ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2018年10月4日(水)0時33分

先ほど千葉県東方沖で震度4の地震がありました。
2018年104 015分ごろ 千葉県東方沖 4.6 4

3日はM4.0を超える有感地震が無く更新しなくて済んだと思ってPCの電源を落とそうとした途端に地震情報が流れました。
3日はありませんでしたが、2日福島県沖M4.1、茨城県沖M4.7、岩手県沖M4.3と関東地方から東北地方にかけてM4台が次々と起こっています。
台風の縦断中は胆振地方中東部でM4.2、M5.0、M4.9の余震もありました。
又にほんふきんで継続的に発生している大変深い震源の地震も中規模地震が連発しているようで、ちょっと嫌な感じです。
これから台風25号が接近してくるともしかしたら一時的に地震の発生が少なくなるかも知れませんが、進路によっては影響なく地震が起こることも考えられます。
シャク暦でもキルナ天文台の動きからも今は要注意、要警戒期間のため注意して過ごすしかありません。
Hi-net震源マップ
遠州灘辺りの青いマークは少なくなりましたが、北海道の北西側のロシア沖辺りの青いマークは結構大きいですね。
昨日日本付近に青いマークがかなり多くなっていた時、ふとこの位置の深い震源の中規模地震連発は、南海トラフの地震に影響はないのだろうか?とちょっと考えてしまいました。
プレートの一番深い所で地震活動が活発になれば、浅い所でも何らかの影響が出るのではなかろうか?と。
ハイネット震源マップでは日本全体では地震の回数は多くは無いと思うのですが、所々マークが多い場所もあって気になります。
岐阜県がちょっと今までよりも活発ですが、ここは東日本大震災の前に急に地震活動が活発になった場所だけに気になります。
和歌山県北部の群発域、熊本地震余震域が北側に広がっていたり、天草等西側にも広がっているのも気になりますし、北海道の東部でも震源マークが多くなっています。
先ほど震度4の地震があった銚子付近から福島県沖、有感地震が未だ起こっていない宮城県沖もややマークが多くなっています。
行徳高校
イメージ 2
10月1日、2日の千葉県香取観測点です。
1日にはAVG波形に小さな飛び出しがあり、2日には5時台に小さな動き、19時台にはレベルはそれ程高くはありませんが激しく動きが出ています。
その後は欠測となってしまい、どんな異常値が出ているかはわかりませんが、4日にも中規模地震が又起こるだろうと思います。
既に千葉県東方沖でM4.7が発生しましたが、関東地方の陸上部から沖や福島県沖等は4日は要注意です。
10月3日グラフ
イメージ 3
朝の9時から欠測していたのですね。
相変わらずMAX波形は高い異常値が出っ放しですし、どこかで対応する地震が起こると思いますが、場所はまだよくわかりません。
今までとはちょっと違った波形が続いているため、最初は台湾から南西諸島や九州の周辺と思っていたのですが、このような波形になってからはよくわからなくなっています。
欠測するというのは決して良い事ではありませんし、中規模地震程度で終わってくれれば良いなと思っています。
10月3日に発生した有感地震です。
2018103 2257分ごろ 熊本県熊本地方 2.5 2
2018103 2104分ごろ 胆振地方中東部 3.0 1
2018103 1811分ごろ 胆振地方中東部 2.8 1
2018103 1038分ごろ和歌山県北部 2.4 1
2018103 032分ごろ岐阜県美濃中西部 2.9 1
全部で5回、M4.0以上はありません。

10月3日に世界で発生したM4.5以上の地震です。

5.329km SSW of Nggongi, Indonesia2018-10-03 21:38:0510.0km

4.643km SSE of Nggongi, Indonesia2018-10-0320:53:5810.0 km

5.038km S of Nggongi Satu, Indonesia2018-10-03 18:58:0610.0km

4.652km NE of Yelizovo, Russia2018-10-0316:21:28113.0 km

4.9210km NE of Raoul Island, NewZealand2018-10-03 14:46:1810.0 km

5.3130km SE of Honiara, Solomon Islands2018-10-03 14:23:2410.0 km

4.631km NNE of Nikolski, Alaska2018-10-0313:12:5882.7 km

4.618km ESE of Tupiza, Bolivia2018-10-0311:54:50 282.0 km

4.5South of Java, Indonesia2018-10-0306:38:4010.0 km

4.819km SSE of Palu, Indonesia2018-10-0306:06:5613.9 km

4.8286km N of Ndoi Island, Fiji2018-10-0304:22:39545.3 km

4.9South of Tonga2018-10-03 01:01:5710.0km

4.614km SE of Caglayancerit, Turkey2018-10-0300:29:05 5.0 km

全部で13回とそれ程多くなく、午後過ぎまではM5.0以上の地震の発生は無かったのですが、その後3回発生しています。
インドネシアの余震とソロモン諸島です。
21時のインドネシアを最後にM4.5以上の地震は止まっています。
キルナ天文台
イメージ 4

小さな動きだけです。
宇宙天気ニュースによると太陽風の速度は平均的な速さに戻っていますし、磁気圏も穏やかとのこと。
しかし小さくても動きが出ているため10日後の10月13日も要注意日としました。
日本地震予知協会シャク暦10月
イメージ 5
10月3日、4日は2日続けての彗星近日点です。
その前の30日、1日も2日続けての彗星近日点だったため、特異日期間が幾重にも重なっています。
高知大学気象情報頁
2018年10月4日00時HD極東域赤外線画像
イメージ 6

台風25号の雲が秋雨前線と繋がってい日本列島を覆っています。
台風の進路は今のところ日本海を進むとなっていますが、南側で風が強くなるようなので心配です。
今のこの画像では台湾や与那国島、九州北部から中国地方、能登半島付近、山形県や宮城県の内陸部から沖等雲と空白域の境界線付近が要注意だと思いますが、刻々と雲が変わって行けば、又要注意な場所も変わって来ます。
時間が経っても動かない境界線があれば、その付近は要注意です。

最近世界では大地震が次々起こったり、日本では台風や大雨豪雨で被害が出たりとかなり自然の活動が激しくなっています。
日本では明るいニュースが余り無く、あっても何となくケチをつけるマスコミもあって気持ちも暗くなってしまいます。
日本人ももう少し自分たちの進む方向が正しいのかどうかを一旦立ち止まり、しっかりと考えて欲しいなと思っています。

この記事に

  • 顔アイコン

    > m4c*****さん

    おはようございます。
    静かな一日で良かったと思ったばかりでした。
    場所が近いと鳴る緊急地震速報のあの嫌な音はヒヤッとしますね。
    本番はあるのかな?あると思いますがそれがいつなのかや、場所が特定できれば良いのですが。
    地震だけでなくて、何となく日本の今が暗くて嫌になります

    [ ryu*o*suz*m33 ]

    2018/10/4(木) 午前 9:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事