ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2018年7月12日(木)23時3分

10日はM4台が連発し、昨日11日はM2〜3台の有感地震が3回と割合静かでした。
本日は又M4〜5台の中規模地震が連発、やや地震活動が活発となりました。
2018712 1739分ごろ 宮城県沖 4.8 3
  (USGS 4.780km ESE of Ishinomaki, Japan2018-07-12 17:39:23 35.4 km)
2018712 1346分ごろ岩手県沖 4.1 1
  USGS 5.0287km ESE of Iwo Jima, Japan2018-07-12 12:09:2938.9 km
  USGS 5.1278km ESE of Iwo Jima, Japan2018-07-12 09:38:0210.0 km

有感地震でなかったため見落としてしまいがちですが、USGSでは硫黄島近海でM5.1、M5.0の中規模でもやや規模の大きな地震が2連発しました。
17時39分の宮城県沖M4.8は震度3と揺れが少し大きくテレビで地震情報が流れました。
イメージ 1

USGSで発表されたここ7日間に発生したM4.5以上の地震ですが、日本付近は赤、その他は青のマークです。
北米プレートは南端ラインから北海道南方沖付近、フィリピン海プレートは中部から北部までしかマークを付けていませんが、日本付近の地震が案外多いのにちょっと驚きました。
本日のM5台2回に7日M5.9、10日M5.0と合わせて、日本付近ではこの7日間で4回もM5台が発生しています。
7日のM5.9は気象庁発表はM6.0。
一昨日はともかくその他は静かな日が多かったので、M5台が4回発生したという事は、日本付近も地震活動が結構活発だったのかな?と思います。
一時全く中規模以上の地震が起こらなかったフィリピン海プレートの東端ラインの北部にも地震活動が戻って来たようです。
行徳高校で出続けていた【四角い波形】伊豆諸島・小笠原諸島、フィリピン海プレート北端ライン付近の地震の前兆を捉えているらしいので、対応する地震が起こるのかと思っていたのですが、どうも特定できない上に、珍しい程長い間【四角い波形】が続いていたので、纏めてその後起こる規模の大きな地震の前兆かも知れないと思っていました。
本日硫黄島近海で2回もM5台が発生していますが、これで終わりなのか?それとも更に大きな地震の発生となるのかは今のところわかりません。
行徳高校も欠測が丸2日程続いて、ようやく昨日には欠測が解消。
その時に欠測していた部分見たら、AVG波形でも700Mvに達するハイレベルな異常値が出ていました。
その後その部分は見られなくなったものの、その後もギザギザ山形波形や【四角い波形】が出ています。
行徳高校 
http://earthq.system-canvas.com/
イメージ 2

11日は前日の夜から朝7時までの間はブツブツと途切れたように欠測となっています。
7時以降は何度も山があるギザギザ山形波形が夜まで出、21時以降に【四角い波形】も出ていました。
本日12日は7時前も極小さな飛び出しが数回出て、7時以降は昨日よりⅯ更にレベルが高く激しいギザギザ山形波形で針状になっている時間もあります。
平常時はレベルが下がり、動きが止まる19時以降も小さ家宇ギザギザな波形となっています。
2日間程の欠測があったためどの波形がどの地震の前兆を捉えていたのかはわかりませんが、明日以降も中規模以上の地震が起こりそうだなと、今思っています。

7月11〜12日23時42分までに日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
2018712 1739分ごろ 宮城県沖 4.8 3
2018712 1346分ごろ岩手県沖 4.1 1
2018712 1207分ごろ熊本県熊本地方 2.0 1
2018712 122分ごろ長野県北部 2.7 1
 
2018711 1909分ごろ熊本県天草・芦北地方 2.3 1
2018711 1328分ごろ宮古島近海 3.3 1
2018711 1249分ごろ千葉県北西部 3.4 1

昨日は先に書いているようにM2〜3の地震が千葉県北西部、宮古島、天草・芦北地方で起こりました。
本日は4回と有感地震の発生数は少ないのですが、内2回がM4台です。
実は昨晩は久々に夜遅くまで起きていました。
一瞬ドン!と揺れた気がして、すぐ地震情報を観たのですが何も発表されておらず、気のせいだったかな?と思っていました。
今朝見たら長野県北部M2.7震度1となっており、ハイネットの震源マップを見たら、私が住んでいる場所に近い所に震源マークが幾つも付いていて、やっと昨晩の地震が本当にあった、しかも震源が近いと理解しました。
緯度経度を見ると7月2日にM2.8の有感地震のあった場所と同じ震源でした。

イメージ 3
Hi-net震源マップ
有感地震は1回だけでしたが、震源マップを見ると小規模マークの上に極小マークが幾つも重なって付いています。

これは12日の8時45分までの24時間マップで近畿から東北地方までの拡大図ですが、長野県北部の震源マークで、昨晩、ガン!となったのは気のせいでは無かったと分かりました。
その他の印象としては大変深い震源の青いマークが陸上部にやけに多いなという事でした。
昨晩にフィジーで中規模な地震が発生しており、本日は今度はM5.5と中規模でもやや規模の大きな地震が発生していますので、日本付近の継続的に地震が群発している日本海から若狭湾、伊勢湾から小笠原諸島西方沖に至る群発地震域の地震活動も活発になる(なっている)とわかりました。
※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
 続けます。
ハイネットの震源マップ12日13時45分(左)、22時45分(右)です。
イメージ 4

青いマークは陸上だけでなく日本海にも太平洋にもついています。
12日のフィジーM5.5は規模がやや大きいので日本付近でも、この大変深い震源の地震の規模も少し大きくなるかも知れません。
既にM4〜5台のマークが数個発生していたようですが・・・

先ほどからかなり酷い眠気が来ています。
実は12日は夕方前に耐えがたい程の睡魔に襲われ、遂に2時間もぐっすりと眠ってしまったせいで、今晩は眠れないかも?と思っていたのですが、この眠さは何でしょう?
地震の前の眠気だと嫌ですね。
少し前まで狂いっぱなしだった電波時計も今は正常に時を刻んでいます。
  ※13日追記:↑こう書いて2階に上がってみたら、時計がクルクル回っていて   
   ビックリしました。
   やっぱり電波時計の受信状態は良くなかったみたいです。
先ほど行ったブログ更新でも普通に正常に更新できました。
頭はちょっと痛いですが、それ程でもなく、地震の前兆現象は殆ど無いのですが、ただただ眠気だけがあります。

慌てて更新をしなければ・・・
以下は7月10〜12日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
10日は少しだけ前回の記事に載せたのですが、最終的にかなり中規模地震の数が多い日となったので、あらためて載せることにしました。

4.780km ESE of Ishinomaki, Japan2018-07-12 17:39:23 35.4 km
4.644km SSW of La Libertad, El Salvador2018-07-12 16:56:23 56.1 km
5.5South of the Fiji Islands2018-07-12 15:51:21539.6 km
5.0287km ESE of Iwo Jima, Japan2018-07-12 12:09:2938.9 km
5.1278km ESE of Iwo Jima, Japan2018-07-12 09:38:0210.0 km
4.5105km N of Maurole, Indonesia2018-07-12 03:18:37428.9 km
4.5119km ESE of Gualaquiza, Ecuador2018-07-12 02:57:5367.5 km
5.3Volcanic Eruption 6km WSW of Volcano, Hawaii2018-07-12 00:45:53 0.1 km
4.913km SSE of Isangel, Vanuatu2018-07-12 00:34:14 104.4 km
 
4.651km SSE of Ndoi Island, Fiji2018-07-11 22:25:37 551.2 km
4.994km SE of Molibagu, Indonesia2018-07-11 17:22:57 68.4 km
5.2North of Ascension Island2018-07-11 14:47:2710.0 km
5.3Southwest Indian Ridge2018-07-11 14:00:43 10.0 km
5.1Southwest Indian Ridge2018-07-11 12:07:15 10.0 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-11 11:22:1810.0 km
5.2Southwest Indian Ridge2018-07-11 09:33:39 10.0 km
5.2Southwest Indian Ridge2018-07-11 08:28:01 10.0 km
4.7238km WNW of Attu Station, Alaska2018-07-11 08:23:10 30.0 km
5.422km WNW of Waiouru, New Zealand2018-07-11 06:43:57 83.1 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-11 03:41:40 30.1 km
4.7Southwest Indian Ridge2018-07-11 02:44:56 10.0 km
5.110km WSW of San Francisco, Philippines2018-07-11 01:24:22 52.0 km
5.5Southwest Indian Ridge2018-07-11 01:05:09 10.0 km
4.665km NNW of Attu Station, Alaska2018-07-11 00:54:2828.1 km
5.237km SW of Tilamuta, Indonesia2018-07-11 00:33:21 197.2 km
 
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-10 23:35:2710.0 km   
4.8Southwest Indian Ridge2018-07-10 22:07:12 10.0 km
5.2166km SW of Panguna, Papua New Guinea2018-07-10 21:29:0552.2 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-10 21:04:0810.0 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-10 20:30:0710.0 km
5.6Southwest Indian Ridge2018-07-10 19:26:2110.0 km
5.2Southwest Indian Ridge2018-07-10 17:44:1410.0 km
5.0Southwest Indian Ridge2018-07-10 17:15:2610.0 km
4.715km WSW of San Francisco, Philippines2018-07-10 16:54:0483.7 km
5.1Southwest Indian Ridge2018-07-10 16:26:5910.0 km
4.7128km ESE of Petropavlovsk-Kamchatskiy, Russia2018-07-10 15:03:5331.8 km
4.8Southwest Indian Ridge2018-07-10 14:33:31 10.0 km
4.985km NE of Hasaki, Japan2018-07-10 14:23:4427.8 km
4.7Southwest Indian Ridge2018-07-10 14:04:2210.0 km
5.078km ENE of Mutsu, Japan2018-07-10 13:55:56 51.6 km
5.079km NNW of Talkeetna, Alaska2018-07-10 10:08:21114.6 km
4.657km N of Ternate, Indonesia2018-07-10 07:31:36130.0 km
4.830km W of Pagan, Northern Mariana Islands2018-07-10 06:41:19252.6 km
5.3Volcanic Eruption 6km WSW of Volcano, Hawaii2018-07-10 04:20:46-0.4 km
4.617km N of Balao, Ecuador2018-07-10 03:14:15 47.5 km

10日は全部で20回、内M5.0以上は8回でした。
どうしてこれほど多くなったかと言いますと南西インド洋で何度も地震が発生したためです。
11日は全部で16回、内M5.0以上は9回と10日よりも更に多くなりました。
10日は20回の内の9回が南西インド洋、11日は16回の内の8回。
2日間で合計17回のM4.5以上が発生しています。
その17回の内の10回がM5.0以上の地震だったので、この場所で更に規模の大きな地震が起こるのではないか?と懸念していました。
10〜11日の南西インド洋のM4.5以上の地震です。
5.3Southwest Indian Ridge2018-07-11 14:00:43 10.0 km
5.1Southwest Indian Ridge2018-07-11 12:07:15 10.0 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-11 11:22:1810.0 km
5.2Southwest Indian Ridge2018-07-11 09:33:39 10.0 km
5.2Southwest Indian Ridge2018-07-11 08:28:01 10.0 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-11 03:41:40 30.1 km
4.7Southwest Indian Ridge2018-07-11 02:44:56 10.0 km
5.5Southwest Indian Ridge2018-07-11 01:05:09 10.0 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-10 23:35:2710.0 km   
4.8Southwest Indian Ridge2018-07-10 22:07:12 10.0 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-10 21:04:0810.0 km
4.9Southwest Indian Ridge2018-07-10 20:30:0710.0 km
5.6Southwest Indian Ridge2018-07-10 19:26:2110.0 km
5.2Southwest Indian Ridge2018-07-10 17:44:1410.0 km
5.0Southwest Indian Ridge2018-07-10 17:15:2610.0 km
4.8Southwest Indian Ridge2018-07-10 14:33:31 10.0 km
4.7Southwest Indian Ridge2018-07-10 14:04:2210.0 km

12日はあれだけ発生していたM4.5以上の地震がピタリと止まってしまいました。
これで終わりなら良いですが、大きな地震の前に一旦静かになる時期があることもあります。

12日は全部で9回とやや少ない位の回数になっていました。
9回の内、M5.0以上の地震は4回でした。
9回のM4.5以上の地震の内の3回が日本付近で、世界では12日は日本付近が一番地震活動が活発だったようです。
世界で発生したM4.5以上の地震も、日本付近の有感地震も17時39分の宮城県沖を最後に現在は止まっています。
※ここで再び一旦更新しておきます。
 普通に正常に更新できました。
 
宇宙天気ニュースによると太12日は陽風は低速で磁気圏は穏やかとありますが、11日は太陽風磁場の強まりが到来したとあり、キルナ天文台では小さな動きが出ていました。
そのため10日後の7月21日も要注意日としました。
12日は磁気圏が穏やかなせいかキルナ天文台のグラフも穏やかでした。

ハイネットの震源マップでは数日前のよりは震源マークが増えており、所々マークがの塊が出来ています。
この様な地震が頻繁な場所は、小規模地震ばかりだとしても、いつ一段大きな地震が発生するかわからないので、矢張り注意しておかねばなりません。
マークが増えている南西諸島から日向灘、北海道の南方・南東・東方沖、大変深い地震の群発域、伊豆諸島から房総半島沖、伊豆諸島〜小笠原諸島等のフィリピン海プレート境界線付近など。
岩手県沖、宮城県沖とくれば福島県沖、茨城県沖等も中規模以上の地震に要注意です。
ちょっと遅い時間になってしまいましたし、眠気が酷いので今夜はこれで終わりますが、又何かありましたら更新します。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事