ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2019年3月22日(金)23時54分

21日、22日は有感地震も少なく日本付近では21日に沖縄本島の南東沖のプレート境界線付近でM4.5(USGS)が発生した他は静かな2日間でした。
21日、22日の有感地震です。
2019322 820分ごろ 栃木県北部 2.9 2
2019322 743分ごろ 鹿児島県薩摩地方 2.0 1


2019321 1811分ごろ 網走地方 2.1 1
21日は1回、22日が2回、全てM2台の小規模地震でした。
ハイネットの震源マップを見ても全体的にマークが減っているように見えます。
Hi-net震源マップ
2019年3月22日23時52分まで24時間マップ
イメージ 1

北海道から青森県付近拡大図

青森県は東方沖に赤いマーク(2つ重なっているように見えます)、オレンジ色の小マーク。
北海道は南部の西方沖にオレンジ色のマーク、北方沖に深い震源の青いマーク、国後島沖にオレンジ色のマークの他は南部から南東沖、根室半島沖等に黄色から黄緑色の小規模マークがやや多くついています。
北海道南方沖から青森県東方沖は少し要注意。
南東沖から根室半島沖も要注意でしょうか?
イメージ 2


近畿から秋田県・岩手県付近まで拡大図

白い部分が多いのですが、所々マークがかたまって付いている所もあります。
福島県南部から茨城県北部の群発地震域は範囲が狭まって回数も減っているようですが、時々中規模地震や震度3程度の地震が発生するため、要注意なのは変わりません。
茨城県沖から福島県沖は少しマーク数が多いようです。
気になるのが群馬県・栃木県・福島県の県境が集まっている辺り。
銚子付近も回数が減っているようですが、房総半島の沿岸部に極小さなマークが並んでいるのは気になります。
茨城県の西部の南部、静岡県の西部など陸上部に小規模地震がやや多く発生している場所があります。
房総半島南方沖は数回以上の小規模地震が発生していたようです。
紀伊半島や四国の沖から紀伊水道、和歌山県北部、大阪府北部、京都府南部から中部、兵庫県は浅い震源の極小マークが少し多くついています。
近畿地方もこれらの極小地震が小規模化中規模地震となることもあるので要注意です。
イメージ 3


中国・四国地方から九州、南西諸島北部まで拡大図

中国・四国地方には殆どマークが無く白い範囲が多くなっています。
マークがあるのは伊予灘から豊後水道、日向灘、熊本地震余震域とその周辺、鹿児島県の北部と鹿児島湾付近です。
宮崎県の内陸北部から沿岸部まで極小マークが連なっているのは何なのでしょうね?
大分県にM3クラスの黄緑色のマークが目立っています。
奄美大島野西方沖と北方沖にM3クラスのマークがついています。
西方沖の赤いマークは、これも2つ程マークが重なっているように見えます。
イメージ 4

八重山諸島付近拡大図
ちいさなオレンジ色のマークが2個ばかりついていますので、極小地震が数回発生していたようです。

こうして見るとそれなりに注意した方が良さそうな所も全国に幾つかあります。
かなりマップに白い部分が多くなっていて、日本全体の地震活動は少し静かな感じがしますが、必ず活発化と静謐化を繰り返しますので、そろそろ又活発になってくる頃だと思います。
※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
そろそろ活発化してくると思ったのは行徳高校に夜間にやや激しい動きが出ていたこともあってです。
行徳高校
2019年3月21日、22日千葉県香取観測点グラフ
イメージ 5
20日の夜から21日の朝までにAVG波形に動き長い時間繰り返し出ていました。
普通夜間はレベルが下がると共に動きも止まるのですが、これだけの動きは多分地震の前兆だと思います。
場所はよくわかりませんが、多分関東から東北地方の陸上部、沖。
規模は中規模程度だと思うのですが。
21日の昼間のAVG波形は【四角い波形】が何回か出ていました。
こちらは伊豆諸島~小笠原諸島、フィリピン海プレート東端ライン・北端ラインとそれに続く北米プレート南端ライン付近。
房総半島沖から関東甲信越の内陸部も要注意です。
22日23時まで千葉県香取観測点グラフ
イメージ 6
久々に普段の波形になっていますが、MAX波形は台形の地震性の波形が何回も出ています。
AVG波形の方は低レベルのギザギザ波形です。
夜間は欠測していることが多いですね。
今夜の21時~23時も欠測です。
イメージ 7
21日に長崎中心部で浸水、大潮と「あびき」という現象が重なったためという事でしたが、21日の夜の月は本当に大きな月でした。

夕方散歩に出た時に山の一部が赤く染まっていて、あれっ?と思ったのですが、丁度月が山から出てくるちょっと前でした。
写真では白っぽいですが、まるで夕陽の様なオレンジ色でちょっとびっくりしました。

イメージ 8




イメージ 9

今回の満月はかなり大きくて驚くほどでしたが、月がいつもよりより近くに来ているのだな・・と、そしてこれは月の引力が地球に及ぼす影響も大きいのではないかと思いました。
長崎で起きた「あびき(網引き)」は気圧の突然の変化で起こるもので、月とは関係がないようですが、最初長崎のニュースを知った時は、スーパ―ムーンが関係しているのかと思いました。

さて、キルナ天文台のグラフは21日~22日はほぼ動きがありませんでした。
そのためキルナ天文台のグラフの動きから推測した要注意期間は延びてはいません。
日本地震予知協会シャク暦3月・4月
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#april
イメージ 10
23日は彗星近日点の特異日期間だけです。
キルナ天文台の動きから推測した要注意期間でも無いので、本当なら比較的安全な日のはずですが、行徳高校の動きもありますし、テレビの不受信は未だ連日起こっていますので、気は抜けません。
高知大学気象情報頁
2019年3月23日00時HD極東域赤外線画像
イメージ 11
日本を覆っている雲にボコボコッと穴が開いている様な感じで空白域ができています。
空白域と雲の境界線付近や、群馬県から福島県沖に至る小さな濃い雲塊の付近は要注意です。
伊豆諸島付近はナミナミ雲に四角い穴が出来ている様な感じで、何故?と思いました。
北海道は北方四島の東西の海域が雲が薄くなっています。
九州はいつもの日向灘等と共に西方沖も要注意な感じですね。

最後に21日と22日に世界で発生したM4.5以上の地震を載せておきます。
5.4121km SSE of Kirakira, Solomon Islands2019-03-22 23:52:58 50.8 km
4.65km ENE of Mala, Peru2019-03-22 21:50:3048.1 km         
4.634km SSE of Jarm, Afghanistan2019-03-22 21:17:18194.8 km
4.99km E of Zirandaro, Mexico2019-03-22 13:25:2681.4 km
4.871km NNW of Kefamenanu, Indonesia2019-03-22 12:16:35 107.4 km
5.2Northern Mid-Atlantic Ridge2019-03-22 11:42:4110.0 km
4.99km WNW of Virginia, South Africa2019-03-22 09:30:30 9.5 km
4.88km ENE of Huancavelica, Peru2019-03-22 04:47:2080.3 km
5.1109km E of L'Esperance Rock, New Zealand2019-03-22 04:24:08 10.0 km
4.8105km WSW of Raoul Island, New Zealand2019-03-22 02:47:35194.9 km
4.544km SE of Calama, Chile2019-03-22 01:57:52 108.2 km
4.513km SSE of Ndoi Island, Fiji2019-03-22 01:35:35591.9 km
4.693km WNW of Fort Good Hope, Canada2019-03-22 01:33:03 2.6 km
4.7121km NW of Turkmenbasy, Turkmenistan2019-03-22 00:43:03 44.3 km
4.827km NW of La Puerta de San Jose, Argentina2019-03-22 00:31:39 130.7 km
4.76km SW of Cibalieur, Indonesia2019-03-22 00:03:0466.8 km
 
4.9135km ENE of Angoram, Papua New Guinea2019-03-21 19:33:2510.0 km  
5.153km E of Sumbawanga, Tanzania2019-03-21 18:15:3810.0 km
4.7141km SSE of L'Esperance Rock, New Zealand2019-03-21 08:11:30 10.0 km
4.8208km SE of Hihifo, Tonga2019-03-21 07:59:5110.0 km
4.5126km SE of Sarangani, Philippines2019-03-21 06:32:28 147.1 km
4.637km NE of Musa Khel Bazar, Pakistan2019-03-21 05:52:0740.1 km
5.0Northern Mid-Atlantic Ridge2019-03-21 04:13:0410.0 km
5.4192km NE of Neiafu, Tonga2019-03-21 04:03:01 10.0 km
4.5115km SE of Haebaru, Japan2019-03-21 03:17:179.8 km
5.197km ESE of Sucua, Ecuador2019-03-21 01:23:2339.5 km
6.248km ESE of Luganville, Vanuatu2019-03-21 00:23:59125.4 km
21日は全部で11回、M5.0以上は5回で、その内の1回がバヌアツM6.2の大地震でした。
22日は前日より多い16回、内M5.0以上は3回と少な目でした。
色分けを見ると環太平洋の東側のピンク色が多くなっています。
22日もフィジーの大変深い震源の地震M4.5が発生しています。

ハイネットを見たら0時48分頃東京都でM3.0が発生していました。
震度1以下の地震なので気象庁からの発表はありませんが、気付かない内に日本では数えきれないほどの地震が発生しているのですね。

  • こんにちは😊毎回の深い考察。参考になります!

    行徳データ気になる数値でてますね…なにがあるんでしょう。。

    [ coc*ami*ami* ]

    2019/3/24(日) 午後 4:04

    返信する
  • 顔アイコン

    > coc*ami*ami*さん

    行徳高校の波形本当に変な波形が続いて???でしたね。
    更にここ数日激しい波形も出て関東から東北地方や沖で揺れるような地震があると思っていたのですが、今のところありません。
    一体この先何が起こるのだろうか・・・?と不安を感じています。
    お互い何があっても良いように準備だけはしておきましょうね。
    夫が今日出かける時にヘルメットを持って行きました

    [ ryu*o*suz*m33 ]

    2019/3/25(月) 午後 4:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事