ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2018年10月17日(水)23時18分

本日は有感地震では震度3が1回あったものの、規模はM2台〜M3台までの小規模地震ばかりでした(未だ魔の23時が終わっていませんが・・・)
本日10月15日の日本付近の有感地震です。

20181017 2316分ごろ長野県北部 1.5 1
20181017 1119分ごろ茨城県南部 2.9 1
20181017 1013分ごろ千葉県北西部 3.2 1
20181017 855分ごろ三重県中部 3.4 3
20181017 839分ごろ千葉県東方沖 3.3 1
20181017 113分ごろ京都府南部 2.5 1


全部で5回とそれ程多くはありませんが、先ほど有感地震ではありませんが、父島近海でⅯ5台の中規模地震があったようです。
5.1253km NNW of Chichi-shima, Japan2018-10-17 22:29:08 79.4 km
地緯度経度で確認したのですが、父島というよりは鳥島に近いようです。

キルナ天文台のグラフは17日はいたって静かでしたが、10日程前からかなり激しく動きが出ていたため、明日10月18日〜21日までは特に心配な厳重警戒期間となります。
日本地震予知協会シャク暦10月・11月
イメージ 1
今日までもキルナ天文台の動きから推測した要注意、要警戒、厳重警戒期間だったのですが、明日からは特に注意しなければなりません。
但し、日本付近であるかどうかは不明。
アキラの地震予報では父島圏内M7.1クラス、女満別圏内M6.1クラスの地震発生合図が出たというお知らせもありますので、日本付近という事もあるのかも知れません。
イメージ 2
昨晩書いていたのですが、我が家がバリっという音がした気がしていたら僅かに地鳴りがありました。
気のせいかとも思ったのですが、先ほどハイネットを見たら長野県北部の特に我が家に近い所にマークが多く、やっぱり?と思った次第です。
右はHi-net震源マップ
2018年10月16日23時30分〜17日23時30分の近畿〜東北地方南部付近の拡大図です。

長野県がちょっとマズい感じですね。
中部の岐阜県境付近にマークの塊があり、その東側は北部から中部にマークが並んでいます。
更に東側の群馬県境(我が家はこの場所に近いところです)もマークが沢山重なっているように見えます。
昨晩私が感じた音と地鳴りはやはり地震の性だったのでしょうね。
私の住んでいる辺りは今までは余り地震が起こる場所では無かったのですが、一度震度3の地震が起こってから頻繁に極小〜小規模地震が起こっています。
揺れも嫌ですが、地鳴りは恐怖心を更に煽られてしまい、今もヒヤヒヤしています。
横浜の時は頻繁に揺れていたので、震度2程度ならそれ程ヒヤヒヤしなかったのですが、移住して以来それ程揺れを感じたことが無かったのが、急に揺れを感じることが多くなったり、更に横浜では経験が無かった地鳴りは本当に嫌なものです。
付近の方に聞くと「この辺りの山で地震が起こると地鳴りがするのよ」と平然としている方もいれば「いやー怖い」という方もいて様々です。

震源マップに戻りますと、大阪府北部から京都府南部のマークがやはり多いですね。
和歌山県北部の群発地震域はそれ程多くは無いのですが、それに隣接している中部や紀伊水道にマークがついています。
関東地方では茨城県全域と沖、埼玉県東部、千葉県は北西部の目立つマークに加え房総半島の沿岸部か沖辺りにマークが多くなっています。
伊豆諸島の東方沖に赤いM4クラスのマークが目立っています。
全国の震源マップです。
イメージ 3
全体的にはそれ程多い感じがしないのは、震源マークが全くない県もあるせいかもしれません。
茨城県の様に全県がマークで埋め尽くされている県もあり、長野県の様に中部から北部にマークが沢山付いている県もあります。
マークが多い場所はやはり要注意だと思います。
小さな地震が多くなれば、一段大きな規模の地震が発生する可能性が高くなります。
あくまで可能性で、小さな地震が群発しているだけという事もあるので、余り神経質にならなくても良いのですが、明日からの厳重警戒期間は注意して過ごしたいと思っています。

行徳高校
イメージ 4
又変な波形が出ていますね。
17日の9時頃からのMA波形は見たことがあるようなない様な・・・
いずれにしろ馬頭らしい波形です。
AVG波形も久しぶりに17時〜20時頃まで激しく動きが出ています。
19日〜21日辺りに対応する地震が起こるかも知れません。
場所はMAX波形の方ではよくわかりませんが、AVG波形の方は関東から東北地方の陸上部と沖が怪しいです。

日付が変わり10月18日となりました。
10月17日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
5.1253km NNW of Chichi-shima, Japan2018-10-17 22:29:08 79.4km
5.1209km W of Ile Hunter, New Caledonia2018-10-17 15:01:1910.0 km
4.539km S of Huili Chengguanzhen,China2018-10-17 14:29:2635.0 km
5.2Southern Mid-Atlantic Ridge2018-10-17 13:12:4610.0 km
4.7112km WNW of Valparaiso, Chile2018-10-1713:01:4024.2 km
5.4Southern Mid-Atlantic Ridge2018-10-17 12:57:2410.0 km
4.552km SW of Checca, Peru2018-10-1711:45:19120.7 km
5.2168km E of Tadine, New Caledonia2018-10-17 10:23:0910.0km
5.5108km SSE of Lata, Solomon Islands2018-10-17 09:57:44 35.0km
4.676km NE of Wabag, Papua New Guinea2018-10-1706:12:35 94.9 km
4.917km S of Calanasan, Philippines2018-10-1705:02:41 10.0 km
4.99km E of Pamandzi, Mayotte2018-10-1701:40:1112.3 km
4.727km WSW of Dinjo, Indonesia2018-10-1701:26:3235.0 km
4.615km WNW of Tocache Nuevo, Peru2018-10-1700:30:14129.8 km
全部で14回、内M5.0以上は6回。
ニューカレドニアの余震と思われる地震とソロモン諸島、父島近海、大西洋中南部海嶺等でM5台が発生しています。
ニューカレドニアはM5台が2回ですが、M4.5以上はこの2回だけなので、このまま終息に向かうのではないでしょうか?
14回のM4.5以上の地震の半分が環太平洋の西側以外の場所で発生しています。
Yahoo天気・災害頁 衛星画像
イメージ 5
雲の境界線が太平洋沿岸部に沿うようになっています。
陸上部にも雲が発生しており、丁度沿岸部が切れ目に当たっているようです。
一部東海地方は太平洋の大きな雲塊と繋がった雲がかかっています。
この時間の雲の様子だけで言えば紀伊半島の南東沖というか伊勢湾の沖、静岡県沖、千葉県北部から茨城県、福島県、宮城県、岩手県南部までの沖辺りが要注意です。
鳥取県辺りも要注意。
能登半島から佐渡、福島県の内陸部から沖にかけても要注意です。
ちょっと気になっているのが北海道。
雲が北海道を取り囲む感じで四角形に発生しています。
石垣状というか空白域が縦横に入っている乱れた雲は気になります。
その雲が無い北海道の南東部から南東沖等も要注意です。
但し、あくまでこの時間の雲の様子うからなので、時間の経過とともに動いていく雲のところは要注意から外れます。

昨日IP電話が全く相手方の声が聞こえない程酷い接続状態になっていました。
先方は私の声が聞こえているらしいのですが、こちら側は相手方の声が全く聞こえない後はブツブツと切れて何を言っているのかわかりませんでした。
テレビはそれ程長い時間観ていないのでどういう状態だったのかはわかりませんが、目立つ地震の前に電話の調子の悪い時が時々ありますので、ちょっと気持ち悪いですね。
頭痛は未だ続いており、時々酷く痛むことがあります。
高知大学気象情報頁が見られない状態は今も続いており、何故なのかわからず、こちらも気持ち悪いなーと思っています。

今日からキルナ天文台の厳重警戒期間。
日本であるかどうかはわかりませんが、世界のどこかで又M6.0以上の大地震が発生するかも知れません。
又何かありましたら更新します。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事