ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2018年7月21日14時43分追記:
マズいです。
久々に思いっきり更新時に画像が一番上に来て、記事が消滅しました。
最近更新が正常に出来ていたので完全に記事消滅の事を忘れていました。
更に昨晩の記事に追記したのでなおさら頭の中には「消滅」の二文字が無かったのです。
いつも書いていますがブログ更新時の記事消滅は立派な地震の前兆現象です。
要するに電波障害が起きているという事なのですが、記事が消滅して画像が不自然に一番先頭に来るというわかりやすい現象です。
昨晩も書きましたが、いつもは洗面所の電波時計が狂ったり止まったりするところ、昨晩は寝室の方の電波時計が狂ってしまいました。
これも電波障害のせいだと思っていますが、こうして記事が消滅すると益々目立つ地震は近いなと感じます。

追記した記事にはキルナ天文台のグラフに動きが出たことや、行徳高校のグラフが昨日から欠測している事、果ては熱中症対策の話しとか色々書き込んでいたのですが、流石にあらためて書き込む気持ちにはなれません。
地震はかなり近々で目立つ規模だと思います。夜にでももう一度更新します。
暑くて外出は控えて欲しい所ですが、出来るなら今のうちに食料や水は買い込んでおいた方が良いかも知れないですね。
とは言え今は火山噴火活動が世界で活発なので巨大な地震は起こらないと思っています。
しかし日本のどこでも、いつでもM6クラスの地震は起こる可能性があるという事。
無いに越したことはありませんが、準備をしておくことは悪い事ではありません。
場所はどこでしょうか?
アキラさんの予測では本土で発生する可能性が高いとのことなので、私もあなたも皆要警戒です。
夜までに何も無くてももう一度更新します。


イメージ 4

イメージ 5

2018年7月21日(土)0時25分

19日は世界でM5台が増えてきたなと思っていたら23時台にアラスカでM6.0が発生しました。
20日になって続いて今度はパプアニューギニアでM6.0発生。
4時間程の間に2回のM6.0発生でした。
6.095km W of Kandrian, Papua New Guinea2018-07-20 03:30:33 31.2 km
6.092km WSW of Chernabura Island, Alaska2018-07-19 23:16:2617.1 km

ここ30日間に世界で発生したM6.0以上の大地震です。


6.472km NNW of Isangel, Vanuatu2018-07-13 18:46:49169.2 km
6.193km E of Ozernovskiy, Russia2018-07-06 10:40:08 79.8km
6.128km WSW of Port-Vila, Vanuatu2018-06-22 06:13:32 28.0km
6.095km W of Kandrian, Papua New Guinea2018-07-20 03:30:3331.2 km
6.092km WSW of Chernabura Island, Alaska2018-07-1923:16:26 17.1 km
6.0137km SSE of Sayhut, Yemen2018-07-15 10:57:19 10.0 km


先日30日間のM6.0以上の地震を調べた時は2回しかありませんでしたが、少しだけ増えています。
それでも一番大きな規模の地震は7月13日のバヌアツのM6.4で、後はM6.1が2回とM6.0が3回です。
前にも書いた通り最近は世界で火山噴火活動が激しいため、大きな地震が殆ど起こらなくなっているようです。
火山噴火も地震も嫌ですが、火山噴火の方が避難する時間はあるので、やはり地震が一番怖いですね。

7月19日〜20日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
5.077km W of Kirakira, Solomon Islands2018-07-20 21:32:0190.0 km
4.684km NNE of Tobelo, Indonesia2018-07-20 21:03:19 83.1 km
5.622km SE of Suncho Corral, Argentina2018-07-20 19:24:57587.8 km
5.01km ENE of Polkowice, Poland2018-07-20 12:31:31 5.4 km
5.2Volcanic Eruption 5km WSW of Volcano, Hawaii2018-07-20 11:33:01 0.9 km
4.9134km NE of Hihifo, Tonga2018-07-20 09:43:22 10.0 km
5.1176km SSW of Bristol Island, South Sandwich Islands2018-07-20 09:24:59 10.0 km
4.9181km SSW of Bristol Island, South Sandwich Islands2018-07-20 08:30:13 34.6 km
4.8113km SW of Porgera, Papua New Guinea2018-07-20 07:08:37 10.0 km
6.095km W of Kandrian, Papua New Guinea2018-07-20 03:30:33 31.2 km
4.6124km S of Krajan Tambakrejo, Indonesia2018-07-20 02:43:54 42.0 km

6.092km WSW of Chernabura Island, Alaska2018-07-19 23:16:2617.1 km
5.71km NW of Huajuapan de Leon, Mexico2018-07-19 22:31:5355.4 km
4.8148km S of Krajan Tambakrejo, Indonesia2018-07-19 21:49:3735.0 km
5.4128km S of Krajan Tambakrejo, Indonesia2018-07-19 21:23:36 43.4 km
5.121km E of Colombia, Colombia2018-07-19 14:39:3447.7 km
4.556km SSW of La Gomera, Guatemala2018-07-19 10:27:17 17.3 km
4.6159km N of Tobelo, Indonesia2018-07-19 05:40:38 68.1 km
5.686m WSW of Chernabura Island, Alaska2018-07-19 04:06:0328.0 km
5.049km ESE of Kainantu, Papua New Guinea2018-07-19 01:56:3099.9 km

19日は全部で9回、内M5.0以上は6回と占める割合が高く、その内の1回がM6.0でした。
20日は全部で11回、内M5.0以上は6回、その内の1回がM6.0の大地震でした。
両日ともM5.0以上の地震が多くなっており久々に地震活動が活発な2日間でした。
アキラの地震予報ではビックリするほど久々にあちらこちらで大地震の発生合図のお知らせが出ていました。
父島圏内にM6.7クラスの地震発生合図が多数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋を始めとして、環太平洋地方では、一週間程地震発生に要注意です。

2018.(07/20 1120発信)


女満別圏内にM6.4クラスの地震発生合図が単一出ました。

北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。

 特に、北海道地方の直下型地震に要注意です。

2018.(07/20 1719発信。)
鹿屋圏内にM6.0クラスの地震発生合図が、単一出ました。

九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。

2018.(07/20 1117発信) 

鹿屋圏内にM5.1クラスの地震発生合図が、単一出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
2018.(07/19 1047発信)

父島圏内にM6.8クラスの地震発生合図が多数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋を始めとして、環太平洋地方では、 一週間程地震発生に要注意です。
2018.(07/18 1045発信)

柿岡圏内にM6.0クラスの地震発生合図が複数出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 既に発震してしまった可能性も有りますが、関東甲信越地方は、直下型地震に要注意です。
2018.(07/17 1027発信。)

 女満別圏内にM5.8クラスの地震発生合図が複数出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
 特に、北海道地方の直下型地震に要注意です。
2018.(07/14 1051発信。)
これだけ多くのM6.0台の地震発生合図が出たのは久々だと思います。
アラスカとパプアニューギニアで既に続けてM6.0が発生していますので、これらの地震発生合図で予測されている地震は既に発生したのかもしれませんが、これから発生するとすれば 気を付けなければなりません。
アキラさんの予測ではほM6.0クラスの地震が本土で発生する可能性が高いとのこと。
場所は特定できないのが残念です。

昨日我が家の電波時計の1つ、いつもの洗面場ではなく寝室の時計が狂ってしまいました。
電池切れかと思い、取り換えて強制受信しても、暫くすると止まってしまったり狂ってしまったり。
日本には現在2つの電波発信基地があるそうで、時計ごとにどちらかの電波を受信するようになっているそうです。
本日は時計がそれぞれ別の基地から受信しているのか?時計をかけている場所のせいなのか?と思い、2つの場所を取り換えてみました。
するとさっきまで正常だった時計の方が狂い始め、狂っていた方が正常に受信していました。
という事で我が家の中で電波障害が起きている場所とそうでない場所があるようです。
いずれにしても電波時計の不受信や誤作動は地震の前兆現象の1つです。

12時過ぎてから更新し始めたのですが急に酷い睡魔に襲われてしまいました。
ちょっとこの先を続けるのは無理そうなので、今夜はこれで一旦終わり、また明日のああにでも追記することにします。
日本付近の有感地震についてはその時に書き足します。
おやすみなさい。

2018年7月21日(土)13時27分

昨晩は急に眠くなってしまい更新途中で寝てしまいました。
今日の13時までに世界で発生したM4.5以上の地震です。
4.5278km S of L'Esperance Rock, New Zealand2018-07-21 11:07:14 35.0 km
4.741km S of Copala, Mexico2018-07-21 10:29:4010.0 km
4.6209km NE of Rutog, China2018-07-21 09:40:3613.3 km
5.646km NNE of Pagan, Northern Mariana Islands2018-07-21 08:56:00 125.8 km
5.263km ESE of Muara Siberut, Indonesia2018-07-21 04:58:0824.5 km
4.7Central East Pacific Rise2018-07-21 04:46:58 10.0 km
4.8188km SSW of Lorengau, Papua New Guinea2018-07-21 03:32:53 37.2 km
4.620km SSW of Juan Rodriguez Clara, Mexico2018-07-21 02:42:0498.2 km

一昨日、昨日と比べてM5.0以上の地震の発生割合が低くなっています。
M6.0が発生した2日間も終わり一休みと言ったところでしょうか?

昨晩は載せなかった日本付近の有感地震です。
2018721 637分ご京都府南部 2.6 1
2018721 233分ごろ北海道南西沖 3.9 1

2018720 2256分ごろ安芸灘 3.3 1
2018720 2229分ごろ宮城県沖 4.2 2
2018720 2134分ごろ徳島県北部 3.1 1
2018720 2027分ごろ千葉県北西部 3.3 1
2018720 1341分ごろ新潟県中越地方 2.7 1
2018720 1243分ごろ京都府南部 2.5 1
2018720 507分ごろ 岩手県沖 3.8 2

2018719 2340分ごろ島根県東部 3.1 2
2018719 2131分ごろ 和歌山県北部 3.5 2
2018719 2052分ごろ 福島県沖 4.4 2

2018719 1743分ごろ 大阪府北部 2.8 1

2018719 210分ごろ 長崎県北部 2.3 1

19日は5回、内M4.0以上は1回。
20日は7回、内M4.0以上は1回。
21日は13時33分までに2回でM4.0以上は発生していません。

20日と21日に京都府南部でM2台の小さな有感地震が発生していますが、19日の大阪府北部の6月18日のM5.9震度6弱余震域に隣接している場所です。
イメージ 1

元々は大阪府北部よりも京都府南部に群発地震が続いていましたので、まさかとは思いますが、京都府南部も警戒した方が良いかも知れません。
Hi-net震源マップ
2018年7月21日13時30分までの24時間マップ
西日本拡大図

昨晩ですが安芸灘と徳島県北部で有感地震がありました。
震源マップでも安芸灘、徳島県北部にM3台のマークがちょっと目立っています。
先日の大雨でかなり地盤の状態も良くない区域です。
震度1と揺れは大したことが無かったのは幸いでした。

熊本地震余震域は相変わらず地震が小さな地震が続いているようですが、震度1よりは小さな揺れの様です。
最近この熊本地震余震域の周辺に震源マークが多くなっている気がします。薩摩半島西方沖でM4.6(USGS M5.0)が発生したのは7月18日でした。
その後もハイネットを見るとこの付近にマークがついていることがありますが、この24時間も数回の地震が発生しているらしく、九州の西方沖に赤いマーク(M3クラス)の上に幾つか小さなマークが重なっています。

台風10号が那覇市の北北西を進んでいるようですが、台風の接近通過中も九州沖から南西諸島では地震が発生していたようです。
種子島付近に赤いM3クラスのマークと、それに重なるいくつかの小規模地震のマーク、南東沖では黄色のマークもついています。
薩摩半島の深い震源マークと鹿児島湾でしょうか?赤いマークもついています。
伊予灘から豊後水道、日向灘では極小マークが散らばっています。
これから台風が遠ざかってきたらもっと地震発生が多くなるかも知れません。
イメージ 2

こちらは同じ時間の近畿から東北地方南部野拡大図です。
気になったのは新潟県中越地方、栃木県北部、そして福島県南部から茨城県北部の群発地震域の浅い震源の赤いマークが並んでいる事。
福島県の南部の西から東付近の3箇所で小規模地震が群発しているようです。
よく見ると福島県は極小地震が結構多かったのですね。

長野県北部の我が家に近い場所で一時地震が群発していましたが、この24時間は地震が発生していないようでホッとします。
何しろ我が家の電波時計の狂い方がおかしく、昨日は遂に別の部屋の時計までは狂い始めていたので、長野県北部と言っても白馬や、栄村など大地震が発生していない群馬県中部との県境付近でまさか目立つ規模の地震が起こるのではないか?とちょっと心配していました。
又マークが急激に増えてくることもあるかも知れないですが、取り敢えずはホッとします。
イメージ 3

こちらは関東地方の拡大図。
神奈川県の西部に大きな青いマーク(M4クラス)の上に緑色のM3クラスのマークと黄色の極小マークが重なっています。
箱根?
ハッキリとわかりませんが、神奈川県の西部も要注意だと思いました。

千葉県北西部は昨晩にM3.3の有感地震が発生していますが、そのマークの上にも小規模地震

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事