富士山噴火を結びつけるのはちょっと考えすぎかも知れません。

5月15日からキルナ天文台の動きから推測した厳重警戒期間に入りました。
世界のどこかで大地震が起こると思っていますが、いまのところ起こってはいません。
本日は日本の有感地震も、世界のM4.5以上の地震も、むしろ思っていたよりは少ないようです。
※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
行徳高校では本日又変な波形が出ていました。
行頭高校
イメージ 1
本日の波形は2015年の小笠原諸島西方沖M8.5の前に近いのかな?と思います。
当時のグラフを見るとMAXのレベルが低いのですぐには似ているとは思えないのですが、伊豆諸島・小笠原諸島、フィリピン海プレート北端・東端ライン付近(関東地方などの陸上部を含む)地震の前兆を捉えているらしい【四角い波形】はかなりはっきりと出てます。
2015年5月30日の小笠原諸島西方沖地震の波形のレベルを下げてみると、本日の波形と似てくるのではないか?と思いました。
2015年5月17〜30日グラフ
という事は小笠原諸島西方沖付近が要注意なのか?と思ったりします。
最近日本の大変深い震源の地震に関係があるらしいフィジーでの大変深い震源の中規模地震が結構連発しています。
それを考えると日本付近も大変深い所での地震が多くなるため小笠原諸島西方沖は候補としては考えられます。
但し、本日の波形では当時のAVG波形よりも短い時間に多く針が振れています。
単体でこのような波形が1つ出ても関東地方陸上部に中規模以上の地震が起こることがあるのに、連続して出ているのがかなり気になります。
【四角い波形】と針状波形が短時間に何度も出ているために塊のような波形になっているのはかなり要注意だと思いました。
2〜4日後となれば17〜19日ですが、小笠原諸島西方沖の時は何日にもわたって【四角い波形】などが出て続けた後にM8.5が発生したことを考えるともっと先かもしれません。
そういえば先日どこかで見たが、どこで見たのか思い出せないと書いていた波形はこれでは?と思ったのを見つけました。
2015年5月24日
イメージ 2
5018年5月12日
イメージ 3
2015年の5月30日の小笠原諸島西方沖M8.5の1週間前のグラフでした。
皆さんが見て似ていると思われるかどうかはわかりませんが、私は似ていると感じました。
うーんと今唸っています。
これは又小笠原諸島西方沖なのだろうか?
同じ小笠原諸島西方沖だとしても震源の深さはもっと浅いのではないか?
もしかしたら伊豆諸島・小笠原諸島のベつの場所ではないか?
色々考えます。
そういえば昨日マップを載せていましたがフィリピン海プレート北部の東端ライン付近で3連続中規模地震が発生していましたね。イメージ 4


昨日のマップに本日発生した地震や先日の長野県北部の地震なども加えて再び載せます。
こうしてみると長野県北部も本日の山梨県東部・富士五湖もプレート境界線付近ですね。
長野県北部は北米プレートですが、本日の山梨県東部・富士五湖はフィリピン海プレート北端ライン付近です。
フィリピン海プレートの西端側では本日台湾のすぐ南のフィリピンでM4.8が発生しています。
昨晩書いていたプレートの対角線側で地震が発生するという事がよくわかるマップです。
あれこれ考えてもどこで地震が発生するかは特定はできないのですが、何となく薄らと危なそうな場所だけは頭に浮かびます。

アキラの地震予報では女満別でM6台の地震発生合図が昨日出たところで、本日又一島圏内と鹿屋圏内でM6台の地震発生合図が出たというお知らせがありました。
今現在アキラさんで発表されているものです。

父島圏内にM6.3クラスの地震発生合図が沢山出ました。
鹿屋圏内にM6.8クラスの地震発生合図が、多数出ました。
柿岡圏内にM3.5M4.5の地震発生合図が沢山出ました。
女満別圏内にM6.2クラスの地震発生合図が複数出ました。
父島圏内にM5.0クラスの地震発生合図が沢山出ました。
鹿屋圏内にM5.7クラスの地震発生合図が、単一出ました。

父島圏内  M6.3、M5.0
鹿屋圏内  M6.8、M5.7
女満別圏内 M6.2
柿岡圏内  M3.5〜M4.5

結構賑やかです。
特に鹿屋圏内はM6.8と規模が大きな地震が予測されていますね。
柿岡圏内だけは〜M4.5と中規模ですが、他は全てM6台の大規模地震が予測されているという事です。
※ここで又一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
5月15日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
------------------------------------------------------------------------------

4.841km ESE of Pamandzi, Mayotte2018-05-1520:26:5010.0 km

4.652km NE of Lae, Papua New Guinea2018-05-1519:25:08 67.0 km

4.5Reykjanes Ridge2018-05-15 17:32:5810.0km

5.479kmN of Visokoi Island, South Georgia and the South Sandwich Islands2018-05-1517:17:54 35.0 km

4.59km SSE of Otsuki, Japan2018-05-1514:00:42 58.3 km

5.880kmN of Visokoi Island, South Georgia and the South Sandwich Islands2018-05-1503:14:47 10.0 km

4.552km ESE of Ndoi Island, Fiji2018-05-1501:54:13 526.1 km

4.874km WSW of Sabtang, Philippines2018-05-1500:12:19 30.5 km

------------------------------------------------------------------------------
全部で8回と少なく、内M5.0以上は2回です
M5台の地震は両方サンドウィッチ諸島でM5.8、M5.4。
キルナ天文台の動きから推測した厳重警戒日にしてはかなり地震活動は静かでした。

朝衛星画像を見ていたら昨日M5.1のあった岩手県沖に一筋の細い雲が丁度かかっていたのであれっ?と思いました。
高知大学気象情報頁
9時(左)では一筋の雲だったのが、22時(右)では岩手県辺りから北海道の辺りまで雲がかかっています。
東北地方北部(日本海側も)から北海道沖千島列島などは要注意です。
又、島根県から四国沖までも細い雲筋が9時画像で見えますが、22時には九州〜近畿地方まで同じ方向の雲が覆っています。
島根県から紀伊半島沖までは要注意です。
Hi-net震源マップ
イメージ 6
特に気になったのが南西諸島です。
やけに震源マークが多く生っています。
九州から南西諸島は2筋の火山帯があるらしく、この24時間はこの2筋両方で地震が発生しています。
衛星画像の方でも九州から南西諸島は要注意と書こうと思ったのですが、ハイネットを見たらより要注意な感じがよくわかると思い、あえて書かなかったのです。
それ程九州沖から南西諸島ラインの震源マークが最近では余り見たことが無い位多くなっています。
アキラの地震予報では鹿屋圏内はM6.8の地震発生合図が出ています。
新燃岳は日向灘か伊豆・小笠原諸島かどちらかの地震の前兆と木村先生の見解ですが、日向灘よりももっと広い範囲、九州から南西諸島なのか?はたまた伊豆・小笠原諸島に関東地方陸上部を含む区域なのか?いずれにしてもどちらの地震の前兆かも知れないと改めて思います。
行徳高校では真夜中に拘わらず22時〜23時に激しい動きが出ています。
有感地震は結局3回でした。
キルナ天文台の動きはほんの小さなものとなり、宇宙天気ニュースを見ても太陽風は低速で磁気圏も概ね静穏とありますので、今回のキルナ天文台の動きから推測した厳重警戒、要警戒・要注意期間はひとまず5月25日までとします。
しかし16日以降の動きによっては又変更するかも知れません。
日付が変わり5月16日になりました。
2018年になったと思ったら既に5月中旬、この調子で行くとすぐ2019年になりそうです。
又何かありましたら更新します。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事