ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

千葉県南東沖M4.0震度3

2018年6月22日(金)0時40分

雨降りの多かった21日は有感地震の数も少なかったのですが、千葉県南東沖でM4台の有感地震がありました。
千葉県南東沖はM3.5も発生したおり、東方沖でも有感地震があったこともあって房総半島沖はかなり心配です。
21日に日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
-----------------------------------------------------------------------------------
2018621 2249分ごろ香川県東部 2.7 1
2018621 1918分ごろ千葉県南東沖 3.5 2
2018621 1913分ごろ大阪府北部 2.9 1
2018621 1553分ごろ千葉県南東沖 4.0 3
2018621 441分ごろ千葉県東方沖 3.2 1
2018621 426分ごろ大阪府北部 2.4 1
------------------------------------------------------------------
全部で6回と少ないですね。
大阪府北部の余震は2回ありました。
千葉県の沖が3回、後は珍しく香川県東部で有感地震がありました。
先ほど天気予報を見ていたら、22日は一部を除いて日本全国ほぼ晴天の様です。
雨が降った後に晴天域に入ると地震が発生しやすいので、22日はどこかで目立つ地震があるかも知れません。
行徳高校のMA波形のレベルも平常時に戻り、AVG波形も山形波形などの動きがあるものの最近の変な波形は終わっています。
異常値観測が終わってから発震という事もあります。
行徳高校
6月20〜21日と22日のグラフです。
イメージ 1
イメージ 2
21日の4時にMAX波形のレベルが下がりました。
20日は欠測が続いた後回復、又欠測を繰り返していました。
21日のグラフを見ると夜中は赤い線は出ているものの、やはり欠測していたようです。
仮にどこかで目立つ地震があるとして、そこはどこなのでしょうか?
やはり最近気になっている千葉県付近だろうと思うのですが、木村先生のコメントでは大阪府北部でさえ伊豆・小笠原で予想される震源域(空白域)からのエネルギーだと推測されるとしたら、また別の場所での目立つ地震もあるのかも知れません。
ただ、いつかは伊豆・小笠原海溝付近に大きな規模の地震が起こるだろうと思いますので、それが近々なのか、まだ少し先なのか?これが分からないのが困ります。
予測されている期間は2012年±5年という事で、既に予測期間は過ぎており、いつ何時大地震が起こってもおかしくないのだと思うとかなり怖いです。
更に予測されている大地震は他にもあるため、それらの場所からのエネルギーだとすれば、本当に日本中のどこでM6台の地震が起こるかもわかりません。
巨大地震は伊豆・小笠原海溝、北海道南東沖、三陸沖がM8.5クラス、台湾から南西諸島南西部や日向灘から九州南東沖がM7.2〜M7.5です。
そういえば21日に又台湾付近でM4.7の中規模地震が発生しています。
ここ1週間では2回ですが、ここ30日間では6回目となります。

6月21日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
--------------------------------------------------------------------------------
4.9167km SW of L'Esperance Rock, New Zealand2018-06-21 23:54:50 237.0 km
4.9104km SW of Porgera, Papua New Guinea2018-06-21 22:06:4358.2 km
4.6186km WNW of Abepura, Indonesia2018-06-21 13:19:3249.6 km
4.818km NNE of Barcelona, Philippines2018-06-21 12:25:16119.5 km
5.447km WSW of Hihifo, Tonga2018-06-21 11:03:29111.6 km
4.58km SW of Sabana Grande de Boya, Dominican Republic2018-06-21 09:13:52 83.9 km
5.4119km S of `Ohonua, Tonga2018-06-21 08:23:3036.0 km
4.79km NNE of Dabeiba, Colombia2018-06-21 05:12:12 27.6 km
4.629km SW of Puerto Santa, Peru2018-06-21 04:47:4862.7 km
4.767km E of Hualian, Taiwan2018-06-21 04:18:56 10.0 km
-----------------------------------------------------------------
全部で10回、内M5.0以上は2回とそれ程多くはありません。
2日間は環太平洋の西側以外の地震が多かったのですが、21日は環太平洋の西側の発震も増えています。

我が家の電波時計は正常に受信して正しい時間になったと思ってもすぐ遅れてきます。
乾電池も交換してから間もないので、電波障害のせいだと思いますが、本来一旦正常に受信すると、受信しなくてもそのまま普通の時計の様に動くものだそうですが、これだけ狂ってしまうというのは何かあるのでしょう。

宇宙天気ニュースによると太陽風の速度は400Km/秒位で普通の速度となっています。
一旦キルナ天文台の動き(磁気圏の攪乱)から推測した要注意期間は6月30日で終わりにしていますが、今後又高速太陽風が到来したり、磁場が南向きになって磁気圏の活動が活発化したりが間もない頃なら要注意としていない7月1日も後ほど要注意期間に含めるかもしれません。
高知大学気象情報頁
2018年6月22日00時HD極東域赤外線画像
イメージ 3
薄く細い雲が何箇所かに出ています。
関東の内陸部もちょっと気になります。
ハイネット震源マップでは栃木県と群馬県の県境付近で群発地震があり、6月17日の群馬県南部もこの付近で発生しています。
大阪府北部も京都府南部から大阪府北部の群発地震域でした。
他に群発地震がおこっているのは福島県南部から茨城県北部、和歌山県北部、長野県中部や南部、北部等です。
大きな地震の余震域、島根県西部や熊本県熊本地方なども小さな地震が群発しています。
これらの群発地震域はその周りも含めて要注意です。

最程から眩暈がしており、頭痛は治まったのですが、頭がグラグラしてしています。
この24時間、日本付近の地震はかなり少なくなっていますが、22日の晴天でどの位マークが増えるのでしょうか?
又何かありましたら更新します。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事