ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2019年2月3日(日)21時32分

本日は日本付近の有感地震としては1月30日与那国島近海M5.6(USGS M5.3)以来のM4.0以上の地震はありました。
201923 1001分ごろ 福島県沖 4.1 2
    (USGS 4.832km E of Iwaki, Japan2019-02-03 10:01:1555.6 km)
201923 410分ごろ 千葉県東方沖 4.8 2

    (USGS 4.936km SE of Hasaki, Japan2019-02-03 04:10:12 37.0 km)

千葉県東方沖M4.8と福島県沖M4.1。
USGSではM4.9とM4.8、両方ともM4台後半の地震となっていました。
そういえば昨晩の衛星画像に福島県内陸部から沖に向かってはっきりとした吹き出し雲が出ていましたね。
本日の衛星画像です。
Yhoo天気・災害頁 衛星画像
2019年2月3日21時30分
イメージ 1
雨の所が多いのか日本列島は薄雲から、厚い雲に覆われているところが多いですね。
未だ晴れ間の多かった時はM4台後半の中規模地震が発生したりしていましたが、福島県沖が10時01分に発生してから暫くは有感地震は止まっていました。
先ほど21時15分頃に青森県東方沖でM3台の有感地震が発生しています。
雲がかかっているため雲筋や雲の境界線などがややわかりにくいのですが、北海道南方・南東・東方沖と南西部、東北沖、房総半島沖、紀伊水道や紀伊半島南方沖、日向灘から南西諸島、台湾、山陰東部から若狭湾沖、山形・秋田・青森西方沖日本海などが要注意かな?と思いました。
2月3日21時45分までの有感地震です。
201923 2115分ごろ 青森県東方沖 3.6 1
201923 1001分ごろ 福島県沖 4.1 2
201923 757分ごろ 播磨灘 2.9 1
201923 410分ごろ 千葉県東方沖 4.8 2
201923 001分ごろ 熊本県天草・芦北地方 2.7 2


全部で5回と少ないですが、内2回がM4台の中規模地震でした。
宇宙天気ニュースによると太陽風速度は600Km、磁気圏も活発という事で、キルナ天文台にも動きが激しく出ていました。
キルナ天文台
http://www2.irf.se//Observatory/?link=Magnetometers
イメージ 2
イメージ 3
棒グラフはオレンジ色が2回出ており、赤にまでは生っていませんが、太陽風速度が600Km/秒という事なので、10日後の2月13日は厳重警戒日としました。

日本地震予知協会シャク暦2月・3月 
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#marchイメージ 4本日と明日は特に厳重警戒日ですが、11日〜13日までも3日間も厳重警戒日が続きます。
当分は気が抜けません。
2月3日の22時までに世界で発生したM4.5以上の地震です。
5.4203km E of Amahai, Indonesia2019-02-03 16:36:5035.0 km
4.6170km ESE of Bristol Island, SouthSandwich Islands2019-02-03 15:25:2110.0 km
4.9283km SSW of L'Esperance Rock, NewZealand2019-02-03 15:11:5635.0 km
5.166km S of Shemya Island, Alaska2019-02-0313:45:5848.3 km
5.036km SW of Sucua, Ecuador2019-02-03 12:03:10 100.8 km
4.873km WNW of Illapel, Chile2019-02-0311:56:4226.6 km
4.832km E of Iwaki, Japan2019-02-0310:01:1555.6 km
4.5246km W of Hihifo, Tonga2019-02-0306:29:25354.9 km
4.7167km SSE of Muara Siberut,Indonesia2019-02-03 05:40:23 10.0 km
4.936km SE of Hasaki, Japan2019-02-0304:10:12 37.0 km
5.5West Chile Rise2019-02-03 02:55:4016.7km
全部で11回、内M5.0以上は4回と昨日と比べると発生数も少なく、M5台以上の地震が占める割合も低くなっています。
昨日M6.1の後M5.9が2分間に2回発生したため、M6.1が本震ではなく、本震はこれから発生するのか?と心配していたインドネシは、昨日の大地震の震源と同じ場所ではM4.7が1回発生しただけでした。
これでこれ以上の大地震の発生は無いのかな?と思ったのですが、一旦収まったかと思ったら大きな地震が起こることも度々ありましたので、未だ暫くはインド洋側のインドネシアは要注意です。

イメージ 5
又太平洋側のインドネシアで発生したM5.4はパプアニューギニアのすぐそばで、オーストラリアプレート北端ラインが幾つもの小さなプレート境界線になって切れ切れの所で発生しました。
ちいさなプレート境界線が複雑に重なったりと切れたりしている場所で、目立つ地震が起こりやすい場所です。
こちら側も色々場所を変えながら中規模地震が発生していますで注意しなければならないと思います。

※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
昨日久々にグラフが見られるようになった行徳高校ですが、又MAX波形で高い異常観測です。

イメージ 6

グラフが見られるようになった時はMAX波形ではいたって普通の値でしたが、本日に入ってからはレベルが高いのが夕方の4時頃まで続きました。
16時にはレベルは平常時に戻ったのですが、18時から又欠測しています。
これだけ高いレベルの異常値が続いていたので、多分九州付近から南西諸島付近で目立つ地震が起こるのだと思いますが、この後も異常値観測があるのか、それとも16時で終わりなのかによっては発生する時期が少し違ってくるように思います。
これで終われば数日以内に対応する地震が起こると思いますが、未だ高いレベルのMAX波形が続くと、発生は少し先になると思います。
又欠測しているので、早く欠測が解消しないかと待っているところです。
Hi-net震源マップ
2019年2月3日21時15分まで24時間マップイメージ 7


北海道付近拡大図

最近余りマークが無かった北海道も胆振地方中南部や根室半島から国後島、その沖にマークが増えて言います。

北海道の南西沖にオレンジ色のマークが1つだけついています。
青森県陸上部は全く真っ白。
9時台にM3.6の有感地震が青森県東方沖で発生していますの。
秋田県の陸上部にM3クラスの青いマークがついています。
岩手県との境で極小さなマークが両県をまたがって付いています。
イメージ 8

近畿〜東北地方南部拡大図

千葉県東方沖にM5クラスの大きな黄色のマークがついていますが、これは千葉県東方沖M4.8(M4.9)、福島県沖にはM4台後半の大きな黄色のマーク。
これはM4.1(M4.8)の震源マークです。




この24時間は近畿から長野県辺りまで内陸部に小〜極小マークが増えました。
しかも何故かそれぞれの震源マークが細長く並んでいるところが多いですね。
銚子付近から福島県沖では、最近の中ではマークが多くなっているように思います。
イメージ 9
熊本地震余震域ではありませんが、天草・芦北地方にマークの塊があります。
日向灘から南西諸島は相変わらず、種子島南東沖から西表島付近までマークがあちらこちらについています。
この24時間では奄美大島付近に4個以上のマークがついています。







そろそろ眠くなってきました。
又「パブロフの犬」かな?
出も何であれかなり眠気が来ているのでこの辺で終わりにします。
もうこれ以上は無理という事で。
又何かありましたら更新します。
おやすみなさい。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事