ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2019年3月11日(月)13時

昨日まで富山に行っていて、昨晩数日鰤の更新をしたばかりですが、今朝起きてみたら日付が変わってから福島県沖で中規模地震が連発していてビックリしました。
少し落ち着いていますが、このまま終わってくれればありがたいと思います。
福島県沖の有感地震とUSGSで発表されたm4.5以上の地震です。
2019311 650分ごろ 福島県沖 3.6 1
2019311 344分ごろ 福島県沖 4.9 1
   (USGS 5.0143km ESE of Iwaki, Japan2019-03-11 03:43:4210.0 km)
USGS 4.7123km E of Iwaki, Japan2019-03-11 02:39:43 10.0 km
2019311 224分ごろ 福島県沖 5.1 1
   (USGS 5.1141km E of Iwaki, Japan2019-03-11 02:24:15 10.0 km)
2019311 211分ごろ 福島県沖 5.9 3
   (USGS 5.8134km E of Iwaki, Japan2019-03-11 02:10:52 14.7 km)
こうしてみると有感地震でUSGSで発表されているものの他にも、USGSではM4.5以上の地震が発生しており、福島県沖ではかなり地震活動が活発化しているようです。
6時50分のM3.6以降は有感地震もM4.5以上の地震も止まっていますが、この先は未だ不安を感じます。
2011年3月11日東日本大震災から落とし2019年でまる8年。
10日前程から磁気圏の攪乱が起こっていたこともあり、昨日辺りからの地震については心配をしていました。
ハイネットを見ると大変深い震源の地震を示す青いマークも増えています。
Hi-net震源マップ 
2019年3月11日12時45分までの24時間マップ

イメージ 1

福島県沖にM5クラスのマークがあり、その上に幾重にもマークが重なっているのが見えます。イメージ 2

紀伊半島から岩手県・秋田県まで拡大図

福島県沖のマークは橙色や黄緑色もあり、震源の深さは20〜30キロ、70〜80キロの地震となっています。
地震情報では10〜15キロ位となってますので、あれっ?と思いました。
10キロ程度の深さだと赤いマークになるはずなのですが・・・

福島県南部から茨城県北部の群発地震域は福島県南部側の震源域がいつもよりも西側に広がっています。
福島県の南部の東部から福島県沖にかけては浅い所から数Ⅰ0キロのところまでの地震活動が活発化しているようです。

イメージ 3
東北地方北部から北海道拡大図

いつもの日本海から若狭湾、伊勢湾から小笠原諸島西方沖ではなく、この24時間は北海道の西方沖やオホーツク海でM4台後半からM5台の大変深い震源小地震は3回は発生しています。

その他新潟県の北部の沖や、青森県等にも小さいながら青いマークがついており、日本付近の深い震源の地震活動も活発な様です。
昨日フィジーでM6.2の大地震が発生しており、その震源はいつもの数Ⅰ00キロの大変深い新家でした。
フィジーの大変深い震源の地震と、日本付近の継続的に発生している大変深い震源の地震活動は、かなり関係が深いようで、フィジーに大変深い震源の地震が発生すると、日本付近でも大変深い震源の地震が発生しやすくなります。

最近テレビの不受信の報告をして来て、一旦不受信や画像・音声の乱れは治まったので、先日の根室半島南東沖M6.2の地震の前兆だったのかと思ったこともありましたが、又かなり頻繁に不受信や画像が乱れることが多くなっています。
これは大地震前のよく出る現象のため、私はかなり心配しています。
朝起きた時に福島県沖で中規模地震が連発していたので、まさか又福島県沖?
しかも2011年と同じ3月11日に?と嫌な気持ちになりました。
今のところ気象庁発表ではM5.9以上の地震は発生していませんが、これだけ中規模地震が連発すると、暫く間が空いていても注意した方が良いと思います。

行徳高校
2019年3月9日〜11日12時千葉県香取観測点グラフ
イメージ 4
昨日から又レベルが上がっています。
9日より前の見たことが無い波形のグラフがこちらhttp://earthq.system-canvas.com/browse2.wpp?cmd=view&loc=M_KTR&dir=VERTをご覧ください。
波形はレベルは高いですが、今までに出ていた波形に戻っています。
MAX波形のハイレベルな異常値観測で継続してい出ているものは九州から南西諸島、台湾などまで、AVG波形でギザギザ波形は関東から東北地方沖、昨晩んから本日のAVG波形は伊豆諸島〜小笠原諸島の大変深い震源の地震の前によく出ていた波形です。
1箇所ではなく、何箇所の地震の前兆を捉えている様なので、福島県沖だけでなく、その他の区域の方も注意は怠らず、今のうちに足りないことは補って、何があっても何とかできる様にしておきましょう!!
結局、不要だったとしても問題はありませんし、心の安定につながります。

数日前から又高知大学気象情報頁にアクセスできません。
何故なんでしょうね?
熊本地震や大阪府北部の地震前もそうだった様な記憶があります。
仕方がないのでYahooの衛星画像を載せます。
Yahoo天気・災害頁 衛星画像
2019年3月11日6時40分(左)、13時30分画像イメージ 5
雲の形は余り変わらず全体に東へ移動しています。
関東沖にあった低気圧は午前9時には980hpsでしたが、午後9時には東北地方沖にあって964hpsと台風並みの勢力になりそうです。
雲の境界線が益々鮮明になっているのがちょっと嫌な感じです。
雲の境界線付近は特に、目立つ地震に注意です。
キルナ天文台の動きから推測すれば、本日は特に厳重警戒な上にも要警戒な日です。
明日の厳重警戒で、明後日は要警戒と要注意期間でも危険度が高そうな日が続きます。
今回の厳重警戒期間に入って、既に世界ではM6台の地震が3回発生しており、今のところ日本付近ではありませんし、M6台でも前半と大地震の中ではそれ程大きな規模ではありませんが、いつM7台が発生してもおかしくはありません。
どこかはわかりませんが、日本付近ではないとも言い切れません。
日本地震予知協会シャク暦3月・4月
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#april
イメージ 6
昨晩と同じシャク暦ですが載せておきます。
以下はここ7日間に発生したM6台の地震です。
6.4116km SE of L'Esperance Rock, New Zealand2019-03-07 00:46:1429.0 km
6.2260km SE of Lambasa, Fiji2019-03-10 17:12:25 567.4 km
6.1140km SSW of Kulumadau, Papua New Guinea2019-03-10 21:48:00 10.0 km
6.040km N of Santa Monica, Philippines2019-03-09 00:06:16 54.4 km
ニュージーランドM6.4は3月7日ですが、残り3回は今回のキルナ天文台の動きから推測した厳重警戒期間に入ってから発生しています。
全て環太平洋の西側で起きています。

今過去の記事を見てみたら、3月6日の記事がいつの間にか太字になっている個所がありました。
更新時記事消滅は無いのですが、更新後勝手に文字が太字になるのも地震の前兆現象として度々起こっています。
6日の事ですので根室半島南東沖M6.2とは関係が無さそうです。
という事はこれから?
嫌になります。
※今一旦更新してみたのですが、普通に正常に更新できました
 こまめな更新をすっかり忘れていたのでホッとしました。
本日14時までに日本付近で発生した有感地震です。
2019311 1139分ごろ 和歌山県北部 2.8 1
2019311 714分ごろ 長野県南部 2.2 1
2019311 650分ごろ 福島県沖 3.6 1
2019311 344分ごろ 福島県沖 4.9 1
2019311 334分ごろ 茨城県南部 3.4 2
2019311 224分ごろ 福島県沖 5.1 1
2019311 211分ごろ 福島県沖 5.9 3
2019311 155分ごろ 宮城県沖 2.8 1
全部で8回、内M4.0以上は3回、その内の2回がM5台です。
8回の内福島県沖が半分の4回、宮城県沖、茨城県南部、長野県南部、和歌山県北部とそれぞれ地震が継続して発生している場所が多いです。
茨城県南部は茨城県北部や茨城県沖と連動して起こることが多いですし、和歌山県北部は群発地震域で一時かなり鎮静化していたのですが、最近又時々地震の回数が多くなったり、その沖である紀伊水道などの地震も多くなったりしますので要注意です。

3月11日14時までに世界で発生したM4.5以上の地震です。

4.691km SE of Ndoi Island, Fiji2019-03-1113:21:09 485.1 km

4.7135km N of Calama, Chile2019-03-1112:33:01122.7 km

5.1Southwest Indian Ridge2019-03-11 12:15:3010.0 km

4.5101km E of Port Blair, India2019-03-1110:14:28111.2 km

4.757km SE of Cape Yakataga, Alaska2019-03-1109:07:18 9.0 km

4.9259km S of Ndoi Island, Fiji2019-03-1104:35:20 398.9 km

4.5Reykjanes Ridge2019-03-11 04:13:4710.0km

5.0143km ESE of Iwaki, Japan2019-03-11 03:43:4210.0 km

4.8Southwest Indian Ridge2019-03-1103:34:4710.0 km

5.9Reykjanes Ridge2019-03-11 03:04:5910.0 km
5.5Reykjanes Ridge2019-03-11 02:58:44 10.0 km

4.7123km E of Iwaki, Japan2019-03-1102:39:43 10.0 km

5.1141km E of Iwaki, Japan2019-03-11 02:24:15 10.0 km

5.042km E of Madang, Papua New Guinea2019-03-11 02:21:53 41.5km

5.8134km E of Iwaki, Japan2019-03-11 02:10:52 14.7 km
5.2Reykjanes Ridge2019-03-11 01:23:4910.0 km

4.9138km SW of Kulumadau, Papua NewGuinea2019-03-11 00:54:0610.0 km

4.5120km W of Havelu, Tonga2019-03-1100:21:17 215.2 km

全部で18回、内M5.0以上は8回と又多くなっています。
18回の内福島県沖が4回、レイキャネース海嶺が4回と世界一番多くM4.5以上が発生した場所となっています。
日本の大変深い震源の地震と関係が深いフィジーでは又M4.6、M4.9が発生していますが、いつもの震源よりも少し浅く500Km以下の深さの所でした。
未だ14時までですが、世界で一番大きな地震は福島県沖M5.8でした。
本当にこれで終わって欲しいですね。
現在2019年3月11日14時12分です。
2011年3月11日14時46分18秒、丁度富山にいてベーカリーの2階で遅い昼食を取ろうとしていた瞬間グラグラと揺れました。
数秒後に姉の携帯へ姪から電話が入り「ママ怖い」と。
その後全く携帯電話は通じなくなりましたが、どうも関東以北で巨大な地震が起きたらしいことだけ知りました。
今でも当時の事をはっきりと覚えて言いますが、夜にホテルに帰ってからもテレビをつけて寝ていたら、緊急地震速報の音がひっきりなし、富山にいても揺れを感じました。
又見つかっていない方が2500人以上いらっしゃるとのこと。
ご家族の元へ一刻も早く帰らせてあげたいです。

これからも未来永劫、日本付近は地震や火山噴火など自然災害が発生し続ける場所にあります。
災害の支援者が、いつ被災者になるかわからない場所に、私たちは住んでいる事を肝に銘じておきましょう。
アキラの地震予報では鹿屋圏内M6.9クラス(3/11)、女満別圏内M6.3クラス(3/11)、柿岡圏内M5.1クラス(3/11)、鹿屋圏内M4.8クラス(3/10)、父島圏内M5.8クラス(3/9)女満別圏内M4.5クラス(3/9)が今載せられていますが、その前からもM6クラス、M7クラスの地震発生合図が出ては消えを繰り返しています。
又何かありましたら、夜に更新しますが、出来れば更新しなくても良いと良いですね。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事