ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2019年1月16日(水)12時8分

昨日はM4台が有感無感で2回発生していましたが、有感地震の方がそれ程大きな規模では無かったため更新しませんでした。
今朝USGSを見たらバヌアツでM6.6の大地震が発生していたため更新することしました。
6.6105km WNW of Sola, Vanuatu2019-01-16 03:06:3646.9 km
バヌアツでは12月22日にもM6.0の地震が発生しており、その他この30日間だけでもM4.5以上の中規模地震が15回以上発生していました。
中規模地震の方は島に近い場所で1箇所に集中して発生しているところがありますが、本日のM6.6は22日のM6.0とほぼ同じ震源で島からはかなり離れた場所で発生しています。
震源の深さも40Km台と同じ位です。
日本の方は昨日USGSで八丈島近海でM4台後半の地震、ちょっと地震が少なくなっていた日向灘でM4.0の有感地震が発生しました。
本日に入ってからは宮城県沖でM4.0の有感地震も発生しています。
昨日15日から本日12時までに発生した有感地震です。


2019116 835分ごろ室半島南東沖 3.8 1
2019116 520分ごろ宮城県沖 4.0 2

2019115 2308分ごろ紀伊水道 2.6 1
2019115 2300分ごろ淡路島付近 3.1 2
2019115 2114分ごろ千葉県北東部 3.6 1
2019115 1638分ごろ茨城県沖 3.5 2
2019115 208分ごろ宮城県沖 3.2 1
2019115 054分ごろ日向灘 4.0 2


15日は全部で6回、最近地震が増えている紀伊水道と淡路島で遂に有感地震が発生しているのが気になるところです。
「スーパー南海地震」の予測をされている立命館大学・環太平洋文明研究センターの高橋学教授が「きわめて危ない状況で異常」だとされている紀伊水道付近の地震、気気象庁は12月に入ってから地震が増えているとは認識していないとのことで、実は私もそれ程12月に入ってから増えたとは思っていなかったのです。
ところが、前回の更新時にハイネットを見たら淡路島に震源マークがついていて、あれっ?と思っていた矢先の有感地震発生。
しかもその8分後に紀伊水道で有感地震発生はちょっと不気味に感じました。
それにしてもこの記事を検索していたら「人口地震」だと言っている人がいて又?と思いました。
人工地震は確かに起こすことは可能ですが、そこまでの技術が無かった頃でも大地震、巨大地震は繰り返し発生してきました。
何でもかんでも人工地震と考えるのは如何なものか?というのが私の思いです。
仮に人工地震だとした場合「それでどうしたらよいの?」です。
一体どこの誰に「人工地震を起こさないでください」と頼めば良いのやら・・・

16日は未だ半日ちょっとですが、有感地震は2回、内1回が宮城県沖M4.0でした。

宇宙天気ニュース

2019/ 1/ 7 13:27 半年ぶりにCクラスの小規模フレアが発生しました。高速の太陽風が続いています。
2019/ 1/ 8 12:01 太陽風の速度はゆっくりと低下しています。太陽は無黒点です。
2019/ 1/ 9 12:11 太陽風は平均的な状態です。12月の黒点数は 3.1 でした。
2019/ 1/10 14:21 太陽風は低速風に変わりかけています。磁気圏も穏やかです。
2019/ 1/11 12:01 太陽風の速度が500km/秒に高まっています。磁気圏は穏やかです。
2019/ 1/12 12:31 太陽風は平均的な速さに戻っています。磁気圏は穏やかです。
2019/ 1/13 12:17 太陽風は低速になっています。
2019/ 1/14 13:55 太陽風は低速から平均的な速さに戻りかけています。更に高まる可能性があります。
2019/ 1/15 12:28 太陽風は低速に戻っています。太陽は無黒点が続いています。
2019/ 1/16 12:30 太陽風は平均的な速さになっています。磁気圏は穏やかです。

ここ10日間分ですが、高速太陽風が続いた後ゆっくりと低下、その後が目まぐるしく平均的な速度になったり、低速になったり、高速になったかと思えばすぐ平均的な速さになり、その後低速。平均的な速さになったと思ったら又低速、そして平均的な速さに。
昨日は磁気圏は穏やかとありますが、キルナ天文台のグラフではちょっとだけ動きが出ていました。
キルナ天文台
2019年1月15日21時まで(左)と16日13時まで(右)
イメージ 1

ほんの小さな動きが出ていました。
10日後を要注意とするかちょっと微妙な動きですが、一応25日〜26日は要注意としておきます。
日本地震予知協会シャク暦1月・2月
イメージ 2
本日バヌアツでM6.6の大地震が発生しましたが、あらためて見てみると、今日はキルナ天文台の動きから推測した厳重警戒日だったのですね。
明日は要警戒、明後日は要注意日と続きます。
※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できましたので続けます。

行徳高校
2019年1月13日〜15日千葉県香取観測点グラフ
イメージ 3
MAXの単発的な飛び出しが多いですね。
本日の12時までのグラフ
イメージ 4
5時台から単発的な飛び出しの1回1回がちょっと激しいことになっています。
これが単発的でなく継続したハイレベルとなると西の方九州から南西諸島の地震の前兆だで、すぐに発震する場合もあれば、少し日にちが経ってから発震することもあります。
今のところ数日以内の発震で、西の方とは限りませんので、ここ数日間は注意しなければなりません。
今日は大変強い勢力の低気圧が日本の北の方にあるため、これが去った後がちょっと怖いです。
AVG波形も所々平常時とは違った動きもありますのでまだまだM4台位の中規模地震は続くと思います。
日本地震予知協会<今日の一言>
ー1月16日分より引用しますー
2019.01.16 -06:41-
◎爆弾低気圧
 低気圧が北海道の北で急発達。
17日の夜から寒気は市街地にも・・・大荒れ。
イメージ 5
____________________________
 
◆低気圧が去り、晴天になった頃 北海道北部付近に地震エネルギー解放が起きそうです。
実況天気図1603:00発表
ー以上引用終わり—
こちらでも低気圧が去り、晴天になった頃・・・とありますので、特に北海道付近は晴天になったら要注意ですね。
高知大学気象情報頁
2019年1月16日12時HD極東域赤外線画像
イメージ 6
太平洋にある三日月型の雲塊凄いですね。
今日は朝はそれ程感じなかったのですが、午後近くになって急に風が強く、冷たい北風にわんこの散歩も億劫になっています。
18時の予想気温は-1℃、と言っても今も1℃、これ以上気温は上がらず、このまま氷点下になりそうです。
寒冷地なので1℃前後の気温はそれ程寒くは感じないのですが、流石に風が吹くとかなり寒く感じます。
夜中の気温予想は-6℃。
明日はもう少し最高気温は高くなりそうです。
衛星画像で地震が起こりそうなのは熊本地震余震域辺りや豊後水道日向灘、南西諸島台湾付近など、
関東の内陸部から沖や東北地方沖、伊豆諸島は勿論ですが、小笠原諸島がちょっと危なそうな気がします。
しかし、北の方に強い低気圧があると地震の発生が少ないので、もしかしたらそれ程目立つ地震は起こらないかも知れません。
やはり低気圧が去った後が怖いです。

Hi-net震源マップ
2019年1月15日23時25分までの24時間マップ
イメージ 7
日本海沿岸部に大変深い震源の青いマークが並んでいますね。
この少し前のマップでは更に若狭湾辺りにも青いマークがあって、これだけ日本海沿岸部に青いマークが並ぶのも珍しいなと思っていました。イメージ 8

2019年1月16日13時45分までの24時間マップ
近畿地方から福島県付近まで拡大図

日本海沿岸部の青いマークは消えていました。
淡路島と紀伊水道ではマークが多くなっていますね。
鳥取県中部よりも島根県西部にマークが多く重なっています。

伊豆諸島の東方沖にある大きなマークは、多分USGSで発表されたM4.7の地震ですね。
その南方沖でもM3クラスの地震が起こっていたようです。

銚子付近は浅い震源のマークがいつもは多いのですが、そこから内陸部に向かっては黄色から黄緑色の震源の深さが数Ⅰ0キロ程度の地震が多くなっています。
先日気になっていた愛知県から岐阜県南部辺りに大変小規模地震が多く発生していたのは、かなり減っていました。
あれは何だったのでしょうね?
イメージ 9


四国・中国、九州地方拡大図

熊本地震余震域は少しだけ回数が増えています。
先日の震度6弱の所も数回の小規模地震が起こっています。
一昨日マークが殆どついていなかった日向灘に又マークが多くなっています。




15日〜本日14時までに世界で発生したM4.5以上の地震です。
5.4111km E of Tadine, New Caledonia2019-01-16 13:12:3610.0km
5.1158km ESE of Tadine, New Caledonia2019-01-16 10:51:0210.0km
4.668km SE of Saparua, Indonesia2019-01-1610:17:59129.3 km
4.587km N of Punta Cana, DominicanRepublic2019-01-16 09:39:3384.0 km
4.9267km WNW of Saumlaki, Indonesia2019-01-1608:40:3846.8 km
4.7219km ESE of Ocean City, Maryland2019-01-1608:30:4810.0 km
5.244km WNW of Puerto Santa, Peru2019-01-16 05:24:0858.0km
5.799km ESE of Pondaguitan, Philippines2019-01-16 05:03:2069.6km
6.6105km WNW of Sola, Vanuatu2019-01-16 03:06:3646.9 km
4.8154km SSW of Lorengau, Papua NewGuinea2019-01-16 02:04:59 10.0 km
 
4.7150km ENE of Hachijo-jima, Japan2019-01-1520:27:08 31.7 km
4.55km E of El Pilar, Venezuela2019-01-1515:25:5310.0 km
4.7125km ESE of Tadine, New Caledonia2019-01-1514:53:52 10.0 km
4.99km SE of El Pilar, Venezuela2019-01-1513:59:24 10.0 km
5.356km SSW of Masachapa, Nicaragua2019-01-15 12:41:0436.2km
4.529km SW of Jiquilillo, Nicaragua2019-01-1512:10:5370.6 km
4.989km ENE of Kainantu, Papua NewGuinea2019-01-15 10:58:5535.0 km
4.6Owen Fracture Zone region2019-01-1510:55:53 10.0 km
4.513km W of Preveza, Greece2019-01-1510:25:046.3 km
4.7276km NNW of Saumlaki, Indonesia2019-01-1509:56:29 167.5 km
4.932km E of Sibolga, Indonesia2019-01-1508:59:5315.0 km
4.57km E of Ravenna, Italy2019-01-1508:03:5610.0 km
4.628km SSW of Adak, Alaska2019-01-1506:37:4862.0 km
15日は全部で13回でしたが、M5.0以上は1回のみでした。
割合静謐な日だったのでしょう。
16日は14時までに全部で10回、内M5.0以上は5回、その内の1回がM6.6の大地震です。
昨日どちらかというと静謐だったので次は活発化ということ。
バヌアツのすぐお隣のニューカレドニアでM5.1、M5.4と連発しています。
同じオーストラリアプレートの境界線も同じなので、ニューカレドニアで大地震が起こってもおかしくないですね。
オーストラリアプレート北端東端ラインは連鎖して大地震が起こることも多いので。

8時台の根室半島南東沖の有感地震以降、日本付近では有感地震は止まっています。
又何かありましたら追記しますが、本日はこれで終わってくれれば良いですね。
備蓄など災害対策万全かどうか今一度確かめておきましょう!!

2019年1月17日 0時37分 追記:

寝る前に地震情報を見るのですが、今気象庁の地震情報を見たら択捉島付近でM4台が発生していました。
16日の有感地震です。


2019116 2112分ごろ択捉島付近 4.2 1
2019116 835分ごろ根室半島南東沖 3.8 1
2019116 520分ごろ宮城県沖 4.0 2

3回の内2回がM4台。
根室半島南東沖と択捉島沖の有感地震は、ちょっとびっくりでした。
爆弾低気圧があっても中規模地震は発生するのですね。
地震が発生したのは21時12分頃なのですが、23時の衛星画像を見てみたら択捉島付近は空白域となっており、境界線付近に当たっていました。
2019年1月16日23時画像イメージ 10雲の境界線がかなりはっきりしているところが多いですね。
黄色で線を入れたところや円で囲ったところの境界線付近は要注意です。
南西諸島は全体的に要注意です。
兎に角雲の様子がちょっと不自然に見えて不気味。
房総半島からの大きなベッタリとした吹き出し雲の北側、茨城県沖は要警戒です。
既に地震が起こっている伊豆諸島に沿っての境界線付近も要警戒。
八丈島辺りでしょうか?幾つもの雲が収束している場所も心配です。

Hi-net震源マップ
1月17日00時15分まで24時間マップ 
イメージ 11

根室半島南東沖にはM2クラスのマークもついています。
択捉島の地震は反映されていません。
伊豆諸島の東沖に諸島に沿うように、房総半島南方沖から震源マークが並びました。
伊勢湾なのか愛知県の陸上部なのかわかりませんが、かなりの数のマークが重なっています。
又島根県西部ではなく、鳥取県中部も震源マークが重なって来ました。

ちょっと気なったのが世界のM4.5以上の地震です。
5.1215km NNE of Tobelo, Indonesia2019-01-16 19:53:1510.0 km
5.4205km NNE of Tobelo, Indonesia2019-01-16 19:49:2710.0 km
5.1Southern Mid-Atlantic Ridge2019-01-16 17:32:57 10.0 km
5.0101km NNE of Hihifo, Tonga2019-01-16 17:16:5710.0 km
5.4111km E of Tadine, New Caledonia2019-01-16 13:12:3610.0 km
5.1158km ESE of Tadine, New Caledonia2019-01-16 10:51:02 10.0 km
昼に更新した時はニューカレドニアで2回連続してM5台が発生していて、M6.6の派生したバヌアツのお隣なだけにニューカレドニアでの大地震を心配していたのですが、その後起こったM4.5以上の地震全てが、先ほど見たらM5台でした。
こんなにもM5台が続くなんて・・・
トンガ、南大西洋は1回ずつですが、ニューカレドニアとインドネシアが2回ずつです。
6連続M5台は珍しい様な気がします。
世界の地震活動が活発化していた1日だったのでしょう。
結局14回M4.5以上の地震が発生し、その内の9回がM5.0以上、その中の1回がM6.6の大地震でした。
明日は何事も無いことを祈りながら寝ます。

おやすみなさい。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事